Create issue ticket

考えれる85県の原因 plg

結果を表示する: Deutsch

  • プラスミノーゲン欠乏

    今回は、 プラスミノーゲン(PLG:plasminogen) について解説します。 プラスミノーゲン(PLG:plasminogen)の基準値 70〜110(%) 〈目次〉 プラスミノーゲン(PLG)の定義 プラスミノーゲンとは、線溶の直接的な作用をするプラスミンの前段階物質である。[kango-roo.com] Plgは活性化因子の作用によりプラスミンに変換され、血栓素となるフィブリノーゲンやフィブリンを溶解する。生体におけるPlg活性化因子(PA)は組織Plg活性化因子(tPA)およびウロキナーゼであるが、細菌が生産するストレプトキナーゼやスタフィロキナーゼもPlgを活性化することが知られている。[naro.affrc.go.jp] AT比,AT / PC比 およびPLG / AT比を求めた.[js-phlebology.org]

  • 線維素溶解

    一方,フィブリン血栓形成部位では, PAI の阻害を逃れた t-PA と血液中の PLG が互いにフィブリン分子上に結合濃縮される.そして,基質であるフィブリン上で t-PA が PLG をプラスミンへと活性化させる.フィブリン血栓(固相)上で生成されたプラスミンは効率よくフィブリンを分解しフィブリン分解産物( FDP )を生成しながら血栓[blogs.yahoo.co.jp] トロンビンや虚血刺激により,血管内皮細胞から組織型プラスミノゲンアクチベーター( t-PA )が産生される.その際,血液中に放出された t-PA は,そのほとんどがプラスミノゲンアクチベーターインヒビタ( PAI )による阻害を受け,肝臓で半減期 6 分という短時間で除去される.そのため循環血液中における t-PA によるプラスミノゲン( PLG[blogs.yahoo.co.jp] 血液学的検査判断料125点 容器 PC2 旧容器記号 K H2 11 3.2%クエン酸ナトリウム入り (真空採血量1.8mL) 内容:3.2%クエン酸Na 0.2mL 貯蔵方法:室温 有効期間:製造から1年 (25本入りプラスティックケース開封後1ヵ月) A00 旧容器記号 X ポリスピッツ 貯蔵方法:室温 補足情報 臨床意義 プラスミノーゲン(PLG[test-guide.srl.info]

  • 組織プラスミノーゲン活性化因子

    また、肝障害後の再生肝細胞上では、自身で分泌したプラスミノゲン(Plg)とウロキナーゼ型プラスミノゲンアクチベーター(u-PA)を膜上に特異的に結合させ、u-PA依存性の効率的なPlg活性化を引き起こします 。[med.kindai.ac.jp] Plgは活性化因子の作用によりプラスミンに変換され、血栓素となるフィブリノーゲンやフィブリンを溶解する。生体におけるPlg活性化因子(PA)は組織Plg活性化因子(tPA)およびウロキナーゼであるが、細菌が生産するストレプトキナーゼやスタフィロキナーゼもPlgを活性化することが知られている。[naro.affrc.go.jp] 上記組成よりGlu-plgおよびアルテプラーゼを省いたものの吸光度をブランクとした。測定は3回行った。 その結果を表2及び図1に示す。[biosciencedbc.jp]

  • 組織プラスミノーゲン活性化因子

    また、肝障害後の再生肝細胞上では、自身で分泌したプラスミノゲン(Plg)とウロキナーゼ型プラスミノゲンアクチベーター(u-PA)を膜上に特異的に結合させ、u-PA依存性の効率的なPlg活性化を引き起こします 。[med.kindai.ac.jp] Plgは活性化因子の作用によりプラスミンに変換され、血栓素となるフィブリノーゲンやフィブリンを溶解する。生体におけるPlg活性化因子(PA)は組織Plg活性化因子(tPA)およびウロキナーゼであるが、細菌が生産するストレプトキナーゼやスタフィロキナーゼもPlgを活性化することが知られている。[naro.affrc.go.jp] 上記組成よりGlu-plgおよびアルテプラーゼを省いたものの吸光度をブランクとした。測定は3回行った。 その結果を表2及び図1に示す。[biosciencedbc.jp]

