Edit concept Question Editor Create issue ticket

インフルエンザ


提示

筋肉痛
  • 38 以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。 朝から38 以上の発熱があった場合はインフルエンザの疑いが強いので、早目に医療機関への受診を考慮しましょう。[ddmap.jp]
  • 監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節痛、筋肉、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は? インフルエンザウイルスに感染した場合、約1 3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。続く約1 3日では、突然の38 以上の 「高熱」 や全身倦怠感、食欲不振などの 「全身症状」 が強く現れます。[influ-news.info]
  • インフルエンザにかかってしまうと、多くの場合、一気に38度から40度の高熱が出現し、日常生活が不可能なほどの強烈な全身の筋肉や倦怠感に襲われることになります。 そういった症状が発症する前に、インフルエンザウイルスは私達の身体にどのくらいの間潜伏しているのでしょうか?インフルエンザウイルスの潜伏期間などについてお伝えします。 インフルエンザウイルスの潜伏期間と兆候 インフルエンザウイルスの潜伏期間は、わずか1 2日といわれています。非常に短いのが特徴です。[meiji.co.jp]
  • 続きを見る インフルエンザの典型的な症状は、頭痛や関節痛・筋肉を伴う38度を超える熱ですが、これらは通常3 5日程度で引いて治っていきます。そして、熱が出てから48時間以内 ... 続きを見る 急に発熱して、頭も痛いし、関節も痛い…。インフルエンザが流行る季節になり、このような症状がみられたとき、いつもの風邪かもしれないと思い、市販の風邪薬を試しに ...[meiji.co.jp]
  • 風邪と間違われやすいインフルエンザですが、風邪に比べて高熱が出て、のどの痛みだけでなく、関節痛や筋肉を伴います。 さらに風邪の場合ゆっくり症状が出てくるのに対して、 インフルエンザは急激に症状が出てきます。症状が出る部位も局所的ではなく、全身に倦怠感が現れるのも特徴です。 潜伏期間は1 4日(平均2日)で多くの場合1週間程度で治りますが、乳幼児や高齢者、基礎疾患を持つ方の中には、肺炎を併発したり、基礎疾患の悪化を招く場合があります。[family.saraya.com]
関節痛
  • インフルエンザの場合 かぜ(普通感冒)の場合 初発症状 【インフルエンザ】 発熱、悪寒、頭痛 【かぜ】 鼻咽頭の乾燥感 および くしゃみ 主な症状 【インフルエンザ】 発熱、筋痛、関節 【かぜ】 鼻汁、鼻閉 悪寒 【インフルエンザ】 高度 【かぜ】 軽度、きわめて短期 熱、および熱型(期間) 【インフルエンザ】 38 40 (3 4日間) 【かぜ】 ないか、もしくは微熱 全身痛、筋肉痛、関節 【インフルエンザ】 高度 【かぜ】 ほとんどない 倦怠感 【インフルエンザ】 高度 【かぜ】 ほとんどない[ddmap.jp]
  • 冬の寒い時期に、急な悪寒や高熱、全身倦怠感や関節などを感じ「おかしいな、普通の風邪ではないみたいだな…」と思ったとき、頭に思い浮かぶのはやはり「インフルエ ... 続きを見る インフルエンザの典型的な症状は、頭痛や関節・筋肉痛を伴う38度を超える熱ですが、これらは通常3 5日程度で引いて治っていきます。そして、熱が出てから48時間以内 ... 続きを見る 急に発熱して、頭も痛いし、関節も痛い…。[meiji.co.jp]
  • 監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は? インフルエンザウイルスに感染した場合、約1 3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。続く約1 3日では、突然の38 以上の 「高熱」 や全身倦怠感、食欲不振などの 「全身症状」 が強く現れます。[influ-news.info]
  • 風邪と間違われやすいインフルエンザですが、風邪に比べて高熱が出て、のどの痛みだけでなく、関節や筋肉痛を伴います。 さらに風邪の場合ゆっくり症状が出てくるのに対して、 インフルエンザは急激に症状が出てきます。症状が出る部位も局所的ではなく、全身に倦怠感が現れるのも特徴です。 潜伏期間は1 4日(平均2日)で多くの場合1週間程度で治りますが、乳幼児や高齢者、基礎疾患を持つ方の中には、肺炎を併発したり、基礎疾患の悪化を招く場合があります。[family.saraya.com]
発熱
