Create issue ticket

考えれる54県の原因 T細胞増加または減少

  • 多発性神経炎

    病巣の周囲にリンパ球やプラズマ細胞が集まっている、免疫グロブリンが沈着、サプレッサーT細胞減少し、ヘルパーT細胞のTh1タイプが増加、免疫抑制剤が治療に有効、など免疫異常を疑わせる所見が見られます。 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとわれています。[mbiotech.org]

  • 間擦疹

    末梢血、組織の T 細胞と CD8 細胞は、治療後に減少した。治療後には単核細胞数は増加しツ反、 PHA は増強した。血沈 ( 20例 ) 、接着因子( ICAM-1,VCAM-1,ELAM-1 )( 6 例)インターロイキンー6は減少した。 6 症例の 2 次性リンパ浮腫では高い血清ヒアルロン酸は治療後に減少した。[chuoms.co.jp]

  • 脱髄疾患

    病巣の周囲にリンパ球やプラズマ細胞が集まっている、免疫グロブリンが沈着、サプレッサーT細胞減少し、ヘルパーT細胞のTh1タイプが増加、免疫抑制剤が治療に有効、など免疫異常を疑わせる所見が見られます。 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとわれています。[mbiotech.org] 拡散能低下病変群 白質変性症の代表的病態である脱髄 (demyelination)、大脳白質形成不全 (hypomyelination) いずれにおいても拡散を制限する髄鞘が減少し、細胞外水分が相対的に増加するためT2高信号、みかけの拡散係数(Apparent Diffusion Coefficient, ADC)高値を呈する。[plaza.umin.ac.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    病巣の周囲に リンパ球 や プラズマ細胞 が集まっている 免疫グロブリン が沈着 サプレッサーT細胞減少し、 ヘルパーT細胞 のTh1タイプが増加 免疫抑制剤 が治療に有効 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとされてきたが、2004年に多くの視神経脊髄型多発性硬化症[ja.wikipedia.org]

  • 膵膿瘍

    減少とともに,特徴的な血中IgG4上昇とIgG4陽性形質細胞浸潤には,メモリー制御性細胞の増加との関連性が示唆される.[saishin-igaku.co.jp] 関西医科大学内科学第三講座消化器肝臓内科 ** 同教授 要 旨 自己免疫性膵炎は,しばしば硬化性胆管炎,硬化性唾液腺炎などの膵外病変を合併することより,全身性自己免疫疾患の可能性がある.抗核抗体以外に,膵,胆道,唾液腺などに分布するラクトフェリン,炭酸脱水酵素,PSTIなどに対する自己抗体をしばしば認める.疾患感受性ハプロタイプとナイーブ制御性細胞[saishin-igaku.co.jp]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    病巣の周囲にリンパ球やプラズマ細胞が集まっている、免疫グロブリンが沈着、サプレッサーT細胞減少し、ヘルパーT細胞のTh1タイプが増加、免疫抑制剤が治療に有効、など免疫異常を疑わせる所見が見られます。 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとわれています。[mbiotech.org]

  • 足白癬

    ・健康な成人112名 (試験群56名、平均25.4 5.7歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、熟成ニンニク抽出物2.56 g/日を90日間摂取させたところ、45日目におけるガンマデルタT細胞、NK細胞の活性が増加し、試験期間中のかぜやインフルエンザの症状や罹患日数の減少が認められたが、罹患率に影響は認められなかった[hfnet.nibiohn.go.jp]

  • 再生不良性貧血

    ウサギATGとT細胞への影響としては、自己反応性のT細胞を直接抑制するだけでなく、もともと減少傾向のある Tregを増加させる働き、Th1,Th17を抑制する働きがあると考えられる。[sk-blood.com] これ ら細胞傷害性T細胞増加の一つの原因として 細胞傷害性T細胞を制御するT細胞の減少 も報告されています( Ref 3 )。 T細胞による細胞傷害を簡易に証明する方法として開発されたのが PNH血球の同定 で す。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 脊髄の脱髄

    病巣の周囲にリンパ球やプラズマ細胞が集まっている、免疫グロブリンが沈着、サプレッサーT細胞減少し、ヘルパーT細胞のTh1タイプが増加、免疫抑制剤が治療に有効、など免疫異常を疑わせる所見が見られます。 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとわれています。[mbiotech.org]

  • 感染症による貧血

    これ ら細胞傷害性T細胞増加の一つの原因として 細胞傷害性T細胞を制御するT細胞の減少 も報告されています( Ref 3 )。 T細胞による細胞傷害を簡易に証明する方法として開発されたのが PNH血球の同定 で す。[med.osaka-cu.ac.jp]

さらなる症状