Create issue ticket

考えれる447県の原因 wbc

結果を表示する: English

  • 顕微鏡的多発血管炎

    腎症状(腎機能低下、血尿、蛋白尿など、急速進行性糸球体腎炎(RPGN)は重症) 肺症状(肺出血または間質性肺炎など) その他の臓器の症状(発熱、倦怠感、体重減少、筋痛、関節痛、口内炎、出血、多発性単神経炎など) MPO-ANCA陽性 CRP陽性、蛋白尿、血尿、BUN・血清クレアチニンの上昇、WBC上昇 胸部X線写真所見で肺胞出血、間質性肺炎[ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    細菌尿患者の60-85%にWBC 10個/HPF以上といわれ、逆に無菌性膿尿の患者では、尿路結核を疑う。[home.hiroshima-u.ac.jp] (注1)Stamey法:尿と前立腺マッサージによる分泌物の検査 WBC 10個/HPF、細菌数 103/ml(グラム陽性菌、104/ml) 尿路結核 結核菌による慢性肉芽腫性の特異性感染症の結核は、1970年代後半から著しく減少、最近は横這い傾向である。[home.hiroshima-u.ac.jp]

  • 後腹膜膿瘍

    【症例】65歳,5経妊3経産.主訴は下腹部痛および微熱であった.診察上,腟断端部に少量の膿汁流出を伴うピンホール大の裂孔を認め,超音波にて3cm大のLow echoic lesionが描出されたため,腟断端部膿瘍の診断で抗生剤処方とした.一旦症状軽快したが1カ月後再燃したため再受診となった.受診時BT 36.3 で,血液検査上WBC 17500[jsog-k.jp] 入院時血液所見ではWBC 30,900、 CRP 29.8と激しい炎症反応所見あり。腹部超音波検査およびCTで膵頭部、肝尾状葉付近に嚢胞様陰影が認められ、4月28日当院小児外科へ転院となる。 入院後経過 :入院後著しい発熱、傾眠傾向も見られ、全身状態悪化、内ヘルニアあるいはリンパ管嚢腫の感染を疑い、同日深夜緊急手術となる。[idsc.nih.go.jp] 【症例】50歳代女性.胃十二指腸潰瘍,胆道系疾患の既往なし.2日前より背部痛および38度台の発熱を認めていた.症状の改善を認めず,近医受診.胸部Xpで腹腔内にfree airを認め,当院紹介受診となった.腹部所見は腹部全体に圧痛,反跳痛を認めた.血液検査でWBC 13500/µl,CRP 41.3mg/dl,腹部CTで十二指腸の壁肥厚およびその[myschedule.jp]

  • 虫刺症

    臨床検査成績:WBC 4,600/μl、Eo 0.3%、CRP 0.58 mg/dl、LDH 337 IU/l、CK 70 IU/l、BUN 14.6 mg/dl、Cr 0.84 mg/dl、FBG 541 mg/dl、PT 11.9s、APTT 44.3s、INR 0.94。[idsc.nih.go.jp] 臨床検査成績:WBC 6,600/μl 、Eo 0.3%、CRP 0.04 mg/dl、LDH 200 IU/l、CK 70 IU/l、BUN 12.8 mg/dl、Cr 0.65 mg/dl、FBG 541 mg/dl、PT 12.3s、APTT 30.9s、INR 0.96。 症例2 55歳男性。[idsc.nih.go.jp]

