Create issue ticket

考えれる186県の原因 vi2

  • 細菌性膣炎

    いくつかの実施形態において、2以上の症状および/または診断基準が軽減される。いくつかの実施形態において、3つ以上の症状および/または診断基準が軽減される。[biosciencedbc.jp] プロピレンイミン)デンドリマーと、デンドリマーの最も外側の世代の1つまたは複数の表面アミノ基に結合した1つまたは複数のスルホン酸含有部分とを含む巨大分子の有効量を、対象に投与するステップを含み、1つまたは複数の症状および診断基準が、 i)Nugentスコア、 ii)クルー細胞、 iii)臭気テスト、 iv)膣分泌物、 v)膣pH、および vi[biosciencedbc.jp]

  • 性腺機能低下症

    みんなありがとう 、3日落ち込んだけど 理解してくれる女性がいることを信じるしかないと思うことにしました。 治療はじめてやっと恋愛できるようになったんだから 今後も当たって砕け続けます 115 同意。人生終了はちょっと違うと思う。[yomi.tokyo] 私は今年の春、会社を解雇 現在無職 この病気がある為 115:病弱名無しさん 10/12/29 09:10:00 mg4X1n09O 113 114 なんで人生終了みたいになってる理由が分からない 116:病弱名無しさん 10/12/29 13:38:28 vi3f5R6x0 108です。[yomi.tokyo]

  • 多発性神経炎

    症例1は先行感染なく発症, 両側末稍性にIII, IV, VI, W, X, Vの第2知覚枝及び右側XIが障害されていた.[jstage.jst.go.jp]

  • 変形性関節症

    4.超音波評価 C 関節マーカー 1.軟骨破壊の関節マーカー 2.軟骨合成の関節マーカー 3.その他の関節マーカー D 臨床評価法 1.QOL・関節機能評価 E 組織学的評価法 1.HHGS 2.OARSI F 鑑別診断 1.偽痛風 2.特発性骨壊死 3.滑膜骨軟骨腫症 4.神経病性関節症 5.色素性絨毛結節性滑膜炎 6.感染性関節炎 VI[igaku-shoin.co.jp]  治療 A 保存的療法 1 薬物療法 1.非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs) 2.オピオイド 2 リハビリテーション 1.評価 2.理学療法 3.作業療法 4.装具療法 5.クリニカルパスによる周術期リハビリテーション 6.リハビリテーション同意書 7.運動器不安定症とロコモティブシンドローム 3 関節内注入療法 1.関節穿刺法・関節内注入法[igaku-shoin.co.jp]

  • 松果体嚢胞

    標題 トップオーサー 頁数 序 文 水澤 英洋 1 VI. 腫瘍性疾患 1. 脳腫瘍概論 渋井壮一郎 7 [nippon-rinsho.co.jp]

  • 癤腫症

    好酸球性膿疱性毛包炎 VI.角化症 1 遺伝性角化症〈山本明美〉 1)魚鱗癬 2)掌蹠角化症 3)その他の遺伝性角化症 2 後天性角化症〈高橋健造〉 1)胼胝・鶏眼 2)その他,実地医家が知るべき後天性角化症 VII.炎症性角化症 1 乾癬〈多田弥生〉 2 ジベル薔薇色粃糠疹〈桐生博愛,桐生美麿〉 3 その他の炎症性角化症〈遠藤幸紀〉 1)[chugaiigaku.jp] 病 4)成人Still病 5)壊疽性膿皮症 IV.物理化学的皮膚障害 1 熱傷〈吉川勝宇〉 2 褥瘡〈門野岳史〉 3 光線過敏症〈川田 暁〉 V.水疱症・膿疱症 1 自己免疫性水疱症〈立石千晴,鶴田大輔〉 1)天疱瘡 2)水疱性類天疱瘡・後天性表皮水疱症 2 その他の水疱症〈石井文人,名嘉眞武国〉 3 膿疱症〈野村尚史〉 1)掌蹠膿疱症 2[chugaiigaku.jp]

  • 脳血栓症

    また発症後2週間以内の時点でBrunnstrom stageがIV以上に回復すればほぼ8割でstage VIまで回復するとされている。発症時に軽度の麻痺であるほど、また発症早期に軽度の麻痺まで回復するものほど予後はよいとされている。麻痺の改善は2カ月ほどで プラトー (高原、頭打ち)に達するが、1年程度まではなだらかに回復することもある。[ja.wikipedia.org]

  • 前大脳動脈梗塞

    また発症後2週間以内の時点でBrunnstrom stageがIV以上に回復すればほぼ8割でstage VIまで回復するとされている。発症時に軽度の麻痺であるほど、また発症早期に軽度の麻痺まで回復するものほど予後はよいとされている。麻痺の改善は2カ月ほどで プラトー (高原、頭打ち)に達するが、1年程度まではなだらかに回復することもある。[ja.wikipedia.org]

  • 旅行者下痢

    腸チフスワクチンには経口生ワクチン(Ty21a)と注射(Vi)ワクチンがあります。経口ワクチンは2日間隔で3 4回服用し、注射ワクチンは1回接種します。どちらも日本では許可されていません。 赤痢 病原体:赤痢菌 ワクチン:なし 治療薬:ニューキノロン系抗菌剤、配合サルファ剤など。 感染源:赤痢菌は感染力が強い菌です。[traveller-vaccination.jp]

  • 臍帯敗血症

    小児のHIV感染の診断と分類については、上記のような問題を踏まえ、米国のCDCで定義が定められている(表VI-1、表VI-)。わが国でも現在はこの定義にそって診断を行っている。今後PCR法の活用によって、より早期に確定診断することが必要である。 なお、最近、CDCは小児のHIV感染の新たな定義及び分類を公表した(表VI-3、VI-4)[api-net.jfap.or.jp]

さらなる症状