Create issue ticket

考えれる31県の原因 PLEDs

結果を表示する: Deutsch

  • 外傷性脳損傷

    2018.07.17 友の会役員体制のご紹介 軽度外傷性脳損傷友の会役員体制を追加しました。 ご紹介致します。 2017.01.30 軽度外傷性脳損傷の実際 -学際的アプローチと多重的脳画像診断学- 軽度外傷性脳損傷の実際―学際的アプローチと多重的脳画像診断学 ひらの亀戸ひまわり診療所整形外科/石橋徹 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科/相馬啓子 安田泌尿器クリニック神経泌尿器科/安田耕作 木沢記念病院脳神経外科/篠田淳 (労働者住民医療2015.10) Mild Traumatic Brain Injury:Multidisciplinary Approach and Multiple Neuroimaging[…][mild-tbi.net]

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • 片頭痛

    片頭痛の症状については 『頭痛の分類:片頭痛』 にあるとおりですが、診断基準を十分に満たす患者さんばかりではありません。典型的な「頭の片側でズキンズキンと痛む拍動性頭痛」であるとは限らないのです。緊張型頭痛に多いと考えられていた随伴症状の一つ、肩凝りを有する片頭痛患者は、実に75%にのぼるとの報告があり、肩凝り 緊張型頭痛と安易に決め付けることはできません。また、片側だけでなく両側性の頭痛が40%、非拍動性が50%、ストレスによる誘発(緊張型頭痛に多いとされる)が72%もあるといいます。診断の際には、丁寧な問診が必須となります。[…][eisai.jp]

  • 髄膜脳炎

    また、脳波検査で、周期性一側てんかん型放電(PLEDs)という特徴的な脳波異常が認められます。 ヘルペス脳炎の診断は、数日〜数週間で急に悪化する脳炎を疑う症状があり、脳MRIや脳波にて上記のような異常所見を認め、髄液検査にてヘルペスウイルスのDNAが検出されれば確定します。[utanohosp.jp]

  • てんかん

    616-8255 京都市右京区鳴滝音戸山町8 お問い合わせ:075-461-5121 関西てんかんセンター 患者さん向け 発作外来の受診を希望される方へ てんかんについて てんかん発作の症状について 日常生活での注意点 研修医の方向け はじめに 神経内科専修医研修プログラム 担当医 発表論文 発作外来の受診を希望される方へ 関西てんかんセンター(発作科)では、てんかん発作およびその周辺症状に関する総合的な診断と治療を行っています。 このような方々が受診されています 気を失う発作があって、てんかんといわれたが、本当にてんかんかどうかを確認したい。[…][utanohosp.jp]

  • 脳内血腫

    小脳出血とは 小さな小脳出血(左) と 大きな小脳出血(右) 小脳出血とは、文字通り小脳に出血したものを言います。脳出血の約10%を占めます。 小脳出血の原因のうち大多数は被殻出血や小脳出血と同じく 高血圧 です。他に、小脳の腫瘍や 動静脈奇形 や 静脈性血管奇形 などがあれば出血の原因となります。 高血圧性小脳出血であればその発症年齢は50 60歳以上の高齢者が大半を占めます。 腫瘍 も高齢発症が多いことから、腫瘍に伴う脳出血も高齢の方に多いですが、血管奇形などによる出血は若年者でも起こり得ます。 小脳出血の病態は[…][h-ns.net]

  • クモ膜下出血

    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当するといわれる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。 多くは脳動脈瘤の破裂(約80%)によるもので、その他に脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍や脳動脈解離の破裂によるものなどがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 単純ヘルペス脳炎

    局在性の異常は多くの症例でみられるが、比較的特徴とされる周期性一側てんかん型放電(PLEDS)は約30%の症例で認める。 髄液 髄液圧の上昇、リンパ球優位の細胞増多、蛋白の上昇を示す。糖濃度は正常であることが多い。赤血球やキサントクロミーを認める場合もある。 PCR 髄液を用いたPCR法でHSV-DNAが検出されること。[ja.wikipedia.org] 局在性の異常は多くの症例でみられるが、比較的特徴とされる周期性一側てんかん型放電(PLEDS)は約30%の症例で認める。 髄液 髄液圧の上昇、リンパ球優位の細胞増多、蛋白の上昇を示す。糖濃度は正常であることが多い。赤血球やキサントクロミーを認める場合もある。 PCR 髄液を用いたPCR法でHSV-DNAが検出されること。[ja.wikipedia.org]

  • 脳症

    局在性の異常は多くの症例でみられるが、比較的特徴とされる周期性一側てんかん型放電(PLEDS)は約30%の症例で認める。 髄液 髄液圧の上昇、リンパ球優位の細胞増多、蛋白の上昇を示す。糖濃度は正常であることが多い。赤血球やキサントクロミーを認める場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 脳腫瘍

    脳腫瘍 「脳腫瘍」は、脳自体から発生した「原発性脳腫瘍」と他臓器(肺や乳腺、胃や大腸など)から転移してきた「転移性脳腫瘍」に分けられます。様々な種類の腫瘍があるので、「手術」、「薬物治療」、「放射線治療」などから各腫瘍に適した治療を選択します。 また手術に際しては、脳神経機能障害を回避するため必要に応じて以下の方法を用います。 神経モニタリング 手足の運動・感覚機能や聴力、視力などを確認できる 誘発電位検査 、脳の運動や感覚を司る部位を同定する 脳表電気刺激検査 などがあります。 ナビゲーションシステム MRIやCTのデータを基に脳の中の位置を正確に知る装置です。 神経内視鏡[…][kitano-hp.or.jp]

さらなる症状