Create issue ticket

考えれる306県の原因 viii

結果を表示する: English

  • グランツマン血小板無力症

    フォン・ヴィレブランド因子は第VIII因子の安定化にも寄与しているので、フォン・ヴィレブランド因子が欠損している本症では第VIII因子が不安定化している。 症状 血小板による一次止血が遅れて、出血時間が延長する。出血様式は皮膚粘膜出血が中心。 第VIII因子は内因系凝固因子なので、活性化部分トロンボプラスチン時間が延長する。[ja.wikipedia.org]

  • 後天性血友病

    これに対して 「後天性血友病」の多くは、第VIII因子に対する自己抗体(インヒビター)を発現する後天性血友病Aです。後天性血友病Aでは、第VIII因子の遺伝子は正常ですが、患者さんの免疫系 *1 が自身の第VIII因子に対する抗体を産生し、その働きを阻止してしまいます。いわば「自己免疫疾患」のひとつです。[hemophilia-st.jp] APTT180sec.以上、第VIII因子活性1%未満、第VIII因子インヒビター101BU/mLであることから後天性血友病Aと診断した。入院2ヵ月前よりクロピドグレルを内服していたため、これを中止し、プレドニゾロン内服を開始した。入院後、新規の出血は認めず、9週間で治療を終了した。[imic.or.jp] VIII因子インヒビターが原因ですので、患者と正常人の血漿を混ぜれば(APTTクロスミキシング試験)、第VIII因子インヒビターが正常人の第VIII因子を阻害し診断できます。ただし、 抗リン脂質抗体症候群 でもリン脂質を介する凝固反応を阻害するため同様のパターンになります。[nagasaki-clinic.com]

  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。[ja.wikipedia.org] 出血時あるいは予防的に、血友病Aには第VIII因子製剤が、血友病Bには第IX因子製剤が投与(静脈注射)されます。家庭内自己注射による自己管理も可能です。 また血漿中に、凝固因子の働きを阻害する物質(インヒビター)が存在する場合は、これを除去する目的で血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] 血友病 A では凝固第VIII(8)因子が、血友病B では凝固第IX(9)因子が先天的に不足しています。原因は、伴性劣性遺伝と呼ばれる遺伝形式をとる遺伝性疾患です。つまり母親の性染色体(XX)のうち、1 本のX 染色体の第 VIII 因子(第 IX 因子)の遺伝子に異常があり、それが患児(通常、男性)に受け継がれて、血友病を発病します。[hiroshima-u.ac.jp]

  • 第X因子欠乏症

    血友病A (先天性血液凝固第VIII因子欠乏症)は、血液凝固第VIII因子(FVIII)の機能的欠損を特徴とするX染色体連鎖劣性遺伝性の出血性疾患であり、主に男性に発症する。正常な血液凝固能が障害されることで出血を繰り返し、出血が長時間続くこともある。[medical.nikkeibp.co.jp] VIII因子が不足しているもの:血友病A 第IX因子が不足しているもの:血友病B 凝固因子レベルで決まる血友病の重症度 血友病は、X染色体に存在する第VIII(IX)因子遺伝子の異常によって、凝固因子が生まれつき不足していることが原因です。[hemophilia-st.jp] 対象疾患 先天性血液凝固因子欠乏症のうち、下記に掲げる疾患及び血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症 第I因子(フィブリノゲン)欠乏症 第II因子(プロトロンビン)欠乏症 第V因子(不安定因子)欠乏症 第VII因子(安定因子)欠乏症 第VIII因子欠乏症(血友病A) 第IX因子欠乏症(血友病B) 第X因子(スチュアートプラウア)欠乏症[pref.aichi.jp]

  • 後天性血友病 A

    VIII因子インヒビターが原因ですので、患者と正常人の血漿を混ぜれば(APTTクロスミキシング試験)、第VIII因子インヒビターが正常人の第VIII因子を阻害し診断できます。ただし、 抗リン脂質抗体症候群 でもリン脂質を介する凝固反応を阻害するため同様のパターンになります。[nagasaki-clinic.com] これに対して 「後天性血友病」の多くは、第VIII因子に対する自己抗体(インヒビター)を発現する後天性血友病Aです。後天性血友病Aでは、第VIII因子の遺伝子は正常ですが、患者さんの免疫系 *1 が自身の第VIII因子に対する抗体を産生し、その働きを阻止してしまいます。いわば「自己免疫疾患」のひとつです。[hemophilia-st.jp] APTT180sec.以上、第VIII因子活性1%未満、第VIII因子インヒビター101BU/mLであることから後天性血友病Aと診断した。入院2ヵ月前よりクロピドグレルを内服していたため、これを中止し、プレドニゾロン内服を開始した。入院後、新規の出血は認めず、9週間で治療を終了した。[imic.or.jp]

