Create issue ticket

考えれる6県の原因 vhl2c

  • 家族性大腸腺腫症

    病を発症しない遺伝子多型g.628C Tの2例 高知大学医学部泌尿器科学講座 田村 賢司 O -5 多発性顎嚢胞を契機に診断したPTCH遺伝子異常を伴った基底細胞母斑症候群 東京女子医科大学医学部口腔外科学/東京警察病院形成外科 佐々木 亮 O -6 両アレルのhMSH2遺伝子の変異が原因で胃癌・十二指腸癌が発生したHNPCCの1家系 がん・[c-linkage.co.jp] APC遺伝子codon836のナンセンス変異をもつ家族性大腸腺腫症の一家系と HRM(High Resolution Melting)法による迅速な遺伝子変異検出法 千葉大学大学院医学研究院分子病態解析学 松下 一之 O -3 BRCA2は14-3-3γと結合して中心体の凝集に関与する 東京医科歯科大学難治疾患研究所 三木 義男 O -4 VHL[c-linkage.co.jp]

  • 家族性褐色細胞腫

    VHL1型患者の褐色細胞腫発症率は6% 9%に過ぎないが、2型では有病率が40% 59%と高くなる。VHL 2C型では、表現型としては褐色細胞腫のみ発症する。 褐色細胞腫のおよそ50%は両側性である。VHL病における褐色細胞腫では、主にノルエピネフリンおよびノルメタネフリンが分泌される。[grj.umin.jp] 病を発症しない遺伝子多型g.628C Tの2例 高知大学医学部泌尿器科学講座 田村 賢司 O -5 多発性顎嚢胞を契機に診断したPTCH遺伝子異常を伴った基底細胞母斑症候群 東京女子医科大学医学部口腔外科学/東京警察病院形成外科 佐々木 亮 O -6 両アレルのhMSH2遺伝子の変異が原因で胃癌・十二指腸癌が発生したHNPCCの1家系 がん・[c-linkage.co.jp] APC遺伝子codon836のナンセンス変異をもつ家族性大腸腺腫症の一家系と HRM(High Resolution Melting)法による迅速な遺伝子変異検出法 千葉大学大学院医学研究院分子病態解析学 松下 一之 O -3 BRCA2は14-3-3γと結合して中心体の凝集に関与する 東京医科歯科大学難治疾患研究所 三木 義男 O -4 VHL[c-linkage.co.jp]

  • 血管芽腫

    遺伝型と臨床型の関連 褐色細胞腫または腎細胞がんの発生しやすさに基づいて、VHL症候群は4つの表現型(1型、2型A、2型B、2C)に分類されている。多くの研究により、褐色細胞腫の分子発生機構は他のVHL病変とは異なるという結論が裏付けられている。[grj.umin.jp] この遺伝子型では、腎細胞がんと褐色細胞腫の両方のリスクが低いという特徴を持ち、VHL1型Bとも命名されるかもしれない特徴的な臨床型を示すことがある。 明らかな2C症候群の家系内患者の一部では血管芽腫がみられる[Neumann & Eng 2009]。 浸透率 VHL 病的バリアントでは疾患浸透率は高い。[grj.umin.jp] 2型A : 褐色細胞腫、網膜血管腫およびCNS血管芽腫;腎細胞癌のリスクは低い 2型B: 褐色細胞腫、網膜血管腫、CNS血管芽腫、膵嚢胞および神経内分泌腫瘍、腎細胞がんのリスクが高い 2C: 褐色細胞腫のみを発症する いくつかのグループが、 VHL 遺伝子の完全欠失では腎細胞癌のリスクが低いことを報告した[Cybulskiら2002、Maranchie[grj.umin.jp]

  • 小児期褐色細胞腫

    VHL1型患者の褐色細胞腫発症率は6% 9%に過ぎないが、2型では有病率が40% 59%と高くなる。VHL 2C型では、表現型としては褐色細胞腫のみ発症する。 褐色細胞腫のおよそ50%は両側性である。VHL病における褐色細胞腫では、主にノルエピネフリンおよびノルメタネフリンが分泌される。[grj.umin.jp]

  • 多発性内分泌腫瘍症2型

    病を発症しない遺伝子多型g.628C Tの2例 高知大学医学部泌尿器科学講座 田村 賢司 O -5 多発性顎嚢胞を契機に診断したPTCH遺伝子異常を伴った基底細胞母斑症候群 東京女子医科大学医学部口腔外科学/東京警察病院形成外科 佐々木 亮 O -6 両アレルのhMSH2遺伝子の変異が原因で胃癌・十二指腸癌が発生したHNPCCの1家系 がん・[c-linkage.co.jp] APC遺伝子codon836のナンセンス変異をもつ家族性大腸腺腫症の一家系と HRM(High Resolution Melting)法による迅速な遺伝子変異検出法 千葉大学大学院医学研究院分子病態解析学 松下 一之 O -3 BRCA2は14-3-3γと結合して中心体の凝集に関与する 東京医科歯科大学難治疾患研究所 三木 義男 O -4 VHL[c-linkage.co.jp]

  • 放射性腎臓症候群

    VHL1型患者の褐色細胞腫発症率は6% 9%に過ぎないが、2型では有病率が40% 59%と高くなる。VHL 2C型では、表現型としては褐色細胞腫のみ発症する。 褐色細胞腫のおよそ50%は両側性である。VHL病における褐色細胞腫では、主にノルエピネフリンおよびノルメタネフリンが分泌される。[grj.umin.jp]

さらなる症状