Create issue ticket

考えれる160県の原因 X 線異常, 呼吸筋麻痺

  • ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 身体所見,神経学的所見,採血,X,心電図,頭部-骨盤部CTを施行するも,明らかな異常を認めなかった。妊娠反応も陰性。脳炎も疑い,髄液検査,頭部MRIを施行したが,ここでも異常所見を認めなかった。鎮静が浅くなると再びせん妄状態になってしまうため,鎮静は継続。経過観察目的に入院となった。[igaku-shoin.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 低カリウム血症

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 症状としては2.5 3.5mEq/Lで消化器症状(嘔吐、食欲不振)、骨格症状(脱力、筋力低下、テタニー)、尿濃縮障害(多飲、多尿)、インスリン分泌障害(耐糖能障害)K 2.5mEq/L では四肢麻痺呼吸麻痺、イレウスを来たします。[jhf.or.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性ポルフィリン症は不安,不穏,不眠などの前駆症状に始まり,腹痛,嘔吐,便秘などの消化器症状,頻脈,発汗,高血圧などの自律神経症状,痙攣や四肢麻痺などの中枢神経症状を認める。球麻痺呼吸麻痺などの重症神経合併症のため,約5 20%で致死的となる。[jmedj.co.jp] 身体所見,神経学的所見,採血,X,心電図,頭部-骨盤部CTを施行するも,明らかな異常を認めなかった。妊娠反応も陰性。脳炎も疑い,髄液検査,頭部MRIを施行したが,ここでも異常所見を認めなかった。鎮静が浅くなると再びせん妄状態になってしまうため,鎮静は継続。経過観察目的に入院となった。[igaku-shoin.co.jp] 診断のつかないまま症状を改善する目的で、誘発因子となるある種の薬物が不適切に用いられた場合、急性症状はさらに増悪する.神経症状はたいてい運動障害であり、初期の段階では腕や足の筋肉痛がみられる.筋力低下は足よりも腕、とくに近位より始まる.筋力低下は進行性であり、やがて四肢麻痺へと進行し、さらに約 20% の症例で呼吸麻痺と球麻痺により死に[med.kindai.ac.jp]

  • 呼吸筋麻痺

    概要 第43回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集 -862-FP-349 呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1 例公立陶生病院小野寺 良太、横山 俊樹、早川 浩史、稲葉 慎一郎、倉田 圭、中島 義仁、市原 利彦、川瀬 正樹呼吸麻痺を呈し、挿管管理を要した重度低カリウム血症の1例公立陶生病院 救急部集中治療室小野寺良太[jsicm.org] 球麻痺型:飲み込みが悪くなる、言葉が話しにくくなるなど 上肢型:字が書きにくい、箸がうまく使えない、腕が上げにくいなど 下肢型:歩きにくい、階段が昇りにくい、スリッパが脱げやすい、こむら返りなど 呼吸麻痺型:手足の筋力低下よりも呼吸困難が先に現れる 当院の結果からは、球麻痺型、上肢型、下肢型、呼吸麻痺型で発症される割合は、それぞれ、およそ[alsjapan.org] ところが人工呼吸器を装着し、維持期になると徐々に状況が変わっていく。まずALSの呼吸麻痺が即「死」を意味しなくなる。人工呼吸器装着率は海外は%以下、日本では29%と圧倒的に高い。人工呼吸器装着下での維持期には重度の二次性サルコペニアとなる。[jsdnnm.com]

  • 糖原病 2 型

    X検査では特徴的な骨の異常を確認できます。この病気は出生前に羊水穿刺や絨毛採取により診断することができます( 検査方法 : 絨毛採取 )。 予後(経過の見通し)と治療 長期的な予後は、ムコ多糖症の種類によります。通常の寿命まで生きられる可能性もあります。一部のムコ多糖症(通常は心臓に影響を及ぼすタイプ)の患者は、若年で死亡します。[msdmanuals.com] 検査成績 血液像で空胞化したリンパ球を認める.筋原性にAST,LDH,CKなどが上昇.胸部Xで心肥大所見.心電図ではP-R間隔の短縮 QRSの増高・左軸偏位,心エコーでの心室壁肥厚などの異常を認める. 診断 尿中オリゴ糖分析で病的なパターンを認める.酵素活性測定(白血球,線維芽細胞,筋,肝)で確定診断される.遺伝子変異解析も行われる.[kotobank.jp]