  • 季節性インフルエンザとは 風邪とインフルエンザに共通の症状は、咳と喉の痛み、そして発熱です。 風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。 一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38 以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。[ddmap.jp]
  • A2.目安として、比較的急速に38 以上の発熱があり、せきやのどの痛み、全身の倦怠感を伴う場合はインフルエンザに感染している可能性があります。 ・ 発症から48時間以内に抗インフルエンザウイルス薬の服用を開始すれば、発熱期間の短縮などの効果が期待できます。早めに医療機関を受診し、処方された薬は医師の指示に従って服用しましょう。 ・ お年寄りやお子さん、妊婦さん、持病のある方、そして下記のような重症化のサインがみられる場合は、すぐにお近くの医療機関を受診しましょう。 ・ 水分の摂取も必要です。[kantei.go.jp]
  • 注意点 インフルエンザ様疾患の症状としては,発熱,倦怠感,食欲不振,咳などの他,鼻水,咽頭痛,吐気,嘔吐や下痢などが考えられます。 幼児,児童生徒及び教職員へのインフルエンザ感染予防策の周知徹底並びに健康状態の把握による発熱,咳等の症状のある者の早期発見に努めてください。 予防のための対策については 咳やくしゃみ等による感染を防ぐために,マスクを着用する。 積極的に手洗いやうがいを行う。 人混みの多い場所へは行かないように注意する。[pref.miyagi.jp]
  • かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、 発熱も軽度 であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。 これに対し、インフルエンザは 高熱 を伴って急激に発症し、全身倦怠感、食欲不振などの 「全身症状」 が強く現れます。関節痛、筋肉痛、頭痛も現れます。また、インフルエンザは、 肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎) などを合併して重症化することがあります。 症状を改善するために、注意すべきことは?[influ-news.info]
倦怠感
  • 監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は? インフルエンザウイルスに感染した場合、約1 3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。続く約1 3日では、突然の38 以上の 「高熱」 や全身倦怠、食欲不振などの 「全身症状」 が強く現れます。[influ-news.info]
  • 38 以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。 朝から38 以上の発熱があった場合はインフルエンザの疑いが強いので、早目に医療機関への受診を考慮しましょう。[ddmap.jp]
  • インフルエンザにかかってしまうと、多くの場合、一気に38度から40度の高熱が出現し、日常生活が不可能なほどの強烈な全身の筋肉痛や倦怠に襲われることになります。 そういった症状が発症する前に、インフルエンザウイルスは私達の身体にどのくらいの間潜伏しているのでしょうか?インフルエンザウイルスの潜伏期間などについてお伝えします。 インフルエンザウイルスの潜伏期間と兆候 インフルエンザウイルスの潜伏期間は、わずか1 2日といわれています。非常に短いのが特徴です。[meiji.co.jp]
  • 冬の寒い時期に、急な悪寒や高熱、全身倦怠や関節痛などを感じ「おかしいな、普通の風邪ではないみたいだな…」と思ったとき、頭に思い浮かぶのはやはり「インフルエ ... 続きを見る インフルエンザの典型的な症状は、頭痛や関節痛・筋肉痛を伴う38度を超える熱ですが、これらは通常3 5日程度で引いて治っていきます。そして、熱が出てから48時間以内 ... 続きを見る 急に発熱して、頭も痛いし、関節も痛い…。[meiji.co.jp]
高熱
  • 監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は? インフルエンザウイルスに感染した場合、約1 3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。続く約1 3日では、突然の38 以上の 「高熱」 や全身倦怠感、食欲不振などの 「全身症状」 が強く現れます。[influ-news.info]
  • 「インフルエンザ」と「風邪」の症状の違い インフルエンザ 風邪 症状 高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、せき、のどの痛み、鼻水など のどの痛み、鼻水、鼻ずまり、くしゃみ、せき、発熱(高齢者では高熱でないこともある) 発症 急激 比較的ゆっくり 症状の部位 強い倦怠感など全身症状 鼻、のどなど局所的 インフルエンザと疑われるときは、安易に風邪と判断せずに早めに医療機関を受診し、治療を受けましょう。発症後48時間以内に抗ウイルス薬の服用・吸引をすれば、症状が軽減され、早く治ることが期待できます。[family.saraya.com]
