Create issue ticket

考えれる340県の原因 vi3

  • 顎関節炎

    VI 使用上の注意事項 1.開始期には1 2週,以降は 4週毎の診察および検査. 2.慎重な経過観察のないまま,長期にわたる使用はしない. 3.下顎位や咬合接触の変化が起こることがあるため,使用開始前の咬合接触状態を診査記録しておく. 4.発育期の小児には歯列の不正を惹起することがあり,注意して使用すべきである.[hotetsu.com]

  • 卵巣嚢胞

    悪性腫瘍である確率は I 型・II 型・III 型では 3%以下であり、IV 型は約 50%、V 型は約 70%、VI 型は30% とされている。 悪性が疑われる場合は、腫瘍マーカーや造影MRIで精査する。腹水がある場合は腹水細胞診を行う。[clinicalsup.jp]

  • 性腺機能低下症

    私は今年の春、会社を解雇 現在無職 この病気がある為 115:病弱名無しさん 10/12/29 09:10:00 mg4X1n09O 113 114 なんで人生終了みたいになってる理由が分からない 116:病弱名無しさん 10/12/29 13:38:28 vi3f5R6x0 108です。[yomi.tokyo]

  • 変形性関節症

    滑膜骨軟骨腫症 4.神経病性関節症 5.色素性絨毛結節性滑膜炎 6.感染性関節炎 VI 治療 A 保存的療法 1 薬物療法 1.非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs) 2.オピオイド 2 リハビリテーション 1.評価 2.理学療法 3.作業療法 4.装具療法 5.クリニカルパスによる周術期リハビリテーション 6.リハビリテーション同意書 7[igaku-shoin.co.jp] 撮影法 2 MRI B 超音波診断 1.超音波用検査機 2.超音波所見 3.関節の観察方法 4.超音波評価 C 関節マーカー 1.軟骨破壊の関節マーカー 2.軟骨合成の関節マーカー 3.その他の関節マーカー D 臨床評価法 1.QOL・関節機能評価 E 組織学的評価法 1.HHGS 2.OARSI F 鑑別診断 1.偽痛風 2.特発性骨壊死 3[igaku-shoin.co.jp]

  • 尿道炎

    濾過性病原体及びPPLOによる尿道炎/p44 ・ VI. Pleuropneumonia like Organismus(PPLO)/p48 ・ 3) Pleuropneumonia like Organismusの一般性状/p54 ・ 1.[dl.ndl.go.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    誕生 4.デザイナードラッグ 5.その後の発展 6.種類と作用 7.事例 8.精神神経毒性 9.第二世代の興奮剤 10.ナツメグ VI 麻薬 1.阿片-国家による乱用 2.摂取と依存,離脱 .阿片癊者 4.日本の阿片対策と国際条約 5.熱河の阿片 6.蒙疆の阿片 7.阿片の影響 8.国の関与 9.イランの阿片 VII 吸入物質 1章 有機溶剤[maruzen-publishing.co.jp] ヒドロキシ酪酸(GHB) 2.2 γ-ブチロラクトン(GBL),1,4-ブタンジオール(BD) 2.3 耐性,離脱 2.4 血中濃度 3章 その他の解離性麻酔剤 3.1 アマンタジン 3.2 メマンチン 3.3 ジゾシルピン(MK-801) 3.4 第二世代のNMDA受容体遮断薬 V 興奮剤 1.特徴 2.興奮剤と,覚醒剤,幻覚剤との関係 [maruzen-publishing.co.jp]

  • 十二指腸憩室

    処置および手術(食道静脈瘤は除く) 野村幸世 3.胃瘻造設術とその閉鎖術 長尾二郎 V.小腸,結腸 1.腸重積症整復術 柴田近 2.消化管憩室症の手術―十二指腸憩室,Meckel(小腸)憩室,結腸憩室症 大嶋勉 3.虫垂切除術 秀村晃生 4.腸瘻,虫垂瘻造設術 小野里航 5.人工肛門造設術・閉鎖術 丸山聡 6.腸回転異常症手術 内田恵一 VI[medbooks.or.jp] .直腸,肛門 1.直腸脱手術(経会陰的アプローチ,経腹的アプローチ) 辻仲眞康 2.肛門疾患(痔核,裂肛,痔瘻)の手術 後藤友彦 3.鎖肛手術―とくに高位型に対する腹会陰式肛門形成術 富田凉一 4.仙尾部奇形腫手術 福本弘二 5.毛巣洞,毛巣瘻手術 前田耕太郎 VII.肝臓 1.肝縫合術 大坪毅人 2.肝膿瘍に対する治療 青木武士 3.肝嚢胞天蓋切除術[medbooks.or.jp]

  • 外傷性脳損傷

    症例VI 6. WAEとRIシンチ 7. CSFHの今後 8 WAEの画像所見 1. 厚生労働省の考え方 2. WAEの神経イメージング法 3. WAEの画像所見 4. 画像依存の弊害 5. 画像以外のWAE診断法 9 WAEと関係する診療科目 1. WAEと整形外科 2. WAEと脳神経外科 3. WAEと神経内科 4.[kanehara-shuppan.co.jp]

  • 帯状疱疹

    Therapeutic Advances in Vaccines. 2015;3(4):109-120. [vi] Gnann et al. 2002; Cunningham et al.[jp.gsk.com] 帯状疱疹に伴う痛みは、多くの場合、しゃく熱感、電気ショックのような痛み、あるいは刺すような痛みと表現されます[vi] 。発疹が消えた後でも、帯状疱疹後神経痛(PHN)が現れることがあります。この痛みは最低3カ月、長ければ数年間続きます。[jp.gsk.com]

  • 癤腫症

    膿疱症〈野村尚史〉 1)掌蹠膿疱症 2)好酸球性膿疱性毛包炎 VI.角化症 1 遺伝性角化症〈山本明美〉 1)魚鱗癬 2)掌蹠角化症 3)その他の遺伝性角化症 2 後天性角化症〈高橋健造〉 1)胼胝・鶏眼 2)その他,実地医家が知るべき後天性角化症 VII.炎症性角化症 1 乾癬〈多田弥生〉 2 ジベル薔薇色粃糠疹〈桐生博愛,桐生美麿〉 3[chugaiigaku.jp] 脂質抗体症候群 3)ベーチェット(Behçet)病 4)成人Still病 5)壊疽性膿皮症 IV.物理化学的皮膚障害 1 熱傷〈吉川勝宇〉 2 褥瘡〈門野岳史〉 3 光線過敏症〈川田 暁〉 V.水疱症・膿疱症 1 自己免疫性水疱症〈立石千晴,鶴田大輔〉 1)天疱瘡 2)水疱性類天疱瘡・後天性表皮水疱症 2 その他の水疱症〈石井文人,名嘉眞武国〉 3 [chugaiigaku.jp]

さらなる症状