Edit concept Question Editor Create issue ticket

アーノルド・キアリ奇形2型


提示

頭痛
  • 症状 頭痛、頸部痛が頻度の高い症状ですが、咳き込んだりくしゃみによって頭痛が誘発されることも特徴の1つです。小脳扁桃の下垂が強い場合は、めまい、誤嚥、嗄声、歩行障害などの症状が出ます。また、合併する脊髄空洞症により、腕から手にかけてのしびれや筋力低下を自覚することが多く、これらの症状は数年から十数年かけてゆっくり進行します。 診断 頭部MRI検査がもっとも重要で、小脳扁桃が大後頭孔より下垂していると、キアリ1型と診断されます。脊髄MRIにより脊髄空洞症の有無を検査します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • ブログトップ 記事一覧 画像一覧 新着 月別 テーマ別 アメンバー限定 ブログ(3) 健康・美容(1) アーノルド・キアリ奇形(9) 健康管理メモ(5) アーノルド・キアリ奇形の記事(9件) まだ奇形だった… 2010-07-22 テーマ: アーノルド・キアリ奇形 手術後はストレッチと筋トレ 2009-08-03 テーマ: アーノルド・キアリ奇形 梅雨時の頭痛 2009-07-01 テーマ: アーノルド・キアリ奇形 気圧の変化とめまい(眼振) 2009-05-19 テーマ: アーノルド・キアリ奇形[ameblo.jp]
  • 初発症状 :腕から手にかけての 痛みやしびれ などの不快感で発症する事が多く、せき込んだ時やトイレでいきんだ時など、腹圧がかかる動作に伴う頭痛も特徴の一つとされています。小児期に発症した場合 脊椎側弯症 を合併する症例が多く、学校の検診で側弯症を指摘され、その精査中に発見されることも少なくありません。 神経症状 : 知覚鈍麻および筋力低下 が主な症状ですが、これらの症状は数年〜十数年かけてゆっくり進行します。痛みや温度に対する感覚(温・痛覚)は発症初期より障害されます。[kameda.com]

治療

  • 今でも手術が唯一の治療法です。 手術方法には、①大後頭孔拡大術と、②空洞短絡術(シャント手術)の二つの方法があります。 空洞症に対する手術はあくまでも症状の進行を予防するものであり、病状が進行してから手術を行っても、運動麻痺や知覚障害の回復はあまり期待できません。 早期に診断・治療を受けることが重要です。手術のタイミングや手術方法の選択などは、担当の先生とよく相談してください。 脊椎脊髄外科部長 久保田 基夫[kameda.com]

予防

  • 空洞症に対する手術はあくまでも 症状の進行を予防 するものであり、病状が進行してから手術を行っても、運動麻痺や知覚障害の回復はあまり期待できません。脊髄空洞症に伴う脊柱側弯症も、適切な空洞症の治療により側弯の進行を予防するものと考えています。この場合も、進行した側弯症を改善する効果は期待できません。 早期に診断・治療を受けることが重要です。 手術手技は1)空洞短絡術(シャント手術)と、2) 大後頭孔拡大術 の2つに分けられます。[kameda.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!