Create issue ticket

考えれる1県の原因 tbp1c2

  • 異種タンパク質注入

    国際公開第2006/068250号を参照)が融合され、末端に酸化チタン結合ペプチド(TBPと標記;アミノ酸配列RKLPDA(配列番号8)からなる。[patents.google.com] 国際公開第005/00031号を参照)が融合されたListeria innocuaの金属内包性タンパク質Dps(CNHBP-Dps-TBPあるいはCDTと標記、配列番号1および配列番号2)を下記の手順により構築した。[patents.google.com]

さらなる症状