  • 延髄灰白髄炎

    感染者の200人に1人に下肢麻痺が出現し、そのうち5-10%が呼吸麻痺により死亡すると言われています。 治療法 特異的な治療法はありません。 予防等 ワクチン接種による予防が主体です。[forth.go.jp] X写真で骨折端に硬化がみられ、また骨折端の辺縁は丸みを帯び、ここに異常可動性をみとめる。ただし、骨癒合能が全く消失したわけでなく、強固な内固定や硬化した骨の切除と骨移植などを行えば、再び骨癒合を再開させうる。原因は骨折部の不十分な固定、化膿、断端転位の過大、骨欠損の過大、断端間への軟部組織の嵌入〔カンニュウ〕、全身栄養不良などがある。[jscf.org] 一方の下肢に麻痺が見られる例が多いのですが、上肢、下肢、体幹、嚥下、全身に発症します。延髄や呼吸を冒されると球麻痺と言って、呼吸が出来なくなり、人工呼吸器が出来るまでは死亡率は極めて高かったのです。[jigh.org]

  • インフルエンザ

    合併症がハイリスクとなる人とは、 65歳以上の年齢 慢性呼吸器疾患(喘息やCOPD) 心血管疾患(高血圧単独を除く) 慢性腎、肝、血液、代謝(糖尿病など)疾患 神経疾患(運動麻痺、痙攣、嚥下障害) 免疫抑制状態(HIV感染や、薬物によるものを含む) 妊婦 長期療養施設の入所者 著しい肥満 アスピリンの長期投与を受けている者 担癌患者 「インフルエンザ[ja.wikipedia.org]

  • 無気肺

    (1)呼吸状態 :正常では呼吸回数13-18回/分,胸腹式呼吸でリズムは規則的です。 奇異運動 多発性肋骨骨折,横隔神経麻痺呼吸疲労で出現します。 起座位 左心不全,気管支喘息重積発作,慢性閉塞性肺疾患(COPD)の重症例で出現します。 側臥位(患側を下にする) 大量胸水,一側無気肺などで出現します。[igaku-shoin.co.jp]

  • グラム陰性敗血症

    また、一部患者では呼吸麻痺が進行し、死亡例も確認されている。GBSの罹患率は諸外国でのデータでは、人口10万人当たり1〜2人とされている。 我が国での発生状況については報告システムがなく、実数は不明であるが、年間2,000人前後の患者発生があるものと推定されている。[niid.go.jp] 検査データ :Ht30%,白血球3,000/μL(80%好中球,15%桿状球,5%リンパ球),血小板46,000/μL,ヘモグロビン11.5g/dL,BUN/Cre44/1.6,血糖・電解質に異常なし,CRP24,髄液所見:白血球なし;蛋白,糖異常所見なし,胸部X:左上肺野浸潤影,喀痰グラム染色でグラム陽性双球菌多数とグラム陰性桿菌少数,[igaku-shoin.co.jp]

  • 麻痺性イレウス

    (1)呼吸器合併症(頚椎部脊髄損傷の場合) 高い位置の頚椎レベルで脊髄損傷となると手足だけでなく呼吸まで麻痺し、人工呼吸器なしには生きられなくなります。低い位置の頚椎レベルの脊髄損傷でも、セキがうまくできないので、タンづまりや肺炎を起こしやすくなります。[research.johas.go.jp] 医師が検査義務を果たしていれば、患者の救命の高度な蓋然性があったといえるか まず、本件でのAのイレウスの進行を考えると、鑑定の結果から、遅くとも午後5時20分ころに腹部超音波検査を実施していれば、腹水や腸管蠕動の消失などの絞扼性イレウスに特徴的な所見が得られたものと考えられ、また、立位及び背臥位の腹部単純X検査を実施すれば小腸ガス像が、CT[medsafe.net] さらに、高い位置の頚椎レベルで脊髄損傷となると手足だけでなく呼吸まで麻痺し、人工呼吸器なしには生きられなくなります。 排便や排尿などの排泄機能も障害されますから、オムツや導尿カテーテルなど、排泄に必要な道具が必要となります。また、男性では勃起などの性機能も障害されます。 運動・感覚だけではなく、自律神経系も損傷されます。[research.johas.go.jp]

さらなる症状

類似した症状