Create issue ticket

考えれる120県の原因 tcr t

結果を表示する: English

  • 過敏症

    一部の薬物はT細胞受容体(TCR)に直接結合して刺激する;非ハプテン性TCR結合の臨床的意義が解明されつつある。 最初の感作がどのように起こるのか,また免疫系が最初にどう関与するのかについては不明であるが,薬物が免疫応答を一旦刺激すると,薬物クラス内および薬物クラス間で他の薬物との交差反応が起こることがある。[msdmanuals.com]

  • アトピー

    (※4)TCRトランスジェニックマウス: T細胞表面に存在する抗原受容体(TCR)を遺伝子操作で強制発現したマウス。このマウスは特定の抗原を認識するT細胞の機能解析に適している。[amed.go.jp]

  • 黄色ブドウ球菌

    TCR)を抗原非依存的に架橋することでT細胞を非特異的に活性化するスーパー抗原活性を示し,宿主免疫系をかく乱する.黄色ブドウ球菌による食中毒において消化管症状を引き起こすエンテロトキシンもスーパー抗原活性を持つ.また,プロテインA(SpA)はIgGのFc領域に結合することで抗体の機能を妨害する.免疫学的な視点から考えると黄色ブドウ球菌の産生[seikagaku.jbsoc.or.jp] として現れる.一方で黄色ブドウ球菌は「毒素のデパート」と形容されるほど多彩なタンパク質毒素を産生する.たとえば,古くから知られるα毒素やロイコシジンは標的細胞の細胞膜上で多量体を形成し,小孔を形成することで細胞傷害性を示す.toxic shock syndrome toxin-1(TSST-1)は,宿主免疫系の主要組織適合抗原(MHC)とT細胞抗原受容体[seikagaku.jbsoc.or.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    […] siTCR遺伝子治療 がん患者から採取したT細胞に、がん細胞を特異的に認識するTCR遺伝子を体外で導入し、培養によって増殖させた後に輸注により患者に戻す治療をTCR遺伝子治療といいます。TCR遺伝子が導入されたT細胞が、患者の体内においてがん細胞を特異的に認識して攻撃し、消滅させることによりがんを治療します。[ir.takara-bio.co.jp] […] siTCRベクター技術 T細胞が有する内在性TCR遺伝子の発現を抑制するためのsiRNA配列を組み込んだベクターを用いて、外部から人工的に導入した目的のTCR遺伝子を効率的に発現することができる技術です。副作用のリスクの低減、有効性の向上につながると考えられます。当社の独自技術です。[ir.takara-bio.co.jp]

  • 中心窩発育不全 - 初老性白内障症候群

    免疫学的表現型には、 TCR-alpha/beta T cell リンパ球減少を伴う、TCR-gamma/delta T cell の少クローン性の増殖がある。[kegg.jp]

  • 消化管腫瘍

    遺伝子検査所見:回腸および結腸の生検組織のリンパ球のクローナリティ解析を行ったところ、TCRγ鎖にクローナルな再構成が認められ、IgH鎖には認められなかったことから、Tリンパ球の腫瘍性増殖が疑われた。 診断 以上の検査所見より、 回腸および結腸における消化器型リンパ腫(T-Cell high grade) と診断した。[kameidovet.com]

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    T細胞リンパ腫) CD25 T細胞 (成人T細胞白血病) TCRγδ T細胞 (肝脾リンパ腫) CD30 細胞 (未分化大細胞リンパ腫,EBV関連リンパ腫の一部) CD30 細胞は活性化リンパ球(免疫芽球)の指標 CD56 細胞 (NK/T細胞リンパ腫) cf.[kuhp.kyoto-u.ac.jp] TCRシグナルへの依存性が保たれている末梢性T細胞リンパ腫や血管免疫芽球性T細胞リンパ腫といったT細胞リンパ腫とは異なり,TCRシグナル依存性が低く異常なチロシンキナーゼ活性に依存しているALCLのようなリンパ腫においてWASPおよびWIPは欠落しており,これらはがん抑制遺伝子としてのはたらきを担っていると想定された. 2019年1月8日 [rh.med.tohoku.ac.jp] 腫瘍細胞表面形質はCD8、TCRαβ、細胞傷害性顆粒陽性、 CD56陰性です。皮膚型γδT細胞リンパ腫との鑑別が重要となります。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 原発性斑状特発性皮膚萎縮症

    BCR;B cell receptor(B細胞受容体)、TCRT cell receptor(T細胞受容体)」 オーストラリアの クイーンズランド大学 医学部のマイケル・P・ペンダー(Michael P.[ja.wikipedia.org]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    (DN3-DN4のthymocyteでおこる) プレTCR複合体 はリガンド非依存下でシグナルを惹起し, もう一方の対立遺伝子上のTCRβV(D)J再構成を抑制して, ひとつのTリンパ球に発現されるTCRβ鎖を1つに限定させる 。[ft-patho.net] III.自己免疫性リンパ増殖症候群(ALPS) 【診断基準】 A.必須項目 1.6か月を超えて慢性に経過する非腫瘍性、非感染性のリンパ節腫脹若しくは脾腫、又はその両方 2.CD3 TCRαβ CD4 - CD8 - T細胞(ダブルネガティブT細胞)の増加(末梢血リンパ球数が正常又は増加している場合で、全リンパ球中の1.5%以上又はCD3 T[nanbyou.or.jp] T細胞は個々に, ただ一つの特異性しか 持っていないが, それぞれの特異性は異なっているために 全T細胞をみると体内には何百万という抗原に対する 特異的TCR(T細胞レセプター) が存在する ことになり, この T細胞の多様性をT細胞レパートリー という.[ft-patho.net]

  • 骨腫瘍

    図 開発中のTCR改変T細胞を用いた免疫細胞輸注療法[hosp.u-fukui.ac.jp] 新しい治療をどんどん開発します 現在、最新の免疫療法(めんえきりょうほう)であるTCR改変T細胞輸注療法を三重大学と共同開発しています(図)。また、カスタムメイド腫瘍用人工関節、転移性骨腫瘍に対する磁性体温熱療法などの先進的な治療の開発も行っています。今後、さらに福井県の皆さまに世界一高度な医療を届けたいと考えています。[hosp.u-fukui.ac.jp]

さらなる症状