Create issue ticket

考えれる29県の原因 zbtb20

結果を表示する: English

  • 多発性硬化症

    さらに、LMP2Aを発現するB細胞ではB細胞選択異常により抗体BCRの抗原親和性が減少していることや抗体産生細胞への分化を促進する因子であるZbtb20 ※11 の発現量が亢進しており、実際に抗体産生細胞への分化が促進していることも明らかになりました。[resou.osaka-u.ac.jp] しかし、その胚中心B細胞がEBウイルスに感染すると、EBウイルスの潜伏感染Ⅲ型遺伝子のLMP2AがB細胞受容体シグナルを模倣し、さらに形質細胞(抗体産生細胞)への分化を促進する因子(Zbtb20)が出現して、本来はアポトーシスにより排除されるべき自己反応性B細胞が生き残り(B細胞選択異常)、自己反応性受容体などの抗体を出し続ける形質細胞になる[ja.wikipedia.org] ※11 Zbtb20(Zinc finger and BTB domain containing 20) (ズィービーティービートゥエンティー(ジンクフィンガー アンド ビーティービードメイン コンテイニング トゥエンティー)) B細胞の抗体産生細胞への分化を促進したり、抗体産生細胞の生存を保つ働きがあるタンパク質。[resou.osaka-u.ac.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    さらに、LMP2Aを発現するB細胞ではB細胞選択異常により抗体BCRの抗原親和性が減少していることや抗体産生細胞への分化を促進する因子であるZbtb20 ※11 の発現量が亢進しており、実際に抗体産生細胞への分化が促進していることも明らかになりました。[resou.osaka-u.ac.jp] しかし、その胚中心B細胞がEBウイルスに感染すると、EBウイルスの潜伏感染Ⅲ型遺伝子のLMP2AがB細胞受容体シグナルを模倣し、さらに形質細胞(抗体産生細胞)への分化を促進する因子(Zbtb20)が出現して、本来はアポトーシスにより排除されるべき自己反応性B細胞が生き残り(B細胞選択異常)、自己反応性受容体などの抗体を出し続ける形質細胞になる[ja.wikipedia.org] ※11 Zbtb20(Zinc finger and BTB domain containing 20) (ズィービーティービートゥエンティー(ジンクフィンガー アンド ビーティービードメイン コンテイニング トゥエンティー)) B細胞の抗体産生細胞への分化を促進したり、抗体産生細胞の生存を保つ働きがあるタンパク質。[resou.osaka-u.ac.jp]

  • 伝染性単核球症

    さらに、LMP2Aを発現するB細胞ではB細胞選択異常により抗体BCRの抗原親和性が減少していることや抗体産生細胞への分化を促進する因子であるZbtb20 ※11 の発現量が亢進しており、実際に抗体産生細胞への分化が促進していることも明らかになりました。[resou.osaka-u.ac.jp] ※11 Zbtb20(Zinc finger and BTB domain containing 20) (ズィービーティービートゥエンティー(ジンクフィンガー アンド ビーティービードメイン コンテイニング トゥエンティー)) B細胞の抗体産生細胞への分化を促進したり、抗体産生細胞の生存を保つ働きがあるタンパク質。[resou.osaka-u.ac.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    しかし、その胚中心B細胞がEBウイルスに感染すると、EBウイルスの潜伏感染Ⅲ型遺伝子のLMP2AがB細胞受容体シグナルを模倣し、さらに形質細胞(抗体産生細胞)への分化を促進する因子(Zbtb20)が出現して、本来はアポトーシスにより排除されるべき自己反応性B細胞が生き残り(B細胞選択異常)、自己反応性受容体などの抗体を出し続ける形質細胞になる[ja.wikipedia.org]

  • 原発性斑状特発性皮膚萎縮症

    しかし、その胚中心B細胞がEBウイルスに感染すると、EBウイルスの潜伏感染Ⅲ型遺伝子のLMP2AがB細胞受容体シグナルを模倣し、さらに形質細胞(抗体産生細胞)への分化を促進する因子(Zbtb20)が出現して、本来はアポトーシスにより排除されるべき自己反応性B細胞が生き残り(B細胞選択異常)、自己反応性受容体などの抗体を出し続ける形質細胞になる[ja.wikipedia.org]

  • リンパ球性胃炎

    しかし、その胚中心B細胞がEBウイルスに感染すると、EBウイルスの潜伏感染Ⅲ型遺伝子のLMP2AがB細胞受容体シグナルを模倣し、さらに形質細胞(抗体産生細胞)への分化を促進する因子(Zbtb20)が出現して、本来はアポトーシスにより排除されるべき自己反応性B細胞が生き残り(B細胞選択異常)、自己反応性受容体などの抗体を出し続ける形質細胞になる[ja.wikipedia.org]

  • 全身性単純ヘルペス

    さらに、LMP2Aを発現するB細胞ではB細胞選択異常により抗体BCRの抗原親和性が減少していることや抗体産生細胞への分化を促進する因子であるZbtb20 ※11 の発現量が亢進しており、実際に抗体産生細胞への分化が促進していることも明らかになりました。[resou.osaka-u.ac.jp] ※11 Zbtb20(Zinc finger and BTB domain containing 20) (ズィービーティービートゥエンティー(ジンクフィンガー アンド ビーティービードメイン コンテイニング トゥエンティー)) B細胞の抗体産生細胞への分化を促進したり、抗体産生細胞の生存を保つ働きがあるタンパク質。[resou.osaka-u.ac.jp]

  • 球後視神経炎

    しかし、その胚中心B細胞がEBウイルスに感染すると、EBウイルスの潜伏感染Ⅲ型遺伝子のLMP2AがB細胞受容体シグナルを模倣し、さらに形質細胞(抗体産生細胞)への分化を促進する因子(Zbtb20)が出現して、本来はアポトーシスにより排除されるべき自己反応性B細胞が生き残り(B細胞選択異常)、自己反応性受容体などの抗体を出し続ける形質細胞になる[ja.wikipedia.org]

  • 視神経炎

    しかし、その胚中心B細胞がEBウイルスに感染すると、EBウイルスの潜伏感染Ⅲ型遺伝子のLMP2AがB細胞受容体シグナルを模倣し、さらに形質細胞(抗体産生細胞)への分化を促進する因子(Zbtb20)が出現して、本来はアポトーシスにより排除されるべき自己反応性B細胞が生き残り(B細胞選択異常)、自己反応性受容体などの抗体を出し続ける形質細胞になる[ja.wikipedia.org]

  • リー症候群

    ) MEF2C [HSA: 4208 ] [KO: K04454 ] (MRD21) CTCF [HSA: 10664 ] [KO: K23195 ] (MRD22) ZBTB18 [HSA: 10472 ] [KO: K23196 ] (MRD23) SETD5 [HSA: 55209 ] [KO: K23216 ] (MRD24) DEAF1[kegg.jp] MRD16) SMARCA4 [HSA: 6597 ] [KO: K11647 ] (MRD17) PACS1 [HSA: 55690 ] [KO: K23290 ] (MRD18) GATAD2B [HSA: 57459 ] [KO: K23194 ] (MRD19) CTNNB1 [HSA: 1499 ] [KO: K02105 ] (MRD20[kegg.jp]

さらなる症状