Create issue ticket

考えれる6県の原因 ppm2c

結果を表示する: Deutsch

  • 吸収不良症候群

    尿中の放射活性は牛の加齢に伴い11% 0.5%に減少し、3日齢の子牛での 14 ネオマイシン量は腎臓、肝臓、筋肉内でそれぞれ、55、1.93、0.09ppmであった。[ffcr.or.jp] )毒性試験 (1)単回投与試験 ネオマイシンの単回投与試験でのLD 50 は、マウスの経口投与では2250 2500mg/kg体重、静脈内投与では40 158mg/kg体重、皮下投与では400 550mg/kg体重、腹腔内投与では658 1,000mg/kg体重であった。[ffcr.or.jp]

  • オゾン中毒

    ※参考文献 化学物質の危険・有害便覧(中災防) 第1版 第1刷 ISBN 4-8059-0391-0 C3043 環境有害物の測定と評価(労働科学研究所) 第1版 第2刷 ISBN 4-89760-048-0 C3343 許容濃度 0.5ppm 1.5mg/m 3 (最大許容濃度)(日本産業衛生学 2016年) 0.5ppm(TWA)、1ppm[gastec.co.jp] 50 100 短時間(0.5 1時間)耐えうる限界 400 500 短時間で生命危険 ※参考文献 化学物質の危険・有害便覧(中災防) 第1版 第1刷 ISBN 4-8059-0391-0 C3043 環境有害物の測定と評価(労働科学研究所) 第1版 第2刷 ISBN 4-89760-048-0 C3343 許容濃度 検討中(日本産業衛生学会[gastec.co.jp] 2016年) 0.25ppm(STEL)(ACGIH 2016年) Q18.[gastec.co.jp]

  • 二酸化窒素吸入

    4.血中MetHb濃度が2.5%を超える場合は、本剤吸入濃度の減量又は投与を中止する(その後も改善がみられない場合には、必要に応じてビタミンC、メチレンブルー又は輸血で対処する)。 5.吸気中NO2濃度は、可能な限り定常状態において0.5ppm未満を維持する。[medical.nikkeibp.co.jp] その後も改善がみられない場合には、必要に応じてビタミンC、メチレンブルー又は輸血で対処すること。 吸気中NO2濃度は、可能な限り定常状態において0.5ppm未満を維持すること。濃度が0.5ppmを超えた場合は、一酸化窒素ガス管理システムを点検し、原因を精査すること。可能であれば本剤又はFiO2を減量すること。[kegg.jp]

  • テニポシド

    【0068】 1 H-NMR(GE社モデル GN 500 分光計、500MHz、D 2 O中):δ 7.75-7.36ppm(パクリタキセルの芳香族構成部分);δ 6.38ppm 10 -H)、5.97ppm 13 -H)、5.63および4.78ppm 2 ’-H)、5.55-5.36ppm 3 ’-Hおよび 2 -H、m[j-tokkyo.com] 1 H NMRスペクトル(DMSO-d 6 )では、DTPAのNCH 2 2 Nの共鳴が複雑な一連のシグナルとしてδ.71-.96ppmに、そして2 COOHの共鳴が多重線としてδ3.4ppmに、それぞれ観測された。[j-tokkyo.com] )、5.10ppm 5 -H)、4.39ppm 7 -H)、4.10( 20 -H)、1.97ppm(OCOCH 3 )、そして、1.18-1.ppm-CH 3 )は、パクリタキセルの脂肪族成分にアサインされる。[j-tokkyo.com]

  • カンピロバクター・フィタス

    カンピロバクター・フィタス・フィタスから精製した遊離オリゴ糖についての対応する化学シフトδ(ppm)(図4Aに示すような)を、表に要約する。炭素およびプロトン化学シフトは、内部アセトン標準(δH2.ppm、δ31.07ppm)を基準とした。[ekouhou.net] 【0030】 実施例2:NMR分光法解析 標準パルスシーケンスDQCOSY、TOCSY(混合時間120ms)、ROESY(混合時間500ms)、HSQCおよびHMBC(100ms広範囲転送遅延)を使用して、アセトン内部標準( 1 Hについてはppmおよび 13 については31.45ppm)を用いて、5 、3mm勾配プローブにより[ekouhou.net] 【0034】 【表2】 【0035】 表2:カンピロバクター・フィタス・フィタスから精製した遊離オリゴ糖(式1Aおよび式1B)についての化学シフトδ(ppm)(スペクトルについては図4Aに示す)。炭素およびプロトン化学シフトは、内部アセトン標準(δH2.ppm、δ31.07ppm)を基準とした。[ekouhou.net]

  • イチョウエキス

    葉 [ 編集 ] ドイツでは、 フラボノイド 22 - 27%、 テルペノイド 5 - 7%( ビロバライド 2.6 - 3.2%、 ギンコライド A,B,C 2.8 - 3.4%)、 ギンコール酸 5 ppm以下の規格を満たすイチョウ葉 エキス が 医薬品 として認証されており [28] 、日本においても(財) 日本健康・栄養食品協会 が[ja.wikipedia.org]

さらなる症状