Create issue ticket

考えれる418県の原因 xiii

結果を表示する: English

  • 第XIII因子欠乏症

    生化学的検査 薬物分析検査 内分泌学的検査 免疫血清学的検査 腫瘍関連検査 血液学的検査 一般検査 微生物学的検査 病理学的検査 遺伝子関連検査 その他 凝固第XIII因子 coagulation facter XIII 分類 血液学的検査 - 凝固・線溶系検査 検査コード 2005-000000 JLAC10 2B440-0000-022[falco.co.jp] ドイツにおける承認用量が、日本の既承認の先天性血液凝固第XIII因子欠乏症の用量と同程度であることを踏まえ、先天性血液凝固第XIII因子欠乏症と同じ用法・用量とすることが妥当と考えられた。[yakujinews.com] (「使用上の注意」の項参照) 薬物動態 [2] 先天性血液凝固第XIII因子欠乏症患者4例(年齢26〜43歳:平均37.8歳)に本剤16mLを投与し、血中の第XIII因子活性を経時的に測定した。[kegg.jp]

  • 遺伝性第XIII因子Aサブユニット欠乏症

    効能・効果は「先天性血液凝固第XIII因子Aサブユニット欠乏患者における出血傾向の抑制」。第XIII因子製剤としては初めての遺伝子組換え製剤で、ヒトあるいは動物由来の原材料を使用していないため、同社は「ウイルスやプリオン伝播のリスクを避けることが可能」としている。[mixonline.jp] 血液凝固第XIII因子Bサブユニット欠乏患者では、本剤の血中半減期が著しく短縮し、投与後早期に第XIII因子活性が低下する可能性がある。 患者の血中に血液凝固第XIII因子に対するインヒビターが発生するおそれがある。[clinicalsup.jp] 効能効果 先天性血液凝固第XIII因子Aサブユニット欠乏患者における出血傾向の抑制 効能効果に関連する使用上の注意 血液凝固第XIII因子の活性測定、免疫学的測定、遺伝子検査などの適切な検査方法で先天性血液凝固第XIII因子Aサブユニット欠乏患者と診断すること。[kegg.jp]

  • 第X因子欠乏症

    HIVおよびHBsAgの陰性を確認済 保存温度:-70 以下 第XIII因子欠乏ヒト血漿 第XIII因子欠乏血漿は、先天性第XIII因子欠乏症のドナー由来の血漿です。血漿中にFSFは存在しません。[cosmobio.co.jp] […] von Willebrand 病 フォンウィルブランド病 血管性血友病 ウィルブランド・ジュルゲンス血小板病 遺伝性第XI因子欠乏症 ローゼンタール病 先天性第XI因子欠乏症 その他の凝固因子の遺伝性欠乏症 プロトロンビン欠乏症 パラ血友病 フィブリノゲン欠乏症 高フィブリノゲン血症 先天性第X因子欠乏症 先天性第XII因子欠乏症 先天性第XIII[scuel.me] 凝固因子には、主に第I因子から第XIII因子(第VI因子は欠番)までの12個の因子がありますが、ひとつの因子だけでは血液を固めることはできません。[hemophiliatoday.jp]

  • 後天性プロトロンビン欠乏症

    […] von Willebrand 病 フォンウィルブランド病 血管性血友病 ウィルブランド・ジュルゲンス血小板病 遺伝性第XI因子欠乏症 ローゼンタール病 先天性第XI因子欠乏症 その他の凝固因子の遺伝性欠乏症 プロトロンビン欠乏症 パラ血友病 フィブリノゲン欠乏症 高フィブリノゲン血症 先天性第X因子欠乏症 先天性第XII因子欠乏症 先天性第XIII[scuel.me] 因子欠損症(第XIII因子インヒビター) 第ⅩⅢ因子は血液凝固の最終段階で他の血液凝固因子を網目状につなぎ合わせます。[nagasaki-clinic.com] フォン・ヴィルブランド病 2 第Ⅰ因子(フィブリノゲン)欠乏症 3 第Ⅱ因子(プロトロンビン)欠乏症 4 第Ⅴ因子(不安定因子)欠乏症 5 第Ⅶ因子(安定因子)欠乏症 6 第Ⅷ因子欠乏症(血友病A) 7 第Ⅸ因子欠乏症(血友病B) 8 第Ⅹ因子(スチュアートプラウア因子)欠乏症 9 第Ⅺ因子欠乏症 10 第Ⅻ因子(ヘージマン)欠乏症 11 第XIII[city.kyoto.lg.jp]

