Create issue ticket

考えれる1,046県の原因 sle

結果を表示する: English

  • 関節炎

    若年から壮年の女性ではパルボウイルス感染症、関節リウマチ、SLEが想起される。高齢になると男女を問わず偽通風、変形性関節痛、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、悪性腫瘍関連の頻度が増える。また全年齢を通じて女性の場合は甲状腺疾患、自己免疫疾患(関節リウマチ、SLE、シェーグレン症候群、全身性強皮症)、サルコイドーシスなども想起される。[ja.wikipedia.org] このような疾患には関節リウマチ、SLE、血管炎といった結合組織疾患も含まれる。 その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。 慢性単関節炎は非炎症性の関節症、炎症性の関節炎で分類されることが多い。 変形性関節症頻度としては最も多いのが変形性関節症である。 無痛性骨壊死大腿骨頭壊死が有名である。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    しかし、無症状のSLE患者でも異常波形がみられることがあり、神経精神SLEに対する診断特異性は劣る。[med.osaka-u.ac.jp] 重要 SLEやMCTD(混合性結合組織病)の患者さんで、ロキソニンなどの痛み止めを多用すると、この中枢神経ループスを発症することがあります。 痛み止めを使用する際は主治医とよく相談し、注意して使用してください。 以上SLEの症状について解説いたしました。上記以外にもSLEには様々な症状があります。[skytree-clinic.jp] また「Lupus」とはラテン語で「狼」を意味し、SLEの特徴的な症状の一つである、蝶の形をした頬の発疹が、あたかも狼が噛んだあとに似ていることに由来するとされています。SLEは慢性の経過をたどる炎症性の病気で、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 薬物性紅斑性狼瘡

    PSS, SLE, SjS discrete speckled セントロメア(中心体) CREST症候群、PSS 疾患特異的抗体 SLE 抗2本鎖DNA抗体、抗Sm抗体 MCTD 抗RNP抗体 SjS 抗SS-B抗体 PSS 抗Scl-70抗体 CREST 抗セントロメア抗体 治 療 プレドニゾロン メチルプレドニゾロン 1 g/日 3日間[med.u-fukui.ac.jp] また「Lupus」とはラテン語で「狼」を意味し、SLEの特徴的な症状の一つである、蝶の形をした頬の発疹が、あたかも狼が噛んだあとに似ていることに由来するとされています。SLEは慢性の経過をたどる炎症性の病気で、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 全身性エリテマトーデス (Systemic lupus erythematosus: SLE) は膠原病の代表的疾患です.若い女性に好発し,再発・寛解をくり返す全身性の炎症性疾患です.多くの臓器が障害されるので,臨床像は多彩で,多種類の自己抗体が検出されます.重要な症状の一つである中枢神経症状は他のSLEの疾患活動性の指標と並行しないで出現[ivd.mbl.co.jp]

  • 円板状エリテマトーデス

    重要 SLEやMCTD(混合性結合組織病)の患者さんで、ロキソニンなどの痛み止めを多用すると、この中枢神経ループスを発症することがあります。 痛み止めを使用する際は主治医とよく相談し、注意して使用してください。 以上SLEの症状について解説いたしました。上記以外にもSLEには様々な症状があります。[skytree-clinic.jp] SLE/全身性エリテマトーデス 更新情報 SLE/全身性エリテマトーデスのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています 星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。 SLE/全身性エリテマトーデス[mixi.jp] また「Lupus」とはラテン語で「狼」を意味し、SLEの特徴的な症状の一つである、蝶の形をした頬の発疹が、あたかも狼が噛んだあとに似ていることに由来するとされています。SLEは慢性の経過をたどる炎症性の病気で、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • レーノー現象

    SLE様症状 SLEに似た症状として、発熱・顔面紅斑・リンパ節腫脹・多発関節炎・白血球減少・漿膜炎等が見られます。 強皮症様症状 強皮症に似た症状として、手指の腫脹・肺線維症(間質性肺炎)・食道運動機能の低下が多く見られます。 肺線維症では空咳や息切れ、食道機能の低下では胸焼けや飲み込みにくさが見られます。[m.chiba-u.jp] 非常に難しい病名がついていますが、前に詳しく説明しました SLE 、 多発性筋炎 、 強皮症 の症状や検査所見が部分的に混在していることからこの病名がついています。難病特定疾患扱いとなっている病気です。 SLE と同様に圧倒的に女性に多く、比較的若い年齢層が中心です。[kagawa-clinic.com] 全身性エリテマトーデス(SLE) 発熱や倦怠感とともに、皮膚や関節、全身の臓器に様々な症状が現れます。10〜30歳代の若い女性に多く(男女比1:9)、紫外線暴露や風邪などのウイルス感染、妊娠、出産、薬剤などが誘因となり得ますが、明らかな原因は不明です。[akaogi-clinic.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    若年から壮年の女性ではパルボウイルス感染症、関節リウマチ、SLEが想起される。高齢になると男女を問わず偽通風、変形性関節痛、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、悪性腫瘍関連の頻度が増える。また全年齢を通じて女性の場合は甲状腺疾患、自己免疫疾患(関節リウマチ、SLE、シェーグレン症候群、全身性強皮症)、サルコイドーシスなども想起される。[ja.wikipedia.org] このような疾患には関節リウマチ、SLE、血管炎といった結合組織疾患も含まれる。 その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。 慢性単関節炎は非炎症性の関節症、炎症性の関節炎で分類されることが多い。 変形性関節症頻度としては最も多いのが変形性関節症である。 無痛性骨壊死大腿骨頭壊死が有名である。[ja.wikipedia.org]

