Create issue ticket

考えれる1,001県の原因 sle

結果を表示する: English

  • 関節炎

    若年から壮年の女性ではパルボウイルス感染症、関節リウマチ、SLEが想起される。高齢になると男女を問わず偽通風、変形性関節痛、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、悪性腫瘍関連の頻度が増える。また全年齢を通じて女性の場合は甲状腺疾患、自己免疫疾患(関節リウマチ、SLE、シェーグレン症候群、全身性強皮症)、サルコイドーシスなども想起される。[ja.wikipedia.org] このような疾患には関節リウマチ、SLE、血管炎といった結合組織疾患も含まれる。 その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。 慢性単関節炎は非炎症性の関節症、炎症性の関節炎で分類されることが多い。 変形性関節症頻度としては最も多いのが変形性関節症である。 無痛性骨壊死大腿骨頭壊死が有名である。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    しかし、無症状のSLE患者でも異常波形がみられることがあり、神経精神SLEに対する診断特異性は劣る。[med.osaka-u.ac.jp] また「Lupus」とはラテン語で「狼」を意味し、SLEの特徴的な症状の一つである、蝶の形をした頬の発疹が、あたかも狼が噛んだあとに似ていることに由来するとされています。SLEは慢性の経過をたどる炎症性の病気で、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 2013年にSLEとして難病の申請をしている方は、61,528人ですが、申請をしていない方、医療機関に受診していない方などを含めると、この2倍位の人がこの病気をもっていると推定されています。[nanbyou.or.jp]

  • 薬物性紅斑性狼瘡

    PSS, SLE, SjS discrete speckled セントロメア(中心体) CREST症候群、PSS 疾患特異的抗体 SLE 抗2本鎖DNA抗体、抗Sm抗体 MCTD 抗RNP抗体 SjS 抗SS-B抗体 PSS 抗Scl-70抗体 CREST 抗セントロメア抗体 治 療 プレドニゾロン メチルプレドニゾロン 1 g/日 3日間[med.u-fukui.ac.jp] 目次 最新醫學別冊 診断と治療のABC 118 全身性エリテマトーデス(SLE) (田中 良哉 編集) 最新醫學別冊 診断と治療ABC第18弾は「全身性エリテマトーデス」です.[saishin-igaku.co.jp] また「Lupus」とはラテン語で「狼」を意味し、SLEの特徴的な症状の一つである、蝶の形をした頬の発疹が、あたかも狼が噛んだあとに似ていることに由来するとされています。SLEは慢性の経過をたどる炎症性の病気で、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 円板状エリテマトーデス

    重要 SLEやMCTD(混合性結合組織病)の患者さんで、ロキソニンなどの痛み止めを多用すると、この中枢神経ループスを発症することがあります。 痛み止めを使用する際は主治医とよく相談し、注意して使用してください。 以上SLEの症状について解説いたしました。上記以外にもSLEには様々な症状があります。[skytree-clinic.jp] また「Lupus」とはラテン語で「狼」を意味し、SLEの特徴的な症状の一つである、蝶の形をした頬の発疹が、あたかも狼が噛んだあとに似ていることに由来するとされています。SLEは慢性の経過をたどる炎症性の病気で、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] SLE/全身性エリテマトーデス 更新情報 SLE/全身性エリテマトーデスのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています 星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。 SLE/全身性エリテマトーデス[mixi.jp]

  • 抗リン脂質抗体症候群

    APSはSLEをはじめとしたいろいろな膠原(こうげん)病に合併することが多いのですが、とくにSLEでは30 40%に発生するとされています。その他、薬剤、感染症、リンパ性増殖疾患で発生しますが、基礎疾患のない症例もあります。 あなたの最適な治療法がわかる本。[jlogos.com] 全身性エリテマトーデス(SLE)に合併して現れることが多いことから、好発年齢、性差もSLEに類似する傾向がある。SLEに合併する症例では、自己抗体が検索される機会が多いことから本疾患の存在に気付かれやすい。一方、SLE症状を欠く場合、脳梗塞などだけでは自己抗体の検索をされないことも多いと懸念されるため、実数は予想より多い可能性もある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 2.この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 近年の欧州で行われた疫学研究などを参考にすると、SLEの10-20%がAPSを合併していると推定されること、原発性APSがSLEに伴う二次性APSと同等数いると推定されること、日本でSLEが60,000人以上いると推定されていることなどから、二次性APSが5,000 10,000人、原発性APS[nanbyou.or.jp]

