Edit concept Question Editor Create issue ticket

アルコール性胃炎


提示

  • その際には、必要に応じて肝動脈塞栓術(TAE、TACE)や化学療法や放射線(陽子線)療法など、その方の状態に最善 と思われるほかの治療法の選択肢も、提示させていただいております。 切らずに治す肝臓がん 肝炎 肝臓に炎症が起こることを「肝炎」といいますが、その原因としてウイルスや薬剤、アルコール、脂肪、自己免疫など肝臓に対して負担がかかることが挙げられます。[kanto-ctr-hsp.com]
嘔吐
  • 胃拡張の症状には腹部のはり、嘔吐などがあります。 急性胃拡張 急性胃拡張とは、突発的に発生した膨満感を表す場合に使います。 急性胃拡張の原因には、暴飲暴食、胃内部でのガスの発生などがあります。 巨大肥厚性胃炎 巨大肥厚性胃炎とは、剥がれた胃の粘膜が肥大して大きなひだ状になってしまう症状です。 巨大肥厚性胃炎は「メネトリエ病」「胃巨大皺襞症」「胃粘膜肥厚症」とも呼ばれます。 巨大肥厚性胃炎の症状には、胃もたれ、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、食欲の低下、疲れなどがあります。[minato.jcho.go.jp]
  • もし突然の嘔吐や腹痛に襲われたら?真冬は「感染性胃腸炎」にかかりやすい季節。早く治す方法がある(写真:KAORU/imasia) 「2食抜き スポーツドリンクをチビチビ飲む」 真冬はノロウイルスによる感染性胃腸炎の流行シーズン。症状には個人差があり、突然の吐気や嘔吐(おうと)、腹痛、下痢などを伴うのが一般的だ。症状が重いときには医療機関へ行っても、比較的症状が軽くて発熱が伴うと、「風邪かな?」と思うこともあり、市販の風邪薬や胃腸薬を飲んで様子を見る人もいるだろう。[toyokeizai.net]
  • 原因はさまざまですが、発症すると、みぞおち辺りのキリキリとした痛みや吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状が生じます。 急性胃炎は、多くの場合は胃の安静を保つことで自然に症状が消失します。症状の程度に合わせて、点滴や制酸薬、胃粘膜保護薬などの薬剤を使用することも検討します。 原因 急性胃炎は、いくつかの要因によって引き起こされます。具体的には下記が挙げられます。[medicalnote.jp]
  • 治療 薬物療法: 悪心(むかつき)、嘔吐がひどければ、食事を取らず輸液(点滴)による栄養補給を行います。また、胃酸分泌を抑える薬、胃粘膜を修復する薬などで治療をします。出血がある場合は止血剤を用います。状態や治療によりますが、比較的早期に治ります。 「胃」一覧へ戻る[onaka-kenko.com]
  • マロリーワイス症候群 嘔吐を繰り返すことで食道に圧が加わり、食道下部から胃の入り口の血管が破れ出血する病気。飲酒後に発症することが多く、食道への圧が正常になれば自然に止血しますが、多量に出血する場合はショック状態を引き起こす危険性もあります。 急性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍 突然の胃痛やむかつき、吐血、血便、嘔吐などの症状があらわれ、胃や十二指腸に潰瘍、胃炎、出血性のただれなどが生じます。いずれも飲酒者に発症しやすい病気です。[k-medicalnet.co.jp]
腹痛
  • 主な対象疾患・症状など 腹痛 : 急性腹症 急性腹症とは急激に起こり、激しい腹痛を伴う数多くの病気の総称で、すばやい診断と治療(多くは手術)が必要なものを言います。原因としては、消化器疾患に限らず 婦人科疾患、泌尿器科疾患なども含まれます。[sc-h.or.jp]
  • すなわち、食中毒のような細菌によるものにせ よ、アルコールの飲みすぎのような物理化学的な刺激によるものにせよ、 腸に炎症を起こし、その結果、下痢や腹痛を生じさせる病気をまとめて急性腸炎と呼んでいます。 特に処置をしなくとも、自然に回復する軽い例から、入院治療が必要な重症な例まで急性腸炎のなかに含まれています。 おかされる部位および炎症の程度によって、症状の現れ方は異なるが、共通した症状として、下痢、腹痛などがあらわれます。吐き気や嘔吐を伴い、発熱がある場合には感染性の腸炎が疑われます。[ichikawaiin.com]
  • 症状には腹痛、嘔吐、吐き気、食欲の減少、体重減少、黒色便の発生などがあります。 胃の粘膜上皮から発生した悪性腫瘍は「胃癌」と呼ばれています。 胃肉腫とは胃の粘膜上皮以外から発生した悪性腫瘍を表す言葉です。 胃炎 胃炎とは胃に発生する炎症の総称で、急性胃炎、慢性胃炎、神経性胃炎の種類が有ります。 急性胃炎 急性胃炎とは胃炎の一つで、胃の粘膜が突発的に炎症を起こす症状です。 急性胃炎の原因はアルコールの大量摂取、薬品や薬物の摂取、ピロリ菌の感染等があり、 症状には腹痛、出血、嘔吐などがあります。[minato.jcho.go.jp]
  • もし突然の嘔吐や腹痛に襲われたら?真冬は「感染性胃腸炎」にかかりやすい季節。早く治す方法がある(写真:KAORU/imasia) 「2食抜き スポーツドリンクをチビチビ飲む」 真冬はノロウイルスによる感染性胃腸炎の流行シーズン。症状には個人差があり、突然の吐気や嘔吐(おうと)、腹痛、下痢などを伴うのが一般的だ。症状が重いときには医療機関へ行っても、比較的症状が軽くて発熱が伴うと、「風邪かな?」と思うこともあり、市販の風邪薬や胃腸薬を飲んで様子を見る人もいるだろう。[toyokeizai.net]
