Edit concept Question Editor Create issue ticket

ウイルス性上気道感染症


提示

筋肉痛
  • 高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠感(全身のだるさ)、筋肉などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。 一方、肺炎では38 を超える発熱が数日間に渡って持続し、悪寒や全身倦怠感(全身のだるさ)に加え、呼吸困難感・息切れを伴う場合もあります。せき・痰がある場合には、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色)もみられます。[saiseikai.or.jp]
  • ・頭痛、筋肉 体がウイルスと活発に戦うために分泌されるプロスタグランジンという物質が、熱を出したり、頭痛や筋肉、関節痛を強めます。痛みや倦怠感が強い場合はインフルエンザの可能性があります。 ・口内炎 手足口病やヘルパンギーナなど、夏風邪(かぜ)とよばれる感染症で口内炎が起こることがあります。 ・下痢・嘔吐 冬に発熱とともに下痢や嘔吐が起こったときは、おなかの風邪(かぜ)ともよばれるウイルス性胃腸炎の可能性があります。 ・便秘 風邪(かぜ)薬の成分によっては、便秘が起こる場合があります。[daiichisankyo-hc.co.jp]
  • 典型的なインフルエンザは、ウイルスの感染を受けてから1 3日間の短い潜伏期を経て、38 以上の高熱や頭痛、筋肉、関節痛、全身の倦怠感などの症状が突然あらわれ、この後、咳、鼻汁などの上気道炎症状が続き、約1週間で軽快します。 患者からの感染性は、発症の1日前からあり、24時間 48時間がもっとも高く、その後は急に低下します(全体で5日 10日間)。ただ小児の場合はもう少し長くなるようです。[pro.saraya.com]
発熱
  • 適応となるのは頭痛や顔面痛、発熱を伴っている場合である2)。 抗菌薬治療は急性中耳炎に準じる。 急性気管支炎の多くはウイルス感染によって起こり、抗菌薬処方は必要ない。発熱を伴っていれば肺炎と鑑別する必要がある。咳症状が遷延する場合は百日咳、マイコプラズマ、クラミジアなどの可能性がある2)。 4. 上気道炎の症状の意味と対症療法 発熱、咳、鼻汁などのかぜ症状は進化医学の観点から病原体の感染を受けたときの 宿主の正常な防衛反応と考えられ、原則として治療の必要はない。[kusakari-shounika.or.jp]
  • 【症状】 せき(長引くことも)、たん 【診療科】 呼吸器科など 急性気管支炎 きゅうせいきかんしえん 【初診に適した診療科】 小児科 【どんな病気か】 急性上気道炎症状(咳、鼻みず、発熱)に数日遅れて発症する湿性咳嗽(しっせいがいそう:痰の絡んだような咳)や発熱を伴う呼吸器疾患です。気管や気管支を中心に炎症が起こる下気道炎です。 【原因は何か】 原因の多くはウイルス性で、細菌感染はウイルス感染後の二次感染と考えられます。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 発熱は、異物の侵入により体に異変が起こったことを知らせると同時に、免疫の働きが活発になっているサインです。 細菌による二次感染や合併症が起こることも 人が1年間に風邪(かぜ)をひく回数は平均3 6回です。風邪(かぜ)は4日から1週間程度で治ることが多く、発熱が3日以上続くことはほとんどありません。しかし、風邪(かぜ)をひいている間に別の細菌に二次感染し、色のついたたんが出たり熱が続いたりすることもあります。[daiichisankyo-hc.co.jp]
睡眠障害
  • 乳児では睡眠障害を示す咳嗽発作のみのこともある。顔面は浮腫状を呈する百日咳顔貌と結膜下出血を認める。胸部所見は咳がひどいわりに異常が少ないのが特徴である。回復期は2 3週間だが数か月に及ぶこともある。幼児期後半以降の罹患では症状は軽くなる。 罹患年齢 …乳児期から幼児期に多い。 治療方法 …抗生剤を早期に用いれば有効である。他は対症療法であるが、場合により鎮痙剤を用いることもある。 予防方法 …定期予防接種がある。乳児期での罹患は症状が重いので、乳児の早期からの予防接種が勧められている。[nagaoka-med.or.jp]
