Create issue ticket

考えれる43県の原因 trp1

結果を表示する: English

  • 内側性硬化症

    TSC2 の特定の病原性変異に関して DNAヌクレオチドの変化 予測される蛋白質の変化 基準配列 c.1864C T p.Arg322Trp 1 NM_000548.3 NP_000539.2 c.2714G A p.Arg905Gln 1 c.3106T C p.Ser1036Pro 1 c.3598C T p.[grj.umin.jp] Arg1200Trp 1 c.4508A C p.Gln1503Pro 1 c.4735G A p.Gly1579Pro 1 c.5138G A p.Arg1713His 1 変異の分類に関する注記:表中の変異のデータは著者により提供されたものである。GeneReviewのスタッフは変異の分類を単独で検証してはいない。[grj.umin.jp]

  • 悪性黒子型黒色腫

    細胞内におけるTyrosinaseと TRP-1 (Tyrosinase Related Protein-1)の局在 Green : tyrosinase Red : TRP-1 Yellow : co-locarization 2.[web.sapmed.ac.jp]

  • 結節性悪性黒色腫

    細胞内におけるTyrosinaseと TRP-1 (Tyrosinase Related Protein-1)の局在 Green : tyrosinase Red : TRP-1 Yellow : co-locarization 2.[web.sapmed.ac.jp]

  • エルゴタミン撤退

    ヒトにおける9つの必須アミノ酸の内の1つ。 系統名 2-アミノ-3-(インドリル)プロピオン酸。略号はTrpまたはW。 側鎖にインドール環を持ち、芳香族アミノ酸に分類される。蛋白質構成アミノ酸である。糖原性・ケト原性の両方を持つ。多くのタンパク質中に見出されるが、含量は低い。[ja.unionpedia.org]

  • リンパ脈管筋腫症

    TSC2 の特定の病原性変異に関して DNAヌクレオチドの変化 予測される蛋白質の変化 基準配列 c.1864C T p.Arg322Trp 1 NM_000548.3 NP_000539.2 c.2714G A p.Arg905Gln 1 c.3106T C p.Ser1036Pro 1 c.3598C T p.[grj.umin.jp] Arg1200Trp 1 c.4508A C p.Gln1503Pro 1 c.4735G A p.Gly1579Pro 1 c.5138G A p.Arg1713His 1 変異の分類に関する注記:表中の変異のデータは著者により提供されたものである。GeneReviewのスタッフは変異の分類を単独で検証してはいない。[grj.umin.jp]

  • 肝不全

    宿主がエシェリヒア属菌である場合、trpプロモーター、lacプロモーター、recAプロモーター、λP L プロモーター、lppプロモーター、T7プロモーターなどが好ましい。 宿主がバチルス属菌である場合、SPO1プロモーター、SPO2プロモーター、penPプロモーターなどが好ましい。[patents.google.com]

  • 急性肝不全

    宿主がエシェリヒア属菌である場合、trpプロモーター、lacプロモーター、recAプロモーター、λP L プロモーター、lppプロモーター、T7プロモーターなどが好ましい。 宿主がバチルス属菌である場合、SPO1プロモーター、SPO2プロモーター、penPプロモーターなどが好ましい。[patents.google.com]

  • シアン配糖体

    1. サイカシン 2. ベンゾ[a]ピレン 3. 2-ナフチルアミン 4. Trp-P-1 5. アフラトキシンB1 ニバレノールは、フザリウム(Fusarium)属のかびが産生する。 エルゴタミンは、クラビセプス(Claviceps)属のかびが産生する。 肝がんを誘発するマイコトキシンはどれか。 1. パツリン 2.[quizlet.com]

  • 家族性褐色細胞腫

    2つの病的ミスセンスバリアント(p.Arg585Trpおよびp.Arg589Trp)および1つの病的ナンセンスバリアント(p.Arg31Ter)が遺伝性PGL/PCC患者で報告されている。SDHサブユニット遺伝子についての正常および病的バリアントのデータベースはライデン大学メディカルセンターが保管している(表A参照)。[grj.umin.jp]

  • ロザイ・ドルフマン病

    ヒトIL 34のアミノ酸残基Asp07、Glu、Ser04、Gln20、Glu03、Leu09、Trp16、及びAsn61のうちの少なくとも一つを含むエピトープに結合し、アミノ酸残基の位置が配列番号1における位置に基づく、請求項1に記載の抗体。[ipforce.jp] 【選択図】 図6 ヒトIL 34に結合する単離抗体であって、ヒトIL 34のアミノ酸残基Glu103、Leu109、Gln106、Asn150、Leu127、Asn128、Ser184、Leu86、Asn87、Lys44、Glu、Asp07、Glu、Ser04、Gln20、Trp16、及びAsn61のうちの少なくとも[ipforce.jp] 一態様では、ヒトIL 34のアミノ酸残基Asp07、Glu、Ser04、Gln20、Glu03、Leu09、Trp16、及びAsn61のうちの1つ、2つ、3つ、4つ、5つ、6つ、又は7つ、又は8つの少なくとも何れか1つを含むエピトープに結合する抗IL 34抗体が本発明において提供される。[ipforce.jp]

さらなる症状