Create issue ticket

考えれる998県の原因 tnf

結果を表示する: English

  • メタボリックシンドローム

    世界ではインスリン抵抗性を基礎とした病態と考えられているが、日本では現在、「蓄積された内臓脂肪組織は様々なアディポサイトカイン(内分泌因子)を分泌し、その中のアディポネクチン、レプチン、TNF-α、ビスファチンなどの遺伝子発現レベルでの産生異常が代謝異常を引き起こし、動脈硬化などにつながると考えられ、内臓脂肪面積の測定によってこの病態が把握[ja.wikipedia.org] 1993年、Hotamisligilは肥満とインスリン抵抗性の間に炎症(TNFα)が介在することを突き止め、最近のいろいろな遺伝子操作による動物実験では、身体計測上の肥満や内臓脂肪ではなく、脂肪細胞の肥大化・壊死とそれを冠状に取り囲むマクロファージ(炎症性細胞)の集積が、炎症とインスリン抵抗性をもたらし、これがメタボリック症候群の病態の基礎[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    再発例や長期治療れkではメソトレキセートやTNF阻害薬が検討される。 血清反応陰性関節炎 変形性関節症 多発性関節炎 関節痛 関節リウマチ - 自己免疫疾患のひとつ。 感染性関節炎(化膿性関節炎) - 細菌感染が原因。 結核性関節炎 - 結核菌が原因。 乾癬性関節炎(関節症性乾癬) - 乾癬の一病型。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    また、TNFαは、GLUT4の発現を抑制する作用もある。TNFαのこれらの作用は著明なインスリン抵抗性を示す [4] 。[ja.wikipedia.org] 脂肪細胞の内在性cGK-Iαを発現抑制するとTNF-αで誘導されるGKAP42タンパク量の減少が回復し、同時にTNF-αで誘導されるインスリン抵抗性も解除されました。[a.u-tokyo.ac.jp] このマクロファージは脂肪細胞の周囲に集積し、ここから 腫瘍壊死因子 として知られる TNFα を分泌する。TNFαが受容体に結合するとセリン・スレオニンキナーゼであるJNK(c-Jun amino-terminal kinase)がインスリン受容体基質であるIRS1タンパクのセリン残基をリン酸化する。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    を合併することがしばしばある.特異的な臨床所見に乏しいため,鑑別診断に苦慮することも多いが,TAの合併がない場合は低用量のステロイドが著効する予後良好な疾患である.赤沈値の高度の亢進とCRPの上昇がみられ,自己抗体は陰性である.筋電図や筋生検像に異常はみられない.TA合併例では大量のステロイドが必要である.ステロイド抵抗例には免疫抑制薬やTNF[doi.org] 再発例や長期治療れkではメソトレキセートやTNF阻害薬が検討される。 血清反応陰性関節炎 変形性関節症 多発性関節炎 関節痛 関節リウマチ - 自己免疫疾患のひとつ。 感染性関節炎(化膿性関節炎) - 細菌感染が原因。 結核性関節炎 - 結核菌が原因。 乾癬性関節炎(関節症性乾癬) - 乾癬の一病型。[ja.wikipedia.org]

  • 炎症性腸疾患

    炎症性腸疾患の患者腸上皮におけるUBD蛋白は、高い活動性に応じ発現が増加する一方、治療薬である抗TNF-a抗体の効果により速やかに発現が減少することを明らかにしました。 炎症性腸疾患における抗TNF-a抗体療法の早期治療効果予測への応用が期待できます。[amed.go.jp] 治療は メサラジン に代表されるサリチル酸製剤、 インフリキシマブ に代表される抗 TNF-α 抗体、 副腎皮質ステロイド などを用いて寛解に導き、刺激の多い食事を控えて寛解を維持するという点で共通している。[ja.wikipedia.org] すなわち、潰瘍性大腸炎では白血球除去療法(GMA・LCAP)や、効果の高い各種免疫調節剤(イムラン・タクロリムスなど)、抗TNFα抗体(レミケード)などの免疫調整剤、クローン病では栄養療法や、白血球除去療法(GMA)、免疫調整剤、抗TNFα抗体(レミケード、ヒュミラ)などを病状に応じて組み合わせ、ステロイドの離脱を図ります。[yokohama-cu.ac.jp]

  • クローン病

    もしTNFαに対する抗体を作って投与すれば人体に悪影響を及ぼしているTNFαの働きを抑え、クローン病のような病気がよくなるのではないかと。そして、開発されたのが抗TNFα抗体製剤:レミケード です。 レミケード はTNFαの働きを抑えるだけでなく、TNFαを作っている細胞も壊す頼もしい抗体製剤です。 抗TNFα抗体とその作用[kawahp.net] インフリキシマブ(レミケード):抗TNF薬。潰瘍性大腸炎にも適応。 アダリムマブ(ヒュミラ):抗TNF薬。潰瘍性大腸炎にも適応。 ウステキヌマブ(ステラーラ):抗IL-12/23p40モノクローナル抗体製剤。日本で未承認の分子標的治療薬セルトリズマブ(シムジア):抗TNF薬。日本で未承認。米国ではクローン病に対して承認あり。[ja.wikipedia.org] 寛解導入に抗TNFα受容体拮抗薬(レミケードまたはヒュミラ)が使用された例では、 計画的維持投与が行われる。 痔瘻に対する治療…腸管病変に対する治療と併行して、抗菌薬の投与や、膿瘍に対する切開排膿、シートンドレナージなどの外科的処置が必要となることも多い。[nanbyou.or.jp]