咽頭炎
  • 急性鼻咽頭[かぜ] 感冒 感冒 急性鼻炎 かぜ 感染性鼻炎 急性鼻咽頭 急性咽頭 敗血症性咽頭 連鎖球菌性アンギナ 連鎖球菌性咽頭 ウイルス性咽頭 偽膜性咽頭 肺炎球菌性咽頭 ぶどう球菌性咽頭 膜性咽頭 アデノウイルス咽頭 インフルエンザ菌性咽頭咽頭咽頭 咽頭 咽頭痛 アンギナ 壊疽性咽頭 潰瘍性咽頭 カタル性咽頭 感染性咽頭 急性咽頭 急性化膿性咽頭 多部位および部位不明の急性上気道感染症 咽頭喉頭炎 急性咽頭喉頭炎 咽頭気管炎 咽頭扁桃炎 急性咽頭扁桃炎[scuel.me]
  • これらは細かく分類すると鼻炎、扁桃炎、咽頭、喉頭炎、咽喉頭炎などにわけられますが、基本的には同じ疾患群です。 陶器に流行するインフルエンザ感染、インフルエンザウイルスによるウイルス性上気道炎も風邪の一種とされることもあります。 風邪の原因 ウイルス性上気道炎の原因は基本的にウイルス感染症によるものです。[lireclinic.com]
  • 鼻炎、扁桃炎、咽頭、喉頭炎、咽喉頭炎などが含まれますが、その大部分が「かぜ症候群」(かぜ、感冒)です。 出典:薬学生、薬剤師のための”知っておきたい病気”100 日本薬学会編(化学同人) 症状 「かぜ症候群」では、鼻閉、鼻水、くしゃみ、微熱、咽頭発赤、咽頭痛、咳などの症状が現れます。通常、一年に3 4回、「かぜ症候群」に罹患するといわれています。一般的に発熱は38 以下で、症状は1週間以内で自然に治癒します。[self-medication.ne.jp]
  • 咽頭、扁桃炎などの上気道炎、肺炎、中耳炎、とびひ、産褥熱など ②毒素性疾患(しょう紅熱、丹毒) ③続発症または二次疾患(レンサ球菌感染後急性糸球体腎炎、リウマチ熱) 最も多いのが咽頭で秋から冬にかけて流行すると言われていますが、ほぼ一年中あります。潜伏期間は1 3日で、症状は発熱、咽頭痛が強く、悪心・嘔吐を伴うことも多く、ときに腹痛を訴えます。咳、鼻水は軽微です。診断には綿棒で咽頭をこすって菌を検出する迅速検査が可能で10分程度で判定できます。[obata-c.jp]
咽頭痛
  • 急性口蓋扁桃炎 急性上気道炎 連鎖球菌性上気道感染 慢性鼻炎,鼻咽頭炎および咽頭炎 萎縮性鼻炎 化膿性鼻炎 乾燥性鼻炎 臭鼻症 潰瘍性鼻炎 慢性鼻炎 鼻炎 うっ血性鼻炎 カタル性鼻炎 肉芽腫性鼻炎 肥厚性鼻炎 閉塞性鼻炎 好酸球増多性鼻炎 鼻汁 鼻咽頭萎縮 慢性潰瘍性鼻咽頭炎 慢性化膿性鼻咽頭炎 慢性鼻咽頭炎 慢性咽頭炎 萎縮性咽頭炎 顆粒性咽頭炎 乾燥性咽頭炎 肥大性咽頭炎 慢性咽頭カタル 慢性咽頭 濾胞性咽頭炎[scuel.me]
  • 肺炎の見極め方 いわゆる"かぜ"は、かぜ症候群と言われる諸症状(くしゃみ、鼻水、せき、痰、咽頭、37 台の微熱など)からなり、80 90%はウイルスが原因です。かぜ症候群は、上気道(鼻や喉の部分)感染症である急性上気道炎に対応し、上気道に炎症が起こります。高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠感(全身のだるさ)、筋肉痛などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。[saiseikai.or.jp]
  • 【症状】 自覚症状として鼻症状(鼻水、鼻づまり)、咽頭症状(咽頭)が主体で、発熱、頭痛、全身倦怠感などがあります。下気道まで炎症が及ぶと下気道症状(せき、たん)が出現します。 【診断】 咽頭ぬぐい液などからウイルスを直接に分離同定するか、もしくは初診時と2週間後位の血液検体を用いて有意な抗体価上昇を認めれば診断できます。しかし、一般的には原因微生物の同定は困難な症例が多く、また、患者の身体所見から診断を下すことも少なくありません。[jrs.or.jp]
  • 突然の38 40 の発熱が1 3日間続き、全身倦怠感、食欲不振、咽頭、嘔吐、四肢痛などがある場合もある。咽頭所見は、軽度に発赤し、口蓋から口蓋帆にかけて1 5mmの小水疱、これから生じた小潰瘍、その周辺に発赤を伴ったものが数個認められる。 ア. 突然の高熱での発症、 イ.[niid.go.jp]
