Create issue ticket

考えれる176県の原因 ssb

結果を表示する: Deutsch

  • デゾシン

    よく用いられる斜角筋間腕神経叢ブロック(ISB)は潜在的に重大な合併症と関連するので、肩甲上神経ブロック(SSB)がより安全な代替方法として使うことができる。 ・この前向き研究では、60人のASAIあるいはIIの成人患者が肩関節鏡手術をうけ、無作為に2つの群-ISB群とSSB群へ分けられた。[anaesth.exblog.jp] ・この研究では、鎮痛時間の平均値は、ISB群では7.23 6.83時間に対して、SSB群では2.53 2.26時間であった(p値 0.05)。全体的なレスキュー鎮痛薬の必要な確率は、ISB群と比較して、SSB群で高かった(63.3% vs 40.0%)が、この結果は統計学的に有意ではなかった(p値 0.05)。[anaesth.exblog.jp] ・斜角筋間腕神経叢ブロックとSSBはともに、肩関節鏡手術をうける患者に対して、術中と術後の鎮痛を提供するのに用いることができる。[anaesth.exblog.jp]

  • びまん性肺胞出血

    MPO-ANCA, PR3 ANCA, 抗GBM抗体、抗核抗体、抗dsDNA抗体、抗Sm抗体、抗CCP抗体、抗SSA抗体、抗SSB抗体、抗セントロメア抗体、抗Scl-70抗体、抗RNAポリメラーゼ抗体、抗Jo-1抗体,クリオグロブリン、補体など 治療 ・ 原因が判明すれば、原因を治療する。[kameda.com]

  • シェーグレン症候群

    自己抗体 本症には 感度 の高い抗SSA/Ro抗体と 特異度 の高い抗SSB/La抗体がよくみられ、診断に有用である。 治療 [ 編集 ] 基本的に対症療法が中心で、主要臓器症状(間質性肺炎、間質性腎炎、中枢神経症状など)にはステロイド剤や、免疫抑制剤である シクロフォスファミド (エンドキサンP )などの投与を積極的に検討する。[ja.wikipedia.org] ANA, SSAは感度が良く、SSBは特異度が高い。RFが異常高値とのときには、SSかRheumatoid vasculitisを疑う。セントロメア抗体陽性のこともある。[ryumachi.umin.jp]

  • シェーグレン症候群

    自己抗体 本症には 感度 の高い抗SSA/Ro抗体と 特異度 の高い抗SSB/La抗体がよくみられ、診断に有用である。 治療 [ 編集 ] 基本的に対症療法が中心で、主要臓器症状(間質性肺炎、間質性腎炎、中枢神経症状など)にはステロイド剤や、免疫抑制剤である シクロフォスファミド (エンドキサンP )などの投与を積極的に検討する。[ja.wikipedia.org] ANA, SSAは感度が良く、SSBは特異度が高い。RFが異常高値とのときには、SSかRheumatoid vasculitisを疑う。セントロメア抗体陽性のこともある。[ryumachi.umin.jp]

  • グリコシル化のPGM3関連先天性疾患

    […] polI型ポリメラーゼ 3’ 5’ エキソヌクレアーゼ 活性(Proof reading活性)を有さない Thermus aquaticus 由来一本鎖 DNA結合タンパク Thermus aquaticus single-stranded DNA binding protein :SSB DNA結合タンパク SSBは、耐熱性タンパク質で、[shiga-med.ac.jp]

  • サルモネラ

    (下段)胆汁酸と硫化水素指示薬を含む培地(SSB培地)で培養すると、胆汁酸感受性の大腸菌は発育阻害されてコロニー数が減少するが(3、黒矢印)、胆汁酸耐性のサルモネラは通常どおり発育し、また硫化水素産生によりコロニーに黒変がみられる(4、白矢印) サルモネラ属は、腸内細菌科( ブドウ糖 を嫌気的に発酵する、 芽胞 を持たない、通性嫌気性のグラム[ja.wikipedia.org]

  • 侵襲性非腸チフス性サルモネラ症

    (下段)胆汁酸と硫化水素指示薬を含む培地(SSB培地)で培養すると、胆汁酸感受性の大腸菌は発育阻害されてコロニー数が減少するが(3、黒矢印)、胆汁酸耐性のサルモネラは通常どおり発育し、また硫化水素産生によりコロニーに黒変がみられる(4、白矢印) サルモネラ属は、腸内細菌科( ブドウ糖 を嫌気的に発酵する、 芽胞 を持たない、通性嫌気性のグラム[sub-asate.ssl-lolipop.jp]

  • セリアック病、てんかん、大脳石灰化症候群

    補体、抗核抗体、RF、抗SSA抗体、抗SSB抗体、C-ANCA/P-ANCA、ESR、CRPなどが参考になる。脳以外の画像所見も参考になることがある。原発性血管炎を疑うときには血管造影や脳生検が診断のためにひつようかもしれない。血管内リンパ腫はしばしば中枢神経血管炎と鑑別が難しいことがある。 脳血管障害でもRPDの原因となる。[ncgmkohnodai.org]

  • モルフェア

    抗核抗体:抗dsDNA抗体、抗Jo-1、抗SSA/SSB、抗Scl-70抗Sm、抗RNP抗体はいずれも陰性であった。皮膚生検が施行され、汗腺周囲にリンパ球浸潤をみるケロイドの所見であった。臨床および病理学的には、これら結節はケロイドモルフェア、限局性皮膚強皮症localized cutaneous sclerodermaと診断された。[blog.livedoor.jp]

  • ネズミチフス菌

    (下段)胆汁酸と硫化水素指示薬を含む培地(SSB培地)で培養すると、胆汁酸感受性の大腸菌は発育阻害されてコロニー数が減少するが(3、黒矢印)、胆汁酸耐性のサルモネラは通常どおり発育し、また硫化水素産生によりコロニーに黒変がみられる(4、白矢印) サルモネラ属は、腸内細菌科( ブドウ糖 を嫌気的に発酵する、 芽胞 を持たない、通性嫌気性のグラム[ja.wikipedia.org]

さらなる症状