吐き気
  • 突然胃痛や吐き気が起こり、多くは胃もたれや胃痛、胸やけ、膨満感、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、胃潰瘍に進行することもあります。 3 神経性胃炎 仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となり、自律神経がバランスを崩して起こる胃炎です。ストレスを受けて、自律神経がバランスを崩すと胃酸が過剰に分泌され、気分がふさぐ、のどがつかえる、胸やけがする、胃が痛むなどの症状を引き起こします。 この疾患・症状に関連する情報はこちら。[takeda-kenko.jp]
  • 原因はさまざまですが、発症すると、みぞおち辺りのキリキリとした痛みや吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状が生じます。 急性胃炎は、多くの場合は胃の安静を保つことで自然に症状が消失します。症状の程度に合わせて、点滴や制酸薬、胃粘膜保護薬などの薬剤を使用することも検討します。 原因 急性胃炎は、いくつかの要因によって引き起こされます。具体的には下記が挙げられます。[medicalnote.jp]
  • 急性アルコール中毒 とは異なり、生命に直接の危険はないが、しばしば 頭痛 や吐き気などの著しい不快感を伴う。なお飲酒後、短時間に現れるものは 悪酔い (わるよい)という。一般的に二日酔いは悪酔いが翌日になって現れる状態を指す。 原因 [ 編集 ] アルコール を摂取すると、体内で アルコール は アルコール脱水素酵素 により アセトアルデヒド に分解される。[ja.wikipedia.org]
  • 症状には腹痛、嘔吐、吐き気、食欲の減少、体重減少、黒色便の発生などがあります。 胃の粘膜上皮から発生した悪性腫瘍は「胃癌」と呼ばれています。 胃肉腫とは胃の粘膜上皮以外から発生した悪性腫瘍を表す言葉です。 胃炎 胃炎とは胃に発生する炎症の総称で、急性胃炎、慢性胃炎、神経性胃炎の種類が有ります。 急性胃炎 急性胃炎とは胃炎の一つで、胃の粘膜が突発的に炎症を起こす症状です。 急性胃炎の原因はアルコールの大量摂取、薬品や薬物の摂取、ピロリ菌の感染等があり、 症状には腹痛、出血、嘔吐などがあります。[minato.jcho.go.jp]
吐血
  • 腹痛や吐血・血便・嘔吐などの症状が現れます。 2. 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 急性胃粘膜病変と同様に飲酒者に発症しやすく、喫煙とともに、ピロリ菌感染とは独立した危険因子として知られています。 3. 門脈圧亢進性胃炎 アルコール性肝硬変になって門脈圧が亢進すると胃が上部を中心にうっ血し、しばしば表面から出血をおこし貧血の原因となります。 4. アルコールと小腸、大腸 1.[e-healthnet.mhlw.go.jp]
  • びらんと潰瘍のちがい模式図 症状 心窩部(しんかぶ)痛(みぞおちのあたりの痛み)、胃部膨満感、悪心(むかつき)、嘔吐、吐血、下血 原因 原因として、アルコールの飲みすぎ、医薬品、化学的毒物、放射線、寄生虫、細菌、食中毒、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)などがあります。また、インフルエンザなどの感染症、急性化膿性胃炎、アレルギー性胃炎、ストレスなども原因となります。 ストレスが胃の粘膜を荒らす原因のひとつは次のように考えられています。[onaka-kenko.com]
  • 急性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍 突然の胃痛やむかつき、吐血、血便、嘔吐などの症状があらわれ、胃や十二指腸に潰瘍、胃炎、出血性のただれなどが生じます。いずれも飲酒者に発症しやすい病気です。 ほかにも、アルコールを長期に大量摂取することで、大腸にポリープができやすくなることなどが指摘されています。 【胃と腸を守るために......体に優しい飲酒のポイント】 飲み過ぎれば深刻な健康被害をもたらすアルコール。[k-medicalnet.co.jp]
下血
  • びらんと潰瘍のちがい模式図 症状 心窩部(しんかぶ)痛(みぞおちのあたりの痛み)、胃部膨満感、悪心(むかつき)、嘔吐、吐血、 原因 原因として、アルコールの飲みすぎ、医薬品、化学的毒物、放射線、寄生虫、細菌、食中毒、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)などがあります。また、インフルエンザなどの感染症、急性化膿性胃炎、アレルギー性胃炎、ストレスなども原因となります。 ストレスが胃の粘膜を荒らす原因のひとつは次のように考えられています。[onaka-kenko.com]
  • 胃痛の他に、吐き気や下痢をともなうこともあり、ひどい場合は嘔吐や吐血、を起こすこともあります。多くの場合、安静にしていれば2 3日で治まります。 2 慢性胃炎 原因の約8割がピロリ菌の感染によるものですが、その他、非ステロイド性抗炎症薬の副作用や慢性的なストレスなども原因になると考えられています。胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返されて治りにくくなっている状態です。[takeda-kenko.jp]