咳嗽
  • 主な症状としては咳嗽、倦怠感、発熱、ときに頭痛などがあります。急性気管支炎や上気道感染症の症状は一般的に軽度で自然に治癒します。感染した小児のおよそ10%が肺炎を来すとされています。初期は乾いた咳嗽でやがて湿った咳嗽に変わります。咳は通常3〜4週間持続し、ときにゼーゼーすることもあります。 また、感染したおよそ10%の小児にいろいろな湿疹を来すことが知られています。 【潜伏期】 2〜3週間(1〜4週) 【合併症】 マイコプラズマ感染症には多彩な症状が知られています。[tsudashonika.com]
  • 【症状】 せき(長引くことも)、たん 【診療科】 呼吸器科など 急性気管支炎 きゅうせいきかんしえん 【初診に適した診療科】 小児科 【どんな病気か】 急性上気道炎症状(咳、鼻みず、発熱)に数日遅れて発症する湿性咳嗽(しっせいがいそう:痰の絡んだような咳)や発熱を伴う呼吸器疾患です。気管や気管支を中心に炎症が起こる下気道炎です。 【原因は何か】 原因の多くはウイルス性で、細菌感染はウイルス感染後の二次感染と考えられます。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 発熱、咳嗽、易疲労、食欲不振、顔色が悪いなどの症状をみることがある。 粟粒結核…リンパ節の病変が進行して菌が血行性に散布されると感染は全身に及ぶが、肺では粟粒大の多数の小病変が生じる。発熱、咳嗽、呼吸困難、チアノーゼ等が認められる。乳幼児に多くみられる。 二次性肺結核…初感染原発巣から他の肺葉又は肺区域に広がり、病変巣を形成する。思春期以降の子どもや成人に多くみられ、易疲労、微熱、盗汗、咳嗽等の症状がある。 結核性髄膜炎……結核菌が血行性に髄膜に到達して発病する。[nagaoka-med.or.jp]
  • 1 2週目頃が最もひどい時で、夜間に増強する発作性咳嗽(レプリーゼといいます)がみられます。3 4週目頃になると、少しずつ軽い咳になってきます、熱はほとんど出ません。 赤ちゃんがかかると危険な病気で、生後6ヵ月以下の赤ちゃんではせきのために、息ができなくなってしまうことがあり、入院が必要となります。ほとんどは良好な経過をとります。合併症としては、肺炎や無気肺、中耳炎、脳症などをおこすことがまれにあります。 治療 百日咳に有効なエリスロマイシンという抗生物質を内服します。[kin-ikyo-chuo.jp]
鼻閉
  • 出典:薬学生、薬剤師のための”知っておきたい病気”100 日本薬学会編(化学同人) 症状 「かぜ症候群」では、、鼻水、くしゃみ、微熱、咽頭発赤、咽頭痛、咳などの症状が現れます。通常、一年に3 4回、「かぜ症候群」に罹患するといわれています。一般的に発熱は38 以下で、症状は1週間以内で自然に治癒します。[self-medication.ne.jp]
  • 鼻汁吸引は有用であり、鼻汁、を訴える患者に対しては外来で吸引処置を行い、家庭でも器具を使っての吸引を勧める。 5.「安全で安心な医療」を実践するために もっとも重要なことは患者や保護者の訴えや不安に虚心に耳を傾け、共感する姿勢を示すことである。 重症細菌感染症を見逃さないためには、原因不明の高熱の患者、痛みや不機嫌、不穏を伴っている患者、保護者が不安をもっている患者には血液、尿、迅速抗原検査を行う。[kusakari-shounika.or.jp]
  • ・鼻出血・嗄声・呼吸困難・心不全・呼吸筋麻痺などが続く。適切な治療により重症化は防げる。 登校基準 …原則として患者は指定医療機関に入院するので治癒するまで出席停止とする。(なお、定期予防接種がある。(乳幼児期…DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)三種混合ワクチン、小学校6年生…第二期のDTワクチン)) 腸チフス、パラチフス 感染症予防法で二類感染症に分類されている細菌性腸管感染症である。海外帰国者の感染例(旅行者下痢症)と国内発生例はほぼ同数である。[nagaoka-med.or.jp]

