Create issue ticket

考えれる984県の原因 vi3

  • 先天性赤血球増殖性貧血3型

    分類 [ 編集 ] 貧血の種類や顕微鏡所見、血清所見によりI型 VI型の6種に分けられる。うちI型 III型の3型が多く、IV型 VI型の3型はまれである。 原因 [ 編集 ] 染色体異常による遺伝性疾患であり、I型とII型は 常染色体 劣性遺伝 、III型は常染色体 優性遺伝 である。[ja.wikipedia.org]

  • 先天性赤血球異形成貧血

    分類 [ 編集 ] 貧血の種類や顕微鏡所見、血清所見によりI型 VI型の6種に分けられる。うちI型 III型の3型が多く、IV型 VI型の3型はまれである。 原因 [ 編集 ] 染色体異常による遺伝性疾患であり、I型とII型は 常染色体 劣性遺伝 、III型は常染色体 優性遺伝 である。[ja.wikipedia.org]

  • ベツレムミオパチー

    VI型コラーゲン結合タンパク質を同定するために、1(VI)および2(VI)鎖のアミノ末端ドメインおよび3VI)鎖のカルボキシル末端ドメインの一部を、ヒト胎盤ライブラリーをスクリーニングするハイブリッドシステム.[grigorevgrishavrfjc.de.tl] コラーゲンVI欠乏はマウスの早期発症型ミオパチーを誘発する:ベツレムミオパチーの動物モデル. ペプチド配列とcDNAクローンによるコラーゲンタイプVI3つの構成鎖の特性化. [PubMed:3665927] [全文:https:// onlinelibrary. com / resolve / openurl?[brownivu2000fe.over-blog.com] コラーゲンVIの移植又はシクロスポリンAでの処理は、患者サンプルにおいてアポトーシスの出現を十分に正常化した。患者2、及び4からの筋細胞培養物は、予想通りコラーゲンVIがほとんど無いレベルまで低い値を示し、これは患者1及び5で以前に既に示された通りであった(Demir et al. 2002. Giusti et al. 2005)。[ekouhou.net]

  • 眼球小脳症候群

    I-1 小脳の解剖 坂井建雄 I 小脳の位置と外形 II 小脳の区分 III 小脳皮質の組織構築 IV 小脳皮質の神経回路 V 小脳の入出力経路 I-2 小脳の発生と機能 六車恵子 I 小脳の内景と小脳皮質の細胞構築 II ヒトにおける小脳の発生 III 小脳神経細胞の発生 IV 発生過程における前駆細胞の移動 V 深部小脳核細胞の発生 VI[m-book.co.jp]  発生異常と小脳疾患 I-3 小脳の運動学習と運動記憶の特徴 永雄総一 I 小脳の神経回路 II 平行線維 プルキンエ細胞シナプスの長期抑圧(LTD) III 眼球反射の適応とLTDの因果関係 IV 片葉仮説をめぐる論争 V 抑制性介在神経細胞のシナプス伝達可塑性と運動学習 VI ゲイン学習の記憶痕跡の移動と分散効果 VII 前庭核のゲイン[m-book.co.jp]  3つの小脳性神経行動学的症候群 II-8 小脳と脊髄小脳変性症 眼球運動検査でわかること 寺尾安生 I 衝動性眼球運動を調べるための眼球運動課題 II 小脳疾患でよくみられる眼球運動異常 III サッカードにおける衝動性眼球運動障害 IV 小脳出力核のアクセル・ブレーキ機能を評価する V 小脳のperformance monitoring[m-book.co.jp]

  • ムコ多糖症1H

    Aに示されているように、7週齢時において、未処置のMPS VI型ラットの大腿骨は平均で、正常な同腹ラットの約77%にすぎなかった。ERT群では改善は見られなかったが、併用処置を行ったラットでは、大腿骨は約6%長くなった(正常ラットの約8%)。[biosciencedbc.jp] ムコ多糖症の診療実績 平成26年度に当センターで酵素補充療法を受けたムコ多糖症患者数は、ムコ多糖症I型4名、ムコ多糖症II型13名、ムコ多糖症IV型3名、ムコ多糖症VI型1名です。その他20名程度のムコ多糖症患者が、診断、検査、経過観察を目的に岩手県や愛知県などの地方からも当センターを受診しています。[ncchd.go.jp] BおよびCは、遠位大腿骨のマイクロCT画像を示している。未処置のMPS VI型ラットでは、骨幹端部の骨の骨梁密度は低下し、骨端軟骨成長板は、形成が異常で崩壊しており、骨端の骨梁は、正常な大腿骨よりも組織崩壊していた(図B)。併用処置によるわずかな改善が検出された。[biosciencedbc.jp]