  • 血小板減少症

    SLEや抗カルジオリピン抗体に関連する血小板減少症はITPほど程度は重たくない。PLTが3万/μL以下や活動性の出血のある場合にはステロイドか免疫グロブリンの投与を行う。反応がみられなければazathioprineを推奨する。この場合血栓と出血とのバランスをとらなくてはならない。[sk-blood.com] SLEなどでも高値の場合がありますが、ITPで特に高値となることが知られています。但し、PA-IgGとして検出されているもののすべてが抗血小板自己抗体というわけではありません。 腹部超音波検査 …肝臓や脾臓の腫大の有無などを検査します。[harasanshin.or.jp] 因みに米国では当初ITP と診断された患者の3 15 %が後にSLE へ移行するとさ れています。ITP の場合は発熱や他の重篤な全 身状態の悪化がない限り血小板数1 万以上で重 大な出血は稀で、6 万以上あれば外傷後でもい かなる出血も一般には認められない、とされて います。[okinawa.med.or.jp]

  • 自己免疫間質性肺疾患 - 関節炎症候群

    SLEは遺伝する? 遺伝子がまったく同じである一卵性双生児の一人がSLEである場合、もう一人もSLEとなる率は30%前後です。これはSLEの有病率と比べるととても高い確率ですが、まったく同じ遺伝子を持っているのに半数以上は発症しないということでもあります。[min-iren.gr.jp] Literature review(疾患毎のreview) ・SLE 2 10 %の胸腺腫患者が SLE を合併する。 高齢 SLE 患者は胸腺腫の可能性を考慮すべき。 37例の胸腺腫関連SLEをまとめたところ、 29人(78%)が女性、診断時の平均年齢が胸腺腫が55歳、SLEが53歳。[showa-u-rheum.com] 主な疾患の軽快退院率はSLE 100%、血管炎 100%、関節リウマチ 95%、多発性筋炎/皮膚筋炎 89%でした。 セカンドオピニオン外来件数:平成22年度以降、年間5 10件の受診。[nnh.go.jp]

  • 抗リン脂質抗体症候群

    2.この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 近年の欧州で行われた疫学研究などを参考にすると、SLEの10-20%がAPSを合併していると推定されること、原発性APSがSLEに伴う二次性APSと同等数いると推定されること、日本でSLEが60,000人以上いると推定されていることなどから、二次性APSが5,000 10,000人、原発性APS[nanbyou.or.jp] 全身性エリテマトーデス(SLE)に合併して現れることが多いことから、好発年齢、性差もSLEに類似する傾向がある。SLEに合併する症例では、自己抗体が検索される機会が多いことから本疾患の存在に気付かれやすい。一方、SLE症状を欠く場合、脳梗塞などだけでは自己抗体の検索をされないことも多いと懸念されるため、実数は予想より多い可能性もある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 全身性エリテマトーデス(SLE)と抗リン脂質抗体症候群は合併する 抗リン脂質抗体症候群は基礎疾患を持たない「原発性抗リン脂質抗体症候群」と、全身性エリテマトーデス(SLE)に伴う「続発性抗リン脂質抗体症候群」の2種類に分類されます。 ※全身性エリテマトーデス(SLE)については下記記事を参照 『全身性エリテマトーデス(SLE)とは。[medicalnote.jp]

  • レイノー病

    非常に難しい病名がついていますが、前に詳しく説明しました SLE 、 多発性筋炎 、 強皮症 の症状や検査所見が部分的に混在していることからこの病名がついています。難病特定疾患扱いとなっている病気です。 SLE と同様に圧倒的に女性に多く、比較的若い年齢層が中心です。[kagawa-clinic.com] 基礎疾患としては、全身硬化症やsystemic lupus erythematosus(SLE)といった膠原病、閉塞性動脈疾患、神経疾患、中毒、外傷、内分泌障害、血液疾患などがある。また振動工具や塩化ビニールなどの薬剤を扱う職種の従事者にも、レイノー現象を認めることがある。[med.toaeiyo.co.jp] その他にはSLEや皮膚筋炎、多発筋炎でも認められる。膠原病以外には神経疾患、動脈閉塞性疾患、外傷、振動工具の使用、中毒、薬物、 血液 疾患でもみられる。 【症状・治療】 通常、手指に両側対称性にみられる。小動脈のれん縮により血流が途絶して蒼白になった後、血流の再開に伴い紫色( チアノーゼ )から赤色(反応性充血)へと変化する。[kango-roo.com]

さらなる症状