Create issue ticket

考えれる71県の原因 PR 短縮

  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 心筋梗塞

    副院長 心臓血管内科 部門長 安田 聡 倒れている人を発見したら... もくじ 心臓のはたらき 冠動脈とは? / 動脈硬化とは? 心筋梗塞は増加している:早朝・冬場にご注意 狭心症と心筋梗塞との違いは? / 狭心症とは? / 心筋梗塞とは? 病院を受診すべきタイミングは? 心筋梗塞では早期の受診が重要です 意識がない場合の応急処置 / 心筋梗塞の治療:再灌流療法 冠動脈疾患用集中治療室(CCU) 天皇陛下が狭心症のため、冠動脈バイパス手術を受けられ、手術は無事終了、公務に復帰されました。この経過を伝える新聞やテレビの報道で、狭心症、心筋梗塞(こうそく)[…][ncvc.go.jp]

  • 急性心筋梗塞

    Q 最近「急性心筋梗塞」とよく耳にしますが、具体的にどのような病気ですか? 心臓は主に全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。この心臓自体へと血液を流すための心臓の動脈 冠動脈が突然詰まる(閉塞してしまう)病気です。 Q 寒い季節は急性心筋梗塞が起こりやすくなるというのは本当ですか? 季節によってそれほど極端な差はありませんが、夏よりも20%ほど冬に多く発症するとの報告があります。やはり気温変化の影響が大きく、血圧や身体活動度の低下、ひいてはコレステロールや中性脂肪の値が、季節によって大きく変動するとされています。また、高齢者ほど寒冷期の影響を受けやすいともいわれています。[…][hospital.pref.ibaraki.jp]

  • 肥大型心筋症

    肥大型心筋症 概要 猫の心臓の病気の中で最も多い病気が心筋症です。心筋症とは、心臓の筋肉に異常が起こることで心臓の働きが低下する病気です。心臓の筋肉が分厚くなるタイプ(肥大型)や、薄くなるタイプ(拡張型)や、固くなるタイプ(拘束型)などがあります。[…][axa-direct.co.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

  • 早期興奮症候群

    診断 心電図でPR間隔の短縮を認める. 経過・予後 頻拍がなければ予後はよい. 治療 頻拍があれば上室頻拍に準じる.[kotobank.jp] 米国のウォルフ、ホワイト、英国のパーキンソンが共著で「健常な若い人にみられる発作性頻拍を伴うPR短縮の脚ブロック」という論文を発表しました。この論文から、ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群、現在では頭文字をとったWPW症候群として知られるようになりました。[medical.itp.ne.jp] すなわち、通常は心房興奮は副伝導路を通って心室筋の一部を早期に興奮させますが、大部分の心室筋は正常房室伝導系を通る興奮により刺激され、デルタ波、PR間隔短縮、QRS間隔延長などのWPW症候群特有の心電図所見を示します。[udatsu.vs1.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • ラウン・ギャノン・レバイン症候群

    副伝導路を介する電気刺激によりPR間隔は短縮する。旋回によるリエントリーが起こると、WPW症候群と同様に頻拍発作を起こす。 治療 上室頻拍発作、ときに心房細動発作を合併する。著しい頻拍は心室細動を誘発する。循環動態が不安定な場合は、すみやかに電気除細動を行う。発作が頻回であれば、予防のため薬物治療を行う。[nurseful.jp]

  • ファブリー病

    ファブリー病(ファブリーびょう、英: Fabry disease)は、ファブリ病とも呼ばれる、ライソゾーム病(指定難病19)の一つ。細胞内リソソーム(ライソゾーム)酵素の1つであるα-ガラクトシダーゼ A(α-gal A、α-Gal[…][ja.wikipedia.org]

  • 糖原病 2 型

    心電図では心肥大所見と、PR間隔の短縮が特徴的所見です。筋生検による組織化学的検査と、酸マルターゼ酵素活性の測定で診断が確定します。 病理学的には神経細胞、骨格筋、心、肝、平滑筋細胞内に著明なグリコーゲンの蓄積をみます。[jmda.or.jp] 酵素補充療法(ERT) がなされなければ、出生時の心エコー検査で認められることが多い心肥大や肥大型心筋症が進行して、左室流出路閉塞に至る.心臓の肥大は、肺容量の減少、無気肺、時には気管支圧迫の原因となることもある.グリコーゲンの蓄積が進行すると、心電図でPR間隔の短縮として表れる伝導欠損が起こる.[grj.umin.jp]

さらなる症状