Create issue ticket

考えれる11県の原因 xi c

結果を表示する: English

  • 塩素ガスの毒作用

    本物質はEUによりXi; R36/R37/R38に分類されている 36) 。[anzeninfo.mhlw.go.jp] 重篤な皮膚の薬傷・眼の損傷(区分1A-1C) 眼に対する重篤な損傷・刺激性: サルで眼に刺激性を認めたとの記載 8) 、ヒトで濃度により軽度から重度の刺激があるが、いずれも短時間で回復するとの記載 35) 、及びヒトで眼に腐食性を示す危険があり、重篤なあるいは永続的な障害を及ぼすことがあるとの記載 6) がある。[anzeninfo.mhlw.go.jp]

  • 先天性アンチトロンビン欠乏症2型

    XI因子、プロテインC、およびアンチトロンビンIIIの減少がみられた。 他3例には、肺形成不全に由来する心肺機能障害、重度の肝および小腸の疾患、および筋緊張低下がみられた。別の1例には痙攣と精神運動発達遅滞を認めた。以上の4例は、いずれも造血能に障害がみられ貧血と血小板減少症を合併した。[grj.umin.jp]

  • 非症候性先天性皮膚形成不全症

    XI因子、プロテインC、およびアンチトロンビンIIIの減少がみられた。 他3例には、肺形成不全に由来する心肺機能障害、重度の肝および小腸の疾患、および筋緊張低下がみられた。別の1例には痙攣と精神運動発達遅滞を認めた。以上の4例は、いずれも造血能に障害がみられ貧血と血小板減少症を合併した。[grj.umin.jp]

  • ジフテロイド細菌

     セラチア属 1 セラチア・マルセッセンス XII プロテウス属,モルガネラ属,プロビデンシア属 1 プロテウス属 1)プロテウス・ブルガリス 2)プロテウス・ミラビリス 2 モルガネラ属 3 プロビデンシア属 XIII プレジオモナス属 c-2 ビブリオ科 I ビブリオ属 1 コレラ菌(血清型O1およびO139型) 2 非O1,非O139[mall-md.seikyou.ne.jp] 属 1 クレブシエラ・ニューモニエ 2 クレブシエラ・オキシトカ 3 クレブシエラ・オザナエ 4 クレブシエラ・リノスクレロマティス VI エドワージエラ属 VII エンテロバクター属 VIII パンテア属 1 パンテア・アグロメランス IX シトロバクター属 1 シトロバクター・フロインディ 2 シトロバクター・コセリ X ハフニア属 XI[mall-md.seikyou.ne.jp]

  • アカラシア - 小頭症症候群

    XI因子、プロテインC、およびアンチトロンビンIIIの減少がみられた。 他3例には、肺形成不全に由来する心肺機能障害、重度の肝および小腸の疾患、および筋緊張低下がみられた。別の1例には痙攣と精神運動発達遅滞を認めた。以上の4例は、いずれも造血能に障害がみられ貧血と血小板減少症を合併した。[grj.umin.jp]

  • 先天性グリコシル化障害 1D型

    XI因子、プロテインC、およびアンチトロンビンIIIの減少がみられた。 他3例には、肺形成不全に由来する心肺機能障害、重度の肝および小腸の疾患、および筋緊張低下がみられた。別の1例には痙攣と精神運動発達遅滞を認めた。以上の4例は、いずれも造血能に障害がみられ貧血と血小板減少症を合併した。[grj.umin.jp]

  • 糖タンパク質糖鎖不全症候群 1Y型

    XI因子、プロテインC、およびアンチトロンビンIIIの減少がみられた。 他3例には、肺形成不全に由来する心肺機能障害、重度の肝および小腸の疾患、および筋緊張低下がみられた。別の1例には痙攣と精神運動発達遅滞を認めた。以上の4例は、いずれも造血能に障害がみられ貧血と血小板減少症を合併した。[grj.umin.jp]

  • 黄疸がある髄鞘形成異常

    XI因子、プロテインC、およびアンチトロンビンIIIの減少がみられた。 他3例には、肺形成不全に由来する心肺機能障害、重度の肝および小腸の疾患、および筋緊張低下がみられた。別の1例には痙攣と精神運動発達遅滞を認めた。以上の4例は、いずれも造血能に障害がみられ貧血と血小板減少症を合併した。[grj.umin.jp]

  • 筋・眼・脳病 2型

    XI因子、プロテインC、およびアンチトロンビンIIIの減少がみられた。 他3例には、肺形成不全に由来する心肺機能障害、重度の肝および小腸の疾患、および筋緊張低下がみられた。別の1例には痙攣と精神運動発達遅滞を認めた。以上の4例は、いずれも造血能に障害がみられ貧血と血小板減少症を合併した。[grj.umin.jp]

  • 泌尿器科手術

    ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術 C. 尿流動態検査(プレッシャーフロースタディ) A. 最新機種 ダヴィンチ Xi を用いたロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術の開始 最新のロボット手術支援装置であるダヴィンチ Xi ロボット支援手術装置(ダヴィンチ)は、2012年に前立腺癌に対する前立腺全摘術で保険に適応となり、急速に広がりました。[kyusyu.jcho.go.jp]

さらなる症状