Create issue ticket

考えれる4県の原因 s fig4

結果を表示する: Deutsch

  • 仙骨障害

    これによりterminal thecal sacは右腹側に圧排されていた(Fig.2)。 これらの臨床経過、画像所見からS4 rootから発症したsacral cystであり、その増大に伴い、周囲の神経根の圧迫をきたして、症状が増悪したことが推察された。[okinawa.med.or.jp]

  • 大腸憩室炎

    Fig. 4 The resected specimen showed marked stenosis with a thick and rigid colonic wall, and diverticulitis.[jstage.jst.go.jp] […] g/dl CRP 14.18 mg/dl 入院時腹部単純CT所見:S状結腸に多数の憩室を認め( Fig. 1 ,矢印),同部位に不整な壁肥厚と周囲の脂肪織濃度上昇を認めた( Fig. 1 ,矢頭).また,S状結腸の腸間膜リンパ節,下腸間膜動脈根部リンパ節の顕在化を認めた.[jstage.jst.go.jp] 病理組織学的検査所見:全周性に壁肥厚したS状結腸のうち,50 mmの範囲にtubular adenocarcinomaを認めた.組織型は高分化が主体で,一部に中分化の成分を伴っていた( Fig. 5 A, 6 A ).深達度はSSで,粘膜への露出部は少なく水平方向に浸潤していた.腫瘍の深部の筋層,漿膜下組織には膿瘍形成と( Fig. 5 B[jstage.jst.go.jp]

  • QT延長症候群 5

    QTcF 0.63 sとQTcの短縮は軽度にとどまった( Fig. 4 IV-2).[jpccs.jp] 父と姉に認めたLQT3の遺伝子変異は,データベースにも登録された(reference SNP ID number 199473224)病原性変異である.しかし姉は安静時心電図でQTcB 0.40 s, QTcF 0.38 sとQT延長を認めず( Fig. 4 IV-1),またホルター心電図でも夜間の徐脈時にQTcB 0.45 s, QTcF[jpccs.jp] 一方,母と妹のLQT1の変異には過去に報告はないものの,coding DNAの欠失変異であるため機能異常をきたす可能性が高いと思われた.実際変異をもつ妹は Fig. 4 IV-3に示す通り,トレッドミル運動負荷(Bruce法)後の心電図でQTcB 0.54 s, QTcF 0.51 sとQTが延長したため,突然死例を含んでいる母方の家族歴も[jpccs.jp]

  • 膵臓転位

    症例 症例1:59歳,女性 左腎癌に対して,根治的腎摘出術を施行された.術後9年目にCTで肝S6に4 cm,膵体部に2.5 cmの高濃染腫瘤を認め( Fig. 1 a ),腎癌転移の診断で肝S6部分切除,膵体尾部切除術を施行した.病理組織結果はいずれも腎癌転移の診断であった( Fig. 1 b ).膵切除術後11年生存中である.[jstage.jst.go.jp]

さらなる症状