Create issue ticket

考えれる1,414県の原因 X 線異常, 下肢の片側性浮腫

  • 再発肺塞栓症

    胸部X写真はほぼ異常なし。心電図は洞性頻脈であった。 Clinical Discussion この女性は複数の吸入器による治療にもかかわらず呼吸苦が改善せず,胸部に重い感じがあり,酸素飽和度は低く,頻脈であったため,喘息発作以外にも急性冠動脈疾患もしくは肺塞栓症を疑う必要がある。[igaku-shoin.co.jp] 間質性肺疾患(頻度不明注)) 間質性肺疾患があらわれることがあるので、観察を十分に行い、咳嗽、血痰、息切れ、呼吸困難、発熱、肺音の異常等が認められた場合には、速やかに胸部X、胸部CT、血清マーカー等の検査を実施すること。間質性肺疾患が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。[kegg.jp] 間質性肺疾患(頻度不明注1)) 間質性肺疾患があらわれることがあり、血痰、肺胞出血を伴う場合もあるので、観察を十分に行い、咳嗽、息切れ、呼吸困難、発熱、肺音の異常等が認められた場合には、速やかに胸部X、胸部CT、血清マーカー等の検査を実施すること。[kegg.jp]

  • 血栓塞栓症

    したがって、DVT患者を診察する際には、まず注意深い病歴聴取、身体診察(直腸診、便潜血検査、内診を含む)、ルーチン検査(血算、生化学、電解質、カルシウム、クレアチニン、肝機能検査、尿検査、胸部X、50歳以上の男性であればPSA検査)を行い、異常が認められた場合にのみ、積極的な悪性腫瘍検索を行うことが推奨されている[ 24 ]。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 腹水

    腹水 (ふくすい) は、医学における症状、病態で、腹腔内に異常に多量の液体が貯留した状態ないしはその液体をいう。 腹腔内には正常な状態でもごく少量の液体があるが、 血漿蛋白の減少による膠質浸透圧の低下 門脈圧亢進 腹膜炎、悪性腫瘍の腹膜播種、肝癌の破裂といった原因により、多量の漏出液や滲出液が見られるようになる。肝硬変ではアルブミン合成能低下及び門脈圧亢進により前者のタイプ、腹膜の炎症や癌では後者のタイプが見られる。 女性の場合は卵巣ガンなどの可能性がある。 腹水が貯留すると、体重増加、腹部膨隆、尿量減少が見られ、打診、触診上異常所見が得られる。腹部超音波検査や腹部CTによって診断できる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨盤内炎症性疾患

    下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] 7).間質性肺炎、好酸球性肺炎:発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X異常、好酸球増多等を伴う間質性肺炎、好酸球性肺炎が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。[medical.nikkeibp.co.jp] また稀に、骨盤内の腫瘍などによって片側下肢静脈が圧迫されることで、片側下肢静脈灌流障害が生じ、片側下肢浮腫や深部静脈血栓症を生じることもあります( 図1 )。 基本的な病歴聴取・診察・検査で上記のような疾患が疑われる場合には、専門医にご相談ください。 図1 鼠径部悪性リンパ腫による片側下肢浮腫[jhf.or.jp]

  • 股関節部骨折

    画像検査としては、股関節単純Xを正面と側面像2方向で行います。単純X線像で特異的異常所見がない時期にもMRI 、骨シンチグラム(病変に取り込まれる放射性医薬品を用いて写真を撮る検査)で異常所見を認める場合があります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 前十字靭帯断裂の場合は、膝から下が前方に異常なほど引き出されます。 ②ストレスX検査 前方引き出しストレスをかけた状態でX線撮影を行うのが「ストレスX線検査」です。 断裂がある場合は脛骨がずれた状態で撮影されます。 ③MRI検査 MRI検査も非常に有用とされていて、前十字靭帯損傷に対する正確性は97 98%と言われています。[secure01.red.shared-server.net] Xでの骨頭圧潰(陥没を認め段差を生じている状態)または、crescent sign(骨頭軟骨下に骨折線を認める)(図1)や骨頭内の帯状硬化像(おびじょうこうかぞう:壊死した領域と健常な領域の境界がX線で白く写る状態)で、さらにMRIのT1強調像で帯状硬化像と呼ばれる骨頭内帯状低信号域(図2)が特徴的な画像所見です。 図1.[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 早発性リンパ浮腫

