Create issue ticket

考えれる1,255県の原因 xiii

結果を表示する: Română

  • 内分泌機能不全

    Oliver-McFarlane症候群 中村 俊郎 476 7 Rothmund-Thomson症候群 国場 英雄 481 8 Rud症候群 国場 英雄 485 9 Smith-Lemli-Opitz症候群 松本 浩 488 10 Sohval-Soffer症候群 菅野 潤子 492 11 ステロイドサルファターゼ欠損症 鈴木 滋 494 XIII[nippon-rinsho.co.jp]

  • 第XIII因子欠乏症

    生化学的検査 薬物分析検査 内分泌学的検査 免疫血清学的検査 腫瘍関連検査 血液学的検査 一般検査 微生物学的検査 病理学的検査 遺伝子関連検査 その他 凝固第XIII因子 coagulation facter XIII 分類 血液学的検査 - 凝固・線溶系検査 検査コード 2005-000000 JLAC10 2B440-0000-022[falco.co.jp] ドイツにおける承認用量が、日本の既承認の先天性血液凝固第XIII因子欠乏症の用量と同程度であることを踏まえ、先天性血液凝固第XIII因子欠乏症と同じ用法・用量とすることが妥当と考えられた。[yakujinews.com] (「使用上の注意」の項参照) 薬物動態 [2] 先天性血液凝固第XIII因子欠乏症患者4例(年齢26〜43歳:平均37.8歳)に本剤16mLを投与し、血中の第XIII因子活性を経時的に測定した。[kegg.jp]

  • 後天性第xiii因子欠乏症

    抄録 凝固第XIII因子(F13)は,Aサブユニット(F13-A)二量体とBサブユニット(F13-B)二量体からなる異種四量体として血中を循環しており,トロンビンによって活性化されてフィブリンを架橋結合する.先天性F13欠損症は,出血,創傷治癒異常,反復性流産が3主徴であり,出生後の臍(帯)出血で初発することが多い.一方,大手術や各種の疾患[ci.nii.ac.jp] (「使用上の注意」の項参照) 薬物動態 [2] 先天性血液凝固第XIII因子欠乏症患者4例(年齢26〜43歳:平均37.8歳)に本剤16mLを投与し、血中の第XIII因子活性を経時的に測定した。[kegg.jp] ここでは、欠乏する凝固因子の種類により、1)「自己免疫性後天性凝固第XIII/13因子(F13)欠乏症(旧称:自己免疫性出血病XIII)」、2)「自己免疫性後天性凝固第VIII/8因子(F8)欠乏症(後天性血友病A)」、3)「自己免疫性後天性フォンウィルブランド因子(von Willebrand factor:VWF)欠乏症(自己免疫性後天性[nanbyou.or.jp]

  • 遺伝性第XIII因子Aサブユニット欠乏症

    効能・効果は「先天性血液凝固第XIII因子Aサブユニット欠乏患者における出血傾向の抑制」。第XIII因子製剤としては初めての遺伝子組換え製剤で、ヒトあるいは動物由来の原材料を使用していないため、同社は「ウイルスやプリオン伝播のリスクを避けることが可能」としている。[mixonline.jp] 血液凝固第XIII因子Bサブユニット欠乏患者では、本剤の血中半減期が著しく短縮し、投与後早期に第XIII因子活性が低下する可能性がある。 患者の血中に血液凝固第XIII因子に対するインヒビターが発生するおそれがある。[clinicalsup.jp] 効能効果 先天性血液凝固第XIII因子Aサブユニット欠乏患者における出血傾向の抑制 効能効果に関連する使用上の注意 血液凝固第XIII因子の活性測定、免疫学的測定、遺伝子検査などの適切な検査方法で先天性血液凝固第XIII因子Aサブユニット欠乏患者と診断すること。[kegg.jp]

  • 第V因子欠乏症

    因子Aサブユニット欠乏症 D682 VU1J 16 先天性第XIII因子Bサブユニット欠乏症 D682 N9TB 17 先天性第XIII因子欠乏症 D682 CJCG 18 先天性第XII因子欠乏症 D682 RDHA 19 先天性第X因子欠乏症 D682 KEJ1 20 先天性無フィブリノゲン血症 D682 ARQA 21 第VII因子欠乏症[dis.h.u-tokyo.ac.jp] HIVおよびHBsAgの陰性を確認済 保存温度:-70 以下 第XIII因子欠乏ヒト血漿 第XIII因子欠乏血漿は、先天性第XIII因子欠乏症のドナー由来の血漿です。血漿中にFSFは存在しません。[cosmobio.co.jp] […] von Willebrand 病 フォンウィルブランド病 血管性血友病 ウィルブランド・ジュルゲンス血小板病 遺伝性第XI因子欠乏症 ローゼンタール病 先天性第XI因子欠乏症 その他の凝固因子の遺伝性欠乏症 プロトロンビン欠乏症 パラ血友病 フィブリノゲン欠乏症 高フィブリノゲン血症 先天性第X因子欠乏症 先天性第XII因子欠乏症 先天性第XIII[scuel.me]