  • カリフォルニアの偽性腸チフス

    Typhi菌Ty21a株を使用したワクチンVivotif、Crucell/Bernaで開発) ・Vi莢膜多糖体ワクチン(ViCPS)(Typhim Vi、Sanofi Pasteurが製造)、筋注 ワクチン接種 表 3-20はワクチンの用法、接種および再接種に関する情報を示しています。[jstm.gr.jp]

  • 先天性赤血球異形成貧血 4型

    分類 [ 編集 ] 貧血の種類や顕微鏡所見、血清所見によりI型 VI型の6種に分けられる。うちI型 III型の3型が多く、IV型 VI型の3型はまれである。 原因 [ 編集 ] 染色体異常による遺伝性疾患であり、I型とII型は 常染色体 劣性遺伝 、III型は常染色体 優性遺伝 である。[ja.wikipedia.org]

  • 腸チフス

    免疫効果は2 3年間持続します。2歳以下の幼児には不適。 【輸入 腸チフスワクチン TYPHIM Vi】 1回接種 抗体持続期間:3[izavel.com] 有効期間は経口ワクチンが5年、不活化Viワクチンが3年程である。その他の予防法は、手洗いや食物の加熱であるが、防ぐのはワクチンよりも劣る。なお、経口生ワクチンを選択した場合、経口の コレラ ワクチン(新型コレラワクチン)の同日接種は、6時間間隔をあけてからの服用が望ましい。ワクチンの効力が出るには、接種完了後2週間ほどかかる。[ja.wikipedia.org] Vi CPSは2歳以下の幼児には不適。 接種後2週間で予防としての抗体価がつきます。 1回の接種で約3年の抗体が持続。[japantravelclinic.com]

  • 後天性シデロブラスト貧血

    2-性染色体異常症 [1]クラインフェルター症候群 [2]ターナー症候群 [3]染色体不安定症候群 IV.腫瘍と染色体異常 1-白血病,悪性リンパ腫 [1]慢性骨髄性白血病 [2]急性骨髄性白血病 [3]リンパ性白血病,悪性リンパ腫 2-固形腫瘍 V.環境変異原と染色体異常 1-放射線 2-化学物質 3-ウイルス VI.遺伝子検査 索引[ishiyaku.co.jp] 免疫学的血小板数算定 VI 自動血球計数装置 1 赤血球数・血小板数測定 2 白血球数測定 3 ヘモグロビン量測定 4 ヘマトクリット値 5 自動血球計数装置の誤差要因 B 網赤血球数 1 Brecher法 2 フローサイトメトリ法 C 赤血球沈降速度 1 Westergren法(ICSH参照法) D 赤血球に関するその他の検査 1 ヘモグロビン[ishiyaku.co.jp] 質的な変化により診断的価値のある疾患 [4]その他 VI.血液細胞抗原検査 1-CD分類 2-免疫組織化学染色 [1]ABC-PO法 3-フローサイトメトリ 第8章 血小板,凝固・線溶検査 I.血小板機能検査 1-出血時間 [1]Duke法 [2]Ivy法 [3]template Ivy法 2-毛細血管抵抗試験 [1]陽圧法(ルンペル・レーデ[ishiyaku.co.jp]

  • 色素性傍静脈網状脈絡膜萎縮

    網膜剝離 V 遺伝性網脈絡膜疾患 網膜色素変性 色素性傍静脈網脈絡膜萎縮症 コロイデレミア クリスタリン網膜症 黄斑ジストロフィ 黄斑ジストロフィ 総論 錐体杆体ジストロフィ スタルガルト病 先天網膜分離症 卵黄状黄斑ジストロフィ 後天性卵黄状病巣 occult macular dystrophy(三宅病) 先天停止性夜盲 白点状眼底 VI[medicalview.co.jp] 増殖硝子体網膜症 4 老人性網膜分離症 5 脈絡膜剥離 VI.強度近視 1 近視性網脈絡膜萎縮 2 ラッカークラック 3 近視性脈絡膜新生血管 4 単純型黄斑出血 5 近視性牽引黄斑 6 黄斑円孔網膜剝離 7 dome-shaped macula 8 傾斜乳頭症候群 9 intrachoroidal cavitation VII.急性炎症性疾患[bunkodo.co.jp]  ぶどう膜炎 3大ぶどう膜炎 サルコイドーシス Behçet病 原田病 網膜色素上皮症 急性帯状潜在性網膜外層症 白点症候群 acute posterior multifocal placoid pigment epitheliopathy(APMPPE) multiple evanscent white dot syndrome(MEWDS[medicalview.co.jp]

さらなる症状