Create issue ticket

考えれる1,047県の原因 u

結果を表示する: Srpski

  • 過敏性腸症候群

    IBSは、便形状に基づくRomeIV基準により、便秘型IBS(IBS-C)、下痢型IBS(IBS-D)、混合型IBS(IBS-M)、分類不能型IBS(IBS-U)の4つのサブタイプに分類される。IBSは致死的な疾患ではないが、IBSの有病率は10 20%と非常に高く、症状により日常生活が制限されることでQOLが著しく低下する。[medical.nikkeibp.co.jp] 25%以上あり、軟便(泥状便)または水様便(b)が25%未満のもの(c) 慢性下痢型(IBS-D) 軟便(泥状便)または水様便(b)が25%以上あり、硬便または兎糞状便(a)が25%未満のもの(c) 混合型(IBS-M) 硬便または兎糞状便(a)が25%以上あり、軟便(泥状便)または水様便(b)も25%以上のもの(c) 分類不能型(IBS-U)[ja.wikipedia.org]

  • 胸水

    漏出液(漏出性胸水):比重1.015以下、タンパク量3g/dl以下、LDH200u/L以下、糖60mg/dl以下、白血球1000/mm3以下 滲出液(滲出性胸水):比重1.018以上、タンパク量3g/dl以上、LDH200u/L以上ライト(Light)の診断基準として、 胸水のタンパク量/血清のタンパク量が0.5を超える 胸水LDH/血清LDH[ja.wikipedia.org]

  • こむら返り

    ., U.S.Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。[msdmanuals.com]

  • 真性多血症

    ., U.S.Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。[merckmanual.jp]

  • 低カリウム血症

    T波の平坦化/陰性化 U波出現 ST低下出現 ST低下 U波増大 PR間隔延長 最も多い原因は腎臓または消化管からの過剰排泄で、慢性の下痢や緩下剤の長期乱用である。摂取不足だけで無く土食症、嘔吐、胃内容物の吸引も原因となる。[ja.wikipedia.org] T波の平坦化/陰性化 U波出現 ST低下出現 ST低下 U波増大 PR間隔延長 原因 [ 編集 ] 最も多い原因は腎臓または消化管からの過剰排泄で、慢性の下痢や緩下剤の長期乱用である。摂取不足だけで無く 土食症 、 嘔吐 、胃内容物の吸引も原因となる [1] 。[ja.wikipedia.org]

  • 橋本甲状腺炎

    妊娠3ヵ月まではTSH 2.5μU/mL、それ以降はTSH 3.0μU/mLを目標に、TSHとFT4を毎月測定し補充量を調節します。[kmc-zushi.com] 再検査でもTSHが10 μU/mL以上であれば甲状腺ホルモン剤の内服が必要です。再検査でもTSHは高いが、10 μU/mLより低い場合は、動脈硬化症を促進する因子、すなわち高血圧、糖尿病、高脂血症がないかどうか、喫煙しているかどうかを確認し、ひとつでも該当すれば甲状腺ホルモン剤の内服が必要です。[thyroid.jp] 視床下部性甲状腺機能低下症の一部ではTSH値が10μU/ml位まで逆に高値を示すことがある。 2. 中枢性甲状腺機能低下症の診断では下垂体ホルモン分泌刺激試験が必要なので、専門医への紹介が望ましい。[japanthyroid.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    妊娠3ヵ月まではTSH 2.5μU/mL、それ以降はTSH 3.0μU/mLを目標に、TSHとFT4を毎月測定し補充量を調節します。[kmc-zushi.com] 視床下部性甲状腺機能低下症の一部ではTSH値が10μU/ml位まで逆に高値を示すことがある。 2. 中枢性甲状腺機能低下症の診断では下垂体ホルモン分泌刺激試験が必要なので、専門医への紹介が望ましい。[japanthyroid.jp] 一方で、自己抗体陽性かつTSH 2.5μU/mLの場合や、自己抗体陰性かつ2.5μU/mL TSH( 基準値上限)の場合は、流産などの何らかの妊娠リスクは予想されるものの、介入の有効性は十分とはいえないことから、症例ごとに検討する必要があります。[kmc-zushi.com]

  • 色素性乾皮症

    孝治は映画で「こんなにやって(サーフィンが)上達しないのも珍しい」と友人にからかわれているが、原作ではU-18ランクで優勝候補に残るほどの腕前。将来はプロサーファーを目指しているという設定だった。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺腫

    視床下部性甲状腺機能低下症の一部ではTSH値が10μU/ml位まで逆に高値を示すことがある。 2. 中枢性甲状腺機能低下症の診断では下垂体ホルモン分泌刺激試験が必要なので、専門医への紹介が望ましい。[japanthyroid.jp] 妊娠希望の場合、TSH値が2.5μU/ml以上であれば、甲状腺ホルモン薬を服用します *** 。甲状腺ホルモン薬はレボチロキシンナトリウムを成分とし、チラーヂンS(商品名)と呼ばれるお薬です。妊娠中、授乳中の服用も問題ありません。[ncchd.go.jp] このためTSH(甲状腺刺激ホルモン)を、妊娠第1期(14週まで)は0.4 2.5μU/ml、第2期(28週まで)・第3期(出産まで)は0.4 3.0μU/mlにコントロールする必要があります。これらの目標は妊娠前から既に甲状腺ホルモンの補充を受けている方でも無治療の方でも共通です。実際の対応は以下の如くです。[fukasawa-clinic.or.jp]

  • 肥満

    「心臓病」と「脳血管疾患」の死亡リスクについては男性の場合と同様「U型」または「J型」の曲線が見られました。 病気や喫煙による体重の増減の影響を避けるために、5年以内の早期死亡例を除外したり、男性では非喫煙者に限ったりして分析を行いましたが、結果は同様でした。[epi.ncc.go.jp] 死因別に見ると、「がん」と「その他」の死因による死亡リスクは「全死因」同様「逆J型」の曲線を描きますが、「心臓病」と「脳血管疾患」による死亡リスクは、BMIの高低による上昇が拮抗しているか、またはBMI高値の場合により顕著な上昇が見られ、そのグラフは「U型」または「J型」の曲線を描いています。[epi.ncc.go.jp]

さらなる症状