Create issue ticket

考えれる40県の原因 T細胞数と機能 正常

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    正常T細胞機能の低下により日和見感染症を合併します。 (2) リンパ腫型 :リンパ球が4,000/μl未満、ATL細胞は末梢血に1%以下でリンパ節 病変が主体です。 (3) 慢性型 :リンパ球数4,000/μl以上でT細胞が3,500/μl以上で、末梢血中のリンパ球 の軽度増加が見られる。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • IgE型骨髄腫

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] 2.T細胞は減少及び機能低下 3.B細胞数は正常、免疫グロブリン値は正常か減少 4.画像検査や心カテーテルによる心奇形の同定 5.確定診断として、微細染色体欠失症候群として染色体22q11.2 の微細欠失をfluorescence in situ hybridization(FISH)やarray comparative genomic[nanbyou.or.jp] 血症による症状 2.胸腺低形成による易感染性 3.心流出路奇形 ファロー四徴症、円錐動脈管心奇形、大動脈弓離断、右大動脈弓、右鎖骨下動脈起始異常等の心奇形など 4.特異的顔貌 口蓋裂、低位耳介、小耳介、瞼裂短縮を伴う眼角隔離症、短い人中、小さな口、小顎症など 5.精神発達遅滞、言語発達遅滞 B.重要な検査所見 1.低カルシウム血症、副甲状腺機能低下[nanbyou.or.jp]

  • 小児急性リンパ芽球性白血病

    正常T細胞機能の低下により日和見感染症を合併します。 (2) リンパ腫型 :リンパ球が4,000/μl未満、ATL細胞は末梢血に1%以下でリンパ節 病変が主体です。 (3) 慢性型 :リンパ球数4,000/μl以上でT細胞が3,500/μl以上で、末梢血中のリンパ球 の軽度増加が見られる。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 原発性免疫不全症

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] 2.T細胞は減少及び機能低下 3.B細胞数は正常、免疫グロブリン値は正常か減少 4.画像検査や心カテーテルによる心奇形の同定 5.確定診断として、微細染色体欠失症候群として染色体22q11.2 の微細欠失をfluorescence in situ hybridization(FISH)やarray comparative genomic[nanbyou.or.jp] 血症による症状 2.胸腺低形成による易感染性 3.心流出路奇形 ファロー四徴症、円錐動脈管心奇形、大動脈弓離断、右大動脈弓、右鎖骨下動脈起始異常等の心奇形など 4.特異的顔貌 口蓋裂、低位耳介、小耳介、瞼裂短縮を伴う眼角隔離症、短い人中、小さな口、小顎症など 5.精神発達遅滞、言語発達遅滞 B.重要な検査所見 1.低カルシウム血症、副甲状腺機能低下[nanbyou.or.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] B細胞正常なものもあれば低下しているものもあり、一部ではT細胞機能異常による抗体産生不全が示唆されている。 臨床症状:化膿菌に対する易感染性を示す。自己免疫疾患や悪性腫瘍の合併が多い。 検査成績:血清免疫グロブリン値の低下を認める。末梢血B細胞数は正常または低下している。 治療:免疫グロブリン置換療法を行う。[med.u-toyama.ac.jp] 2.T細胞は減少及び機能低下 3.B細胞数は正常、免疫グロブリン値は正常か減少 4.画像検査や心カテーテルによる心奇形の同定 5.確定診断として、微細染色体欠失症候群として染色体22q11.2 の微細欠失をfluorescence in situ hybridization(FISH)やarray comparative genomic[nanbyou.or.jp]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] 2.T細胞は減少及び機能低下 3.B細胞数は正常、免疫グロブリン値は正常か減少 4.画像検査や心カテーテルによる心奇形の同定 5.確定診断として、微細染色体欠失症候群として染色体22q11.2 の微細欠失をfluorescence in situ hybridization(FISH)やarray comparative genomic[nanbyou.or.jp] 血症による症状 2.胸腺低形成による易感染性 3.心流出路奇形 ファロー四徴症、円錐動脈管心奇形、大動脈弓離断、右大動脈弓、右鎖骨下動脈起始異常等の心奇形など 4.特異的顔貌 口蓋裂、低位耳介、小耳介、瞼裂短縮を伴う眼角隔離症、短い人中、小さな口、小顎症など 5.精神発達遅滞、言語発達遅滞 B.重要な検査所見 1.低カルシウム血症、副甲状腺機能低下[nanbyou.or.jp]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    末梢血では通常CD4陽性T細胞とCD8陽性T細胞のどちらが多いの? CD4陽性T細胞正常範囲は? CD4陽性T細胞とCD8陽性T細胞の機能の違いは? CD25とはどのような分子だろう? 一つの細胞でCD4とCD25を同時に検出する方法は? 三郎君の病態と、亡くなったお兄さんの組織病変の関係は?[med.kindai.ac.jp]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] 2.T細胞は減少及び機能低下 3.B細胞数は正常、免疫グロブリン値は正常か減少 4.画像検査や心カテーテルによる心奇形の同定 5.確定診断として、微細染色体欠失症候群として染色体22q11.2 の微細欠失をfluorescence in situ hybridization(FISH)やarray comparative genomic[nanbyou.or.jp] 血症による症状 2.胸腺低形成による易感染性 3.心流出路奇形 ファロー四徴症、円錐動脈管心奇形、大動脈弓離断、右大動脈弓、右鎖骨下動脈起始異常等の心奇形など 4.特異的顔貌 口蓋裂、低位耳介、小耳介、瞼裂短縮を伴う眼角隔離症、短い人中、小さな口、小顎症など 5.精神発達遅滞、言語発達遅滞 B.重要な検査所見 1.低カルシウム血症、副甲状腺機能低下[nanbyou.or.jp]

