Create issue ticket

考えれる1,514県の原因 vi2

  • カリフォルニアの偽性腸チフス

    (Typhim Vi) 基礎免疫  2 0.50 mL,筋注 1 該当なし 該当なし 追加免疫  2 0.50 mL,筋注 1 該当なし 2年ごと 1 冷蔵庫で保存(2-8 ) 2 常温の水または冷水で服用[jstm.gr.jp] 菌体由来のO抗原、鞭毛由来のH抗原を持ち、チフス菌はO9群、パラチフスA菌はO2群に属する。またチフス菌は莢膜抗原のVi抗原を持っているが、パラチフスA菌には無い。チフス菌、パラチフスA菌ともに宿主特異性があり、感染源がヒトに限定される。ヒトの糞便で汚染された食物や水が疾患を媒介するため、感染リスクは衛生環境の改善と共に減少する。[niid.go.jp] 表 3-20 腸チフスワクチン接種の用法とスケジュール ワクチン接種 対象年齢(年) 用量/接種方法 接種回数 接種間隔 追加免疫の間隔 Ty21a弱毒化経口生ワクチン(Vivotif) 1 基礎免疫  6 1カプセル 2 ,経口 4 48時間 該当なし 追加免疫  6 1カプセル 2 ,経口 4 48時間 5年ごと Vi莢膜多糖体ワクチン[jstm.gr.jp]

  • ベツレムミオパチー

    II型コラーゲンモノクローナル抗体N3-VI-2、C1-VI-1、およびC12-VI-2は以前に記載されている(7).[grigorevgrishavrfjc.de.tl] オートファジーはコラーゲンVI筋ジストロフィーを欠損し、その再活性化は筋線維変性を救う. fiber-FISHによるヒトCOL6A1およびCOL6A2遺伝子の頭から尾への組織化.[brownivu2000fe.over-blog.com] .原因 Collagen VIをコードする COL6A1 、 COL6A2 、 COL6A3 のいずれかの遺伝子の変異により発症する。 3.症状 乳幼児期に発症し、近位筋優位の筋力低下と筋萎縮が緩徐に進行する。比較的早期より手指・肘関節の屈曲拘縮、足関節の伸展拘縮を伴う。[nanbyou.or.jp]

  • 精神運動遅滞 - てんかんおよび頭蓋顔面異形症

    トップページ  てんかん発作と似て非なるもの 内容 はじめに 問診 発作分類 ILAEてんかん発作分類1981年改訂 2001年の新提案てんかん分類 家庭ビデオ 脳波 非てんかん性発作 熱性けいれんに関する非てんかん性発作 熱性失神febrlie syncope 痙攣性運動を伴う遷延性非てんかん性もうろう状態 脳虚血性失神 QT延長症候群 カテコラミン誘発性多形性心室頻拍 泣きいりひきつけ 偏頭痛 交代性片麻痺 睡眠と関連する発作性異常 良性新生児睡眠時ミオクローヌスBenign neonatal sleep myoclonus 周期性四肢運動障害periodic limb movement[…][aoitori-center.com]

  • 腸チフス

    旅行に出かける2週間前に予防接種を受ける。 当クリニック取り扱い腸チフスワクチン 当クリニックの腸チフスワクチンは、注射用不活化ワクチン(Vi CPS)を輸入しております。 Vi CPSは2歳以下の幼児には不適。 接種後2週間で予防としての抗体価がつきます。 1回の接種で約3年の抗体が持続。[japantravelclinic.com] 旅行に出かける2週間前に接種を受ける。 輸入 腸チフスワクチン Typhim Vi 1回接種、皮下注射或いは筋肉注射、2歳以上。 この不活化ワクチンは、1回の注射により2週間後には免疫ができます。免疫効果は3年間持続します。2歳未満の幼児には不適[ohue.jp] (Typhim Vi) 基礎免疫  2 0.50 mL,筋注 1 該当なし 該当なし 追加免疫  2 0.50 mL,筋注 1 該当なし 2年ごと 1 冷蔵庫で保存(2-8 ) 2 常温の水または冷水で服用[jstm.gr.jp]

  • ケラトアカントーマ

    (エビデンスレベル VI2) Hodak E, Jones RE, Ackerman AB: Solitary keratoacanthoma is a squamous-cell carcinoma: Three examples with metastasis, Am J Dermatopathol, 1993; 15: 332-342[minds.jcqhc.or.jp]