  • 大動脈十二指腸瘻

    […] aneurysm repair(以下,EVARと略記)による瘻孔閉鎖を行い,経過良好で術後30日目に退院となった.2011年3月,3日前から続く発熱を主訴に受診し,人工血管感染が強く疑われ緊急入院となった.血圧123/87 mmHg,脈拍85回/分・整,体温37.5 Cであった.腹部に特記すべき所見は認めなかった.Hb 11.8 g/dl,WBC[jstage.jst.go.jp] 既往歴:高血圧症,脳梗塞(後遺症なし) 初診時血液検査所見:Hb 11.7 g/dl(前医にてRCC4単位投与後)と軽度の貧血を認め,WBC 8,760/μl,CRP 1.37 mg/dlと軽度の炎症反応を認めた.[jstage.jst.go.jp] 経過:緊急入院時,血圧113/60 mmHg,脈拍90回/分・整,体温38.3 Cであった.腹部所見では上腹部に圧痛を認めた.Hb 12.3 g/dl,WBC 15,300/μl,CRP 6.09 mg/dlであった.CTで人工血管感染を指摘され,抗生剤加療による感染制御は困難と判断し,入院14日目に十二指腸水平脚切除 十二指腸下行脚空腸吻合[jstage.jst.go.jp]

  • 類白血病反応

    ・白血球数(WBC)が基準値内にあっても、構成細胞に著しい偏りがある場合があるので、一般的には血液像(白血球分類)の成績と併せて、各分画の絶対数に換算して捉えることが極めて重要です。また、標本による形態観察も重要です。 ・WBCの増加は、腫瘍性に増殖する白血病と、反応性に増加する白血病以外の疾患に大別されます。[falco.co.jp] ・ クロストリジウム・ディフィシル(CD)感染症 や結核患者の一部はWBCとの類白血病反応が50,000 /μLよりも大きいカウント現れることがある。 ・CD腸炎は白血球増加と関連し、入院成人の9%はWBC数15 10 9 /Lを超えている。[blog.goo.ne.jp] WBCの減少は臨床的に多くの場合、好中球の減少です。好中球の減少は、造血幹細胞の障害による産生低下と成熟好中球の消費、破壊の亢進に分けられます。[falco.co.jp]

  • 卵巣嚢胞

    いが,今回我々は月経困難を伴わず発熱を主訴とし,卵巣チョコレート嚢胞の感染を疑った症例を経験したので報告する.症例は,30歳,未婚,未経妊.平成15年5月12日より39度の発熱があり,近医を受診.卵巣腫瘍を指摘され,5月24日当科紹介入院となった.経腟超音波,骨盤CTにて両側の卵巣チョコレート嚢胞と思われる腫瘍を認めた.血液生化学検査にて,WBC[jsog-k.jp]

  • 鉄欠乏症

    血液検査所見では、白血球数(WBC)、赤血球数(RBC)、血小板数(PLT)はいずれも正常です。 …が、ヘモグロビン(HGB) 8.5g/dlと強度の低下を示していますから、明らかに貧血です。 さらにヘマトクリット(HCT)も低下してますから小球性低色素性貧血と言えます。 この時点で『鉄欠乏性貧血』を疑うことができます。[chugokuh.johas.go.jp]

  • 貧血

    一般採血でRBC、Hb、 Ht、MCV、WBC、血小板数、網状赤血球を調べます。鉄欠乏については血清鉄、結合能(TIBC, UIBC)、血清フェリチン、ピロリ菌感染を調べます。大球性貧血ではビタミンB12、葉酸をみます。腎不全が関与していないか、腎機能も観察します。溶血性貧血が疑われる場合は直接クームス試験や寒冷凝集素価を調べます。[tokushukai.or.jp]

  • クロストリジウム感染症

    15000かつCr 1.5 mg/dL - severe:WBC 15000 または Cr 1.5 mg/dL - fulminant:血圧低下(ショック)、イレウス、megacolon - 臨床医の判断でOK 3) CDトキシン陽性でも、下痢をしていなければ治療対象とならない 治療(前提:不要な抗菌薬は中止する) ?[kameda.com] 下痢の場合 - 12か月未満:トキシン産生C. difficileの保菌が多いため検査すべきでない - 1-2歳:その他の原因が除外されなければ、検査はすべきでない - 2歳以上:長期間持続または悪化する下痢で、リスクがある場合検査する (3)治療 1,3) 重症度の評価 - 重症度を評価する確立した指標はない - non-severe:WBC[kameda.com]

さらなる症状