Create issue ticket

考えれる129県の原因 vldl

結果を表示する: English

  • 高リポタンパク血症 5型

    また、Ⅳ型高脂血症ではVLDLに含まれるTGの分解が特異的に障害されているため、VLDL異化が障害されてVLDLが血中で異常増加する。[med.toaeiyo.co.jp] LDLやVLDLとの間でHDLのトリアシルグリセロールとLDLやVLDLのコレステロールを コレステリルエステル転送タンパク質 ( 英語版 ) (CETP)を用いて交換し、コレステロールはLDL受容体を介し肝臓に逆転送しやすくしている。[ja.wikipedia.org] 肝臓においてもインスリン抵抗性は存在し、脂肪酸を十分保持できないため、過剰な遊離脂肪酸はトリグリセリドの合成を促進し、再度VLDLとして血中へ分泌してしまう。更にリポ蛋白リパーゼ(LPL)の活性も低下し、VLDLが異化されないことともあり高VLDL血症になる。[mukokyu.com]

  • インスリン抵抗性

    肝臓 の VLDL 産生増加をきたし、高 中性脂肪 血症をひきおこす。 腎 尿細管 へのインスリンの直接作用により ナトリウム 貯留を引き起こし、これが水分を貯留し血糖値を下げる作用につながるが、水分の貯留により 高血圧 を発症させる [9] 。 血管内皮細胞 を増殖させ、 アテローム性動脈硬化症 を発症させる。[ja.wikipedia.org]

  • 高リポ蛋白血症1型

    内因性TGの輸送とVLDLVLDLの生成とIDLへの転換 肝臓などで合成された内因性中性脂肪やコレステロールは,肝臓で合成される未成熟VLDL(nascent VLDL)に取り込まれて肝臓から血中に放出される.この際の放出にはアポB-100が関与している.放出された未成熟VLDLはHDLからアポC-I,II,IIIやEを受け取り,成熟型[shibayagi.co.jp] I型はカイロミクロン(CM)、 IIa型はLDL、 IIb型はVLDLとLDL、 III型はレムナント、 IV型はVLDL、 V型はCMとVLDLが増加した病態です。 リポ蛋白は脂質と蛋白の複合体で、脂質含量が多いと比重は低く(軽く)なり、蛋白含量が多いと比重は高く(重く)なります。[crc-group.co.jp] 表1 高脂血病のWHO分類(phenotype) 型 増加するリポタンパク 血清脂質値 コレステロール トリグリセライド I カイロミクロン IIa LDL IIb LDL VLDL III β-VLDL IV VLDL V カイロミクロン VLDL 高脂血症と動脈硬化 動脈硬化は、高血圧、糖尿病、喫煙、老化などさまざまなリスクファクターにより[jomf.or.jp]

  • 家族性低βリポ蛋白血症 1型

    脂質異常症の分類 (表1) 病型 増加するリポ蛋白 血清脂質 コレステロール TG I カイロミクロン IIa LDL IIb LDL, VLDL III レムナント (IDL) IV VLDL V カイロミクロン VLDL 脂質異常症には、原発性と続発性 (二次性) とがあります (表2)。[srl.info] が深い IV型:高 VLDL (pre-β) 血症 コレステロール ・TG (T-ch/TG 比は 0.2 0.5) ※日本人では男子及び更年期以後の女子に多い ※内因性高トリグリセリド血症 (肝臓で合成された TG を運ぶ VLDL が増 加) ※ヘテロ接合型のリポ蛋白リパーゼ欠損症 V型:高カイロミクロン血症・高 VLDL (pre-β[ibaraisikai.or.jp] 中性脂肪と超悪玉コレステロール 最近、中性脂肪と超悪玉(VLDL)コレステロールの密接な関係が注目されています。それは 中性脂肪の増加によって、VLDLコレステロールも増えるためです。 その理由は、中性脂肪が増えると脂質代謝に異常が生じやすくなり、それがLDLの小型化をまねくのです。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 家族性カイロミクロン血症症候群

    脂質異常症の分類 (表1) 病型 増加するリポ蛋白 血清脂質 コレステロール TG I カイロミクロン IIa LDL IIb LDL, VLDL III レムナント (IDL) IV VLDL V カイロミクロン VLDL 脂質異常症には、原発性と続発性 (二次性) とがあります (表2)。[srl.info] が深い IV型:高 VLDL (pre-β) 血症 コレステロール ・TG (T-ch/TG 比は 0.2 0.5) ※日本人では男子及び更年期以後の女子に多い ※内因性高トリグリセリド血症 (肝臓で合成された TG を運ぶ VLDL が増 加) ※ヘテロ接合型のリポ蛋白リパーゼ欠損症 V型:高カイロミクロン血症・高 VLDL (pre-β[ibaraisikai.or.jp] 糖尿病・クッシング症候群・肥満・妊娠・ネフローゼ症候群 III型 IDL 甲状腺機能低下・腎不全・SLE IV型 or VLDL 糖尿病・肥満・末端肥大症・痛風・肝炎・腎不全・SLE・骨髄腫 V型 カイロミクロン VLDL 糖尿病・SLE[naika-inoue.com]

