Create issue ticket

考えれる6県の原因 stag3

結果を表示する: English

  • 増殖型血管内皮リンパ腫

    (3)エピゲノム制御因子の遺伝子異常 TET2,IDH1/2、DNMT3A DNAのメチル化、ヒストン修飾に関係する(4)コヒーチン関連分子 細胞分裂に関わる RAD21、STAG2など (5)RNAスプライシング SF3B1、SRSF2 U2AF1 (6)クロマチン修飾 MLL DOT1L、EZH2 続きを読む 多発性骨髄腫におえるクローン[sk-blood.com] (3)エピゲノム制御因子の遺伝子異常 TET2,IDH1/2、DNMT3A DNAのメチル化、ヒストン修飾に 関係する (4)コヒーチン関連分子 細胞分裂に関わる RAD21、STAG2など (5)RNAスプライシング SF3B1、SRSF2 U2AF1 (6)クロマチン修飾 MLL DOT1L、EZH2 AML発症におけるクローン性進化:[sk-blood.com]

  • B 細胞リンパ腫

    これらの67の遺伝子とは、BARD1、PIK3CG、LRMP、Hs.1098、BCL6、HDAC1、MYBL2、MME (CD10)、STAG3、LMO2、APS、Hs.151051、ADPRT、ITPKB、REL、FLJ20094、Hs.211563、MEF2B、CD44、Hs.75765、IL6、PTPN2、PTPN12、BMI1、Hs[biosciencedbc.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    これらの67の遺伝子とは、BARD1、PIK3CG、LRMP、Hs.1098、BCL6、HDAC1、MYBL2、MME (CD10)、STAG3、LMO2、APS、Hs.151051、ADPRT、ITPKB、REL、FLJ20094、Hs.211563、MEF2B、CD44、Hs.75765、IL6、PTPN2、PTPN12、BMI1、Hs[biosciencedbc.jp]

  • 線維形成性髄芽腫

    (3)エピゲノム制御因子の遺伝子異常 TET2,IDH1/2、DNMT3A DNAのメチル化、ヒストン修飾に関係する(4)コヒーチン関連分子 細胞分裂に関わる RAD21、STAG2など (5)RNAスプライシング SF3B1、SRSF2 U2AF1 (6)クロマチン修飾 MLL DOT1L、EZH2 続きを読む 多発性骨髄腫におえるクローン[sk-blood.com] (3)エピゲノム制御因子の遺伝子異常 TET2,IDH1/2、DNMT3A DNAのメチル化、ヒストン修飾に 関係する (4)コヒーチン関連分子 細胞分裂に関わる RAD21、STAG2など (5)RNAスプライシング SF3B1、SRSF2 U2AF1 (6)クロマチン修飾 MLL DOT1L、EZH2 AML発症におけるクローン性進化:[sk-blood.com]

  • ダウン症候群

    図2:コヒーシンの構造と機能 コヒーシンはSMC1、SMC3、RAD21とSTAG蛋白からなる蛋白複合体で、細胞が分裂するときにリング上の構造をとって染色体を束ね、DNA合成後姉妹染色体が二つの娘細胞に正確に分配されるのに重要な役割をはたしている。この過程で、NIPBLはコヒーシンの染色体への結合に不可欠である。[kyoto-u.ac.jp] その結果、TAMでは GATA1 以外の遺伝子変異はきわめて稀ですが、DS-AMKLではコヒーシン複合体( RAD21 、 STAG2 、 NIPBL 、 SMC1A 、 SMC3 )(53%)、 CTCF (20%)、 EZH2 などの エピゲノム の制御因子(45%)、およびRAS/チロシンキナーゼ(以下TK)などのシグナル伝達系分子([kyoto-u.ac.jp] 特に、コヒーシン複合体(図2)にみられた遺伝子変異は変異がみられた症例では遺伝子変異は完全に相互排他的であり、DS-AMKLの発症に重要な役割を果たしていることが推定されました(図3)。[kyoto-u.ac.jp]

  • 家族性骨髄線維症

    (3)エピゲノム制御因子の遺伝子異常 TET2,IDH1/2、DNMT3A DNAのメチル化、ヒストン修飾に関係する(4)コヒーチン関連分子 細胞分裂に関わる RAD21、STAG2など (5)RNAスプライシング SF3B1、SRSF2 U2AF1 (6)クロマチン修飾 MLL DOT1L、EZH2 続きを読む 多発性骨髄腫におえるクローン[sk-blood.com] (3)エピゲノム制御因子の遺伝子異常 TET2,IDH1/2、DNMT3A DNAのメチル化、ヒストン修飾に 関係する (4)コヒーチン関連分子 細胞分裂に関わる RAD21、STAG2など (5)RNAスプライシング SF3B1、SRSF2 U2AF1 (6)クロマチン修飾 MLL DOT1L、EZH2 AML発症におけるクローン性進化:[sk-blood.com]

さらなる症状