  • 遺伝性第Ⅹ因子欠乏症

    血友病A (先天性血液凝固第VIII因子欠乏症)は、血液凝固第VIII因子(FVIII)の機能的欠損を特徴とするX染色体連鎖劣性遺伝性の出血性疾患であり、主に男性に発症する。正常な血液凝固能が障害されることで出血を繰り返し、出血が長時間続くこともある。[medical.nikkeibp.co.jp] 血友病 (けつゆうびょう、 Hemophilia [1] )は、 血液凝固因子 のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子 の欠損あるいは活性低下によるのは 血友病A 、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは 血友病B である。[ja.wikipedia.org] VIII因子が不足しているもの:血友病A 第IX因子が不足しているもの:血友病B 凝固因子レベルで決まる血友病の重症度 血友病は、X染色体に存在する第VIII(IX)因子遺伝子の異常によって、凝固因子が生まれつき不足していることが原因です。[hemophilia-st.jp]

  • 血友病B

    血友病Aの患者には第VIII因子製剤が、血友病Bの患者には第IX因子製剤が、それぞれ使われます。 定期補充療法では従来、血友病A(第VIII因子製剤)には「週3回」または「2日に1回」、血友病B(第IX因子製剤)には「週2回」または「3日に1回」の投与が必要でした。[answers.ten-navi.com] 血友病 (けつゆうびょう、 Hemophilia [1] )は、 血液凝固因子 のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子 の欠損あるいは活性低下によるのは 血友病A 、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは 血友病B である。[ja.wikipedia.org] VIII因子が不足しているもの:血友病A 第IX因子が不足しているもの:血友病B 凝固因子レベルで決まる血友病の重症度 血友病は、X染色体に存在する第VIII(IX)因子遺伝子の異常によって、凝固因子が生まれつき不足していることが原因です。[hemophilia-st.jp]

  • 筋骨格腰痛

    VIII. 筋骨格系障害に関わる医療費とリハビリ費用 [30]. イギリスでは、作業関連性筋骨格系障害のための医療費は8400万ポンドから2億5400万ポンドの間と推定されている。[jniosh.johas.go.jp]

  • 第Ⅶ因子欠乏症

    血友病A患者さんは、血液凝固第VIII因子製剤を投与することにより、早期に止血をはかることができます。また、血液凝固第VIII因子製剤を定期的に投与することで出血を未然に防ぐことができます。 「アドベイト」は、血液凝固第VIII因子欠乏患者さんに対し、血漿中の血液凝固第VIII因子を補い、その出血傾向を抑制します。[baxter.co.jp] 血友病 (けつゆうびょう、 Hemophilia [1] )は、 血液凝固因子 のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子 の欠損あるいは活性低下によるのは 血友病A 、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは 血友病B である。[ja.wikipedia.org] 疾患名 第 I 因子(フィブリノゲン)欠乏症 第 II 因子(プロトロビン)欠乏症 第 V 因子(不安定因子)欠乏症 第 VII 因子(安定因子)欠乏症 第 VIII 因子欠乏症(血友病A) 第 IX 因子欠乏症(血友病B) 第 X 因子(スチュアートプラウア)欠乏症 第 XI 因子(PTA)欠乏症 第 XII 因子(ヘイグマン因子)欠乏症[pref.chiba.lg.jp]

  • 血栓症

    することはないが,過凝固状態ひいては血栓症を惹起する状態は血栓性素因と称され,先天性血栓性素因:血液凝固線溶系に関与する諸因子のうち,凝固系の阻止因子・線溶系因子の先天的欠乏もしくは分子異常のため機能障害を来たし,その結果主として深部静脈血栓症を呈するものと組織破壊や炎症により凝固系の活性化や急性反応性物質(フィブリノゲン,α1-アンチトリプシン,第VIII[js-phlebology.org] 抗リン脂質抗体症候群では約70%は腋窩静脈血栓症,下大静脈血栓症,網脈静脈血栓症等の再発性の深部静脈血栓症である.潰瘍性大腸炎では通常例に比し 2 3 倍の血栓症合併があり,ベーチェト病では表在性もしくは深部静脈血栓症の合併が多いといわれている.内分泌疾患のうち副腎摘出術を行なったクッシング症候群では術後の血栓症の頻度が高い.糖尿病では第VIII[js-phlebology.org]

さらなる症状