Create issue ticket

考えれる57県の原因 rars

結果を表示する: English

  • 骨髄異形成

    RA(軽症) RAEB(重症) 白血(病)化(急性骨髄性白血病へ) 不応性貧血(RA)や鉄芽球性貧血(RARS)では、白血(病)化へと病型が移行していくのは3割以下と少ないです。RAの発症後、生存期間は通常約3年以上あります。[web.archive.org] 検査成績 1)末梢血: 貧血(正球性あるいは大球性貧血)を中心とする汎血球減少がみられる.RARSではまれに血小板増加がみられることもある(RARS with thrombocytosis:RARS-T). 2)骨髄: 正形成 過形成を原則とするが,10%程度の症例では低形成髄で 再生不良性貧血 との鑑別が問題となるため,骨髄MRIや骨髄シンチグラフィ[kotobank.jp] RARSでは例外的に小球性低色素性赤血球が混在する。 骨髄塗沫メイ・ギムザ染色標本検査 原則として正形成もしくは無効造血などによって過形成が見られる。一部低形成が見られるものもある。塗抹標本や骨髄生検で異形成が見られないか観察する。 染色体検査 様々な染色体異常が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄異形成関連変化を伴う 急性骨髄性白血病

    単一血球系統の異形成を伴う不応性血球減少症(RCUD;Refractory cytopenia of unilineage dysplasia、これにはRA、RN、 RTがある)、鉄芽球性不応性貧血(RARS;Refractory Anemia with Ringed Sideroblasts、これにはRARSRARS-Tがある)、多血球系異形成[tokushukai.or.jp] 著明な血小板増加症に関連した環状鉄芽球を伴う不応性貧血 ( RARS - T ) IV. 骨髄異形成症候群 1. 総論 2. 各論 1) RCUD 2) RARS 3) RCMD 4) RAEB 5) MDS with isolated del ( 5q ) 6) MDS分類不能型 ( MDS - U ) 7) ICUSとIDUS V.[molcom.jp] 試験対象患者a) FAB分類によるMDS(RA、RARS、RAEB、RAEB-T) RA及びRARSの場合、ヘモグロビン 10g/dLかつ3ヵ月以内の赤血球輸血歴、血小板数 50,000/mm3もしくは出血症状、又は好中球数 1,000/mm3かつ易感染状態のうち、一つ以上該当 RAEB-Tの場合、二次性(治療関連)MDSは対象外 血液学的寛解及[kegg.jp]

  • 白血赤芽球性貧血

    単一血球系統の異形成を伴う不応性血球減少症(RCUD;Refractory cytopenia of unilineage dysplasia、これにはRA、RN、 RTがある)、鉄芽球性不応性貧血(RARS;Refractory Anemia with Ringed Sideroblasts、これにはRARSRARS-Tがある)、多血球系異形成[tokushukai.or.jp] 赤血球系の減少 白血球系・血小板系の減少 骨髄異形成症候群 MDS-RAEB in T (アウエル小体出現例) 骨髄異形成症候群 MDS-RA (不応性貧血) 骨髄異形成症候群 MDS-RAEB in T 骨髄異形成症候群 MDS-RAEB 骨髄異形成症候群 MDS-CMMoL 骨髄異形成症候群 MDS-RARS 二次性骨髄異形成症候群 ([kindai-s.co.jp]

  • 環状染色体 20 症候群

    単一血球系統の異形成を伴う不応性血球減少症(RCUD;Refractory cytopenia of unilineage dysplasia、これにはRA、RN、 RTがある)、鉄芽球性不応性貧血(RARS;Refractory Anemia with Ringed Sideroblasts、これにはRARSRARS-Tがある)、多血球系異形成[tokushukai.or.jp] ) ・不応性好中球減少症(RN:refractory neutropenia) ・不応性血小板減少症(RT:refractory thrombocytopenia) ・1-2系統の血球減少(※3) ・芽球[-]またはごくわずか[1%未満](※4) ・1血球系統で10%以上の細胞に異形成 ・芽球5%未満 ・赤芽球のうち環状鉄芽球15%未満 RARS[ganjoho.jp] 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 (RARS:RA with ring sideroblasts) ・貧血 ・芽球[-] ・赤芽球系の異形成のみ ・赤芽球のうち環状鉄芽球15%以上 ・芽球5%未満 RCMD 多血球系異形成を伴う不応性血球減少症 (RCMD:refractory cytopenia with multilineage dysplasia[ganjoho.jp]