  • インフルエンザにかかってしまうと、多くの場合、一気に38度から40度の高熱が出現し、日常生活が不可能なほどの強烈な全身の筋肉痛や倦怠感に襲われることになります。 そういった症状が発症する前に、インフルエンザウイルスは私達の身体にどのくらいの間潜伏しているのでしょうか?インフルエンザウイルスの潜伏期間などについてお伝えします。 インフルエンザウイルスの潜伏期間と兆候 インフルエンザウイルスの潜伏期間は、わずか1 2日といわれています。非常に短いのが特徴です。[meiji.co.jp]
  • 高熱への対処 出来る限り解熱剤の使用は避けたいのですが、高熱(38.5分以上)が続いて食事や水分が十分に取れない場合は脱水の危険も出てきますし、体力が必要以上に奪われ抵抗力が落ちてしまいます。このような場合は、 医師に処方された解熱剤を使うようにしましょう。 市販の解熱剤を使用される際には、必ず医師または薬剤師にご相談ください。 薬を使う以外の方法として、クーリングがあります。脇の下や足の付け根には太い動脈が通っていますので、その部分を保冷剤や氷水等で冷やすと解熱効果が期待できます。[kenpo.gr.jp]
  • 冬の寒い時期に、急な悪寒や高熱、全身倦怠感や関節痛などを感じ「おかしいな、普通の風邪ではないみたいだな…」と思ったとき、頭に思い浮かぶのはやはり「インフルエ ... 続きを見る インフルエンザの典型的な症状は、頭痛や関節痛・筋肉痛を伴う38度を超える熱ですが、これらは通常3 5日程度で引いて治っていきます。そして、熱が出てから48時間以内 ... 続きを見る 急に発熱して、頭も痛いし、関節も痛い…。[meiji.co.jp]
悪寒
  • インフルエンザの場合 かぜ(普通感冒)の場合 初発症状 【インフルエンザ】 発熱、悪寒、頭痛 【かぜ】 鼻咽頭の乾燥感 および くしゃみ 主な症状 【インフルエンザ】 発熱、筋痛、関節痛 【かぜ】 鼻汁、鼻閉 悪寒 【インフルエンザ】 高度 【かぜ】 軽度、きわめて短期 熱、および熱型(期間) 【インフルエンザ】 38 40 (3 4日間) 【かぜ】 ないか、もしくは微熱 全身痛、筋肉痛、関節痛 【インフルエンザ】 高度 【かぜ】 ほとんどない 倦怠感 【インフルエンザ】 高度 【かぜ】 ほとんどない[ddmap.jp]
  • 冬の寒い時期に、急な悪寒や高熱、全身倦怠感や関節痛などを感じ「おかしいな、普通の風邪ではないみたいだな…」と思ったとき、頭に思い浮かぶのはやはり「インフルエ ... 続きを見る インフルエンザの典型的な症状は、頭痛や関節痛・筋肉痛を伴う38度を超える熱ですが、これらは通常3 5日程度で引いて治っていきます。そして、熱が出てから48時間以内 ... 続きを見る 急に発熱して、頭も痛いし、関節も痛い…。[meiji.co.jp]
  • インフルエンザの前駆症状としては、 ・ 身体のだるさ ・ 強い悪寒 ・ 鼻腔やのどの乾燥 といったものがあります。前駆症状としては通常の風邪の場合と似ていますが、風邪の場合、このような症状を感じてから熱が上がったり、全身に倦怠感があったりなど、明らかな感冒症状が出始めるまで期間があります。 一方インフルエンザの場合、こういった前駆症状を感じたか感じていないかの間に、すぐに高熱やひどいだるさ、筋肉痛、関節の痛みなど、はっきりした強い、いわゆるインフルエンザの症状が出てきます。[meiji.co.jp]
  • 発熱とともに悪寒や頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状も強く、鼻汁や咳などの症状は発熱のあとから出てきます。また、気管支炎や肺炎を併発しやすく、重症化すると脳炎や心不全を起こすこともあります。 インフルエンザかな? と思ったら、早めに医療機関を受診してください。 ページの先頭へ戻る インフルエンザの予防 インフルエンザの感染予防のためには、 人混みを避け、外出後の手洗いの習慣 を付けましょう。また、空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなります。[pref.saitama.lg.jp]
  • それと同時に、悪寒、頭痛、背中や四肢の筋肉 痛、関節痛、全身倦怠感などの全身症状が現れます。これに続いて、鼻水、のどの痛みや胸の痛みなどの症状も現れます。発熱は通常3 7日間続きます。 健康な成人であれば一週間ほどで治癒に向かいますが、インフルエンザウイルスは熱が下がっても体内には残っているため、他人にうつす恐れがあります。流行を最小限に抑えるためにも、一週間は安静にしておくことが大切です。[e-chiken.com]
疲労
