Create issue ticket

考えれる21県の原因 set1

つまり: slti

  • 食中毒

    市販されている無道ブドウ球菌エンテロキシン検出用キット 商品名 取り扱い会社 検出感度 所要時間 SET -RPLA 「生研」 デンカ生研(株) 1-2ng/ml 18-20 時間 バイダスSET 日本ビオメリュー(株) 0.25-1ng/ml 80分 黄色ブドウ球菌毒素 ELISA kit SETVIA48 (TECRA 製) セティ カンパニー[niid.go.jp] 1.[niid.go.jp]

  • 交差性融合異所性腎

    MLL2はC末端近くにyeast Set1、 Drosophila Trithorax (TRX)とhuman MLL1と共有されるSETドメインをもっている。MLL2は初期発生において遺伝子の転写とクロマチン構造を規定しているようである。[grj.umin.jp] 正常遺伝子産物 MLL2はヒストンH3蛋白の4番目のアミノ酸のリジン残基を特異的に修飾すると同定されている少なくとも10の蛋白の1つである、ヒストン3リジン4(H3K4)N-メチル基転移酵素である。[grj.umin.jp]

  • 黄色ブドウ球菌

    市販されている無道ブドウ球菌エンテロキシン検出用キット 商品名 取り扱い会社 検出感度 所要時間 SET -RPLA 「生研」 デンカ生研(株) 1-2ng/ml 18-20 時間 バイダスSET 日本ビオメリュー(株) 0.25-1ng/ml 80分 黄色ブドウ球菌毒素 ELISA kit SETVIA48 (TECRA 製) セティ カンパニー[niid.go.jp] 1.[niid.go.jp]

  • 子癇前症

    疫学 本症の発生頻度は出生1万-2万人に人程度と推定される。 3. 原因 染色体5q35に位置する「核内受容体結合SETドメイン保有蛋白質遺伝子(NSD1)」が染色体の微細欠失または点変異によってハプロ不全となることでソトス症候群が発症する。NSD1はヒストンの修飾や転写調節に関わると考えられるが機能の詳細は不明である。[nanbyou.or.jp]

  • 脂肪腫

    Dermatology: 2-Volume Set . St. Louis: Mosby. pp. 1838. ISBN 1-4160-2999-0 . 犬の病気 参考文献 [ 編集 ] “ 脂肪腫 ”. 一般社団法人 日本形成外科学会. 2015年9月17日 閲覧。 外部リンク [ 編集 ] 良性腫瘍 脂肪腫 - 日本形成外科学会[ja.wikipedia.org]

  • 線維肉腫

    研究概要 本研究の流れ(図1) 本研究では、まず1つ目の症例群(探索セット:Discovery set)として、国立がん研究センターバイオバンク(NCCバイオバンク)に保管されている粘液線維肉腫の凍結検体41症例を用いて、全エクソン解読、全トランスクリプトーム解読、メチル化解析を行いました。[ncc.go.jp]

  • 2次性硬化性胆管炎

    Production of infectious HCV genotype 1b virus in cell culture using a novel Set of adaptive mutations. Mori KI, Matsumoto A, Maki N, Ichikawa Y, Tanaka E, Yagi S.[shinshu-u.ac.jp] 肝臓班 基礎的研究 1) C型肝炎 我々は、劇症化C型肝炎患者の血清中から全長HCV遺伝子を単離し、その全塩基配列の決定を基に、遺伝子型bの全長型repliconシステム(TPF-1)の開発に成功した。[shinshu-u.ac.jp] BMC Microbiol. 2016 Sep 27;16(1):224. 2) B型肝炎ウイルス(HBV)コア関連抗原、HBV RNA測定系 B型慢性肝炎におけるHBVの活動性は通常血中HBV DNAの測定により判定されている。 しかし、核酸アナログなどの抗ウイルス薬投与下では、血中HBV DNAはHBVの活動性を反映しない。[shinshu-u.ac.jp]

  • 退形成乏突起膠腫

    二つの有効な新規阻害剤、NSC-134754およびNSC-643735は、米国立癌研究所の2000の化合物のNational Cancer Institutes Diversity setにおいて見いだされた。NSC-134754は天然アルカロイドエメチンの半合成類縁体で、NSC-643735はアクチノマイシンDの構造類縁体である。[biosciencedbc.jp] IGF-1仲介性プロセスにおけるHIF-1α誘導の小分子阻害剤による阻害が、低酸素下でのHIF-1α誘導、ならびにプロリルヒドロキシラーゼ酵素のFeをキレートし、したがってHIF-1αへの作用を妨げ、それによりタンパク質分解のためのその標的指向を仲介する、ジエフェロキサミン(Dfx)メシレートによるものと比較された(Chauら、2005)。[biosciencedbc.jp]

  • 星状細胞腫拡散

    二つの有効な新規阻害剤、NSC-134754およびNSC-643735は、米国立癌研究所の2000の化合物のNational Cancer Institutes Diversity setにおいて見いだされた。NSC-134754は天然アルカロイドエメチンの半合成類縁体で、NSC-643735はアクチノマイシンDの構造類縁体である。[biosciencedbc.jp] IGF-1仲介性プロセスにおけるHIF-1α誘導の小分子阻害剤による阻害が、低酸素下でのHIF-1α誘導、ならびにプロリルヒドロキシラーゼ酵素のFeをキレートし、したがってHIF-1αへの作用を妨げ、それによりタンパク質分解のためのその標的指向を仲介する、ジエフェロキサミン(Dfx)メシレートによるものと比較された(Chauら、2005)。[biosciencedbc.jp]

  • ブドウ球菌敗血症

    市販されている無道ブドウ球菌エンテロキシン検出用キット 商品名 取り扱い会社 検出感度 所要時間 SET -RPLA 「生研」 デンカ生研(株) 1-2ng/ml 18-20 時間 バイダスSET 日本ビオメリュー(株) 0.25-1ng/ml 80分 黄色ブドウ球菌毒素 ELISA kit SETVIA48 (TECRA 製) セティ カンパニー[niid.go.jp] 1.[niid.go.jp]

さらなる症状