Create issue ticket

考えれる31県の原因 streptococcus bovis

結果を表示する: English

  • クレブシエラ属

    (表2) 表2 原因菌が判明している場合の抗菌薬の選択 V iridians streptococci , Streptococcus bovis PCG の MIC 0.1μg / mL PCG 点滴静注 1 回 400 万単位・ 1 日 6 回( 1 日 2400 万単位)・ 4 週間 または CTRX 点滴静注 1 回 2 g ・ 1[kufm.kagoshima-u.ac.jp] 表1 感染性心内膜炎の臨床診断に関する修正 Duke 診断基準 大項目 (1) 血液培養 - 典型的な心内膜炎の原因菌が 2 セットの血液培養で陽性 l 緑色連鎖球菌、 Streptococcus bovis 、 HACEK グループ (#) l 黄色ブトウ球菌か腸球菌が検出され、他に感染巣がない場合 - 持続的菌血症 l 12 時間以上あけて[kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • 手掌膿瘍

    Streptococcus bovis、 HACEKグループ (2) Staphylococcus aureus または Enterococcus が検出され、他に感染巣がない場合 つぎのように定義される持続性の感染性心内膜炎に合致する血液培養陽性 (1) 12時間以上間隔をあけて採取した血液検体の培養が 2回以上陽性 (2) 3回の血液培養[kompas.hosp.keio.ac.jp] 表3 (感染性心内膜炎(IE)のデューク (Duke)臨床的診断基準(文献1)より引用) 【感染性心内膜炎 確定診断例】 臨床的基準 大基準2 つ、または大基準1 つと小基準3 つ、または小基準5 つ (大基準) 感染性心内膜炎に対する血液培養陽性 2 回の血液培養で以下のいずれかが認められた場合 (1) Streptococcus viridan[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 急性感染性心内膜炎

    bovis 、HACEKグループ、黄色ブドウ球菌や市中感染の腸球菌が検出され、他に感染巣がない場合 ――感染性心内膜炎を起こし得る起炎菌が持続的に血液培養で陽性 ・12時間以上の間隔を空けて採取された血液培養が2回以上陽性 ・3回の血液培養がすべて、あるいは4回以上の血液培養の過半数が陽性(最初と最後の採血間隔は1時間以上) ――1つの血液培養[clinicalsup.jp] Streptococcus bovis、 HACEKグループ (2) Staphylococcus aureus または Enterococcus が検出され、他に感染巣がない場合 つぎのように定義される持続性の感染性心内膜炎に合致する血液培養陽性 (1) 12時間以上間隔をあけて採取した血液検体の培養が 2回以上陽性 (2) 3回の血液培養[kompas.hosp.keio.ac.jp] 小基準1項目、または小基準3項目を満たす場合 除外例:症候を明らかに説明できる心内膜炎以外の診断がついた場合・抗菌薬開始後4日以内に症状が消失する場合・抗菌薬開始後4日以内の手術または剖検で、病理学的に心内膜炎の所見がみられない場合 大基準 1.血液培養陽性 ――典型的な心内膜炎の起因菌が2つの別々な血液培養から検出される ・緑色連鎖球菌、 Streptococcus[clinicalsup.jp]

  • 感染性心内膜炎

    Streptococcus bovis、 HACEKグループ (2) Staphylococcus aureus または Enterococcus が検出され、他に感染巣がない場合 つぎのように定義される持続性の感染性心内膜炎に合致する血液培養陽性 (1) 12時間以上間隔をあけて採取した血液検体の培養が 2回以上陽性 (2) 3回の血液培養[kompas.hosp.keio.ac.jp] 表3 (感染性心内膜炎(IE)のデューク (Duke)臨床的診断基準(文献1)より引用) 【感染性心内膜炎 確定診断例】 臨床的基準 大基準2 つ、または大基準1 つと小基準3 つ、または小基準5 つ (大基準) 感染性心内膜炎に対する血液培養陽性 2 回の血液培養で以下のいずれかが認められた場合 (1) Streptococcus viridan[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    (表2) 表2 原因菌が判明している場合の抗菌薬の選択 V iridians streptococci , Streptococcus bovis PCG の MIC 0.1μg / mL PCG 点滴静注 1 回 400 万単位・ 1 日 6 回( 1 日 2400 万単位)・ 4 週間 または CTRX 点滴静注 1 回 2 g ・ 1[kufm.kagoshima-u.ac.jp] 表1 感染性心内膜炎の臨床診断に関する修正 Duke 診断基準 大項目 (1) 血液培養 - 典型的な心内膜炎の原因菌が 2 セットの血液培養で陽性 l 緑色連鎖球菌、 Streptococcus bovis 、 HACEK グループ (#) l 黄色ブトウ球菌か腸球菌が検出され、他に感染巣がない場合 - 持続的菌血症 l 12 時間以上あけて[kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • 感染性心内膜炎

