Create issue ticket

考えれる2,292県の原因 vii

結果を表示する: Română

  • 上気道感染症

    販売状況 可 学会直販 目 次 第I章 はじめに (223k) 第II章 気道感染症の概念と分類 (247k) 第III章 気道感染症の病態生理 (321k) 第IV章 気道感染症の原因菌とその検出法 (1676k) 第V章 急性上気道炎、いわゆる“かぜ症候群”の治療方針 (2527k) 第VI章 急性気管・気管支炎の治療方針 (637k) 第VII[jrs.or.jp]

  • レンサ球菌感染

    Ia型、Ib型、II型、III型、IV型、V型、VI型、VII型、VIII型です。 新生児のB群レンサ球菌感染症の大部分は、分娩時の母親への抗生物質の点滴投与により、予防することができます。そこで、B群レンサ球菌を保菌している妊婦は、破水・分娩時に抗生物質療法を受けることが、アメリカ合衆国では勧められています。[city.yokohama.lg.jp]

  • 過マンガン酸カリウム

    酸化剤 過マンガン酸 過マンガン酸塩 酸化マンガン(VII) マンガン酸塩 二酸化マンガン 滴定 化学的酸素消費量[ja.wikipedia.org] さらに、過マンガン酸カリウムの固体を濃硫酸と混合すると、爆発性の酸化マンガン(VII) (Mn2O7) を生成する。 また、通常、酸性条件で酸化を行う場合、希硫酸で酸性にした硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液を用いる。これは硫酸が過マンガン酸イオンの酸化作用の影響を受けず、かつ最も汎用され、安価な酸で都合が良いためである。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性表皮水疱症シンプレックス

    患者の皮膚を基質として、VII型コラーゲン,およびlaminin 5に対するモノクロナール抗体を用いてタンパクレベルの異常を確認した。次に、免疫電顕にてVII型コラーゲン、ならびにlaminin 5の各構成成分が正常皮膚基底膜部のどの部位に局在し,それぞれどのような立体的相互関係を呈しているのかを同定した。[kaken.nii.ac.jp] 免疫組織検査では、severe generalized型ではtype VII collagenの完全欠損を認めます。generalized other型では、type VII collagenの発現の減弱を認め、優性型ではtype VII collagenの発現は減少しないことが多いです。[shinagawaseasideclinic.com] ジストロフィー性表皮水疱症は、タンパク質VII型コラーゲン(コラーゲンVII)をコードするヒトCOL7A1遺伝子内の遺伝的欠陥(または突然変異)によって引き起こされ、. 表皮水疱疹およびアルボパプロード様表皮水疱症(Pasini's disease)は、この疾患のまれなサブタイプである.[edwardmillerve.over-blog.com]

  • ミオパチー

    骨格筋が中心に侵される病型を筋型といい、II型、III型、V型、VII型が代表例である。II型とIII型は大量の筋内グリコーゲン蓄積に伴う進行性の筋力低下、V型とVII型は運動負荷後の筋痛と横紋筋融解症を主徴とする。もっとも多いとされるII型Pompe病は日本に400〜500人と推定されている。[ja.wikipedia.org] 筋型糖原病である糖原病V型(McArdle病)、VII型(Tarui病)では労作時筋痛、筋硬直を示し高CK血症とミオグロビン尿を認めるのが特徴である。 筋ジストロフィの各病型、多発筋炎および 皮膚筋炎 のほとんど筋障害では持続性の筋力低下を示す。通常は腱反射や感覚は保たれる。[ja.wikipedia.org] 糖原病 (Glycogenoses) a) 糖原病I型(フォンギールケ病) b) 糖原病II型( ポンペ病 ) c) 糖原病III型(フォーブス病) d) 糖原病IV型(アンダーソン病) e) 糖原病V型( マッカードル病 ) f) 糖原病VI型(ハース病 ) g) 糖原病VII型(垂井病) 6.[ja.wikipedia.org]

  • アルドラーゼa欠乏によるグリコーゲン貯蔵病

    V型糖原病,VII型糖原病などではグリコーゲンの分解によるATPの産生が不足することにより、運動に誘発され筋症状が生じます。また、III型糖原病、IV型糖原病などでは分解されない基質が筋肉に蓄積することにより筋力低下がおこります。 2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか?[nanbyou.or.jp] 確定診断は,肝臓(I,III,IV,およびVIII/IX型),筋(IIb,III,VII,およびVIII/IX型),皮膚線維芽細胞(IIaおよびIV型),もしくは赤血球(VII型)における酵素活性の有意な低下,または前腕の運動/虚血に伴う静脈血中の乳酸増加の欠如(VおよびVII型)による。[msdmanuals.com] (筋糖原病) 酸性マルターゼ欠損症 筋ホスホリラーゼ欠損症(McArdle病) ホスホリラーゼキナーゼ欠損症 グリコーゲン脱分枝酵素欠損症(Forbes-Cori病) グリコーゲン分枝酵素欠損症(Andersen病) ホスホグルコムターゼ欠損症 グリコーゲン病VII型(グリコーゲン蓄積病VII型,ヒト筋型ホスホフルクトキナーゼ欠損 症,垂井病[medbooks.or.jp]

