Create issue ticket

考えれる388県の原因 vii

結果を表示する: English

  • 第X因子欠乏症

    凝固第VII因子活性が著明に低下し、後天性第VII因子インヒビター発生や、肝機能障害、ビタミンK欠乏などが除外された場合、先天性第VII因子欠乏/異常症と診断される。まれに、凝固第VII因子とX因子、VII因子とIX因子、あるいはすべての ビタミンK依存性凝固因子 の遺伝性欠損症がある。[jsth.org] ローゼンタール病 先天性第XI因子欠乏症 その他の凝固因子の遺伝性欠乏症 プロトロンビン欠乏症 パラ血友病 フィブリノゲン欠乏症 高フィブリノゲン血症 先天性第X因子欠乏症 先天性第XII因子欠乏症 先天性第XIII因子欠乏症 先天性無フィブリノゲン血症 第V因子欠乏症 フィブリノゲン異常症 フィブリン減少症 プレカリクレイン欠乏症 第VII[scuel.me] 頭蓋内には、組織因子が多く発現しており、活性化した第VII因子(VIIa)と複合体を形成することで凝固反応が開始されます。[boehringerplus.jp]

  • 筋骨格腰痛

    VII. 職場復帰/筋骨格系障害の回復 [26]. 腰痛で3カ月間欠勤した労働者の「職場復帰」に関する調査は、当該加盟国(スウェーデン、ドイツ、デンマーク、オランダ)間でかなりの違いがあることを示している。とりわけ医療および医療外の措置に関連して、また労働再開のパターンにおいてである。 [27].[jniosh.johas.go.jp]

  • ミオパチー

    骨格筋が中心に侵される病型を筋型といい、II型、III型、V型、VII型が代表例である。II型とIII型は大量の筋内グリコーゲン蓄積に伴う進行性の筋力低下、V型とVII型は運動負荷後の筋痛と横紋筋融解症を主徴とする。もっとも多いとされるII型Pompe病は日本に400〜500人と推定されている。[ja.wikipedia.org] 筋型糖原病である糖原病V型(McArdle病)、VII型(Tarui病)では労作時筋痛、筋硬直を示し高CK血症とミオグロビン尿を認めるのが特徴である。 筋ジストロフィの各病型、多発筋炎および 皮膚筋炎 のほとんど筋障害では持続性の筋力低下を示す。通常は腱反射や感覚は保たれる。[ja.wikipedia.org] 筋型糖原病である糖原病V型(McArdle病)、VII型(Tarui病)では労作時筋痛、筋硬直を示し高CK血症とミオグロビン尿を認めるのが特徴である。 筋ジストロフィの各病型、多発筋炎および皮膚筋炎のほとんど筋障害では持続性の筋力低下を示す。通常は腱反射や感覚は保たれる。[ja.wikipedia.org]

  • 迷走神経損傷

    末梢性の顔面神経麻痺は、脳からの指令を伝える末梢神経のひとつ「第VII脳神経 顔面神経」のトラブルによるもの。脳の底面には、脊髄とは別に、脳からの指令を直接各所に伝える左右12対の「脳神経」と呼ばれる神経が出ていて、前方から順番にローマ数字がふられている。[brass-band.jp] 迷走神経 Nervus vagus の腹部内臓へ至る分布 脳神経 第I脳神経 – 嗅神経 第II脳神経 – 視神経 第III脳神経 – 動眼神経 第IV脳神経 – 滑車神経 第V脳神経 – 三叉神経 第VI脳神経 – 外転神経 第VII脳神経 – 顔面神経 第VIII脳神経 – 内耳神経 第IX脳神経 – 舌咽神経 第X脳神経 – 迷走神経[ja.wikipedia.org] そして、それぞれ、 第I脳神経 嗅神経 第II脳神経 視神経 第III脳神経 動眼神経 第IV脳神経 滑車神経 第V脳神経 三叉神経 第VI脳神経 外転神経 第VII脳神経 顔面神経 第VIII脳神経 内耳神経 第IX脳神経 舌咽神経 第X脳神経 迷走神経 第XI脳神経 副神経 第XII脳神経 舌下神経 と、名付けられている。[brass-band.jp]