  • 第X因子欠乏症

    HIVおよびHBsAgの陰性を確認済 保存温度:-70 以下 第XIII因子欠乏ヒト血漿 第XIII因子欠乏血漿は、先天性第XIII因子欠乏症のドナー由来の血漿です。血漿中にFSFは存在しません。[cosmobio.co.jp] […] von Willebrand 病 フォンウィルブランド病 血管性血友病 ウィルブランド・ジュルゲンス血小板病 遺伝性第XI因子欠乏症 ローゼンタール病 先天性第XI因子欠乏症 その他の凝固因子の遺伝性欠乏症 プロトロンビン欠乏症 パラ血友病 フィブリノゲン欠乏症 高フィブリノゲン血症 先天性第X因子欠乏症 先天性第XII因子欠乏症 先天性第XIII[scuel.me] 凝固因子には、主に第I因子から第XIII因子(第VI因子は欠番)までの12個の因子がありますが、ひとつの因子だけでは血液を固めることはできません。[hemophiliatoday.jp]

  • グリコーゲン貯蔵病4型

    肝型糖原病にはI,III,IV,VI,IX(XIII)型がある。 2. 疫学 累積発生頻度 約1:20000 本邦の患者数は約1200人と推定される。 3. 原因 糖からグリコーゲンへの合成系、グリコーゲンから糖への分解系を触媒する酵素の欠損により起こる。[nanbyou.or.jp] てんかん 進行性筋力低下 X型 筋肉 phosphoglycerate mutase欠損 運動不耐 筋痛・筋硬直 横紋筋融解症 XI型 Kannno病 筋肉 lactate dehydrogenase 欠損 運動不耐 筋痛・筋硬直 横紋筋融解症 XII型 筋肉 aldolase 欠損 運動不耐 筋痛・筋硬直 横紋筋融解症 黄疸 発達遅滞 XIII[ja.wikipedia.org]

  • 腸症、絨毛浮腫およびIgG2欠乏症の家族性

    症候群 34 血小板無力症 35 血小板放出機構異常症 36 33から35に掲げるもののほかの、血小板機能異常症 37 先天性フィブリノーゲン欠乏症 38 先天性プロトロンビン欠乏症 39 第V因子欠乏症 40 第VII因子欠乏症 41 血友病A 42 血友病B 43 第X因子欠乏症 44 第XI因子欠乏症 45 第XII因子欠乏症 46 第XIII[hospital.osaka-med.ac.jp]

  • 後天性プロトロンビン欠乏症

    […] von Willebrand 病 フォンウィルブランド病 血管性血友病 ウィルブランド・ジュルゲンス血小板病 遺伝性第XI因子欠乏症 ローゼンタール病 先天性第XI因子欠乏症 その他の凝固因子の遺伝性欠乏症 プロトロンビン欠乏症 パラ血友病 フィブリノゲン欠乏症 高フィブリノゲン血症 先天性第X因子欠乏症 先天性第XII因子欠乏症 先天性第XIII[scuel.me] 因子欠損症(第XIII因子インヒビター) 第ⅩⅢ因子は血液凝固の最終段階で他の血液凝固因子を網目状につなぎ合わせます。[nagasaki-clinic.com] フォン・ヴィルブランド病 2 第Ⅰ因子(フィブリノゲン)欠乏症 3 第Ⅱ因子(プロトロンビン)欠乏症 4 第Ⅴ因子(不安定因子)欠乏症 5 第Ⅶ因子(安定因子)欠乏症 6 第Ⅷ因子欠乏症(血友病A) 7 第Ⅸ因子欠乏症(血友病B) 8 第Ⅹ因子(スチュアートプラウア因子)欠乏症 9 第Ⅺ因子欠乏症 10 第Ⅻ因子(ヘージマン)欠乏症 11 第XIII[city.kyoto.lg.jp]

  • モリブデン補因子欠乏補完グループb

    現在、XIII因子小委員会がSSCの承認を得ようとしている項目は、 1) XIII因子欠損症の国際登録 2) XIII因子の名称 の2つであり、小委員会で進行中の活動は、 1) 第一次国際XIII因子標準血漿の抗原測定 2) XIII因子濃縮製剤と組み換えXIII因子の標準物質の開発 である。[id.yamagata-u.ac.jp] 4)XIII因子濃縮製剤におけるXIII因子活性の測定について by Prof. Laszlo Muszbek (Hungary) XIII因子標準化の次ぎの目標は、XIII因子濃縮製剤であるが、XIII因子活性の測定法の違いによって値が異なることが問題である。[id.yamagata-u.ac.jp] 肺梗塞では、血栓/塞栓による閉塞度が高い程、症例の血中XIII因子濃度が低い。これは、XIII因子の消費によるものと思われる。特に、XIII因子レベルの低い先天性XIII因子欠損症では、診断のみならず製剤投与後のコントロールの上で、XIII因子活性測定に注意が必要である。[id.yamagata-u.ac.jp]

さらなる症状