  • 第Ⅶ因子欠乏症

    XIII因子研究会(第一報), 最新医学, 36 (12), 2492, (1981) 14. 第XIII因子研究会(第二報), 最新医学, 36 (12), 2496, (1981) 15. 第XIII因子研究会(第三報), 最新医学, 39 (10), 2132, (1984) 16. Ueyama,M.[kegg.jp] 4)凝固第 XIII 因子に関する研究 10 数年前に 第XIII 因子 のクローニングを世界に先駆けて行なったので、現在でもその A, B 両サブユニットの欠損症の分子病態の解明を行なっている。その遺伝子上の変異が、どのような機序で蛋白質の欠損に結びつくのか、リコンビナント蛋白質を発現させた細胞の内外で解析している。[id.yamagata-u.ac.jp] 因子Aサブユニット欠乏症 D682 VU1J 16 先天性第XIII因子Bサブユニット欠乏症 D682 N9TB 17 先天性第XIII因子欠乏症 D682 CJCG 18 先天性第XII因子欠乏症 D682 RDHA 19 先天性第X因子欠乏症 D682 KEJ1 20 先天性無フィブリノゲン血症 D682 ARQA 21 第VII因子欠乏症[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 後天性血友病

    研究の目的は、原因不明の出血性後天性凝固第XIII(13)因子(FXIII/13)欠損症と抗FXIII/13抗体による自己免疫性の後天性血友病様疾患(後天性血友病13と命名)の実態を明らかにし、検査、診断と治療の方法を確立することである。[research-er.jp] 因子欠損症(第XIII因子インヒビター) 第ⅩⅢ因子は血液凝固の最終段階で他の血液凝固因子を網目状につなぎ合わせます。[nagasaki-clinic.com] 因子Aサブユニット欠乏症 D682 VU1J 16 先天性第XIII因子Bサブユニット欠乏症 D682 N9TB 17 先天性第XIII因子欠乏症 D682 CJCG 18 先天性第XII因子欠乏症 D682 RDHA 19 先天性第X因子欠乏症 D682 KEJ1 20 先天性無フィブリノゲン血症 D682 ARQA 21 第VII因子欠乏症[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 筋骨格腰痛

    XIII. 企業の負担する費用 [45]. 英国では、個々の企業にとって1件当たりの作業関連性上肢障害の総費用は5,251 ポンドと推定された。 これには従業員が喪失した時間、調査時間、業務の非効率、治療費、労働衛生のための医師および看護師、衛生安全委員会事務局との連絡、費用の請求および和解などのコストが含まれる。[jniosh.johas.go.jp]

  • 筋ベータ・エントラーゼ欠乏による糖原病

    てんかん 進行性筋力低下 X型 筋肉 phosphoglycerate mutase欠損 運動不耐 筋痛・筋硬直 横紋筋融解症 XI型 Kannno病 筋肉 lactate dehydrogenase 欠損 運動不耐 筋痛・筋硬直 横紋筋融解症 XII型 筋肉 aldolase 欠損 運動不耐 筋痛・筋硬直 横紋筋融解症 黄疸 発達遅滞 XIII[ja.wikipedia.org]

  • 先天性内因子欠乏

    HIVおよびHBsAgの陰性を確認済 保存温度:-70 以下 第XIII因子欠乏ヒト血漿 第XIII因子欠乏血漿は、先天性第XIII因子欠乏症のドナー由来の血漿です。血漿中にFSFは存在しません。[cosmobio.co.jp] 【対象疾患】 第I因子(フィブリノゲン)欠乏症 第II因子(プロトロンビン)欠乏症 第V因子(不安定因子)欠乏症 第VII因子(安定因子)欠乏症 第VIII因子欠乏症(血友病A) 第IX因子欠乏症(血友病B) 第X因子(スチュアートプラウア因子)欠乏症 第XIII因子(フィブリン安定化因子)欠乏症 第XI因子(PTA)欠乏症 第XII因子([city.yokkaichi.lg.jp] 第II因子(プロトロンビン)欠乏症 (3) 第V因子(不安定因子)欠乏症 (4) 第VII因子(安定因子)欠乏症 (5) 第VIII因子欠乏症(血友病A) (6) 第IX因子欠乏症(血友病B) (7) 第X因子(スチュアートプラウア因子)欠乏症 (8) 第XI因子(PTA)欠乏症 (9) 第XII因子(ヘイグマン因子)欠乏症 (10)第XIII[pref.okayama.jp]

  • 紫斑病

    検査所見 特有な検査所見はありません.血液凝固因子のひとつである第XIII因子の低下が認めらることがあります. 治療 確立した治療法はなく,対症療法が中心です.一般的には安静臥床が良いとされ,多くの場合入院治療が必要になります.腹部症状が強い場合には,ステロイド薬の投与を行います.近年,第XIII因子の補充療法が有効との報告があります.[zousantsushin.jp] 検査 特異的な検査はないが,血算と生化学,検尿を行い,とくに腎機能や 血小板数 ,凝固系に異常がないことを確認する.XIII因子が低下することもある.[primary-care.sysmex.co.jp] 凝固第XIII因子の活性低下を認めることがあるが、一般的な検査項目ではない。また、A群β溶血性連鎖球菌感染症後では、抗ストレプトリシンO(ASLO)抗体、抗ストレプトキナーゼ(ASK)抗体の上昇を認める。 尿所見 [ 編集 ] しばしば、肉眼的血尿を伴うが、蛋白尿を伴うことは比較的少ない。ミオグロビン尿は認めない。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状