Create issue ticket

考えれる10県の原因 rho6

  • 網膜色素変性症

    表2 常染色体優性RP(adRP)に関連する遺伝子 遺伝子記号 adRP 全症例に占める 当該遺伝子変異の割合 蛋白質名 1 RHO 20 30% 2 ロドプシン PRPF31 5 10% 2 U4/U6核内低分子リボヌクレオ蛋白質Prp31 PRPH2 5 10% 2 ペリフェリン2 RP1 3 4% 2 酸素調節蛋白質1 IMPDH1[grj.umin.jp]

  • リン酸トリオルトクレジル中毒

    キナーゼ阻害薬、ビタミン類(例えば、ビタミンB、ビタミンB12等)、シクロオキシゲナーゼ(COX) 2阻害薬、抗めまい薬、貧血治療薬、重金属中毒治療薬、ムスカリン受容体アゴニスト、HIV感染およびAIDS治療薬、ハンセン病治療薬、ポリオ治療薬、薬物中毒治療薬、アルドース還元酵素阻害薬、神経再生促進薬、プロテインキナーゼC(PKC)阻害薬[biosciencedbc.jp] プロスタグランジン受容体拮抗薬、プロスタグランジン受容体作動薬、炭酸脱水酵素阻害薬、高張浸透圧薬、血管拡張薬、代謝賦活薬、利尿薬(例えば、チアジド系利尿薬、ループ利尿薬、カリウム保持性利尿薬等)、末梢血流改善薬、免疫抑制薬、免疫グロブリン、α アミノ 3 ヒドロキシ 5 メチル 4 イソオキサゾールプロピオン酸(AMPA)/カイニン酸受容体拮抗薬、Rho[biosciencedbc.jp]

  • 梅毒性脈絡網膜炎

    2016年CC 実績 日付 タイトル 担当 1月6日 人工的無水晶体眼水疱性角膜症に対して角膜内皮移植術を行った3症例 石井一葉 1月6Rho MMP VEGFを通してのin vitroの考察 石井柳太郎 1月13日 白内障術後に水痘帯状ヘルペスウイルスによる虹彩炎と交感性眼炎をきたした1例 森田信子 1月13日 ポリープ状脈絡膜血管症[todaiganka.jp]

  • 網膜色素変性症、Y連鎖

    表2 常染色体優性RP(adRP)に関連する遺伝子 遺伝子記号 adRP 全症例に占める 当該遺伝子変異の割合 蛋白質名 1 RHO 20 30% 2 ロドプシン PRPF31 5 10% 2 U4/U6核内低分子リボヌクレオ蛋白質Prp31 PRPH2 5 10% 2 ペリフェリン2 RP1 3 4% 2 酸素調節蛋白質1 IMPDH1[grj.umin.jp]

  • 網膜色素性ジストロフィー

    表2 常染色体優性RP(adRP)に関連する遺伝子 遺伝子記号 adRP 全症例に占める 当該遺伝子変異の割合 蛋白質名 1 RHO 20 30% 2 ロドプシン PRPF31 5 10% 2 U4/U6核内低分子リボヌクレオ蛋白質Prp31 PRPH2 5 10% 2 ペリフェリン2 RP1 3 4% 2 酸素調節蛋白質1 IMPDH1[grj.umin.jp]

  • 網膜色素変性症 7

    表2 常染色体優性RP(adRP)に関連する遺伝子 遺伝子記号 adRP 全症例に占める 当該遺伝子変異の割合 蛋白質名 1 RHO 20 30% 2 ロドプシン PRPF31 5 10% 2 U4/U6核内低分子リボヌクレオ蛋白質Prp31 PRPH2 5 10% 2 ペリフェリン2 RP1 3 4% 2 酸素調節蛋白質1 IMPDH1[grj.umin.jp]

  • レフサム病

    表2 常染色体優性RP(adRP)に関連する遺伝子 遺伝子記号 adRP 全症例に占める 当該遺伝子変異の割合 蛋白質名 1 RHO 20 30% 2 ロドプシン PRPF31 5 10% 2 U4/U6核内低分子リボヌクレオ蛋白質Prp31 PRPH2 5 10% 2 ペリフェリン2 RP1 3 4% 2 酸素調節蛋白質1 IMPDH1[grj.umin.jp]

  • 運動失調症 - 色素上皮網膜変性症候群

    表2 常染色体優性RP(adRP)に関連する遺伝子 遺伝子記号 adRP 全症例に占める 当該遺伝子変異の割合 蛋白質名 1 RHO 20 30% 2 ロドプシン PRPF31 5 10% 2 U4/U6核内低分子リボヌクレオ蛋白質Prp31 PRPH2 5 10% 2 ペリフェリン2 RP1 3 4% 2 酸素調節蛋白質1 IMPDH1[grj.umin.jp]

  • 先天性眼振 2、常染色体優性

    表2 常染色体優性RP(adRP)に関連する遺伝子 遺伝子記号 adRP 全症例に占める 当該遺伝子変異の割合 蛋白質名 1 RHO 20 30% 2 ロドプシン PRPF31 5 10% 2 U4/U6核内低分子リボヌクレオ蛋白質Prp31 PRPH2 5 10% 2 ペリフェリン2 RP1 3 4% 2 酸素調節蛋白質1 IMPDH1[grj.umin.jp]

  • バルデ・ビードル症候群 2

    抗体 使用した一次抗体:ウサギポリクローナル抗BBS10(カタログ#12421、ProteinTech)、マウスポリクローナル抗BBS12(カタログ#H0019 Bo1P、Abnova、Colmar、France)、マウスモノクローナル抗ロドプシンRho 4D2(Hicks et al., 1986)、ウサギモノクローナル抗切断PARP[biosciencedbc.jp]

さらなる症状