  • 先天性アンチトロンビンIII欠乏症,

    アンチトロンビン欠乏症、第VII因子欠乏症、先天性アンチトロンビンIII欠乏症、先天性ヘパリンコファクターII欠乏症または先天性プラスミノゲン欠乏症 先天性血液凝固異常症では、血液が固まるのを抑える働きのある物質が先天的に欠乏しているため、血栓ができやすくなります。[senshin-dai-ichi.jp] ローゼンタール病 先天性第XI因子欠乏症 その他の凝固因子の遺伝性欠乏症 プロトロンビン欠乏症 パラ血友病 フィブリノゲン欠乏症 高フィブリノゲン血症 先天性第X因子欠乏症 先天性第XII因子欠乏症 先天性第XIII因子欠乏症 先天性無フィブリノゲン血症 第V因子欠乏症 フィブリノゲン異常症 フィブリン減少症 プレカリクレイン欠乏症 第VII[scuel.me] (1) 抗サイトメガロウイルス免疫グロブリン製剤(サイトガム/CSLベーリング株式会社)の先天性及び周産期サイトメガロウイル ス感染への適応 (2) エノキサヘパリンナトリウムの抗リン脂質抗体症候群合併症妊娠への適応 (3) 遺伝子組換え活性型第VII因子製剤の産科危機的出血の抑制への適応 (4) 乾燥濃縮人アンチトロンビンIII製剤(アンスロビン[jsognh.jp]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    V,VII 型では運動時の筋痛や易疲労性による運動不耐性が見られます。V型では運動中に急に症状の軽減するセカンドウインドと呼ばれる現象が知られています。VII 型ではこの現象は見られませんが、溶血の亢進がみとめられます。[pathologycenter.jp] 骨格筋が中心に侵される病型を筋型といい、II型、III型、V型、VII型が代表例である。II型とIII型は大量の筋内グリコーゲン蓄積に伴う進行性の筋力低下、V型とVII型は運動負荷後の筋痛と横紋筋融解症を主徴とする。もっとも多いとされるII型Pompe病は日本に400〜500人と推定されている。[ja.wikipedia.org] 現在8つの病型が一般的に知られていますが、そのうちのII 型(アルファグルコシダーゼ欠損:ポンペ病)、III 型(デブランチング酵素欠損)、V 型 (筋ホスホリラーゼ欠損:マッカードル病)、VII 型(筋ホスホフルクトキナーゼ欠損:垂井病)、VIII 型(ホスホリラーゼキナーゼ筋サブユニット欠損)で筋の症状がみとめられます。[pathologycenter.jp]

  • ムコ多糖症

    ムコ多糖症は欠損酵素の違いから、さらにI型からVII型(V型は欠番)の6疾患に分類されている。今回、ラロニダーゼが適応を取得した「ムコ多糖症I型」は、国内の患者数は20人程度と推定されている。[medical.nikkeibp.co.jp] 反復性中耳炎 緑内障、網膜変性 角膜混濁(目の角膜の濁り):I、IV、VI、VII型でみられます。 ちなみにムコ多糖症III型(サンフィリッポ症候群)は中枢神経症候が中心でその他の症状は軽く、反対にIV型(モルキオ病)は中枢神経症状がなく骨変形が中心といった特徴があります。[medicalnote.jp] MPS VII型 - スライ病、スライ症候群 (Sly syndrome) オーストラリアでの発症率は726,000人に1人 MPS IX型 全世界で数例の患者が報告されているのみなお、MPS V(5型)とMPS VIII(8型)は欠番である。 進行性の病気でありムコ多糖が蓄積することにより、ほぼ全身の臓器や組織が障害される。[ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症II型

    ムコ多糖症にはI型からVII型(V型は欠番)まであり、患者数は日本国内に数百人と推定されるが、中でもII型は100 150人程度と最も多い。[medical.nikkeibp.co.jp] 反復性中耳炎 緑内障、網膜変性 角膜混濁(目の角膜の濁り):I、IV、VI、VII型でみられます。 ちなみにムコ多糖症III型(サンフィリッポ症候群)は中枢神経症候が中心でその他の症状は軽く、反対にIV型(モルキオ病)は中枢神経症状がなく骨変形が中心といった特徴があります。[medicalnote.jp] 末梢血顆粒球中に異常な封入体が見られることがVII型の特徴です。 ムコ多糖症を疑うような症状が認められたら尿のムコ多糖分析を行います。多量の異常なムコ多糖(デルマタン硫酸、ヘパラン硫酸、ケラタン硫酸)の排泄が認められたらムコ多糖症と診断されます。 表 に示すような異常ムコ多糖の種類に従い、酵素診断を行います。[mps-japan.org]

  • 第XIII因子欠乏症

    ローゼンタール病 先天性第XI因子欠乏症 その他の凝固因子の遺伝性欠乏症 プロトロンビン欠乏症 パラ血友病 フィブリノゲン欠乏症 高フィブリノゲン血症 先天性第X因子欠乏症 先天性第XII因子欠乏症 先天性第XIII因子欠乏症 先天性無フィブリノゲン血症 第V因子欠乏症 フィブリノゲン異常症 フィブリン減少症 プレカリクレイン欠乏症 第VII[scuel.me] 第X因子 (スチュアート・ブラウアー因子) 第13染色体長腕末端近く(第VII因子に隣接する13q34領域)にマップされたF10遺伝子 [3] によりコードされる分子量約35000の糖タンパク質で、主に肝でビタミンK依存的に合成され血流に放出される。[ja.wikipedia.org] 対象疾患 先天性血液凝固因子欠乏症のうち、下記に掲げる疾患及び血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症 第I因子(フィブリノゲン)欠乏症 第II因子(プロトロンビン)欠乏症 第V因子(不安定因子)欠乏症 第VII因子(安定因子)欠乏症 第VIII因子欠乏症(血友病A) 第IX因子欠乏症(血友病B) 第X因子(スチュアートプラウア)欠乏症[pref.aichi.jp]

  • 松果体嚢胞

    […] von Hippel-Lindau)病 菅野 洋 547 (4) 神経線維腫症1型 太田 有史 553 (5) 神経線維腫症2型 夏目 敦至 561 (6) 結節性硬化症 武笠 晃丈 566 (7) Cowden病 秋元 治朗 571 (8) ターコット(Turcot)症候群 酒井 圭一 577 (9) ゴーリン症候群 藤井 克則 581 VII[nippon-rinsho.co.jp]

さらなる症状