Create issue ticket

考えれる502県の原因 X 線異常, 呼吸筋麻痺

  • 低カリウム血症

    中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 骨格筋機能の重度の障害からくる呼吸不全は稀なことではない。 特徴的な心電図が得られる。 T波の平坦化/陰性化 U波出現 ST低下出現 ST低下 U波増大 PR間隔延長 最も多い原因は腎臓または消化管からの過剰排泄で、慢性の下痢や緩下剤の長期乱用である。摂取不足だけで無く土食症、嘔吐、胃内容物の吸引も原因となる。[ja.wikipedia.org]

  • ポルフィリン症

    骨髄性プロトポルフィリン症 ( Erythopoietic protoporphyria, EPP )の診断と治療 近畿大学医学部皮膚科 川原 繁 EPP は常染色体優性遺伝を示し,原因はプロトポルフィリンからヘムへの合成酵素であるフェロケラターゼ( ferrochelatase )の活性低下である。 (1)臨床症状 ① 皮膚症状 EPP[…][med.kindai.ac.jp]

  • 急性間欠性ポルフィリン症
  • 糖原病 2 型

    ポンペ病(ぽんぺびょう、Pompe Disease)は、糖原病の1つ(II型)であり、細胞内酵素であるα1,4グリコシダーゼの欠損によりあらゆる細胞のライソゾームにグリコーゲンが蓄積する病態である。常染色体劣性遺伝形式をとる。ライソゾームに関連した酵素が欠損しているために、分解されるべき物質が老廃物として体内に蓄積してしまう先天代謝異常疾患の総称である「ライソゾーム病」として特定疾患に2001年に指定された。糖原病や酸性マルターゼ欠損症(AMD)とも呼ばれる。オランダの病理学者・ヨアネス・カッシアヌス・ポンペが1932年に初めて報告した。 発病年齢は幼児期から[…][ja.wikipedia.org]

  • 延髄灰白髄炎
  • インフルエンザ

    合併症がハイリスクとなる人とは、 65歳以上の年齢 慢性呼吸器疾患(喘息やCOPD) 心血管疾患(高血圧単独を除く) 慢性腎、肝、血液、代謝(糖尿病など)疾患 神経疾患(運動麻痺、痙攣、嚥下障害) 免疫抑制状態(HIV感染や、薬物によるものを含む) 妊婦 長期療養施設の入所者 著しい肥満 アスピリンの長期投与を受けている者 担癌患者 「インフルエンザ[ja.wikipedia.org]

  • 急性気管支炎

    白血球増加 CRP試験陽性ただし、胸部X異常所見は見られない。 去痰剤による痰の除去 鎮咳剤による咳の沈静化抗生物質の使用は一般的には勧められず、これが効果がないことのエビデンスは、各種試験にて40年間積み重ねられてきた。[ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 気管支炎

    白血球増加 CRP試験陽性ただし、胸部X異常所見は見られない。 去痰剤による痰の除去 鎮咳剤による咳の沈静化抗生物質の使用は一般的には勧められず、これが効果がないことのエビデンスは、各種試験にて40年間積み重ねられてきた。[ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • ウイルス性下気道感染症
    不足: 呼吸筋麻痺
  • 上気道感染症
    不足: 呼吸筋麻痺

さらなる症状

類似した症状