  • バランスのよい食事と十分な休養をとり、疲労を避けましょう。 空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなりますので、室内の湿度は50 60%に保つようにしましょう。 人混みや繁華街への外出を控えましょう。もし外出をするときはマスクの着用をしましょう。 「咳エチケット」のすすめ インフルエンザにかかって、咳などの症状のある方は、特に、周りの方へうつさないために、マスクを着用し、次のような咳エチケットを心がけましょう。[city.ichinomiya.aichi.jp]
頭痛
  • 38 以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。 朝から38 以上の発熱があった場合はインフルエンザの疑いが強いので、早目に医療機関への受診を考慮しましょう。[ddmap.jp]
  • 監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は? インフルエンザウイルスに感染した場合、約1 3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。続く約1 3日では、突然の38 以上の 「高熱」 や全身倦怠感、食欲不振などの 「全身症状」 が強く現れます。[influ-news.info]
  • 約1 4日の潜伏期の後でまず高熱が出て、だるさ、のどの痛み、頭痛などの症状がでます。必ずしもせきや鼻水がひどくなるわけではありません。声がかれてケンケンとしたせきが出る喉頭炎(クループ)になることもあります。年齢によりますが、頭痛や腹痛などの症状が出ることもあります。熱は4 5日続いて、その間に気管支炎や肺炎をはじめとする合併症がおこることがよくあります。 伝染力が強く、熱が下がってもその後数日間はほかの人にうつす可能性が高いので、家での安静が必要です。[know-vpd.jp]
  • 続きを見る インフルエンザの典型的な症状は、頭痛や関節痛・筋肉痛を伴う38度を超える熱ですが、これらは通常3 5日程度で引いて治っていきます。そして、熱が出てから48時間以内 ... 続きを見る 急に発熱して、頭も痛いし、関節も痛い…。インフルエンザが流行る季節になり、このような症状がみられたとき、いつもの風邪かもしれないと思い、市販の風邪薬を試しに ...[meiji.co.jp]
熱性けいれん
  • また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。 なお、愛知県では平成30年/31年シーズンは、 A 型(AH1pdm09、AH3) 及び B型 (ビクトリア系統) インフルエンザウイルス が確認されています。 インフルエンザの予防については、以下のWebページをご覧ください。[pref.aichi.jp]
  • また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。 地域の流行の状況に注意し、早めの対策を心がけてください。 インフルエンザの予防について 流行前にインフルエンザワクチンの接種を受けましょう。 帰宅時にはうがいと手洗いをしましょう。 バランスのよい食事と十分な休養をとり、疲労を避けましょう。 空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなりますので、室内の湿度は50 60%に保つようにしましょう。[city.ichinomiya.aichi.jp]
腹痛
  • ノロウイルスに感染すると下痢、おう吐、吐き気、腹痛などを引き起こします。 子どもや高齢者は重篤化しやすいので、特に注意しましょう。 ノロウイルスから身を守るために、今一度ご確認ください。 Q1 ノロウイルスはどうやって感染するのですか? Q2 ノロウイルスによる感染を防ぐにはどうすれば良いのですか? Q3 ノロウイルスに感染するとどんな症状になるのですか? Q4 どのような食品がノロウイルス食中毒の原因となっているのですか?[kantei.go.jp]
  • 年齢によりますが、頭痛や腹痛などの症状が出ることもあります。熱は4 5日続いて、その間に気管支炎や肺炎をはじめとする合併症がおこることがよくあります。 伝染力が強く、熱が下がってもその後数日間はほかの人にうつす可能性が高いので、家での安静が必要です。保育所や幼稚園は発症から5日経過していて熱が下がって3日経てば登園でき、学校は発症から5日経過していて熱が下がって2日経てば登校できます。 日本の子どもの脳炎の最大の原因で、毎年200 500人が脳炎になっています。[know-vpd.jp]
