Create issue ticket

考えれる4,497県の原因 ph

結果を表示する: Română

  • 尿路感染症

    最も代表的な効用は、尿のpH(ペーハー)バランスを正常に維持することです。これはクランベリーに多く含まれるキナ酸という成分のおかげです。キナ酸は体内で馬尿酸という成分に変わり、この馬尿酸が尿路における細菌の付着や繁殖を防ぎ、老廃物が溜まるのを防いでくれます。[hattorikogyo.com] 尿のpH検査 pH6前後 尿が酸性(pH4.5)やアルカリ性(pH8)のどちらに偏っていてもよくありません。 しかし食べたものの影響で、一時的な異常が出やすいものです。継続的にアルカリ性である場合は膀胱炎などの尿路感染症が、酸性の場合は糖尿病や痛風などが考えられます。発熱や下痢をしている時も尿は酸性になります。[eiken.co.jp] 細菌は上皮細胞内に貪食、細胞は脱落 B多核球の遊走:細菌の上皮細胞内侵入が起こる頃から上皮細胞間隙を遊走、細菌を貪食 C尿自体の増殖抑制作用:尿pH、尿素、浸透圧、尿中免疫グロブリン 3.尿路感染症の診断の基本 診断の基本は、 @臨床症状の有無、 A尿中に有意の細菌尿、 B明らかな膿尿、を認めることである。[home.hiroshima-u.ac.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    リン酸でpHを酸性にし、有効成分(エタノール)の効果を高めています。ノンエンベローブウイルスを含む幅広いウイルス・細菌に対応します。 外から帰った後や空気が乾燥している時など、うがい・マスク着用の習慣を持ち、予防に努めましょう。 おすすめアイテム 口腔内の殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去に。[family.saraya.com] 反応終了後1.5%エチレングリコールを添加し25 で20分間反応後1mM酢酸緩衝液(pH4.4)に対して透析した。翌日、F1106-13-3F(ab’)2抗体1mgに対して0.2M炭酸緩衝液(pH9.5)を添加して活性化した0.8mgのペルオキシダーゼを混合し25 で2時間反応した。[patents.google.com] 反応液をPBS(pH7.4)に透析しペルオキシダーゼ標識抗体を得た。液量を測定し使用した抗体量より抗体濃度を算出した。[patents.google.com]

  • インフルエンザ

    リン酸でpHを酸性にし、有効成分(エタノール)の効果を高めています。ノンエンベローブウイルスを含む幅広いウイルス・細菌に対応します。 栄養と休養を十分取り、外から帰った後や空気が乾燥している時など、うがいで吸い込んだウイルスをうがいで洗い流しましょう。また、口や鼻から出たウイルスを含むしぶきを吸い込まないようにマスクを着用しましょう。[family.saraya.com] 胸水 pH 低値 : 胸水中のpHが低下していたら、それだけ多くの嫌気性菌によって酸が産生されている事を意味するので適応となる。 胸水に腐敗臭がある : 鼻で嗅いで分かるほどの腐敗臭があれば、それだけ多くの嫌気性菌が繁殖している事を意味するので適応となる。[ja.wikipedia.org]

  • レンサ球菌感染

    入院後WBC 8,900/μl 、 AGBにてpH 7.41、 PaCO 2 22mmHg、 PaO 2 101mmHg、 HCO 3 - 13mmol/lと代謝性アシドーシスを示し、 また、 右上腕病変も急激に悪化した。[idsc.nih.go.jp] また、酸が添加されpHが7以下になるなどの使用状況では塩素ガスを発生するため※4、「使用上の注意」を確認するなど気をつけましょう。 いずれにせよ、これらの感染症に対応するには、マスクや手洗い、うがいなどの防御を行うことや免疫力を落とさないようにすること。[healthcare.omron.co.jp]

  • 急性気管支炎

    正確には食道内のpH(酸の度合い)を測ることで胃酸が逆流しているか確かめることもありますが、診療所レベルの一般診療ではあまり行われていません。 10.長引く咳の原因 – 後鼻漏による咳 後鼻漏による咳 これは鼻炎による分泌物が喉へ流れ込んで出る咳です。アレルギー性鼻炎をはじめ慢性副鼻腔炎などの鼻水の出る病気で起こります。[fujitaiin.net]

  • 骨粗鬆症

    Bhattacharyya MH, Whelton BD, Stern PH, Peterson DP. Cadmium accelerates bone loss in ovariectomized mice and fetal rat limb bones in culture.[ja.wikipedia.org]

  • 結核

    結核菌は偏性好気性菌で至適温度は37 、至適pH は6.4 〜7.0 である。 図1. 結核菌の電子顕微鏡像 (撮影:ハンセン病研究センター山崎利雄) 臨床材料からの分離培養には小川培地、LJ (Lowenstein‐Jensen)培地などの卵培地が汎用される。 結核菌はわが国の全抗酸菌の約85%を占めるといわれる。[niid.go.jp]

  • 尿細管性アシドーシス

    尿のpHを測るのが一番簡便である。通常はアシドーシスがある場合は尿中に酸を排出しアルカリを再吸収しようと生体は代償する。即ち尿中pHは低下する。しかしRTA(尿細管性アシドーシス)の場合は尿を酸性化できないので尿中pHは低下しない。塩化アンモニウム負荷試験を行えばタイプまで調べることができるが、分類することで治療方針が変わるわけではない。[ja.wikipedia.org]

  • アカラシア

    食道内・口腔内pH検査 アカラシアは胃液の逆流がないのが特徴であり、外形的な症状に反し、食道内及び口腔内pHは正常値になる。 食道内視鏡検査 アカラシアは運動障害であるため、初期 中期の段階では、内視鏡で異常が見られないのが特徴である。症状が重度となると、食道の拡張、異常蛇行が生じ、更に悪化すると潰瘍、腫瘍、食道癌の併発が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • メトヘモグロビン血症

    乳児では、成人と比べて、胃内のpHが高く(胃酸が弱く)、結果として腸内細菌が増殖している。 乳児の持つヘモグロビンFは、酸化を受けやすいためメトヘモグロビンが産生されやすい。 乳児の場合まだシトクロームb5還元酵素の活性が50-60%でしかなく、メトヘモグロビンの還元が不充分である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状