  • Streptococcus Cricetus

    【0025】前記反応において、リパーゼPLGの代わりにブロメラインF(天野製薬製)を使用すること以外は前記と同様にして、表1に示す各種の糖エステル0.2g〜0.9gを得た。[biosciencedbc.jp] 【0024】実施例1種々の糖および糖アルコール1gと各種の脂肪酸ビニルエステル2gとを、アルカリゲネス(Alcaligenes)属由来のリパーゼ(リパーゼPLG、名糖産業製)100mgを使用して、ピリジン中、60 で18時間反応させた。[biosciencedbc.jp]

  • 染色体6q11-q14欠失症候群

    DBH 1(6q23. 2) MTO1:ミトコンドリアtRNA翻訳最適化1(6q13) MRT18:精神遅滞、非症候性、常染色体劣性 MRT28:精神遅滞、非症候性、常染色体劣性 MTRF1L:ミトコンドリア翻訳放出因子1(6q25. 1) OA3:眼球白内障3 OPRM1: - オピオイド受容体(6q24-q25) OTSC7:耳硬化症7 PLG[wclarkjames.weebly.com]

  • 先天性アンチトロンビン欠乏症1型

    AT比,AT / PC比 およびPLG / AT比を求めた.[js-phlebology.org] 【成績】一般住民における各因子欠乏症(criteria)の頻度は,PC欠乏症(AT / PC比 1.57),AT欠乏症(PC / AT比 1.67,AT活性 75%),およびPLG欠乏症(PLG 80%,PLG / AT比 0.68)でそれぞれ0.20%,0.18%,4.21%であった.一方,DVT患者におけるこれら因子の欠乏症頻度は6.48[js-phlebology.org] )の分子異常症は日本人に多い変異であるが,静脈血栓症発症のリスクファクターとなるか否かは明らかではない.今回我々は,日本人一般住民および深部静脈血栓症(DVT)患者におけるPC,ATおよびPLG欠乏症の頻度を求め,DVT発症との関連を調べた.[js-phlebology.org]

  • パリンドロームリウマチ

    別の好ましい足場組成物は、マクロ孔性ポリ ラクチド コ グリコリド(PLG)である。例えば、PLGマトリクスには、GM-CSF、危険シグナル、および標的抗原、例えば癌抗原が含まれ、かつPLGマトリクスは、動員されたDCがプログラミングされる際の居所として役立つ。動員要素であるGM-CSFはPLG足場に封入される。[biosciencedbc.jp] いくつかの場合、ポリマー構造の組成物は、ポリ ラクチド コ グリコリド(PLG)を含む。TLR3アゴニストは、CD8 樹状細胞またはCD141 樹状細胞を優先的に刺激する量で存在する。 好ましくは、TLRアゴニストはTLR3アゴニストを含む。[biosciencedbc.jp] 例えば、ポリマー構造は、ポリ(D,L-ラクチド コ グリコリド)(PLG)を含む。例示的なTLRアゴニストには、病原体関連分子パターン(PAMP)、例えば感染症模倣組成物、例えば細菌に由来する免疫モジュレーターが含まれる。TLRアゴニストには、核酸または脂質組成物[例えばモノホスホリルリピドA(MPLA)]が含まれる。[biosciencedbc.jp]

  • ボルデテラ属

    免疫原性組成物及びこのような組成物を作る方法は、ポリアニオン性ポリマー(例えばPLG-ポリ-L-グルタミン酸)を組成物に添加することによって、驚くべきことに、PRPが免疫干渉から保護されることにより提供される。 (もっと読む) 吸着されたトキソイド抗原および/または多糖類含有抗原を含む微粒子を有する免疫原性組成物が開示される。[ekouhou.net]

  • 先天性アンチトロンビン欠乏症2型

    AT比,AT / PC比 およびPLG / AT比を求めた.[js-phlebology.org] 【成績】一般住民における各因子欠乏症(criteria)の頻度は,PC欠乏症(AT / PC比 1.57),AT欠乏症(PC / AT比 1.67,AT活性 75%),およびPLG欠乏症(PLG 80%,PLG / AT比 0.68)でそれぞれ0.20%,0.18%,4.21%であった.一方,DVT患者におけるこれら因子の欠乏症頻度は6.48[js-phlebology.org] )の分子異常症は日本人に多い変異であるが,静脈血栓症発症のリスクファクターとなるか否かは明らかではない.今回我々は,日本人一般住民および深部静脈血栓症(DVT)患者におけるPC,ATおよびPLG欠乏症の頻度を求め,DVT発症との関連を調べた.[js-phlebology.org]

さらなる症状