精密検査

  • おしりのご相談について 詳しくはこちら 人間ドック 当院では、人間ドックの精密検査を行っています。人間ドックをはじめとする健康診断は、ご自身の身体を定期的に点検することで、大きな病気を未然に防ぐことができます。 当院では、異常を早期に発見し、早期治療に役立て、より健康で充実した人生を過ごせるようにすることを目的にしています。[shibaji-clinic.com]
  • 途中でポリープや腫瘍などが見つかった場合は位置、大きさ、形状を確認して精密検査(組織検査)を行っていきます。 治療 内視鏡を用いたポリープ切除術は、患者様の基礎疾患、ポリープの大きさ、形状などを確認した上で日帰り手術にて行なっています。外来診察の際にご確認ください。 ページトップへ戻る 鎮静剤を使用した内視鏡検査 鎮静剤を使用した胃カメラ検査とは 以前に胃カメラ検査がつらかった方、初めて検査をうけられる方で不安な方は鎮静剤を使用した胃カメラ検査が最適です。[shimizunaika21.com]
  • 1回でも潜血反応陽性となった場合は大腸内視鏡(CF)による精密検査が必要となります。 検診の便潜血反応陽性率(要精検率)はおよそ5 10%です。そして便潜血反応陽性者の20%に大腸ポリープが、3%に大腸癌が発見されます。したがって大腸がん検診を1万人の人が受けたときに、500 1000人の人が便潜血陽性と診断され、そのうち100 200人が大腸ポリープと、また15 30人の人が大腸癌と診断されるくらいの割合です。 このように便潜血反応陽性の二次検診では大腸ポリープの方が発見される確率が高いです。[fuku-cl.com]

治療

  • そして除菌治療をするかどうかを考慮してください。 5. ピロリ菌の治療はどうするの? ピロリ菌の治療は除菌と言って飲み薬の治療です。 2種類の抗生物質と1種類の胃酸を抑える薬を1週間内服しますが、薬の量がやや多いので、 副作用などについてよく説明を受けられてから治療するようにしてください。 6. 慢性胃炎だけでも除菌治療を受けるべきなの? 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の方はぜひ除菌してください。除菌治療によって再発が予防され、症状が改善します。[suga-clinic.net]
  • 比較的小さな石では急性膵炎を同時に発症することもあり、緊急治療が必要になることがあります。 総胆管結石の治療には、外科的手術、経皮的治療(体外から超音波を用いて胆管に針を刺して行なう治療)、内視鏡的治療がありますが、近年では内視鏡手技や処置具の進歩により内視鏡的治療が第一選択とされており、当院でも内視鏡的治療を積極的に行なっています。総胆管結石の内視鏡治療は ERCP の技術を用いて行ないますが、結石を除去するためには胆管の出口(十二指腸乳頭)を拡げる必要があります。[kanto-ctr-hsp.com]
  • 治療 胃や十二指腸潰瘍の治療は,胃酸を中和もしくは減少させるように計画されていた。しか しながら,治療への関心はH. ピロリの除菌に移ってきた。そこで 抗菌薬治療 は,H. ピロリ感染の急性潰瘍をもつ患者の全てと,内視鏡やバリウムX線で過去に胃または十二指腸潰瘍を起こしていると診断された患者については,症状を呈していなかったり制酸薬の長期治療を行っていたとしても,検討されるべきである。H.[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]
  • 70 80%がピロリ菌の感染によって引き起こされ、ピロリ菌陽性のMALTリンパ腫はピロリ菌除菌治療で80 90%が改善します。精密検査,治療が必要です。 キサントーマ(黄色腫) わずかに隆起する境界明瞭な白色から黄色調の病変です。星芒状から類縁形まで形はさまざまを呈します。ピロリ菌感染との関係があるとされています。キサントーマ自体は放置してもよく、治療の必要はありません。[e-ningendock.jp]