  • 主な症状 ・のどの痛み ・鼻がムズムズする ・水のような鼻水 ・くしゃみや咳 ・腰痛 ・38度以上の発熱 ・頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状 ・鼻水 ・のどや胸の痛み ・下痢や腹痛 流行 徐々に感染が広がっていく。 短期間に膨大な数の人に感染する。 死亡率 ほとんど変化なし。 65歳以上の高齢者の死亡率が普段より高くなる。 その他の特徴 発熱もあるが、インフルエンザほど高くなく、重症化することはめったにない。 ・肺炎などを併発し、重症化することが多い。[ishin-kai.or.jp]
  • 主な症状 のどの痛み 鼻がムズムズする 水のような鼻水 くしゃみや咳 腰痛 38度以上の発熱 頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状 鼻水 のどや胸の痛み 下痢や腹痛 流 行 徐々に感染が広がっていく。 短期間に膨大な数の人に感染する。 死亡率 ほとんど変化なし。 65歳以上の高齢者の死亡率が普段より高くなる。 その他の 特徴 発熱もあるがインフルエンザほど高くなく、重症化することはめったにない。 肺炎などを併発し、重症化することが多い。 短期間に小児から高齢者まで感染が広がる。[e-chiken.com]
風邪
  • 風邪と間違われやすいインフルエンザですが、風邪に比べて高熱が出て、のどの痛みだけでなく、関節痛や筋肉痛を伴います。 さらに風邪の場合ゆっくり症状が出てくるのに対して、 インフルエンザは急激に症状が出てきます。症状が出る部位も局所的ではなく、全身に倦怠感が現れるのも特徴です。 潜伏期間は1 4日(平均2日)で多くの場合1週間程度で治りますが、乳幼児や高齢者、基礎疾患を持つ方の中には、肺炎を併発したり、基礎疾患の悪化を招く場合があります。[family.saraya.com]
  • インフルエンザが流行る季節になり、このような症状がみられたとき、いつもの風邪かもしれないと思い、市販の風邪薬を試しに ... 続きを見る インフルエンザの吸入薬が日本で初めて発売されてから10年以上がたち、インフルエンザの吸入薬があることをご存じの方も多いのではないのでしょうか。ではどんな吸入薬 ... 続きを見る 職場などでインフルエンザの予防接種・ワクチン接種をされたかたも多いかと思います。予防接種はワクチンの接種により免疫反応が起こり、ウイルスを異物と認識するタン ...[meiji.co.jp]
  • 前駆症状としては通常の風邪の場合と似ていますが、風邪の場合、このような症状を感じてから熱が上がったり、全身に倦怠感があったりなど、明らかな感冒症状が出始めるまで期間があります。 一方インフルエンザの場合、こういった前駆症状を感じたか感じていないかの間に、すぐに高熱やひどいだるさ、筋肉痛、関節の痛みなど、はっきりした強い、いわゆるインフルエンザの症状が出てきます。 この発症の急激さが、通常の風邪とは異なる点の1つです。 潜伏期間中も感染する?[meiji.co.jp]
  • ※ うがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれていますが、 インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません。 (2)予防接種を受ける ・ 発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぎます。 (3)免疫力を高める ・ 免疫力が弱っていると、感染しやすくなります。また、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。[kantei.go.jp]
呼吸困難
  • H5N1鳥インフルエンザが流行している地域にいる、またはその地域へ渡航または在住し、帰国後10日以内 その地域で鳥(体液や排泄物も含む)またはH5N1鳥インフルエンザ感染の患者と密接な間隔で接触した 咳・痰・呼吸困難などの呼吸器症状、および発熱を有する 新型インフルエンザとは 「新型インフルエンザ」の定義 最近「新型インフルエンザ」という言葉をよく聞くようになりました。[terumo-taion.jp]
  • 成人の場合 呼吸困難または息切れがある。 胸の痛みが続いている。 嘔吐や下痢が続いている。 3日以上発熱が続いている。 症状が長引いて悪化してきた。 インフルエンザ脳症の症状がみられたら インフルエンザ脳症は、インフルエンザを発症した後に病状が急に悪くなる病気で、主に5歳以下(特に2歳以下)の小児がかかります。年間200 300人にインフルエンザ脳症が発生し、死に至ることもあります。[shionogi.co.jp]
咳嗽
  • 徴候 [ 編集 ] 咳嗽 ばち指 チアノーゼ 浮腫 過呼吸 喘鳴 疾患 [ 編集 ] 感染性疾患 [ 編集 ] 風邪 風邪の原因となる病原体は多岐にわたるため「風邪症候群」ともとらえ得る。 肺炎 感染症によるものの他に、特発性間質性肺炎( IP),BOOP,放射線肺臓炎などがある。 急性細気管支炎 検査 胸部 レントゲン写真 検査 肺が膨らみすぎる。肺が膨らみすぎる事を肺の過膨脹と言う。 胸部 CT 検査 肺野に小さな粒々した影が見える。小さな粒々した影を小粒状陰影と言う。[ja.wikipedia.org]