  • 後天性シデロブラスト貧血

    症候群 2-性染色体異常症 [1]クラインフェルター症候群 [2]ターナー症候群 [3]染色体不安定症候群 IV.腫瘍と染色体異常 1-白血病,悪性リンパ腫 [1]慢性骨髄性白血病 [2]急性骨髄性白血病 [3]リンパ性白血病,悪性リンパ腫 2-固形腫瘍 V.環境変異原と染色体異常 1-放射線 2-化学物質 3-ウイルス VI.遺伝子検査[ishiyaku.co.jp] Fonio法(間接法) 3 免疫学的血小板数算定 VI 自動血球計数装置 1 赤血球数・血小板数測定 2 白血球数測定 3 ヘモグロビン量測定 4 ヘマトクリット値 5 自動血球計数装置の誤差要因 B 網赤血球数 1 Brecher法 2 フローサイトメトリ法 C 赤血球沈降速度 1 Westergren法(ICSH参照法) D 赤血球に関[ishiyaku.co.jp] 核型分析 3-染色体異常の記載法 V.蛍光in situハイブリダイゼーション 1-FISH法 2-SKY法 VI.検査機器 1-クリーンベンチ 2-炭酸ガス培養器 C 染色体異常 I.染色体異常の種類 1-数的異常 2-構造の異常 II.染色体異常の発生頻度 III.先天性染色体異常症 1-常染色体異常症 [1]ダウン症候群 [2]5pモノソミー[ishiyaku.co.jp]

  • ホモシスチン尿症cblX型をともなうメチルマロン酸尿症

    VIまでの各評価及び総点数をもとに最終評価を決定する。[nanbyou.or.jp] […] d 肝臓、腎臓、心臓などに重度機能障害がある、あるいは移植医療が必要である (目安として、それぞれの臓器の機能不全を認めるもの) 4 VI 生活の自立・介助などの状況(以下の中からいずれか1つを選択する) a 自立した生活が可能 0 b 何らかの介助が必要 1 c 日常生活の多くで介助が必要 d 生命維持医療が必要 4 総合評価 Iから[nanbyou.or.jp] 4 V 現在の臓器障害に関する評価(以下の中からいずれか1つを選択する) a 肝臓、腎臓、心臓などに機能障害がない 0 b 肝臓、腎臓、心臓などに軽度機能障害がある (目安として、それぞれの臓器異常による検査異常を認めるもの) 1 c 肝臓、腎臓、心臓などに中等度機能障害がある (目安として、それぞれの臓器異常による症状を認めるもの) [nanbyou.or.jp]

  • 頭蓋

    (V2) 卵円孔 下顎神経 (V3) 副硬膜枝 小錐体神経 棘孔 中硬膜動脈 および 中硬膜静脈 下顎神経 硬膜枝 頸動脈管 内頚動脈 内頚動脈神経叢 破裂孔 線維軟骨が埋める 大錐体神経 深錐体神経 小錐体神経裂溝 大錐体神経裂溝 内耳孔 顔面神経 (VII) 内耳神経 (VIII) 迷路動脈 頚静脈孔 下錐体静脈洞 舌咽神経 (IX)[ja.wikipedia.org] 盲孔 - 上矢状静脈洞 への導出静脈 篩板の孔 - 嗅神経 線維束 後篩骨孔 - 後篩骨動脈 、 後篩骨静脈 、および 後篩骨神経 視神経管 - 視神経 (II)、 眼動脈 上眼窩裂 動眼神経 (III) 滑車神経 (IV) 眼神経 (V1)の枝である 涙腺神経 、 前頭神経 、 鼻毛様体神経 外転神経 (VI) 上眼静脈 正円孔 - 上顎神経[ja.wikipedia.org]

  • チフス

    旅行に出かける2週間前に予防接種を受ける。 当クリニック取り扱い腸チフスワクチン 当クリニックの腸チフスワクチンは、注射用不活化ワクチン(Vi CPS)を輸入しております。 Vi CPSは2歳以下の幼児には不適。 接種後2週間で予防としての抗体価がつきます。 1回の接種で約3年の抗体が持続。[japantravelclinic.com] (Typhim Vi) 基礎免疫  2 0.50 mL,筋注 1 該当なし 該当なし 追加免疫  2 0.50 mL,筋注 1 該当なし 2年ごと 1 冷蔵庫で保存(2-8 ) 2 常温の水または冷水で服用[jstm.gr.jp] 腸チフスワクチンの種類と接種方法 注射用不活化ワクチンと減毒した経口生菌ワクチン(Ty1a)タイプとがありますが、 当クリニックでは注射用不活化ワクチン(Vi CPS)を輸入しております。 この不活化ワクチンは、1回の注射により2週間後には免疫ができます。免疫効果は2 3年間持続します。2歳以下の幼児には不適。[izavel.com]

  • 肝臓ホスホリラーゼキナーゼ欠損症によるグリコーゲン蓄積症

    1 2 19 2 2 20 2 3 22 2 3 1 22 2 3 2 24 2 4 25 2 4 1 25 2 More information iii iv v vi vii viii ix 1 1-1 1-2 1-3 2 2-1 3 3-1 3-2 3-3 3-4 4 4-1 4-2 5 5-1 5-2 5-3 5-4 5-5 5-6[docsplayer.net] 肝型糖原病にはI,III,IV,VI,IX(XIII)型がある。 2. 疫学 累積発生頻度 約1:20000 本邦の患者数は約1200人と推定される。 3. 原因 糖からグリコーゲンへの合成系、グリコーゲンから糖への分解系を触媒する酵素の欠損により起こる。[nanbyou.or.jp] 肝型糖原病にはI、III、IV、VI、IX型があり、低血糖、肝機能障害、成人期に肝硬変、肝腫瘍を呈するものもある。 .原因 以下の酵素をコードする遺伝子の異常により起こる。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状