  • 乾癬

    は様々な細胞から産生され,Tip-DCの活性化維持にTNFαが重要であることが示されており,抗TNFα抗体は劇的な効果を上げている.生物学的製剤の治療効果から類推される乾癬の免疫学的病態について概説する.[doi.org] さらに、メトトレキサートもしくはサラゾスルファピリジンを3 6ヶ月使用しても関節炎の改善が不十分で予後不良因子を有する場合や、DMARDsを3 6ヶ月複数併用しても関節炎の改善が乏しい場合、もしくは脊椎・骨盤の病変もしくは重度の付着部炎がある場合には、TNF阻害薬という生物学的製剤を使用します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 生物学的製剤は、ヒトTNFα、IL-12/23 p40、IL-23 p19、IL-17A、IL-17受容体Aに対するモノクローナル抗体製剤が高い効果を発揮する。2010年1月、日本において、抗TNF-α抗体であるインフリキシマブ(レミケード)とアダリムマブ(ヒュミラ)が乾癬の保険適応に追加された。[ja.wikipedia.org]

  • 乾癬性関節炎

    TNF阻害薬は、主要な炎症性サイトカインである「TNF-α」の働きを阻害し、炎症を抑えます。 具体的には、 ・TNF-αと結合して、炎症誘発を抑える ・TNF-αをつくり出す細胞を阻害する といった作用で、自己免疫性疾患の炎症を緩和します。[fdoc.jp] TNFα阻害薬 乾癬の炎症には多くの体内物質が関与していますが、とくに重要な役割をはたしていると考えらえるものの一つにTNFαというサイトカインがあります。TNFα阻害薬はこのTNFαに結合し、その働きを抑えます。具体的にはインフリキシマブ(レミケード )、アダリムマブ(ヒュミラ )といったTNFα阻害薬が乾癬性関節炎に適応があります。[utanohosp.jp] TNFとMTXの併用について 4種類のTNF阻害剤(インフリキシマブ、アダリムマブ、エタネルセプト、ゴリムマブ)について、6つの二重盲検試験を解析した所、有効性に関してはMTXの併用、非併用では差がありませんでした。ただし、MTXを併用すると、抗TNF阻害剤抗体産生を抑制し、TNF阻害剤投与期間を延長できる可能性はあります。[goto-naika.c.ooco.jp]

  • 強直性脊椎炎

    2)TNFα TNF(腫瘍壊死因子:Tumor Necrosis Factor)とは、腫瘍細胞に対する傷害活性を有する因子として発見された細胞間相互作用を媒介するタンパク質(サイトカイン)の一つです。[eisai.co.jp] 編集部脚注 ※1 TNF阻害薬 TNF阻害薬は、「炎症を引き起こす物質―TNFαの働きを抑え、炎症による組織破壊を防ぐ薬」です。 生物学的製剤と呼ばれる種類の薬であり、主に「関節リウマチの薬」として使われています。 炎症は免疫反応の1つで、「病原体・異物の排除に必要な反応」です。[fdoc.jp] 2 NSAIDs使用にも関わらず活動性あるASに対して、TNF阻害剤による治療を強く推奨する。TNF阻害剤が禁忌である場合は非TNF製剤よりDMARDs(スルファサラジン)を使用し、最初のTNF阻害剤にも係らず活動性ある場合は他のTNF阻害剤に変更する。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 糖尿病性腸疾患

    TNFαが大腸の炎症に関与 潰瘍性大腸炎の患者さんでは、TNFαが大量につくり出され、このTNFαが大腸で炎症を引き起こしていることがわかっています。この炎症によって、潰瘍などができ、下痢・軟便や血便などの症状があらわれます。 潰瘍性大腸炎を疑う症状とは?[satojuichi-cl.com] 薬物治療は、ステロイドや免疫抑制薬も使用されますが、生物学的製剤の一種である抗TNFα抗体という薬剤が非常によく効くため、定期的にこの注射薬の投与をうけて治療されている方が多いです。最近では、抗TNFα抗体以外の生物学製剤も使われるようになってきています。[mitsuihosp.or.jp] 厚労省研究班の指針に基づき、抗TNFα抗体製剤、免疫調節薬、 血球成分除去療法など専門的治療を積極的に取り入れ、 さらに国際共同治験を含む多数の臨床試験への参加を通し世界最先端の医療に携わっています。[hosp.kurume-u.ac.jp]

さらなる症状