Create issue ticket

考えれる3県の原因 rab3 gtp2

結果を表示する: English

  • ホスホリラーゼキナーゼ欠乏

    このようなインスリン開口分泌までの過程にはGTP結合型 Rab3などの低分子Gタンパクや,そのエフェクター分子Rim,granuphilin,Noc2などの活性が関与し,その詳細は未だ解明過程にある。 結果としてインスリン開口分泌の細胞内情報伝達に影響を与える因子は,血糖値,カリウム濃度,交感神経活性,副交感神経活性,腸蠕動などである。[blog.goo.ne.jp]

  • グリセリ症候群 2型

    2.研究手法と成果 一般的に、Rabタンパク質などの低分子量Gタンパク質は、グアノシン3リン酸(GTP)を結合した活性化型(GTP結合型)と、グアノシン2リン酸(GDP)を結合した不活性化型(GDP結合型)という2つの状態をとります。[spring8.or.jp] 今回、明らかにした2つのRab27複合体と、Rab3A-Rabphilin複合体の構造を詳細に比較することで、Rab27のGTP結合型とGDP結合型の間で構造変化する領域(スイッチ領域)とその周辺領域のアミノ酸が、Slac2-a、Slp2-aとの特異的結合にかかわっていることが推測できました。[spring8.or.jp]

  • 痛覚低下

    KIF1A はkinesin-3ファミリーの一員であり,シナプス小胞の前駆体をGTP結合型 Rab3 をアダプターとして輸送すること 3,4) ,また,ニューロンの生存に必須であること 5) がこれまで明らかにされたが,シナプス小胞の欠損だけではニューロンの細胞死は起こらないため 6) , KIF1A を欠損したニューロンの細胞死を説明する[first.lifesciencedb.jp] はじめに キネシンスーパーファミリータンパク質は細胞においてオルガネラや超分子複合体などを微小管にそって輸送するモータータンパク質の一大スーパーファミリーであり,45種類以上のそれぞれのキネシンスーパーファミリータンパク質のもつ異なるカーゴ結合ドメインによりさまざまなカーゴが運び分けられる 1,2) .[first.lifesciencedb.jp]

さらなる症状