Create issue ticket

考えれる9県の原因 sh3bp2

結果を表示する: English

  • B 細胞リンパ腫

    HIVEP1、CFLAR、APAF1、RYK、EDG1、KIAA0874、Hs.153649、MADH4、PTPN1、Hs.93213、DCTD、Hs.193857、IL16、SP140、SH3BP5、IRF4 (MUM1)、TLK1、KCNA3、TCL1A、PAK1、Hs.188、CXCR4、SLA、CCND2、TGFBR2、ETV6、SPAP1[biosciencedbc.jp] BARD1、PIK3CG、LRMP、Hs.1098、BCL6、HDAC1、MYBL2、MME (CD10)、STAG3、LMO2、APS、Hs.151051、ADPRT、ITPKB、REL、FLJ20094、Hs.211563、MEF2B、CD44、Hs.75765、IL6、PTPN2、PTPN12、BMI1、Hs.128003、BACH2[biosciencedbc.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    HIVEP1、CFLAR、APAF1、RYK、EDG1、KIAA0874、Hs.153649、MADH4、PTPN1、Hs.93213、DCTD、Hs.193857、IL16、SP140、SH3BP5、IRF4 (MUM1)、TLK1、KCNA3、TCL1A、PAK1、Hs.188、CXCR4、SLA、CCND2、TGFBR2、ETV6、SPAP1[biosciencedbc.jp] BARD1、PIK3CG、LRMP、Hs.1098、BCL6、HDAC1、MYBL2、MME (CD10)、STAG3、LMO2、APS、Hs.151051、ADPRT、ITPKB、REL、FLJ20094、Hs.211563、MEF2B、CD44、Hs.75765、IL6、PTPN2、PTPN12、BMI1、Hs.128003、BACH2[biosciencedbc.jp]

  • 常染色体優性脊椎肋骨異骨症

    BCR シグナリングを活性化する SH3BP2 遺伝子変異が、本疾患の病因に含まれる。[kegg.jp] 消化器系疾患 hsa04650 ナチュラルキラー細胞経由の細胞傷害 SH3BP2 [HSA: 6452 ] [KO: K07984 ] H00498 顎骨骨幹異形成症 顎骨骨幹異形成症は、常染色体優性遺伝性の稀な骨疾患で、顎骨の異形成、骨の脆弱性、管状骨の硬化を特徴とする。[kegg.jp]

  • 短体幹症

    BCR シグナリングを活性化する SH3BP2 遺伝子変異が、本疾患の病因に含まれる。[kegg.jp] 消化器系疾患 hsa04650 ナチュラルキラー細胞経由の細胞傷害 SH3BP2 [HSA: 6452 ] [KO: K07984 ] H00498 顎骨骨幹異形成症 顎骨骨幹異形成症は、常染色体優性遺伝性の稀な骨疾患で、顎骨の異形成、骨の脆弱性、管状骨の硬化を特徴とする。[kegg.jp]

  • 硬結性骨化症 2型

    BCR シグナリングを活性化する SH3BP2 遺伝子変異が、本疾患の病因に含まれる。[kegg.jp] 消化器系疾患 hsa04650 ナチュラルキラー細胞経由の細胞傷害 SH3BP2 [HSA: 6452 ] [KO: K07984 ] H00498 顎骨骨幹異形成症 顎骨骨幹異形成症は、常染色体優性遺伝性の稀な骨疾患で、顎骨の異形成、骨の脆弱性、管状骨の硬化を特徴とする。[kegg.jp]

  • 骨幹端再発異形成

    BCR シグナリングを活性化する SH3BP2 遺伝子変異が、本疾患の病因に含まれる。[kegg.jp] 消化器系疾患 hsa04650 ナチュラルキラー細胞経由の細胞傷害 SH3BP2 [HSA: 6452 ] [KO: K07984 ] H00498 顎骨骨幹異形成症 顎骨骨幹異形成症は、常染色体優性遺伝性の稀な骨疾患で、顎骨の異形成、骨の脆弱性、管状骨の硬化を特徴とする。[kegg.jp]

  • 多発性骨端異形成症 - 重度の近位大腿骨形成異常

    BCR シグナリングを活性化する SH3BP2 遺伝子変異が、本疾患の病因に含まれる。[kegg.jp] 消化器系疾患 hsa04650 ナチュラルキラー細胞経由の細胞傷害 SH3BP2 [HSA: 6452 ] [KO: K07984 ] H00498 顎骨骨幹異形成症 顎骨骨幹異形成症は、常染色体優性遺伝性の稀な骨疾患で、顎骨の異形成、骨の脆弱性、管状骨の硬化を特徴とする。[kegg.jp]

  • 軟骨無発生症, タイプ 1A

    BCR シグナリングを活性化する SH3BP2 遺伝子変異が、本疾患の病因に含まれる。[kegg.jp] 消化器系疾患 hsa04650 ナチュラルキラー細胞経由の細胞傷害 SH3BP2 [HSA: 6452 ] [KO: K07984 ] H00498 顎骨骨幹異形成症 顎骨骨幹異形成症は、常染色体優性遺伝性の稀な骨疾患で、顎骨の異形成、骨の脆弱性、管状骨の硬化を特徴とする。[kegg.jp]

  • メチクロチアジド

    SCARB1、SCHIP1、SCN1A/1B、SCNN1D/1G、SEC4D、SEMAA/C/E/4C、SGPPSHBP5、SIAH1A、SIL1、SLC1A1/2/5、SLC1A2、SLC25A21、SLC6A1/A18、SLC8A1/A2/A3、SLC9A1、SLIT1、SLN、SMAD3/4、SNAP25、SNCA、SNCAIP[ipforce.jp] RAC1、RACK1、RAP1、RASGRF2、RBPJ、RDX(ラディキシン)、RELN、RGNEF、RHEB、RHOA、RHOG、RIM2、RIMS1/2、ROBO2、ROCK1/2、ROR2、RPH3A(ラブフィリン)、RPH3AL、RPS6KA1、RPS6KB2、RTN1、RXR/RAR、RYR3、SACM1L、SAPAP、SAPK[ipforce.jp]

さらなる症状