治療

  • (日医ニュース、健康プラザ No.414より) 創傷治療について 小児科とは少し離れるような印象を受けられるかもしれませんが、当診療所では大きな縫わなければならないような傷を除けば内科的に治療を行っています。 基本は「消毒しない」「傷口を乾かさない」という治療法です。この方法は今ではかなり一般的な傷の治療法になってきましたが、当診療所では数年前から実践しており、痛くない上に、傷口が早く、きれいに治ることを実感しております。ぜひご相談ください。[obata-c.jp]
  • 鑑別疾患:細菌性髄膜炎、菌血症( )、眼窩蜂窩織炎( )、急性喉頭蓋炎( )、扁桃周囲膿瘍、咽後膿瘍( … 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 欧米においてはA群β溶連菌感染症といえども必ずしも抗菌薬治療は必要でないとされているが、わが国では一般的に抗菌薬投与が行われている。本菌は今のところペニシリンGに対して高い感受性を有しており、アレルギーの原因以外で ペニシリン系以外 の抗菌薬を選択する必要はない。[clinicalsup.jp]
  • 上記のように、治療は対症療法から行います。 しかし、治療中経過をみて症状が改善しないときは合併症や他疾患も疑われるので適宜検査を行います。 このような場合、主治医と相談して、投薬のみか検査を行うかを決めましょう。 当院では一般的な風邪の場合、検査なしの診察、院内処方を行うことが多いです。 その場合、受付からお薬を受け取るまで10分前後と速やかに治療を受けられます。 内科へ戻る[lireclinic.com]
  • 治療 ほとんどの上部気道感染症はウィルス性なので、これらのウィルスを殺す薬物はない。 そこで、治療の目的は症状を和らげ、猫の全身状態を維持することに向けられる。その結果、免疫系を支持し、 回復を早めることが出来る。主な治療には次のようなものがある。まず、適切な食餌、十分な水分、抗生物質 ネブライゼーション(空気を加湿し、鼻腔内を湿らせること。)や、もし潰瘍があれば、目薬も必要である。 もし家庭での治療に反応しなければ、入院が必要になるかもしれない。[haramasa.com]

疫学

  • 疫学 疫学パターンはエンテロウイルス属の特徴に沿う。すなわち熱帯では通年性にみられるが、温帯では夏と秋に流行がみられる。我が国では毎年5 月頃より増加し始め、7月頃にかけてピーク を形成し、8月頃から減少を始め、9 10月にかけてほとんど見られなくなる。国内での流行は例年西から東へと推移する。その流行規模はほぼ毎年同様の傾向がある。患者の年齢は5歳以下 が全体の90%以上を占め、1歳代がもっとも多く、ついで2、3、4歳代の順で、0歳と5歳はほぼ同程度の症例が報告されている。[niid.go.jp]
  • 疫学】 かぜ症候群はあらゆる年齢層に発症し、健常な人の大半が罹患するごく普通の疾患です。 【原因】 かぜ症状群の原因微生物は、80 90%がウイルスといわれています。主な原因ウイルスとしては、ライノウイルス、コロナウイルスが多く、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが続きます。ウイルス以外では、一般細菌、肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミドフィラなど特殊な細菌も原因となります。[jrs.or.jp]
  • 監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏 更新:2014/10 情報元:[kosodateouendan.jp]
  • 監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏 更新:2015/8/28[kansensho.jp]
  • 国立病院機構三重病院 臨床研究部長 谷口 清州 専門は、小児感染症学、感染症疫学。 小児科の医師として日々患者さんに向き合いながら、「なぜそうなるのか」という疑問を持って研究に取り組んでいる。 病気や治療方法については、研究成果や学術論文による医学的な根拠を示しつつ、わかりやすく説明することを心掛けている。[opendoctors.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • ・食後や就寝前の歯磨きにより口腔内を清潔に保つことで、口腔内の雑菌による風邪やインフルエンザ、肺炎予防に繋がります。 ポイント 2 からだの抵抗力を高める 規則正しい生活や適度な運動を行い、喫煙者は禁煙をすることで、からだの抵抗力を高めましょう。 ポイント 3 予防接種を受ける 肺炎球菌は代表的肺炎の病原体であり、重症肺炎を起こす菌の代表です。高齢者の肺炎球菌ワクチン接種は大事な予防法です。予防接種を受けるタイミングは、インフルエンザ流行期に入る前が良いでしょう。[saiseikai.or.jp]
  • 表2 免疫力が低下している可能性のある人 ・65歳以上の高齢者 ・糖尿病 ・膠原病、リウマチ等でステロイドホルモン、抗TNF製剤の投与を受けている人 ・腎臓病 ・慢性肺疾患 ・免疫抑制剤投与を受けている人 予防法は 日ごろの健康管理と予防が大切 主な予防法は表3の通りで、この5項目は必須です。風邪は万病の元です。外からの敵とたたかうための、きちんとした「抵抗力」を保つことが大切です。(1)(2)(3)はできそうでできていない、大切なことです。[min-iren.gr.jp]
  • 予防方法 …予防接種としてBCGがある。感染が強く疑われれば発病予防のために化学療法剤の服薬を行う。学校保健法、結核予防法など関係法令を参照のこと。 登校基準 …病状により伝染のおそれがないと認められるまで出席停止とする。 4 第三種の伝染病 第三種の伝染病は、伝染病のうち学校教育活動を通じ、学校において流行を広げる可能性があるものが分類されています。そのため、新たに経口感染症である腸管出血性大腸菌感染症及び、従来からの眼の伝染病と「その他の伝染病」が分類されました。[nagaoka-med.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!