Edit concept Question Editor Create issue ticket

アルツハイマー病


提示

記憶障害
  • 当時は認知症のほとんどは 梅毒 によると考えられていたが、初老期(presenile)に発症し、進行性に記憶障害と 妄想 を主徴とする認知症を呈し、剖検の結果病理学的に老人斑と神経原線維変化を認めた女性患者 アウグステ・データー の病気をアルツハイマー病として分離した。[bsd.neuroinf.jp]
失行
  • 特に初老期発症例では、感覚失語、構成、観念、観念運動、着衣などの高次機能障害も稀ではない。 第3期 前頭葉症状、小刻み歩行や前傾姿勢などの運動障害もみられ、最終的には失外套症候群に至る。 非典型例ではlogopenic型原発性進行性失語など原発性進行性失語や後部皮質萎縮の臨床経過で病理診断がアルツハイマー病になるものもある。[ja.wikipedia.org]
  • さらに進行すると や 失認 、 失語 が見られるようになり、周囲への無関心さが目立ち、昼夜逆転、 せん妄 、 失禁 、 徘徊 が見られるようになる。 大脳皮質 が障害されることを反映して、時に てんかん を合併する。稀なケースとして、視空間認知障害や 、 失書 といった 頭頂葉 症状で発症することがあり、臨床的に posterior cortical atrophy と称されるが、その多くは病理学的にADである。[bsd.neuroinf.jp]

精密検査

神経原線維変化
  • タウの毒性発揮には必ずしも神経線維変化を伴わないと考えられており(神経線維変化はむしろ保護的に働くと考えらえている)、8.は脇道である。 孤発性ADをこの仮説に則って説明するために、孤発性ADでも何らかの要因によるAβの産生上昇、Aβ42比率の上昇、Aβのクリアランスの低下が想定されている。 APP にAD抵抗性変異が見つかり、その変異はAβ産生を減少させる効果があることは、この仮説を支持するデータである。[bsd.neuroinf.jp]

治療

  • 研究の状況 期待の新治療薬 今のところ、根本的治療法が期待できるのはアルツハイマー病治療薬に限られています。現時点でとくに期待されるものにβ-セクレターゼ阻害薬、γ-セクレターゼ阻害薬、ネプリライシン、アミロイドの抗原もしくは抗体療法があります。これらはいずれも、この病気の本体とみなされる老人斑を構成するアミロイドβの除去をめざすものです。 なお最近、注目され話題になった治療薬にDimebonがあります。[mhlw.go.jp]
  • 書誌事項 アルツハイマー型認知症 田平武編集 (新しい診断と治療のABC, 22. 神経 シンケイ ; 3) 最新医学社, 2014.8 改訂第2版 タイトル別名 アルツハイマー病 タイトル読み アルツハイマーガタ ニンチショウ 注記 「最新医学」別冊 初版タイトル: アルツハイマー病 ページトップへ[ci.nii.ac.jp]

疫学

  • 抄録 加齢とともに罹病率が増加する糖尿病と認知症の合併が注目されている.認知症の二大成因である血管性認知症vascular dementia(VD)とアルツハイマー病Alzheimer disease(AD)のうち,慢性の血管病変を合併する糖尿病においてはVDの発症が高頻度であることは従来から良く知られている.一方,集積されてきた疫学調査により,糖尿病におけるADの合併が最近注目されている.その成因としてメタボリック症候群や軽症糖尿病に認められるインスリン抵抗性と高インスリン血症が中枢神経系の低インスリン[doi.org]
  • 2000年頃の疫学調査では我が国の65歳以上のADの有病率は2 3%である(最近のデータでは10%に近い)。高齢化に伴い全世界的に有病者が増え続けており、2050年には有病率は85人に1人になると推測されている。 典型的な経過としては、 記銘力障害 ( もの忘れ )で発症し、進行と共に 視空間認知 など他の認知ドメインが障害され、徐々に日常生活の自立性が保てなくなる。[bsd.neuroinf.jp]
性別分布
年齢分布

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!