Create issue ticket

考えれる240県の原因 x, 急性腎盂腎炎, 筋力低下

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    暑がり、疲れやすい、だるい 目つきがきつい、眼球突出、複視、甲状腺腫大 イライラ感、落ち着かない、集中力低下、不眠・甲状腺が腫れる 発汗、脱毛、かゆみ コレステロール低下、血糖上昇、血圧上昇、肝障害 脱力感、筋力低下、骨粗鬆症、手足のふるえ 動悸、頻脈、心房細動、心不全、むくみ、息切れ 甲状腺機能低下症の症状として、以下のような症状が現れます[akasakamiura-clinic.com] 旧機器 Y 新機器 Y 1.031X 0.323 r 0.998 n 167 平成18年7月18日 X 旧機器 Y 新機器 Y 0.82X 1.29 r 0.998 n 102 基準範囲 : 0.33 4.05 μU/mL 小児の基準値 出生後1時間までに急激に上昇し、その後やや低下するが、新生児期にはその後と比べて著しい高値を示す。[okayama-u.ac.jp] このホルモンのバランスが崩れると、皮膚の痒み、倦怠感、食欲不振、筋力低下など様々な症状が出現し、胃潰瘍や骨粗しょう症、骨折、尿路結石症を引き起すこともあります。[kitasaito.jinyukai.jp]

  • 医原性クッシング病

    代表的症状・検査所見 【症状】 易出血性,顔面紅潮,近位筋の筋力低下,赤色腹部皮膚線条(径1cm以上)などのクッシング徴候や,小児における成長障害を伴う体重増加は,クッシング症候群を識別する身体所見である(いずれも感度は低い)。[jmedj.co.jp] この疾患が強く疑われる場合は、X線撮影や超音波検査のほか、全身麻酔をした上でCTスキャンやMRIが用いられることもあります。 犬のクッシング症候群の主な治療法 基礎疾患の治療 別の疾病によってクッシング症候群が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。[koinuno-heya.com] 免疫低下作用 蛋白異化作用 糖新生作用 抗炎症作用 脂肪分解作用 抗インスリン作用 臨床症状 腹部膨満(93 95%) 多飲多尿(85 97%) 脱毛(55 90%) 多食(77 87%) 筋力低下と元気消失(74 82%) その他の臨床症状 クッシング症候群の発症 皮膚の変化 腹部膨満 身体検査 呼吸速迫 パンティング(あえぎ呼吸) 肺胞換気機能[pet-hospital.org]

  • 多発性骨髄腫

    図3 骨髄穿刺の様子 4)X線、CT、MRI、PET検査 多発性骨髄腫と診断されると、全身への病気の広がりや骨の状態を確認するための検査を行います。最も一般的ものはX線検査で、全身の骨病変や病的骨折の有無などを調べます。最近はCT検査やMRI検査によって、より小さな骨の病変や骨髄腫細胞の広がりについても診断できるようになりました。[ganjoho.jp] 骨の痛みや骨折が発生することが多く、腎臓障害、免疫機能の低下(易感染状態)、筋力低下、錯乱などがみられることもあります。 血液検査や尿検査で各種の抗体の量を測定することで診断が下され、骨髄生検によって確認されます。 治療では、化学療法薬やコルチコステロイドがよく使用されます。 多発性骨髄腫患者の平均年齢は約65歳です。[msdmanuals.com] また骨痛があると臥床がちとなるため筋力低下を招いて歩行をはじめとする日常生活動作が困難となる場合があります。そのためリハビリテーション部に相談して生活の質の改善、あるいは自宅への退院や通院治療へのスムーズな移行を目的としたリハビリテーションも実施してもらっています。[osaka-med.jrc.or.jp]