  • 環状染色体 19

    単一血球系統の異形成を伴う不応性血球減少症(RCUD;Refractory cytopenia of unilineage dysplasia、これにはRA、RN、 RTがある)、鉄芽球性不応性貧血(RARS;Refractory Anemia with Ringed Sideroblasts、これにはRARSRARS-Tがある)、多血球系異形成[tokushukai.or.jp] ) ・不応性好中球減少症(RN:refractory neutropenia) ・不応性血小板減少症(RT:refractory thrombocytopenia) ・1-2系統の血球減少(※3) ・芽球[-]またはごくわずか[1%未満](※4) ・1血球系統で10%以上の細胞に異形成 ・芽球5%未満 ・赤芽球のうち環状鉄芽球15%未満 RARS[ganjoho.jp] さらに,RARSなどの環状鉄芽球を伴うMDSで変異が認められる遺伝子のほとんどが SF3B1 である(逆に,環状鉄芽球を伴うMDSの75%で SF3B1 の変異が認められる) 36, 37) 。一方,環状鉄芽球を伴わないMDSにおけるSF3B1の変異頻度は6.5%と著明に異なる。[myschedule.jp]

  • 原発性縦隔大B細胞リンパ腫

    」 8290025 単純骨折 移行先コード:「8290045」 8290028 特発性骨折 移行先コード:「7331017」 8290036 複雑骨折 移行先コード:「8291005」 8830066 B細胞型慢性リンパ性白血病 移行先コード:「2041001」 8830131 RAEB 移行先コード:「8847313」 8830133 RARS[orca.med.or.jp]

  • 卵巣線維莢膜細胞腫

    多発性内分泌腫瘍3型 多発性内分泌腺腫症 多発性内分泌腫瘍1型 多発性内分泌腫瘍2型 D448 性状不詳又は不明の新生物: 複数の内分泌腺 H00247 H01102 ホルモン産生腫瘍 D449 性状不詳又は不明の新生物: 内分泌腺, 部位不明 真性赤血球増加症 D45 真正赤血球増加症 H00012 H00012 原発性鉄芽球性貧血 RARS[kegg.jp]

  • 心因性咳嗽

    Aδ線維(迷走神経)の終末受容体(rapidly adapting receptors: RARs) ・機械的な刺激に直接反応 B.[tomita-clinic.com]

  • 汎血球減少

    単一血球系統の異形成を伴う不応性血球減少症(RCUD;Refractory cytopenia of unilineage dysplasia、これにはRA、RN、 RTがある)、鉄芽球性不応性貧血(RARS;Refractory Anemia with Ringed Sideroblasts、これにはRARSRARS-Tがある)、多血球系異形成[tokushukai.or.jp] ) ・不応性好中球減少症(RN:refractory neutropenia) ・不応性血小板減少症(RT:refractory thrombocytopenia) ・1-2系統の血球減少(※3) ・芽球[-]またはごくわずか[1%未満](※4) ・1血球系統で10%以上の細胞に異形成 ・芽球5%未満 ・赤芽球のうち環状鉄芽球15%未満 RARS[ganjoho.jp] 環状鉄芽球を伴う不応性貧血 (RARS:RA with ring sideroblasts) ・貧血 ・芽球[-] ・赤芽球系の異形成のみ ・赤芽球のうち環状鉄芽球15%以上 ・芽球5%未満 RCMD 多血球系異形成を伴う不応性血球減少症 (RCMD:refractory cytopenia with multilineage dysplasia[ganjoho.jp]

  • 卵巣門細胞腫

    多発性内分泌腫瘍3型 多発性内分泌腺腫症 多発性内分泌腫瘍1型 多発性内分泌腫瘍2型 D448 性状不詳又は不明の新生物: 複数の内分泌腺 H00247 H01102 ホルモン産生腫瘍 D449 性状不詳又は不明の新生物: 内分泌腺, 部位不明 真性赤血球増加症 D45 真正赤血球増加症 H00012 H00012 原発性鉄芽球性貧血 RARS[kegg.jp]

さらなる症状