Create issue ticket

考えれる19県の原因 pparg

結果を表示する: English

  • 2型糖尿病

    HSA: 3784 ] [KO: K04926 ] MTNR1B (polymorphism) [HSA: 4544 ] [KO: K04286 ] NOTCH2 (polymorphism) [HSA: 4853 ] [KO: K20994 ] ENPP1 (polymorphism) [HSA: 5167 ] [KO: K01513 ] PPARG[genome.jp] 遺伝的な原因としては、KCNQ2、PPARG、KCNJ11、TCF2L7などとい った遺伝子上の配列の違いによって、同じような生活習慣を送っていても、ある人は糖尿病が起こりやすく、別の人は起こりにくくなるという違いがあることがわかってきている。[ja.wikipedia.org]

  • インスリン抵抗性

    遺伝的な原因としては、KCNQ2、PPARG、KCNJ11、TCF2L7などとい った遺伝子上の配列の違いによって、同じような生活習慣を送っていても、ある人は糖尿病が起こりやすく、別の人は起こりにくくなるという違いがあることがわかってきている。[ja.wikipedia.org]

  • 脂肪萎縮症

    なお、 LMNA 、 PPARG 、 AKT2 、 ZMPSTE24 、 CIDEC 、 PLIN1 の変異による場合には常染色体優性の遺伝形式をとることからしばしば家族内発症が認められる。[nanbyou.or.jp] 家族性部分性脂肪萎縮症の原因遺伝子としては LMNA や PPARG などが同定されています。[nanbyou.or.jp] LMNA 、 PPARG 、 AKT2 、 ZMPSTE24 、 CIDEC 、 PLIN1 のいずれかの遺伝子にヘテロ接合体変異又は PSMB8 遺伝子にホモ接合体変異あるいは複合ヘテロ接合体変異をみとめること。[nanbyou.or.jp]

  • 糖尿病

    遺伝的な原因としては、KCNQ2、PPARG、KCNJ11、TCF2L7などとい った遺伝子上の配列の違いによって、同じような生活習慣を送っていても、ある人は糖尿病が起こりやすく、別の人は起こりにくくなるという違いがあることがわかってきている。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠糖尿病

    遺伝的な原因としては、KCNQ2、PPARG、KCNJ11、TCF2L7などとい った遺伝子上の配列の違いによって、同じような生活習慣を送っていても、ある人は糖尿病が起こりやすく、別の人は起こりにくくなるという違いがあることがわかってきている。[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠糖尿病

    遺伝的な原因としては、KCNQ2、PPARG、KCNJ11、TCF2L7などとい った遺伝子上の配列の違いによって、同じような生活習慣を送っていても、ある人は糖尿病が起こりやすく、別の人は起こりにくくなるという違いがあることがわかってきている。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性神経障害

    遺伝的な原因としては、KCNQ2、PPARG、KCNJ11、TCF2L7などとい った遺伝子上の配列の違いによって、同じような生活習慣を送っていても、ある人は糖尿病が起こりやすく、別の人は起こりにくくなるという違いがあることがわかってきている。[ja.wikipedia.org]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 32型

    これまでに LMNA, PPARG, AKT2 が原因遺伝子として同定されている。しかし、これらの遺伝子がどのように疾患を引き起こすかは解明されていない。多くの FPL 患者がこれらの遺伝子変異を保持しないことから、別の遺伝子座の存在が示唆される。LMNA 変異は核機能に影響を与え ...[kegg.jp] PPAR signaling pathway hsa04910 Insulin signaling pathway hsa04371 Apelin signaling pathway hsa04923 Regulation of lipolysis in adipocytes LMNA [HSA: 4000 ] [KO: K12641 ] PPARG[kegg.jp]

  • エンテロペプチダーゼ欠乏による先天性腸疾患

    一般的な脂肪細胞マーカー(Fabp4、Pparg)の発現はすべてのサンプルで同一であった。以上の結果から、whiteningを経たbrite脂肪細胞は、古典的褐色脂肪細胞で見られるような刺激以前の状態に戻ったわけではなく、機能的に異なる細胞に変換したのであることが示された。[syodokukai.exblog.jp]

  • 後天性部分型リポジストロフィー

    遺伝子性リポジストロフィーの原因となるいくつかの遺伝子が特定されており、例として、Aタイプラミン、AGPAT2、カベオリン1、キャビン(cavin) 1、セイピン、PPARg、ペリリピン、CIDEC、又はAkt2をコードする遺伝子などが挙げられる(Guenantin他、2014年)。[ipforce.jp]

さらなる症状