  • 肥満

    カイロミクロンやVLDLの中性脂肪をリポタンパクリパーゼによって分解し、脂肪酸を脂肪細胞へ運ぶことによって脂肪細胞が成熟する。また、グルコースが脂肪細胞へ取り込まれると脂肪酸が合成される。通常の脂肪細胞は、インスリン受容体を介さずにグルコースの取り込みを促進し、さらに、インスリン受容体の感受性を良くするアディポネクチンを分泌する。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性高コレステロール血症

    その結果、肝細胞のVLDLや小腸細胞のカイロミクロンの形成が阻害され、LDL-C値が低下するとされている。 最大耐量の脂質低下療法(アフェレーシスを含む)を受けているHoFH患者に対して行った国内および海外の第3相試験では、本薬を追加投与することでベースラインからLDL-C値を有意に低下させた。[medical.nikkeibp.co.jp] このリポタンパクは、〈図2〉のように、密度や大きさに応じて、VLDL(超低比重リポタンパク)、LDL(低比重リポタンパク)、HDL(高比重リポタンパク)などがあります。 このうち、今回のテーマで特に重要なのはLDLとHDLです。[ncvc.go.jp] MTPは肝細胞および小腸上皮細胞に多く発現し、トリグリセリドをアポタンパクBへ転送することで、肝臓では超低比重リポタンパク(VLDL)、小腸ではカイロミクロンの形成に関与している。ロミタピドは、小胞体内腔に存在するMTPに直接結合することで、肝細胞および小腸細胞内においてトリグリセリドとアポタンパクBを含むリポタンパク質の会合を阻害する。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 高コレステロール血症

    このリポタンパクは、〈図2〉のように、密度や大きさに応じて、VLDL(超低比重リポタンパク)、LDL(低比重リポタンパク)、HDL(高比重リポタンパク)などがあります。 このうち、今回のテーマで特に重要なのはLDLとHDLです。[ncvc.go.jp] リポたんぱく質は、それぞれの脂質の構成比によって、カイロミクロン、超低比重リポたんぱく質(VLDL)、低比重リポたんぱく質(LDL)、高比重リポたんぱく質(HDL)の4種類に分けられます。[j-milk.jp] 図1 リポタンパクの構造 中にコレステロールや中性脂肪が入り、外側はタンパク質などで覆われ、饅頭のような構造です 図2 リポタンパクの種類 VLDLは、中性脂肪、コレステロール、アポリポタンパクB、アポリポタンパクC2、C3な どを含む。LDLは多くのコレステロールのほか、アポリポタンパクBを含む。[ncvc.go.jp]

  • コレステロール エステル蓄積症

    ACAT 阻害剤により肝臓のコレステロールエステル合成を阻害しますと、 VLDL の肝細胞内分解が促進され、細胞外への VLDL 分泌が抑制されることが報告されています。小腸では、腸管からコレステロールが小腸上皮に吸収され、 ACAT によって CE に変換された後、カイロミクロンの構成脂質として組み込まれます。[mcm-www.jwu.ac.jp] )産生を抑制する.肝臓における新規脂質生成(DNL)はインスリンによって刺激され,肝臓におけるTGの貯蔵およびVLDLの分泌を促進するが,インスリン抵抗性はDNLを減弱させない.本稿では,VLDLおよびTG代謝における高インスリン血症とインスリン抵抗性の違いにフォーカスし,インスリン抵抗性による高TG血症の病態生理について解説する.[saishin-igaku.co.jp] CETP(コレステロールエステル転送蛋白)はHDLのコレステロールをLDLやVLDLに転送し、HDLやLDLの量や質を調整していますが、遺伝的に欠損するCETP欠損症では冠動脈疾患保有率が高いことが報告されています。 CETPに影響を与える後天的因子として飲酒があります。[crc-group.co.jp]

  • 先天性胆汁酸合成障害4型

    このリポタンパクは、〈図2〉のように、密度や大きさに応じて、VLDL(超低比重リポタンパク)、LDL(低比重リポタンパク)、HDL(高比重リポタンパク)などがあります。 このうち、今回のテーマで特に重要なのはLDLとHDLです。[ncvc.go.jp] 肝硬変や重症肝炎では、肝臓でのVLDLやHDLの産生低下と相まって血清コレステロールは低値を示します。 (c) プロトロンビン時間 プロトロンビン活性の基準値:70〜140% プロトロンビン時間は肝臓で合成される凝固因子であるVII, X, V, II, I因子で規定されるので、肝臓の合成力を表しています。[jldf.jp] 図1 リポタンパクの構造 中にコレステロールや中性脂肪が入り、外側はタンパク質などで覆われ、饅頭のような構造です 図2 リポタンパクの種類 VLDLは、中性脂肪、コレステロール、アポリポタンパクB、アポリポタンパクC2、C3な どを含む。LDLは多くのコレステロールのほか、アポリポタンパクBを含む。[ncvc.go.jp]

さらなる症状