Create issue ticket

考えれる797県の原因 x20

  • ウイルス性下気道感染症

    (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス 160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 149 20.77 29.62 90.6% 79.48 070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) [aomori-kenbyo.jp] 生命予後因子(IROAD) 肺炎重症度規定因子 MRSA保有リスク 悪性腫瘍または免疫不全状態 酸素飽和度 90%の維持にFiO2 35%を要する 意識レベルの低下 男性70歳以上、女性75歳以上 乏尿または脱水 CRP 20mg/dl 胸部X線写真の陰影が一側肺の2/3以上 長期(2週間程度)の抗菌薬の投与 長期入院の既往 MRSA感染や[ja.wikipedia.org] 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 82 18.34 20.84 2.44% 67.62 090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 73 3.08 4.82 0.00% 54.58 整形外科 DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数[aomori-kenbyo.jp]

  • 上気道感染症

    生命予後因子(IROAD) 肺炎重症度規定因子 MRSA保有リスク 悪性腫瘍または免疫不全状態 酸素飽和度 90%の維持にFiO2 35%を要する 意識レベルの低下 男性70歳以上、女性75歳以上 乏尿または脱水 CRP 20mg/dl 胸部X線写真の陰影が一側肺の2/3以上 長期(2週間程度)の抗菌薬の投与 長期入院の既往 MRSA感染や[ja.wikipedia.org]

  • 過敏症

    同年12月20日、X1はA病院において、同病院の医師から、本件症状は本件ストーブの使用を原因とする中枢神経機能障害・自律神経機能障害と診断され、また、慢性症状としての化学物質の過敏症を獲得しているものと診断された。 2. [kokusen.go.jp]

  • 急性呼吸器感染症

    生命予後因子(IROAD) 肺炎重症度規定因子 MRSA保有リスク 悪性腫瘍または免疫不全状態 酸素飽和度 90%の維持にFiO2 35%を要する 意識レベルの低下 男性70歳以上、女性75歳以上 乏尿または脱水 CRP 20mg/dl 胸部X線写真の陰影が一側肺の2/3以上 長期(2週間程度)の抗菌薬の投与 長期入院の既往 MRSA感染や[ja.wikipedia.org]

  • クレブシエラ属

    本培地を作成する際には硫酸マグネシウム、デオキシコール酸、ブリリアントグリ ーン及び寒天を除いた培地成分を20倍の濃厚液 として準備する(20x BIND濃厚液)。硫酸マグネシウム、デオキシコール酸、ブリリアントグリーンはそれぞれ別々 に濃厚液を作成し、培地調製時に添加する。これらはすべて濾 過滅菌しておく。[naro.affrc.go.jp] 20x BIND濃厚液は長期保管すると黄色を帯びることがあるが、これによる品質の劣 化はこれまでのところ認められていない。また低温で保管すると結晶状の沈殿を生ずるが、こ のときは穏やかに加熱し完全に溶解させてから使用する。[naro.affrc.go.jp]

  • インスリン抵抗性

    空腹時の血中Cペプチド値:0.5 ng/ml以下 または24時間尿中Cペプチド排出量:20 μg/日以下 インスリン依存状態 (空腹時インスリン値(μU/mL)x360) (空腹時血糖値(mg/dL)-63) にて計算され、インスリン分泌能の指標となります。30%以下の場合、インスリン分泌低下があるとされます。[soiken.info]

  • 性腺機能低下症

    その後、この症例は16歳よりhCG-hMG/FSH療法(hCG 2500単位、hMG 75単位、週2回)に切り替えて精巣容量も20mlになり、血中テストステロンも700ng/dlを維持し、17X106/mlの精子形成が認められました(図5)。[tanaka-growth-clinic.com] 113:病弱名無しさん 10/12/28 11:09:25 B0Q34X20 108 私も春先に彼女にフラれました 病気の事は告げ、将来の事や孤児のことを話すと手のひらを返したかの様に 去って行きました。 この病気がもたらす未来ってなんでしょう?[yomi.tokyo] また小児期にhCG-hMG/FHSH療法により精子数が正常(20 X 106 /ml以上)になり、すぐに挙児の希望がないときは、週1回のhCG-hMG/FHSH投与でもよいのかどうかも、今後の検討課題といえましょう。 文献 1) Sato N, Katsumata N, Horikawa R, Tanaka T.[tanaka-growth-clinic.com]

  • 日焼け

    Aesthetic Surgery Journal 20 (3): 218–222. doi : 10.1016/S1090-820X(00)70020-3 . “ WHO Disease and injury country estimates ”.[ja.wikipedia.org]

  • 産褥期

    体温が体温39度以上で白血球数20,000/μl以上のときは聴診上ラ音を認めず、痰もないのにもかかわらず胸部X線では浸潤影を認める潜在性肺炎という病態も知られている。いずれにせよ重篤な病態は肺炎球菌による場合が多く、予防接種による予防が望まれる。発熱が敗血症のサインかどうかを見分けるにはバイタルサインを用いるという方法も知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 分娩

    体温が体温39度以上で白血球数20,000/μl以上のときは聴診上ラ音を認めず、痰もないのにもかかわらず 胸部X線 では浸潤影を認める潜在性肺炎という病態も知られている。いずれにせよ重篤な病態は肺炎球菌による場合が多く、予防接種による予防が望まれる。発熱が敗血症のサインかどうかを見分けるにはバイタルサインを用いるという方法も知られている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状