Create issue ticket

考えれる2,906県の原因 s1

結果を表示する: English

  • 過食

    ., & Bacaltchuk, J. (2001) Psychotherapy for bulimia nervosa and bingeing (Cochrane Review) In: The Cochrane Library, Issue 1.[rcpsych.ac.uk] ., Zipfel, S., Buchholz, C., Dupont, Y., Reas, D.L. & Herzog, W. (2001). Long-term outcome of anorexia nervosa in a prospective 21-year follow-up study.[rcpsych.ac.uk]

  • ファーター膨大部の癌腫

    試験概要詳細 試験の名称 ゲムシタビン プラチナ製剤不応の進行胆道癌患者を対象としたS-1 Resminostat併用療法とS-1 プラセボ療法の第II相二重盲検比較試験 試験の概要 胆道癌患者を対象に、S-1 プラセボ群を対照として、S-1 Resminostat併用療法の有効性を評価する 疾患名 胆道癌 試験薬剤名 YHI-1001 S[cancer.qlife.jp] 1療法の第Ⅲ相試験(JCOG1202) 対象となるがん 胆道癌 使用される新薬(治験薬) S-1 種類 臨床試験 相 第Ⅲ相試験 治療ライン 治癒切除後の補助化学療法 実施方法(治験のデザイン) S-1 UMIN登録番号 000011688 研究代表者 小西 大:国立がん研究センター東病院 施設代表者 中島 貴子 進行状況 登録中 臨床試験[oncology-mari.com] から14日目まで体表面積に応じて1日あたり60mg、80mg、100mgのS-1を投与)に割り付けられた。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 風邪

    12錠 [第1類医薬品 解熱鎮痛剤 ※セルフメディケーション税制対象商品] 4 位 481日間100位内 第一三共ヘルスケア ロキソニンSプレミアム 24錠 [第1類医薬品 解熱鎮痛剤 ※セルフメディケーション税制対象商品] 5 位 1076日間100位内 エスエス製薬 イブA錠 60錠 [指定第2類医薬品 解熱鎮痛剤 ※セルフメディケーション[yodobashi.com] お申込番号 : P101900 販売単位 : 1箱(48錠入) 在庫 : 2点 お届け日 : 4月27日(土) 【指定第2類医薬品】パブロンSゴールドW微粒 12包 大正製薬 のどの痛み、せき、鼻みずに。[askul.co.jp] 「今売れている最新の解熱鎮痛剤ランキング」はこちら 1 位 1076日間100位内 ライオン LION バファリンA 40錠 [指定第2類医薬品 痛み止め] 2 位 1076日間100位内 アラクス ARAX 小中学生用ノーシンピュア 24錠 [指定第2類医薬品 解熱鎮痛剤] 3 位 476日間100位内 第一三共ヘルスケア ロキソニンSプラス[yodobashi.com]

  • ウイルス性下気道感染症

    実施例5で測定した細菌感染を伴う肺炎患者およびウイルス性の肺炎患者の血中CD4-T濃度の分布を示した図である。縦軸は血中CD4-T濃度を表す。 実施例6で測定した、sCD4-STを静脈内投与した場合の血中CD4-T濃度の推移を示した図である。横軸は投与後の時間、縦軸は血中CD4-T濃度を表す。[patents.google.com] Clinical practice guideline: Adult sinusitis Otolaryngology-Head and Neck Surgery, 2007 Sep; Volume 137, Issue 3, Pages S1-S31.[hhk.jp] また、炎症反応に深く関連する活性酸素の処理に重要な酵素のひとつであるグルタチオンSトランスフェラーゼGSTP1のIle105Valの多型を解析したところ、V/V型でRSV細気管支炎発症率が高いことがわかった。[niid.go.jp]

  • 尿路疾患

    陰部神経と仙骨神経(S1 S3)に支配されてます。反射が悪いと、尿失禁の恐れがあります。 排尿姿勢や尿の出方も確認しておきましょう。排尿直後の膀胱の残尿量も調べます。尿は採取して、必ず尿検査をします。必要なら、細菌培養も行いましょう。[dogwan.jp] 膀胱神経支配に影響を与える下位運動ニューロン障害は、括約筋と排尿筋の反射低下を引き起こして、障害部位がS1 S3を含むと、会陰反射と球海綿体反射も消失します。 上位運動ニューロン障害 が認められる症例では、圧迫排尿が困難な大きく拡張した膀胱が認められます。不全麻痺・完全麻痺の原因にもなります。[dogwan.jp]