  • レーノー現象

    SLE様症状 SLEに似た症状として、発熱・顔面紅斑・リンパ節腫脹・多発関節炎・白血球減少・漿膜炎等が見られます。 強皮症様症状 強皮症に似た症状として、手指の腫脹・肺線維症(間質性肺炎)・食道運動機能の低下が多く見られます。 肺線維症では空咳や息切れ、食道機能の低下では胸焼けや飲み込みにくさが見られます。[m.chiba-u.jp] 非常に難しい病名がついていますが、前に詳しく説明しました SLE 、 多発性筋炎 、 強皮症 の症状や検査所見が部分的に混在していることからこの病名がついています。難病特定疾患扱いとなっている病気です。 SLE と同様に圧倒的に女性に多く、比較的若い年齢層が中心です。[kagawa-clinic.com] SLEなどの膠原病によく見られる症状だ。SLEは若年女性に多く、その場合は指が白くなると教えている。若いわけでもないし皮膚が白くなるほどではない。調べてみると次に疑うべきが動脈硬化、動脈血栓症らしい。これは当たりかもしれない。いずれ血栓が脳や心臓に行くと脳梗塞、心筋梗塞になる。[new2.immunoreg.jp]

  • 原発性免疫不全症

    繰り返す細菌感染症と、免疫複合体病( 全身性エリテマトーデス (SLE)に類似しており、SLE-like syndromeと呼ばれる)を特徴とする。選択的補体C1r欠損症は症例が報告されていない。 補体C5-C9欠損症 いずれも稀な疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • リウマチ性多発筋痛症

    若年から壮年の女性ではパルボウイルス感染症、関節リウマチ、SLEが想起される。高齢になると男女を問わず偽通風、変形性関節痛、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、悪性腫瘍関連の頻度が増える。また全年齢を通じて女性の場合は甲状腺疾患、自己免疫疾患(関節リウマチ、SLE、シェーグレン症候群、全身性強皮症)、サルコイドーシスなども想起される。[ja.wikipedia.org] このような疾患には関節リウマチ、SLE、血管炎といった結合組織疾患も含まれる。 その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。 慢性単関節炎は非炎症性の関節症、炎症性の関節炎で分類されることが多い。 変形性関節症頻度としては最も多いのが変形性関節症である。 無痛性骨壊死大腿骨頭壊死が有名である。[ja.wikipedia.org]

  • 非乏尿性腎不全

    SLE 、腎盂腎炎、 グッドパスチャー症候群 、 溶血性尿毒症 症候群、血清病なども含まれる。これらの疾患では無尿に至ることは比較的少ない。診断はいずれも特徴ある臨床症状、検査所見から容易である。いかなる疾患が原因でも 人工透析 が必要となる末期になれば乏尿、無尿となり、さらにはまったく尿排泄を見なくなる。[ja.wikipedia.org] 2.主として糸球体が障害を受ける場合(小血管障害によるものも含む) 糖尿病性腎症、DIC、すべての糸球体腎炎、SLE、悪性高血圧、血管 炎症候群(PN・アレルギー性紫斑病・過敏性血管炎・ウェジナー肉芽腫 など)、血栓性血小板減少性紫斑病、その他(Goodpasture 症候群・溶血 性尿毒症症候群など) 注)糸球体腎炎自体による腎不全は比較的希[nms.co.jp]

  • レイノー病

    非常に難しい病名がついていますが、前に詳しく説明しました SLE 、 多発性筋炎 、 強皮症 の症状や検査所見が部分的に混在していることからこの病名がついています。難病特定疾患扱いとなっている病気です。 SLE と同様に圧倒的に女性に多く、比較的若い年齢層が中心です。[kagawa-clinic.com] そこで当科では全国に先駆けて2016年4月にSLE専門外来を開設しました。当院には2009年より、SLEの標準的治療薬であるヒドロキシクロロキンの国内での開発および適正使用に関して全国的に啓発活動を行っています。SLEの治験やヒドロキシクロロキンを用いた 医師主導臨床試験 なども行っています。[fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp] かゆみはないが、SLEでは背中など広範囲に出ることがある。 特有の皮膚症状をきっかけに受診することが多い疾患は、「SLE」「皮膚筋炎」「全身性強皮症」「シェーグレン症候群」「ベーチェット病」など。 SLEは女性に多く、鼻を中心に両頬にチョウが羽を広げたような赤い発疹が出る蝶形(ちょうけい)紅斑が初期に現れる特徴的な皮膚症状の一つ。[shimotsuke.co.jp]

さらなる症状