  • 意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] 2.T細胞は減少及び機能低下 3.B細胞数は正常、免疫グロブリン値は正常か減少 4.画像検査や心カテーテルによる心奇形の同定 5.確定診断として、微細染色体欠失症候群として染色体22q11.2 の微細欠失をfluorescence in situ hybridization(FISH)やarray comparative genomic[nanbyou.or.jp] 血症による症状 2.胸腺低形成による易感染性 3.心流出路奇形 ファロー四徴症、円錐動脈管心奇形、大動脈弓離断、右大動脈弓、右鎖骨下動脈起始異常等の心奇形など 4.特異的顔貌 口蓋裂、低位耳介、小耳介、瞼裂短縮を伴う眼角隔離症、短い人中、小さな口、小顎症など 5.精神発達遅滞、言語発達遅滞 B.重要な検査所見 1.低カルシウム血症、副甲状腺機能低下[nanbyou.or.jp]

  • 単クローン性ガンマグロブリン血症

    3.アトピー体質 蕁麻疹、血管性浮腫、アトピー性皮膚炎、喘息 4.発育不良 5.易感染性 6.一部で精神発達遅滞 B.重要な検査所見 1.T細胞正常 2.B細胞数は減少、血清IgEの上昇 3.NK細胞機能低下 4.確定診断として、上皮系細胞に発現するセリンプロテアーゼインヒビターをコードする LEKT1 遺伝子変異を同定する。[nanbyou.or.jp] 2.T細胞は減少及び機能低下 3.B細胞数は正常、免疫グロブリン値は正常か減少 4.画像検査や心カテーテルによる心奇形の同定 5.確定診断として、微細染色体欠失症候群として染色体22q11.2 の微細欠失をfluorescence in situ hybridization(FISH)やarray comparative genomic[nanbyou.or.jp] 血症による症状 2.胸腺低形成による易感染性 3.心流出路奇形 ファロー四徴症、円錐動脈管心奇形、大動脈弓離断、右大動脈弓、右鎖骨下動脈起始異常等の心奇形など 4.特異的顔貌 口蓋裂、低位耳介、小耳介、瞼裂短縮を伴う眼角隔離症、短い人中、小さな口、小顎症など 5.精神発達遅滞、言語発達遅滞 B.重要な検査所見 1.低カルシウム血症、副甲状腺機能低下[nanbyou.or.jp]

さらなる症状