    下肢腫脹の診療をするにあたって、まず大事なのは、両側なのか片側なのか、を判断するということです。 片側下肢浮腫の場合は、まず「その足自体に原因がある」ことを考えましょう。[jhf.or.jp] 明らかな原因が特定できない場合は、X、採血、検尿検査の一般的な検査で異常がないのか確認。それらで特定できるようであれば、その治療、必要であれば専門医の紹介となります。 特に原因が特定できず、さらに精密検査を必要とする症状がない場合はまずは特発性(原因不明)を考えて経過観察させていただきます。[idogaya-clinic.com] 整形外科を受診しましたが、CRP値・CCP・血沈・RF因子・Xすべて異常なしとのことで2.3か月後に再検査ということになりました。早期発見、治療開始が大切と聞きますので、今のままで大丈夫なのか心配です。また年齢的にも更年期障害の可能性もあるのでしょうか?[rheuma-net.or.jp]

  • 急性気管支炎

    白血球増加 CRP試験陽性ただし、胸部X異常所見は見られない。 去痰剤による痰の除去 鎮咳剤による咳の沈静化抗生物質の使用は一般的には勧められず、これが効果がないことのエビデンスは、各種試験にて40年間積み重ねられてきた。[ja.wikipedia.org] 検査 [ 編集 ] 白血球 増加 CRP試験 陽性 ただし、胸部X異常所見は見られない。 治療 [ 編集 ] 去痰剤による痰の除去 鎮咳剤 による咳の沈静化 抗生物質 の使用は一般的には勧められず、これが効果がないことのエビデンスは、各種試験にて40年間積み重ねられてきた [1] 。[ja.wikipedia.org] 検査所見 胸部X写真では異常を認めない場合もありますが、初期変化として肺血管影の不鮮明化があり、しだいに気管支壁の肥厚による軌道陰影(tram line)が見られるようになります。末梢細気管支に病変が及ぶと、小斑点陰影が肺全体に見られることもあります。重症例では心陰影拡大や肺動脈拡張も伴います。[jomf.or.jp]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • ウイルス性下気道感染症

    「胸部X検査」では、異常な陰影から肺炎や肺結核、気管支炎、気管支拡張症、肺気腫、気胸、胸膜炎などがわかります。 各検査項目の詳細については、 こちら をご覧ください。[kyoukaikenpo.or.jp]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 上気道感染症

    ・下痢 ⑦ 胸部X写真異常 ⑧ 白血球増多(乳児12,000, 幼児10,000/mm3 以上) ⑨ かぜの既往(入院前2週間以内) ⑩ 年齢因子(生後6ヶ月未満) 0 2点:健常群、3 4点:境界群、5点以上:危険群 感染症の登園・登校に関する基準 分類 病名 登園・登校の目安 第1種 コレラ 赤痢 腸チフスなど 治癒するまで 第2種[www2.nms.ac.jp] 11 風疹、水痘、おたふくかぜワクチン添付文書にも同様の記載 *インフルエンザについて 感染力は発症から3 7日間 登園・登校の基準:解熱後2日経過するまで かぜスコア 7 項目(各1点) ① 鼻閉・鼻汁・くしゃみ ② 咽頭発赤・扁桃腫脹 ③ 咳嗽・喀痰・さ声 ④ 呼吸音異常 ⑤ 発熱(乳児38.0, 幼児37.5 以上) ⑥ 食思不振・嘔吐[www2.nms.ac.jp]

    不足: 下肢の片側性浮腫
  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 下肢の片側性浮腫

さらなる症状

類似した症状