Create issue ticket

考えれる238県の原因 qrs

結果を表示する: English

  • 多源性心房頻拍

    QRSが狭く心室内伝導がない場合は0.01Sec以下 原因としてまず疑ってみる基礎疾患は 1.慢性の肺疾患が一番可能性が高く、疑ってみる価値あり 特に肺高血圧により、右室と右房に負担にかかったCOPD(慢性閉塞肺疾患)がNo.1 胸部X線写真で十分な場合も 2.時には肥大した心房が原因と時も(要心エコー) 3.あまりケース的には多くないが[ameblo.jp] 正常QRS波の規則的な頻脈の鑑別 (Narrow QRS Regular Tachycardia) B. 正常QRS波の不規則な頻脈の鑑別 (Narrow QRS Irregular Tachycardia) C. 幅広いQRS波の規則的な頻脈の鑑別 (Wide QRS Regular Tachycardia) D.[shindan.co.jp] 波をチェックする,P波をチェックする P波に続くQRS波があるか,QRS波に先行する(対応する)P波があるか (2) P波,QRS波の欠損はないか (3) P波,QRS波のリズムはどうか,変動はないか,予測された時間より早期に 出現していないか (4) 頻脈か,徐脈か (5) QRS波形は単一か,多形性か(異常QRS波の有無),対応するP波[coara.or.jp]

  • 上室性頻拍

    心電図では、P波は多くが逆行性であり、QRSと重なり認められないことが多い。RR間隔は一定で幅の狭いQRSを示すが、wide QRSで心室頻拍との鑑別を要することもある。心拍数は100 200/分である。症状として動悸、めまい、胸部圧迫感などがあるが、心拍数が200/分近くに達すると眼前暗黒感や失神発作を起こすこともある。[med.toaeiyo.co.jp] 発作時の心電図が規則正しい頻拍を示し、QRS波の幅が正常であれば、発作性上室性頻拍と診断できます。QRS波とQRS波の間に、P'波が常に認められれば診断は確実になります。 確定診断には、心臓の電気生理学的検査が必要です。これにより頻拍の誘発と停止が可能であり、頻拍中の心房波と心室波の関係を容易に把握することができます。[qlife.jp] 心拍数は約180/分の 頻脈で、幅は狭いものの正常なQRS波が規則正しく現れている わね。 RR間隔も一定の頻度で刻まれている わ。 ただし、 QRS波の前にあるはずのP波は、どこにあるのかよくわからない ようね。 これが発作性上室性頻拍の心電図の特徴よ。[nurseful.jp]

  • 高カリウム血症

    ・P波は減高や消失 ・PR間隔の延長 ・QT間隔の短縮 ・QRS間隔の延長と変形したQRS波(サインカーブ状QRS波) ・T波が増高(テント状T波) ・不整脈(心室性期外収縮、心室細動など) 高度の高カリウム血症になると心停止が起こるメカニズム あらゆる体内の細胞膜には、細胞内外をイオンが透過するためのイオンチャネルというタンパク質の膜があります[kango-oshigoto.jp] カリウムが6.5mEq/Lを超えた場合は,さらなる伝導の遅延とそれに伴うQRS幅の増大,P波の消失,ならびに結節性およびescapeによる心室性不整脈が引き起こされる。最終的に,QRS波は変形して正弦波パターンとなり,心室細動または心静止へと至る。[msdmanuals.com] ECF(細胞外液)のK濃度が5.0 - 6.0mEq/lになると心電図異常(テント状T波、P波の消失、QRS幅延長)が見られ、7mEq/l以上になると致死的不整脈を起こす可能性が非常に高くなる。高カリウム血症は死に至る病態である。その死因は不整脈であるので、予防措置として心電図検査を行うことが一般的である。[ja.wikipedia.org]

  • 心室頻拍

    QRS波形による分類 QRS波形が単一の単形性、2種類以上の多形性、またその派生型としてtorsade de pointes、2つの異なった波形が交互に出現する2方向性がある。torsade de pointesは、QRS軸が時間とともにねじれるように周期的に変化するもので、心室細動に至る危険が高い。[ja.wikipedia.org] 非持続性心室頻拍ではP波とQRS波が解離するが、上室性不整脈で心室内変行伝導を来す場合はP波とQRS波が1:1対応するので鑑別できる。 非持続性心室頻拍の重症度は、QRS波形、連結期、持続時間、出現様式によって異なる。QRS波形が多形性で、連結期が短く、持続時間が長く、頻回に出現するものほど重症度が高い。[clinicalsup.jp] 心電図波形は、幅の広いQRS波が続きます。T波はQRS波とは反対方向に出現し、これも続いている形をとります。QRS幅が広いことから、有効な心収縮が得られず、血行動態上、上室性頻拍との間には大きな差があることが分かるでしょう。 心拍数は、毎分140から180の頻拍で発作的に出現することが多いです。[kango-oshigoto.jp]

  • 第三度房室ブロック

    図11 発作性房室ブロック QRS波の脱落を伴うP波( )が少なくとも5つ連続してみられる.緑矢印( )で示すP波が次のQRS波につながっているかははっきりしない.このように数拍以上,連続してQRSが脱落する場合が発作性房室ブロックである.[kango-roo.com] 第3度ブロックでは,P波とQRS波は無関係に発生し,QRS波よりP波のレートが高くなる。 第1度房室ブロックは,迷走神経緊張の亢進した若年患者や十分にトレーニングを積んだ運動選手では生理的なこともある。[msdmanuals.com] ・ウェンケバッハ型 PQ間隔が徐々に延長していって、ついにはQRS波が欠落してしまいます。「モビッツⅠ型2度房室ブロック」と呼ばれることもある不整脈です。 ・モビッツⅡ型 PQ時間は一定で正常と変わらないが、突然QRS波が欠落します。[kango-oshigoto.jp]

