Create issue ticket

考えれる34県の原因 tcr t

結果を表示する: English

  • 非ホジキンリンパ腫

    […] siTCR遺伝子治療 がん患者から採取したT細胞に、がん細胞を特異的に認識するTCR遺伝子を体外で導入し、培養によって増殖させた後に輸注により患者に戻す治療をTCR遺伝子治療といいます。TCR遺伝子が導入されたT細胞が、患者の体内においてがん細胞を特異的に認識して攻撃し、消滅させることによりがんを治療します。[ir.takara-bio.co.jp] […] siTCRベクター技術 T細胞が有する内在性TCR遺伝子の発現を抑制するためのsiRNA配列を組み込んだベクターを用いて、外部から人工的に導入した目的のTCR遺伝子を効率的に発現することができる技術です。副作用のリスクの低減、有効性の向上につながると考えられます。当社の独自技術です。[ir.takara-bio.co.jp]

  • 骨腫瘍

    図 開発中のTCR改変T細胞を用いた免疫細胞輸注療法[hosp.u-fukui.ac.jp] 新しい治療をどんどん開発します 現在、最新の免疫療法(めんえきりょうほう)であるTCR改変T細胞輸注療法を三重大学と共同開発しています(図)。また、カスタムメイド腫瘍用人工関節、転移性骨腫瘍に対する磁性体温熱療法などの先進的な治療の開発も行っています。今後、さらに福井県の皆さまに世界一高度な医療を届けたいと考えています。[hosp.u-fukui.ac.jp]

  • 悪性骨腫瘍

    図 開発中のTCR改変T細胞を用いた免疫細胞輸注療法[hosp.u-fukui.ac.jp] 新しい治療をどんどん開発します 現在、最新の免疫療法(めんえきりょうほう)であるTCR改変T細胞輸注療法を三重大学と共同開発しています(図)。また、カスタムメイド腫瘍用人工関節、転移性骨腫瘍に対する磁性体温熱療法などの先進的な治療の開発も行っています。今後、さらに福井県の皆さまに世界一高度な医療を届けたいと考えています。[hosp.u-fukui.ac.jp]

  • 消化管腫瘍

    遺伝子検査所見:回腸および結腸の生検組織のリンパ球のクローナリティ解析を行ったところ、TCRγ鎖にクローナルな再構成が認められ、IgH鎖には認められなかったことから、Tリンパ球の腫瘍性増殖が疑われた。 診断 以上の検査所見より、 回腸および結腸における消化器型リンパ腫(T-Cell high grade) と診断した。[kameidovet.com]

  • リンパ腫

    成熟T細胞のマーカーとしてはTCRやCD3が知られている。 治療法は抗がん剤化学療法、放射線療法を単独で、もしくは組み合わせて行う。造血幹細胞移植を行うこともある。疾患毎に、病期や予後因子等によって推奨される治療法は異なるので、詳細は各疾患の治療の項目を参照されたい。[ja.wikipedia.org]

  • 小児軟部肉腫

    「難治性軟部肉腫に対する NY-ESO-1 抗原を標的としたワクチン併用TCR遺伝子改変T細胞輸注療法の多施設共同医師主導治験(TriCombo study)」のご紹介 外科的切除が不能な進行性または再発・転移性の軟部肉腫患者さんに対する、ワクチン併用NY-ESO-1抗原特異的TCR遺伝子導入 Tリンパ球輸注による腫瘍免疫療法の多施設共同第[jmog.jp] 進行性滑膜肉腫に対するNY-ESO-1抗原特異的TCR遺伝子導入 Tリンパ球輸注による腫瘍免疫療法の多施設共同第I/II相治験への患者さんご紹介のお願い 外科的切除が不能な進行性または再発・転移性滑膜肉腫患者さんに対するNY-ESO-1抗原特異的TCR遺伝子導入 Tリンパ球輸注による腫瘍免疫療法の多施設共同第I/II相治験を、現在、以下の医療機関[jmog.jp]

  • 大腸リンパ腫

    遺伝子検査所見:回腸および結腸の生検組織のリンパ球のクローナリティ解析を行ったところ、TCRγ鎖にクローナルな再構成が認められ、IgH鎖には認められなかったことから、Tリンパ球の腫瘍性増殖が疑われた。 診断 以上の検査所見より、 回腸および結腸における消化器型リンパ腫(T-Cell high grade) と診断した。[kameidovet.com]

  • セリアック病

    クローナルT細胞受容体(TCR)遺伝子再構成の解析 必要であればT細胞リンパ腫の評価(「セリアック病の病型」「 難治性スプルー/セリアック病 」も参照) 良性および悪性合併症の画像評価。 セリアック病の診断・治療はなかなか筋書きどおりにはいかないが、難治性スプルーも含めてHoffenbergら[2014]によってレビューされている。[grj.umin.jp] 表面のCD3, CD8およびT細胞受容体(TCR)の発現を認めない。 CD3を細胞内に認める。 概してクローン性となっている。 RCD2は免疫抑制剤への反応が悪く、高率に腸管症関連T細胞リンパ腫(EATL)に進展するためRCD1よりも予後は悪い。難治性スプルー患者におけるEATLのリスクは50%を超える可能性がある。[grj.umin.jp]

  • 胃リンパ腫

    遺伝子検査所見:回腸および結腸の生検組織のリンパ球のクローナリティ解析を行ったところ、TCRγ鎖にクローナルな再構成が認められ、IgH鎖には認められなかったことから、Tリンパ球の腫瘍性増殖が疑われた。 診断 以上の検査所見より、 回腸および結腸における消化器型リンパ腫(T-Cell high grade) と診断した。[kameidovet.com]

  • T 細胞リンパ芽球性リンパ腫

    表面形質はTcellの性格であり、TCRδ遺伝子を認めたことより、T前駆細胞リンパ芽球性白血病と診断された。[midb.jp] 免疫学的所見 骨髄:TdT、CD3、CD7、CD8 ( ) HLA-DR (-) リンパ節:TdT、CD3、CD4、CD8 ( ) 分子生物学的所見 骨髄の染色体検査では、 46,XY,t(11;14)(p13;q11)の核型異常を認めた。 骨髄の遺伝子検査では、 TCRδ遺伝子(RBTN2/TCRδ)を認めた。[midb.jp] 表面形質はTcellの性格であり、TCRδ遺伝子を認めたことより、T前駆細胞リンパ芽球性白血病と診断された。 (たたむ) 症例詳細データ FAB分類 急性リンパ性白血病 (ALL) L1;小細胞性、均一性、N/C比高い 性別 男 年齢 05-09 取得年代 2000-2004 主訴 白血球増加、リンパ節腫大。 既往歴 特になし。[midb.jp]

さらなる症状