鼻閉
  • インフルエンザの場合 かぜ(普通感冒)の場合 初発症状 【インフルエンザ】 発熱、悪寒、頭痛 【かぜ】 鼻咽頭の乾燥感 および くしゃみ 主な症状 【インフルエンザ】 発熱、筋痛、関節痛 【かぜ】 鼻汁、 悪寒 【インフルエンザ】 高度 【かぜ】 軽度、きわめて短期 熱、および熱型(期間) 【インフルエンザ】 38 40 (3 4日間) 【かぜ】 ないか、もしくは微熱 全身痛、筋肉痛、関節痛 【インフルエンザ】 高度 【かぜ】 ほとんどない 倦怠感 【インフルエンザ】 高度 【かぜ】 ほとんどない[ddmap.jp]

疫学

  • 全国のインフルエンザ情報 インフルエンザ流行レベルマップ(国立感染症研究所感染症疫学センター) インフルエンザに関する報道発表資料(厚生労働省) インフルエンザに関すること 平成30年度今冬のインフルエンザ総合対策について(厚生労働省) インフルエンザ(総合ページ)(厚生労働省) インフルエンザとは(国立感染症研究所感染症疫学センター) インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)(国立感染症研究所感染症疫学センター)[eiken.pref.kanagawa.jp]
  • 参考 国立感染症研究所 感染症疫学センターホームページ「インフルエンザトップ」へのリンク)(外部サイトへリンク) 国立感染症研究所 感染症疫学センターホームページ「インフルエンザ流行レベルマップ(最新週)」へのリンク(外部サイトへリンク) 厚生労働省ホームページ「今冬のインフルエンザ総合対策」へのリンク(外部サイトへリンク) PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。[pref.ehime.jp]
  • 報道発表資料 トピックス 厚生労働省ホームページ 平成13年5月30日 インフルエンザによる発熱に対して使用する解熱剤について (医薬品等安全対策部会における合意事項) 1.これまでの経緯 (1) 重篤な疾病であるインフルエンザ脳炎・脳症については、平成11年度より、「インフルエンザ脳炎・脳症の臨床疫学的研究班」(班長:森島恒雄名古屋大学医学部教授)において、その発症機序等の解明のための調査研究が行われている。[mhlw.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 今般、インフルエンザ予防接種の当面のあり方について、同部会より意見をいただいたので、これを踏まえ当面のインフルエンザ予防接種については、従来どおり予防接種法の規定に基づく予防接種として実施することとしたのでご承知ありたい。 また、その実施に当たつては、次の点に配慮するようお願いする。 記 一 インフルエンザ予防接種の実施に当たつては、説明書を配布することにより、その意義及び効果について、被接種者や保護者の十分な理解を得るよう努められたい。[mext.go.jp]
  • A1. (1)感染経路を断つこと、(2)予防接種を受けること、(3)免疫力を高めること が大切です。 (1)感染経路を断つ 飛沫感染・接触感染 を防ぐ ・ 帰宅時や調理の前後、食事前など、こまめな手洗いを心掛けましょう。 ・ アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。 ※ うがいは、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれていますが、 インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていません。[kantei.go.jp]
  • 厚労省のインフルエンザ予防啓発に「うがい」なし 「根拠ない」 「うがい」が、インフルエンザの予防に明確な根拠がないと、厚生労働省は、予防対策のポスターから外している。 山形県では29日、インフルエンザ警報が発令された。 小学校では、手洗いなどの予防対策が徹底されている。 厚労省によると、1月14日から20日に報告された全国のインフルエンザの患者数は、11万人を突破した。 これから流行のピークを迎えるとみられている。 インフルエンザの予防法というと、「手洗い」、「うがい」、「マスク」。[web.archive.org]
  • 注意事項 予防接種実施にあたり、不安がある場合は、事前に医師へご相談ください。 当組合では、予防接種先の医療機関のご案内や紹介等は行いません。 予防接種は、個人の判断と責任による任意接種であり、当組合が強制するものではありません。よって、予防接種に関する事故や副作用等について、当組合は一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。[its-kenpo.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!