Edit concept Question Editor Create issue ticket

インスリン抵抗性症候群 A型


提示

  • まずこの免疫系に関わる細胞をあげますと、 大食細胞 抗原提示B細胞 樹状突起細胞 腸管上皮細胞 内皮細胞 肝臓クッパ-細胞 脂肪細胞 などで、 これら細胞表面には、病原体特異の分子構造パターンを認識する受容体(PPRs)が組み込まれています。 つまりこの受容体を介してトラブル-発見者として病原体(例えば、細菌のリポ多糖類を認識する)を見つける役割を果たしています。[hokuriku-hosp.jp]

治療

  • 治療に関しては、 1 つの治療方法は足りなくなったインスリンを補う方法、つまリインスリン注射や経口血糖降下剤で治療する方法であり、もう一つはインスリン抵抗性を改善させる方法で、それが食事療法であり、運動療法であり、薬物療法であるわけです。 付け加えれば平成 9 年 7 月のWHOの会議で、糖尿病の診断基準が変わってしまい、空腹時 126 /dl を糖尿病と診断するとなりましたので、これまでが 140 /dl でしたので、だいぶ厳しくなりました。[tagata-ishikai.jp]
  • 成長ホルモン抵抗性小人症における成績 成長ホルモン抵抗性小人症3例を対象にした国内臨床試験において、成長ホルモン単独欠損症Type1Aの1例では、成長ホルモンによる治療時の成長率が6.4cm/年であったのが、ソマゾン治療後8.2cm/年となり、ラロン型小人症の1例では治療前の成長率3.2cm/年が治療後5.4cm/年といずれも改善が認められた [12] 。[kegg.jp]

疫学

  • 執筆者(文責): 加藤規弘 (国立国際医療センター 研究所 遺伝子診断治療開発研究部) メタボリックシンドロームの疫学 (次ページ)[imcj-gdt.jp]
  • 検査上グルコース取り込み低下がある 且つ次のいずれか2項目 降圧療法、または血圧 40/90mmHg 血漿TG 150 mg/dl (1.7mmol/L) HDL-C 35mg (0.9 mmol/L) (男)、 39mg/dl (1.0mmol/L) (女) BMI 30 Kg/M2、またはウェスト:ヒップ 0.9(男)、0.85(女) 尿アルブミン排泄率 20Ug/分、またはアルブミン/クレアチン 30ug/g メタボリック 症候群の基準を満足する群では、たしかに心血管障害の危険が高いことを示す疫学調査成績[hokuriku-hosp.jp]
  • 目次へ戻る インスリン抵抗性の疫学 伊藤千賀子 広島原爆障害対策協議会健康管理・増進センター 要旨 糖尿病発症に向けたインスリン抵抗性の推移を見ると,7 8年前から対照に比して空腹時 IRI 値や HOMA-IR の上昇が見られる.また,HOMA-IR が2以上では 糖尿病発症率が 1.74 倍高く,発症にインスリン抵抗性が関与することは明らかである.IGT などの高血糖でも 4.31 倍の発症率である.IFG は isolated IGT に比して HOMA-IR は高いものの,FPG も高い.[saishin-igaku.co.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 最先端の研究により複雑な ホルモン や サイトカイン の ネットワーク や 脂肪細胞 を介した発症と進展の病態生理が明らかになりつつある。 意義 [ 編集 ] メタボリックシンドローム の概念が確立したため難しいが(メタボリックシンドロームは、以前Defronzoらによりインスリン抵抗性症候群と言われていたものにも対応する)、基本的にはメタボリックシンドロームは、既にインスリン抵抗性を発症している人がさらに血圧、脂質プロフィールなどに異常をきたしはじめて診断されるものととらえることができる。[ja.wikipedia.org]
  • はじめに インスリン抵抗性は肥満や2型糖尿病の成因や病態と密接に関係している.脂肪組織を介したインスリン抵抗性の発症と進展の病態生理に関するこれまでの数多くの研究により,アディポカインやホルモンによる複雑なネットワークの存在が認められている.肝臓,筋肉,脂肪などにおいてインスリン抵抗性をひき起こす生理活性物質としては, TNF αなど脂肪細胞から分泌されるアディポカイン 1) や糖質コルチコイド 2) がよく知られている.前者は肥満の際に肥大化した脂肪細胞から分泌される炎症性のアディポカインであり[first.lifesciencedb.jp]

予防

  • 請求項1〜3のいずれかの項に記載のインスリン抵抗性予防及び/又は改善剤を含有することを特徴とする高脂血症予防及び/又は治療剤。 請求項1〜3のいずれかの項に記載のインスリン抵抗性予防及び/又は改善剤を含有することを特徴とする高血圧予防及び/又は治療剤。 請求項1〜3のいずれかの項に記載のインスリン抵抗性予防又は改善剤を含有することを特徴とするメタボリックシンドローム予防及び/又は治療剤。 請求項1〜3のいずれかの項に記載のインスリン抵抗性予防及び/又は改善剤を含有することを特徴とする飲食品。[biosciencedbc.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!