  • 腰椎神経根障害

    足背または第1指への放散痛ならL5、足底または第5指への放散痛ならS1の神経根症状である。 図1から分かるようにL4/L5のヘルニアの場合、L5とS1の神経根が障害される。L5/S1ヘルニアでは、S1神経根が障害される。 脊椎椎間で硬膜内の最外側(一番狭い場所)に位置する神経は、そのレベルで分岐して硬膜外へ出ていく神経である。[hhk.jp] 筋力試験 深部腱反射の反射中枢は膝蓋腱反射ではL4であり、アキレス腱反射ではS1である。筋力試験では足関節背屈がL4、L5であり、母趾の背屈がL5、S1である。母趾の底屈がL5、S1S2である。おおよそ踵立ちはL5、つま先立ちはS1を反映する。[ja.wikipedia.org] 例えばL4/L5椎間であれば、硬膜内で最外側にあるのはL5神経で、その内側にS1がある。この位置で、ヘルニアが硬膜内で一番狭いところにあるL5神経を障害せずに、それより広いところにあるS1神経を障害することは考えにくい。 つまり、L4/5のヘルニアではL5とS1の二つが障害されることはあっても、S1単独障害は起こりえない。[hhk.jp]

  • 上気道感染症

    Clinical practice guideline: Adult sinusitis Otolaryngology-Head and Neck Surgery, 2007 Sep; Volume 137, Issue 3, Pages S1-S31.[hhk.jp] Tait,A.R. & Knight, P.R.: Intraoperative respiratory complication s in patients with upper respiratory tract infections.[www2.nms.ac.jp] 【 細菌性赤痢 】 血清学的にS.dysenteriae(A群)、S.flexneri(B群)、S.boydii(C群)、S.sonnei(D群)の4型がある。発熱、悪寒、全身倦怠感で発症し、 2日後から水様性下痢、腹痛、膿粘血便、しぶり腹などの症状が出現する。極期は膿粘血や血液のみを少量頻回に排出する。潜伏期は、通常1 3日である。[biseibutu.co.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    Clinical practice guideline: Adult sinusitis Otolaryngology-Head and Neck Surgery, 2007 Sep; Volume 137, Issue 3, Pages S1-S31.[hhk.jp] Tait,A.R. & Knight, P.R.: Intraoperative respiratory complication s in patients with upper respiratory tract infections.[www2.nms.ac.jp] 熱さましは、38.5 以上の発熱でグッタリしている場合には使用sしてあげてください。1日3 4回以内で、5 6時間は間隔をあけて下さい。熱が上がりきってから使う方が効果があります。 受診した方が良い時 熱はあまり高くないが、機嫌が悪い、食欲がない、吐く、下痢などがある場合。[kin-ikyo-chuo.jp]

  • 気管支炎

    検索方法: Acute Respiratory Infections Group's Specialised Registerを含むCochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL)(コクラン・ライブラリ 2010年、第1号)、MEDLINE(1950 2010年2月第4週)、EMBASE.com[cochrane.org]

  • ビタミンD欠乏症

    (Am J Clin Nutr 2008;88:582S-6S) また、1,25(OH)2ビタミンD3は白血病細胞の分化増殖を抑制します。[nagasaki-clinic.com] TOP 生化学的検査 ビタミンおよび関連物質 25OHビタミンD〔ECLIA〕 現在のラボ: 八王子ラボ 25OHビタミンD〔ECLIA〕 項目コード: 1047 5 診療報酬 D007(30) ECLIA法を用いた25-ヒドロキシビタミンD 容器 S09 旧容器記号 C1 1 セ X1 分離剤入り (真空採血量9mL) 貯蔵方法:室温 有効期間[test-guide.srl.info] Autoimmun Rev. 2011;11(1):22-27. (PubMed) 135. Mao S, Huang S.[lpi.oregonstate.edu]

さらなる症状