Create issue ticket

考えれる5県の原因 PLED 左のみ

  • 脳卒中

    脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳内の出血や血管障害を原因とする発作。 日本では1951年から約30年間、日本人の死亡原因の一位を占めた。 脳卒中は救急疾患である。脳血管障害と言い換えられることもあるが、厳密には「脳血管障害」の方が指す範囲が広く、検査で初めて発見される程度の場合も含む。 中風、中気、あたりとも。[…][ja.wikipedia.org]

  • てんかん

    脳MRI画像 左:特発性一次性てんかんのMRI ( 正常 。2年前から半年に1回ほど、1回に5分ほど、意識消失と共に全身がけいれんする発作)、右: 二次性てんかんのMRI ( 脳腫瘍 髄膜腫(矢印) 。3年前から年に1回ほど、1回に5分ほど、右手ががくがくと動く発作)。左のMRIが成人のてんかんの95-97%を占める。 概括と症状[…][web.archive.org]

  • 脳内血腫

    小脳出血とは 小さな小脳出血(左) と 大きな小脳出血(右) 小脳出血とは、文字通り小脳に出血したものを言います。脳出血の約10%を占めます。 小脳出血の原因のうち大多数は被殻出血や小脳出血と同じく 高血圧 です。他に、小脳の腫瘍や 動静脈奇形 や 静脈性血管奇形 などがあれば出血の原因となります。 高血圧性小脳出血であればその発症年齢は50 60歳以上の高齢者が大半を占めます。 腫瘍 も高齢発症が多いことから、腫瘍に伴う脳出血も高齢の方に多いですが、血管奇形などによる出血は若年者でも起こり得ます。 小脳出血の病態は[…][h-ns.net]

  • クモ膜下出血

    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当するといわれる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。 多くは脳動脈瘤の破裂(約80%)によるもので、その他に脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍や脳動脈解離の破裂によるものなどがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 虚血性脳卒中

    著者の結論: 急性虚血性脳卒中が疑われる人に対するステロイド投与を評価するには、エビデンスが不十分である。前回の更新以降、結論に変更はない。 アブストラクト全文を閲覧 背景: 脳卒中のほとんどは脳梗塞が原因である。虚血脳組織では、細胞毒性浮腫が発現しやすく、血液脳関門が障害されると、血管原性浮腫が起こる可能性がある。大梗塞は、生命を脅かす巨大浮腫を引き起こす可能性がある。理論的には、副腎皮質ステロイド(以下、ステロイド)による早期治療は、細胞毒性浮腫および血管原性浮腫の低減に役立ち、脳卒中後の臨床アウトカムを改善する可能性がある。 目的:[…][cochrane.org]

さらなる症状