    Streptococcus bovis、 HACEKグループ (2) Staphylococcus aureus または Enterococcus が検出され、他に感染巣がない場合 つぎのように定義される持続性の感染性心内膜炎に合致する血液培養陽性 (1) 12時間以上間隔をあけて採取した血液検体の培養が 2回以上陽性 (2) 3回の血液培養[kompas.hosp.keio.ac.jp] 表3 (感染性心内膜炎(IE)のデューク (Duke)臨床的診断基準(文献1)より引用) 【感染性心内膜炎 確定診断例】 臨床的基準 大基準2 つ、または大基準1 つと小基準3 つ、または小基準5 つ (大基準) 感染性心内膜炎に対する血液培養陽性 2 回の血液培養で以下のいずれかが認められた場合 (1) Streptococcus viridan[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 緑色レンサ球菌

    (表2) 表2 原因菌が判明している場合の抗菌薬の選択 V iridians streptococci , Streptococcus bovis PCG の MIC 0.1μg / mL PCG 点滴静注 1 回 400 万単位・ 1 日 6 回( 1 日 2400 万単位)・ 4 週間 または CTRX 点滴静注 1 回 2 g ・ 1[kufm.kagoshima-u.ac.jp] 表1 感染性心内膜炎の臨床診断に関する修正 Duke 診断基準 大項目 (1) 血液培養 - 典型的な心内膜炎の原因菌が 2 セットの血液培養で陽性 l 緑色連鎖球菌、 Streptococcus bovis 、 HACEK グループ (#) l 黄色ブトウ球菌か腸球菌が検出され、他に感染巣がない場合 - 持続的菌血症 l 12 時間以上あけて[kufm.kagoshima-u.ac.jp]

  • 間質性腎炎

    病原検索では,肝臓,脾臓,腎臓,肺,心臓および脳から Streptococcus bovis IIが純培養的に分離された.豚コレラウイルスは分離されなかった. 細菌検査結果および組織検査結果から,本症例は Streptococcus bovis II感染による播種性血管内凝固であると考えられた.[nichiju.lin.gr.jp] Streptococcus bovis II感染豚にみられた腎臓の血栓症 〔水野恵子(岐阜県)〕 WLD種,雌,130日齢,斃死例(死後6時間以上で剖検).繁殖母豚180頭を飼養する一貫経営農家で,2002年2月,肥育豚が斃死した.農場の同一敷地内には,約80頭の肥育牛を飼養していた.[nichiju.lin.gr.jp]

  • 粉状珪藻土への露出

    特に、 Streptococcus bovis に対して抗菌活性を示すことから、 Streptococcus bovis によって引き起こされる鼓脹症を防除するために用いることができる。なお、本発明において、防除は予防および治療を含むものである。[patents.google.com] また、ストレプトコッカス・スイス( Streptococcus suis )は、豚の髄膜炎、敗血症、心内膜炎、関節炎の原因菌であり、ストレプトコッカス・ボビス( Streptococcus bovis )はウシの鼓脹症の原因菌である。[patents.google.com] 粗飼料が少なく、トウモロコシなどのデンプン質の多く含まれるエサを与えると、ルーメン内で Streptococcus bovis が増え、産生された粘性物質のためルーメン液が泡沫状になる。 カシューナッツ殻油には、抗菌作用(非特許文献4)、コクシジウム症軽減作用(特許文献2)が知られている。[patents.google.com]

  • グラム陰性敗血症

    (表2) 表2 原因菌が判明している場合の抗菌薬の選択 V iridians streptococci , Streptococcus bovis PCG の MIC 0.1μg / mL PCG 点滴静注 1 回 400 万単位・ 1 日 6 回( 1 日 2400 万単位)・ 4 週間 または CTRX 点滴静注 1 回 2 g ・ 1[kufm.kagoshima-u.ac.jp] 表1 感染性心内膜炎の臨床診断に関する修正 Duke 診断基準 大項目 (1) 血液培養 - 典型的な心内膜炎の原因菌が 2 セットの血液培養で陽性 l 緑色連鎖球菌、 Streptococcus bovis 、 HACEK グループ (#) l 黄色ブトウ球菌か腸球菌が検出され、他に感染巣がない場合 - 持続的菌血症 l 12 時間以上あけて[kufm.kagoshima-u.ac.jp]

さらなる症状