  • 持続型心室頻拍

    心電図では幅広いQRS波形を示す。 頻拍に心室内変更伝導や副伝導路が関与する場合、上室頻拍でも幅広いQRS波形を示すことがあり、鑑別を要する。 詳細情報 起源が固定している場合は、QRS波形やRR間隔は一定になり、単形性心室頻拍と呼ばれる。起源が不定ないし不安定の場合にはQRS波形は変化し、多形性心室頻拍と呼ばれる。[clinicalsup.jp] これはメモリー現象と言われ、長時間持続した異常なQRS軸(上方軸)が突然正常化(下方軸へ変化)した際に、 T波が以前QRSの呈していた方向に変位する(かつてのQRS軸をT波が覚えているように変位する)という意味で名付けられた。[jeccs.org] QRS波形による分類 QRS波形が単一の 単形性 、2種類以上の 多形性 、またその派生型として torsade de pointes 、2つの異なった波形が交互に出現する 2方向性 がある。torsade de pointesは、QRS軸が時間とともにねじれるように周期的に変化するもので、心室細動に至る危険が高い。[ja.wikipedia.org]

  • 洞頻脈

    P波がⅠ,Ⅱ,aV F 誘導で陽性であるため,洞性P波と考えられ,P波とQRS波は1:1で伝導している。以前の正常洞調律の心電図があれば,そのP波・QRS波と比較することも有用である。ただし,QRS波,STセグメント,T波は頻脈により波形の変化がみられる場合があるので注意が必要である。[jmedj.co.jp] 心房は自分のリズムを刻んでいるため原則P波は存在しますが、変形したQRS波に埋もれてしまいほとんどの場合確認できません。 洞性頻脈 Sinus Tachycardia 心拍数 100/min以上 リズム 整 P波 ある QRS波 narrow P-Q関係 関係は一定。[guides.lib.kyushu-u.ac.jp] 頻脈性不整脈、とくに頻拍症を見た場合、まずQRS波の幅とリズムに注目し、① narrow QRS regpar tachycardia、② narrow QRS irregpar tachycardia、③ wide QRS regpar tachycardia、④ wide QRS irregpar tachycardiaのどれに相当するかを[med.hirosaki-u.ac.jp]

  • 発作性上室性頻拍

    心電図では、P波は多くが逆行性であり、QRSと重なり認められないことが多い。RR間隔は一定で幅の狭いQRSを示すが、wide QRSで心室頻拍との鑑別を要することもある。心拍数は100 200/分である。症状として動悸、めまい、胸部圧迫感などがあるが、心拍数が200/分近くに達すると眼前暗黒感や失神発作を起こすこともある。[med.toaeiyo.co.jp] 心拍数は約180/分の 頻脈で、幅は狭いものの正常なQRS波が規則正しく現れている わね。 RR間隔も一定の頻度で刻まれている わ。 ただし、 QRS波の前にあるはずのP波は、どこにあるのかよくわからない ようね。 これが発作性上室性頻拍の心電図の特徴よ。[nurseful.jp] 発作時の心電図が規則正しい頻拍を示し、QRS波の幅が正常であれば、発作性上室性頻拍とほぼ診断できます。QRS波とQRS波の間に、P波が常に確認できれば診断は確実になります。確定診断には、 心臓の電気生理学的検査 が必要です。頻拍の誘発と停止が可能であり、頻拍中の心房波と心室波の関係を把握することができます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 心律動異常

    I度房室ブロック P波が存在し、P波とQRSの間隔が一定であるが、PR間隔が0.21秒以上である。 II度房室ブロック P波の後にQRSが抜け落ちる不整脈。 ウェッケンバッハ型房室ブロック PR間隔が徐々に開いた後、QRSが抜け落ちる。 モービッツII型房室ブロック 時にQRSが抜け落ちるが、抜け落ちていない心拍のPR間隔は一定である。[ja.wikipedia.org] QRS幅によって不整脈の部位を特定できるというのは、正常な特殊心筋を刺激が伝導した場合は0.12s以内に伝導が終了するであろうという経験則である。重要な例外として 変行伝導 という言葉がある。これはQRS幅が広いのに上室性の不整脈である。[ja.wikipedia.org] III度房室ブロック P波が存在するが、P波とQRS波の間に何ら時間的関連性がない。[ja.wikipedia.org]

  • トルサード・ド・ポワント

    低カリウム血症 低マグネシウム血症 低カルシウム血症 徐脈 心不全 左室肥大 低体温症 クモ膜下出血 甲状腺機能低下症 女性 TdPの心電図波形は、QRS群の捻れを伴う多形性心室頻拍を錯覚させる。すなわち、波形のピークが上下の畝りを見せる。血行動態的に不安定であり、動脈圧が突発性に低下し、眩暈、失神を引き起こす。[ja.wikipedia.org] 低カリウム血症 低マグネシウム血症 ( 英語版 ) 低カルシウム血症 徐脈 心不全 左室肥大 ( 英語版 ) 低体温症 クモ膜下出血 甲状腺機能低下症 女性 診断 [ 編集 ] TdPの心電図波形は、QRS群の捻れを伴う 多形性心室頻拍 を錯覚させる。すなわち、波形のピークが上下の畝りを見せる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状