Create issue ticket

考えれる4県の原因 wuchereria bancrofti

結果を表示する: Deutsch

  • マレー糸状虫

    バンクロフト糸状虫 [ 編集 ] バンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti バンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti (Cobbold, 1877) は、ヒトのみに寄生する少宿主性のフィラリアであり、寄生箇所は リンパ管 、 リンパ節 といった リンパ系 である。[ja.wikipedia.org] 今日の日本では イヌ の 心臓 の 右心房 と 肺動脈 に寄生する 犬糸状虫 Dirofilaria immitis (Leidy, 1856) がよく知られ、これこそがフィラリアのように見られているが、他にも人体寄生性で感染後遺症として 象皮症 を引き起こす バンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti (Cobbold,[ja.wikipedia.org]

  • バンクロフト糸状虫症

    バンクロフト糸状虫 [ 編集 ] バンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti バンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti (Cobbold, 1877) は、ヒトのみに寄生する少宿主性のフィラリアであり、寄生箇所は リンパ管 、 リンパ節 といった リンパ系 である。[ja.wikipedia.org] 今日の日本では イヌ の 心臓 の 右心房 と 肺動脈 に寄生する 犬糸状虫 Dirofilaria immitis (Leidy, 1856) がよく知られ、これこそがフィラリアのように見られているが、他にも人体寄生性で感染後遺症として 象皮症 を引き起こす バンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti (Cobbold,[ja.wikipedia.org]

  • フィラリア症

    その原因である寄生虫 Wuchereria bancrofti (バンクロフト糸状虫)は、(それより早く)1874年に初めて記録されました。 この病気の脅威は、20世紀の大規模な調査によって認識されました。[forth.go.jp] 今日の日本ではイヌの心臓の右心房と肺動脈に寄生する犬糸状虫 Dirofilaria immitis (Leidy, 1856) がよく知られ、これこそがフィラリアのように見られているが、他にも人体寄生性で感染後遺症として象皮症を引き起こすバンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti (Cobbold, 1877) など、多くの[ja.wikipedia.org] Wuchereria bancrofti (バンクロフト糸状虫)は、患者の90%に関与しています。 Brugia malayi (マレー糸状虫)は、残りの患者のほとんどに関与しています。 B. timori (チモール糸状虫)は、原因となり得ます。 成虫はリンパ系組織にとどまり、免疫機能障害を起こします。[forth.go.jp]

  • ストレプトコッカス・フェルス

    だが、かつての日本国内ではヒトが発症するフィラリア症(以下、本記事で記述するフィラリア症はヒトに発症するものの意として扱う)のひとつバンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti、ICD-10 (B74.0) による流行地が、北は青森県から南は沖縄県に至る広範囲に散在していた。[ja.unionpedia.org]

さらなる症状