Create issue ticket

考えれる26県の原因 T 細胞リンパ腫

  • 日光角化症

    主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    […] lymphoma 血管免疫芽球性T細胞リンパ腫 Angioimmunoblastic T-Cell Lymphoma 血管中心性リンパ腫 Angiocentric Lymphoma 腸管T細胞リンパ腫 Intestinal T-Cell Lymphoma 成人T細胞リンパ腫/白血病 Adult T-Cell Lymphoma/Leukemia[ja.wikipedia.org] 造血幹細胞は、骨髄系幹細胞とリンパ系幹細胞に分かれ、前者から赤血球、血小板、白血球の成分のうち顆粒球(かりゅうきゅう)や単球が産生され、後者から白血球中のB細胞T細胞、NK細胞などのリンパ球が産生されます。[ganjoho.jp] T-PLL) 大顆粒T細胞性白血病 T-Cell Large Granular Lymphocyte Leukemia (T-LGL) 大顆粒NK細胞性白血病 NK-Cell Large Granular Lymphocyte Leukemia (NK-LGL) 分類不能末梢性T細胞リンパ腫 Unspecified periferal T-Cell[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚癌

    主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸ポリープ

    腫 (Lymphoma) B細胞リンパ腫 T細胞リンパ腫 Hodgkinリンパ腫 分類不能の腫瘍 転移性腫瘍(metastatic tumor) 腫瘍性病変 過形成性ポリープ(hyperplastic polyp) 過形成結節(hyperplastic nodule) 若年性ポリープ・ポリポーシス(Juvenile polyp) 治療[ja.wikipedia.org] […] adenomatous polyposis) 悪性上皮性腫瘍 腺癌 (adenocarcinoma) 内分泌細胞癌(ecc) 腺扁平上皮癌(asc) 扁平上皮癌(scc) カルチノイド腫瘍(carcinoid tumor) 非上皮性腫瘍 平滑筋腫瘍 神経性腫瘍 GIST(Gastrointestinal stomal tumor) 脂肪腫(lipoma) リンパ腫[ja.wikipedia.org]

  • 小球性貧血

    悪性リンパ腫 (ML) ホジキン病 (HL) 非ホジキン病 (NHL) 血管免疫芽球型T細胞リンパ腫 (AILT) 血管免疫芽細胞性リンパ節症 (AILD) 多発性骨髄腫 (MM) キャッスルマン病 クロウ・フカセ症候群 白血球減少症 後天性免疫不全症候群 (AIDS) 血漿タンパク異常 マクログロブリン血症 (ICD-10: C88.0)[ja.wikipedia.org]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    5 2 11)腸炎型T細胞リンパ腫 enteropathy type T-cell lymphoma, および 肝脾T細胞リンパ腫 hepatosplenic T cell lymphoma いずれも細胞傷害性分子を発現し、かつ通常のCHOP療法では極めて治療成績は不良である。[web.archive.org] Germinal center B-cell-like (GCB) Non-germinal center B-cell-like (non-GC)Diffuse large B-cell lymphoma, subtypes T細胞組織球豊富型LBCL (T-cell/histiocyte-rich LBCL: THRLBL) 中枢神経原発[ja.wikipedia.org] 5 2 8)末梢性T細胞リンパ腫 peripheral T cell lymphoma; PTCL-U PTCL-NOS T細胞リンパ腫では、現在のところB細胞性リンパ腫におけるrituximabのような特効薬がないので、従来の抗がん剤の組み合わせで治療される事が多い。[web.archive.org]

  • ボーエン病

    主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。[ja.wikipedia.org]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    広義の慢性リンパ性白血病 [ 編集 ] 本項で取り上げる成熟Bリンパ球性の慢性白血病以外のリンパ系の白血病で細胞の成熟傾向が失われていないものは、広い意味では慢性リンパ性白血病あるいはCLL類縁疾患であり、B細胞性( 前リンパ性白血病 、ヘアリーセル白血病、リンパ腫の白血病化、形質細胞白血病)とT細胞性(T細胞顆粒リンパ球性白血病、前リンパ[ja.wikipedia.org] 慢性リンパ性白血病は広義(FAB分類)にはB細胞性(狭義の慢性リンパ性白血病、B細胞前リンパ球性白血病、ヘアリーセル白血病、リンパ腫の白血病化、形質細胞白血病)とT細胞性(T細胞顆粒リンパ球性白血病、T細胞前リンパ球性白血病、成人T細胞白血病/リンパ腫、セザリー症候群)などを含んでいる。[ja.wikipedia.org] 主な鑑別の対象は 前リンパ球性白血病 (Prolymphocytic leukemia, PLL)や T-CLL 、 成人T細胞白血病 、 ヘアリーセル白血病 、 リンパ腫 の白血病化などとされる [6] 。 原因 [ 編集 ] 原因は不明である。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    広義の慢性リンパ性白血病 [ 編集 ] 本項で取り上げる成熟Bリンパ球性の慢性白血病以外のリンパ系の白血病で細胞の成熟傾向が失われていないものは、広い意味では慢性リンパ性白血病あるいはCLL類縁疾患であり、B細胞性( 前リンパ性白血病 、ヘアリーセル白血病、リンパ腫の白血病化、形質細胞白血病)とT細胞性(T細胞顆粒リンパ球性白血病、前リンパ[ja.wikipedia.org] 慢性リンパ性白血病は広義(FAB分類)にはB細胞性(狭義の慢性リンパ性白血病、B細胞前リンパ球性白血病、ヘアリーセル白血病、リンパ腫の白血病化、形質細胞白血病)とT細胞性(T細胞顆粒リンパ球性白血病、T細胞前リンパ球性白血病、成人T細胞白血病/リンパ腫、セザリー症候群)などを含んでいる。[ja.wikipedia.org] 主な鑑別の対象は 前リンパ球性白血病 (Prolymphocytic leukemia, PLL)や T-CLL 、 成人T細胞白血病 、 ヘアリーセル白血病 、 リンパ腫 の白血病化などとされる [6] 。 原因 [ 編集 ] 原因は不明である。[ja.wikipedia.org]

  • マントル細胞リンパ腫

    マントル細胞リンパ腫(マントルさいぼうリンパしゅ、英: mantle cell lymphoma, MCL)は、B細胞性悪性リンパ腫の一分類で、t(11:14)(q13:q32)によるサイクリンD1(CCND1)の過剰発現で特徴づけられる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状