  • 不全対麻痺

    症例:60歳代男性 診断名:腰椎椎間板ヘルニア(L3/4、L4/5)、腰部脊柱管狭窄症後L3不全対麻痺(ASIA motor score 右35点、左35点)、神経因性膀胱、下肢感覚障害 経過:平成18年7月腰部脊柱管狭窄症、下肢筋力低下、下肢痛、しびれ、排尿障害により当院へ入院、同8月2日両側L3/4、右側L4/5拡大開窓術施行。[jstage.jst.go.jp] デユシャンヌ(Duchenne)型筋ジストロフィー 染色体上のジストロフィン遺伝子の欠失により、筋線維を包む膜でのジストロフィン蛋白が表出せず、筋ジストロフィーを生じます。現在、遺伝子診断が行われています。[igakuken.or.jp] 【方法】 症例は67歳,男性.数年前よりL5領域の左下肢筋力低下・感覚障害、および間欠性跛行出現し,腰部脊柱管狭窄症(LCS)と診断.本年1月に椎弓切除術(L1/2/3/4/5)を施行,術翌日に腰部から両下肢のしびれ・疼痛・麻痺の増悪が認められ,MRIの結果、硬膜外血腫と診断.腰椎術後急性硬膜外血腫除去術を施行されるも,硬膜外膿瘍合併し,MRI[jstage.jst.go.jp]

  • 尿路感染症

    高齢の方で、排尿障害のために膀胱留置カテーテルの使用が多いことや前立腺肥大、また神経因性膀胱といった基礎疾患による尿流障害(筋力低下も加わり、慢性的に膀胱内にたまった尿を全て外に出すことができず、残尿として残ってしまう)そういった障害が高齢者には多く見られ、尿路感染症の頻度が高くなります。[cosumo-wakayama.jp] 経静脈的腎盂造影 静脈内に造影剤を注射し、尿中に排泄された造影剤をX線撮影する。膀胱から尿管までの画像が得られ、水腎症や尿管瘤の検索に有用である。 腎シンチグラム 静脈内に微量の放射性同位体を注射し、腎への取り込みをみる。[ja.wikipedia.org] 妊婦の無症候性細菌尿を治療せずにおくと、急性腎盂へと進行する可能性があるからです。そのリスクは妊娠していない女性の20 30倍高いと言われています。 急性腎盂を発症すると、細菌が血液内にも移行して全身にめぐり、敗血症を起こすこともまれにあります。そうなると、母体と胎児がともに命の危険にさらされる場合があります。[asahi.com]

  • 対麻痺

    脊椎X線・脊椎・脊髄MRI検査の部位: 脊髄病変が多いが、まれに大脳病変や末梢神経障害によることがある。問診と神経診察により病巣の広がりの推定し、適切な部位の脊椎X線、次いでMRIを撮像する。 対麻痺の鑑別のアルゴリズム: その後、MRI所見の有無、特徴により、血液検査や脳脊髄液検査、神経生理学的検査を取捨選択して診断を進めていく。[clinicalsup.jp] 遺伝性痙性対麻痺では、徐々に痙性対麻痺の症状が進行し、筋力低下をきたします。遺伝性痙性対麻痺では、痙性対麻痺の症状のみの場合と、以下に示すような末梢神経、小脳、大脳、耳、目の症状などほかの症状を合併する場合があります。[ncnp.go.jp] その場合、常染色体優性遺伝性であることが多いが、常染色体あるいはX染色体劣性遺伝性の場合もある。[nanbyou.or.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    前立腺肥大の検査方法 X線検査 前立腺全体の大きさの把握や、前立腺肥大によって周りの臓器(特に膀胱)がどれだけ圧迫されているかを確認します。 ・検査費用の目安:5000 6000円程度 超音波検査 X線検査と異なり、超音波検査では前立腺内部の状態の確認ができます。また、前立腺の大きさや形を確認できます。[dog.benesse.ne.jp] 腎 [ 編集 ] 腫瘍性疾患 腎細胞癌 腎盂癌 腎血管筋脂肪腫 腎嚢胞 その他の疾患 腎盂 腎盂尿管移行部狭窄症 水症 尿管 [ 編集 ] 尿管腫瘍 尿管狭窄 膀胱尿管逆流症 膀胱 [ 編集 ] 膀胱 急性膀胱炎 慢性膀胱炎 非細菌性慢性膀胱炎 間質性膀胱炎 増殖性膀胱炎 膀胱癌 非浸潤性尿路上皮癌 浸潤性尿路上皮癌 尿膜管癌 良性膀胱腫瘍[ja.wikipedia.org] また膀胱の負担が長期間におよぶと、膀胱の筋肉は過敏な状態から疲労した状態になり、筋力低下して、ますます尿が残るようになり、残尿の量が増加してきます。 この残った尿の中では、細菌が増殖したり、石ができたりしやすく、 膀胱炎 や 膀胱結石 (ぼうこうけっせき)の原因となります。[kotobank.jp]