  • 表皮水疱症

    係留線維の顕著な減少もしくは消失 細胞内にVII型コラーゲンが残留している場合もある 新生児期に一過性の水疱が生じていた患者では,VII型コラーゲンが基底膜に輸送されず,角化細胞内に残留している場合もある 免疫蛍光法による抗体・抗原マッピングで得られる所見 抗体を用いたVII型コラーゲン染色では,VII型コラーゲンの減少もしくは消失を認める[grj.umin.jp] 係留線維の主成分であるVII型コラーゲンが,この自己免疫疾患の標的抗原である。 初期の臨床像は非常に多彩で,ときに水疱性類天疱瘡に類似することもある( 水疱性類天疱瘡 )。水疱性病変は,肘関節の伸側や手足の背側など,軽微な外傷が生じやすい部位に好発する。通常は瘢痕,稗粒腫(表在性の表皮封入嚢胞),および色素沈着を残して治癒する。[msdmanuals.com] (b)著しい指間癒着が認められない場合又は乳幼児のためこれらの症状に関する判定が困難な 場合は、 ア)特定の施設に依頼して患者及び両親の血液DNAにつき、VII型コラーゲン遺伝子( COL7A1 )遺伝子検査を実施する。[nanbyou.or.jp]

  • 第X因子欠乏症

    凝固第VII因子活性が著明に低下し、後天性第VII因子インヒビター発生や、肝機能障害、ビタミンK欠乏などが除外された場合、先天性第VII因子欠乏/異常症と診断される。まれに、凝固第VII因子とX因子、VII因子とIX因子、あるいはすべての ビタミンK依存性凝固因子 の遺伝性欠損症がある。[jsth.org] たとえば第VII 因子が不足しているか、はたらきが悪い人では、「外因系」リレーの走者が不足しているため、PTが通常より長くなります。[hemophiliatoday.jp] HIVおよびHBsAgの陰性を確認済 保存温度:-70 以下 第VII因子欠乏ヒト血漿 第VII因子欠乏血漿は、先天性第VII因子欠乏症のドナー由来の血漿です。 HIVおよびHBsAgの陰性を確認済 保存温度:-70 以下 第VIII因子欠乏ヒト血漿 第VIII因子欠乏血漿は、先天性第VIII因子欠乏症のドナー由来の血漿です。[cosmobio.co.jp]

  • 表皮水疱症単純型Cockayne-Touraine

    係留線維の顕著な減少もしくは消失 細胞内にVII型コラーゲンが残留している場合もある 新生児期に一過性の水疱が生じていた患者では,VII型コラーゲンが基底膜に輸送されず,角化細胞内に残留している場合もある 免疫蛍光法による抗体・抗原マッピングで得られる所見 抗体を用いたVII型コラーゲン染色では,VII型コラーゲンの減少もしくは消失を認める[grj.umin.jp] (b)著しい指間癒着が認められない場合又は乳幼児のためこれらの症状に関する判定が困難な 場合は、 ア)特定の施設に依頼して患者及び両親の血液DNAにつき、VII型コラーゲン遺伝子( COL7A1 )遺伝子検査を実施する。[nanbyou.or.jp] (軽症のDEBでは,VII型コラーゲン染色が正常にみえることがあるが,緻密層や染色されたVII型コラーゲンの下 に,小水疱,もしくは微小水疱の形で 水疱形成面を観察できる).[grj.umin.jp]

  • 凝固因子ix阻害剤

    ひとつは組織因子と第VII因子が第IX因子を介して血液を固める経路(図中ルートA)で、もうひとつは組織因子と第VII因子が直接、第X因子に働き、血液を固める経路(図中ルートB)です。[hemophilia.jp] なお、 第VII因子欠乏症 の第一選択治療薬は 遺伝子組換え活性型第VII因子(rFVIIa)製剤 である。 【副作用・禁忌】 重大な副作用として、アナフィラキシー様症状(頻度不明)と 播種性血管内凝固症候群(DIC) (頻度不明)がある。その他の副作用として、発熱、顔面紅潮、蕁麻疹といった過敏症(頻度不明)の報告がある。[jsth.org] たとえば第VII 因子が不足しているか、はたらきが悪い人では、「外因系」リレーの走者が不足しているため、PTが通常より長くなります。[hemophiliatoday.jp]

さらなる症状