予知

  • その他の急性ストレス胃炎予知因子としては,ICU(集中治療部)の滞在日数,患者が経腸的な食事摂取をしていない期間がある。一般的に,患者が臨床的に重症であればあるほど,臨床的に重要な出血の危険性は大きい。 急性ストレス胃炎の病因には,重症患者では粘膜の防御力の減少が関連することが多い。おそらく酸分泌の増加に伴う消化管粘膜の低灌流(例,熱傷,中枢神経の外傷,敗血症)が,粘膜の炎症や潰瘍をもたらす。 症状,徴候,診断 一般的に,患者は状態が悪すぎて目立った胃症状を訴えることができない。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]

疫学

  • 疫学 慢性胃炎の頻度はH. pylori感染率にほぼ一致し,加齢とともに増加し,10代で10%,50代で50%,70代で70%とほぼ年代と一致する.H. pylori感染は出生年代における生活環境が関与しており,若年者のH. pylori感染率は最近著しく低下しているため,将来的には慢性胃炎の頻度は低下する. 臨床症状 慢性胃炎特有の症状はない.胃痛,胃もたれ,胃部膨満感,げっぷなどの症状が出ることがある.特徴的な他覚症状はない.[kotobank.jp]
  • 疫学 H. ピロリは,世界で非常に一般的な慢性の感染症のようである。発展途上国では,感染は小児に最も頻繁に起こる;最適以下の衛生状態,悪い衛生状態,社会経済学的に遅れている状態,過密な生活状態は,高い発症率と早期の感染に関連している。米国では,小児の感染事例はまれで,年齢とともに増加する。感染は白人よりも黒人やヒスパニック系により多い。 正確な感染経路は不明だが,便,唾液や歯石で菌は繁殖しており,このことは,口から口へ,または便から口への感染を示唆している。[sahswww.med.osaka-u.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 予防策 1:一次予防 日常生活や食生活に注意して、発癌の危険性を少しでも減らす予防策です。具体的には 禁煙 、肥満予防策としての 適度な運動 (ウォーキング、等)、食生活の改善 (動物性脂肪制限、過度の飲酒を控える) が挙げられます。逆に食物繊維の多い野菜、ヨーグルトや乳酸菌飲料には大腸がんの予防効果が期待できますので、適度に摂取することが重要です。 2:二次予防 定期的に検診を受け、早期発見・早期治療して完治させることをいいます。[fuku-cl.com]
  • かぜ予防のためのマスク着用や、外から帰ってきたときの手洗い・うがいは多くの方がご存じかと思います。感染性胃腸炎の予防法 はかぜ予防と多くは共通です。今回は、感染性胃腸炎の感染予防法を、普段の予防法と、ご家族が下痢や嘔吐した時の予防法に分けてご紹介します。 普段の予防 毎日の手洗い まずウィルスなどの病原菌を家に入れないことが大切です。帰宅時は家のものに触る前に、手洗いをすることを習慣にしましょう。さらに、 食事前に手を洗うことで、口にはいることを防ぐことができます。[cehs.hokudai.ac.jp]
  • お酒の飲みすぎによる下痢を防ぐ方法 過度な飲酒がもたらす下痢にもっとも有効な予防法は、お酒を飲む量を控えることです。 飲酒後の下痢が多いという人は、ご自身の適量を超えている可能性がありますので、飲酒量を見直してみましょう。 また、脂質や糖質が多い食べ物は、消化や吸収に影響を及ぼし、下痢の原因になります。 おつまみには、脂っこくなく消化のしやすいメニューを選んで予防しましょう。[mag2.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!