  • 糖尿病

    我々は1型糖尿病において終末糖化産物の蓄積がサルコペニア合併に関与し、さらには下肢筋力が先行的に低下するダイナペニアを顕著に認めることを報告しました(Mori H et al. J Diabetes Investig. 2017)。糖尿病治療の進歩と共に増加する高齢糖尿病患者さんへ、最適な糖尿病ケアを提案していきます。[tokushima-u.ac.jp] 胸部X線検査(デジタル撮影) 肺や心臓の異常を調べます。 頸動脈超音波検査 頸動脈の血管壁の厚さなどから、視覚的に動脈硬化の状態を調べます。 CT検査 腹部(すい臓)へリカルCT検査 超音波検査では、胃腸ガスの影響で見づらいことのあるすい臓を中心に細かく観察します。[hokutokai.or.jp] その他胸腹部X線、上部消化管内視鏡検査、腹部エコー検査、CT検査などが可能です。普段の血糖、血圧、脂質のコントロールだけでなく、合併症の早期発見と早期治療をめざしています。 4 治療について 1型糖尿病の治療はインスリンです。通常は1日1 2回の持効型インスリンと毎食前の速効(または超速効型)インスリン注射です。[h-wellness.or.jp]

  • 慢性腎不全

    […] m)をもとに下記の5次式により求めた値を使用する) 男児:y -1.259x 5 7.815x 4 - 18.57x 3 21.39x 2 - 11.71x 2.628 女児:y -4.536x 5 27.16x 4 - 63.47x 3 72.43x 2 - 40.06x 8.778 ・血清シスタチンC(CysC)による推算 eGFR 104.1[fgs.or.jp] 腎盂 腎盂(腎臓から尿管につながるところ)に細菌感染症が起きて、そこから腎臓内部に炎症が及んだもので慢性と急性があります。慢性腎盂は、尿路結石,前立腺肥大症,尿路奇形など基礎疾患があることが多く、軽い熱や腹痛など比較的軽い自覚症状があります。急性の細菌性腎盂では、ある日突然寒気や震え、腰痛が起きます。[t-pec.co.jp] 慢性腎不全の主な原因 原発性 (糸球体の異常):慢性糸球体腎炎(IgA腎症、膜性増殖性腎炎など) 急速進行性糸球体腎炎(ANCA関連腎炎など) アルポート症候群 (間質、尿細管異常):間質性腎炎 多発性嚢胞 全身疾患に伴うもの :ループス 糖尿病性症 骨髄腫 アミロイドーシス 動脈硬化 :硬化症 動脈狭窄症 感染症 :慢性腎盂[ohpade.gozaru.jp]

  • 前立腺腺癌

    例えば、手術療法では術後尿失禁、放射線療法では直腸膀胱障害、ホルモン療法では更年期様症状や筋力低下などを引き起こす可能性があります。 早期発見のポイント PSA(前立腺特異抗原)という非常に優秀な腫瘍マーカーがあり、早期発見が可能です。50歳以上の男性は、スクリーニング検査を受けましょう。[saiseikai.or.jp] X線学的検査では、排泄性腎盂造影、尿道膀胱造影がある。排泄性腎盂造影では、膀胱三角部、尿管口周囲への浸潤の有無が判定でき、尿道膀胱造影では前立腺部尿道の不規則な圧排、変形によって尿道への浸潤の程度を知ることができる。なお、膀胱への浸潤の有無は尿道膀胱鏡がより確度が高い。[home.hiroshima-u.ac.jp] ホルモン治療 薬剤がなんであれ、男性ホルモン欠落症状として、ED、ホットフラッシュ(ほてり:カッと熱くなり汗が出ること)、筋力低下、骨粗鬆症、メタボリック症候群、うつ状態などいろいろ見られます。 女性ホルモン剤では血液凝固能の亢進、これに伴い心、血管系障害が起こることがあります。[jfcr.or.jp]

類似した症状