Create issue ticket

考えれる42県の原因 pge2

  • 原発性肥大性骨関節症

    先にご紹介したPGE2分解酵素は細胞内にありますから、PGE2が細胞内に取り込まれないとPGE2分解酵素が働くことができません。結果的に患者さんの血中、尿中のPGE2の濃度が高くなります。 しかし、PGE2が体の中で余ってしまうとなぜ、皮膚や骨に変化が生じるのか、詳しいことはあまり良くわかっていません。[ncchd.go.jp] .原因 Uppalら(2008)が、 HPGD (PGE2分解酵素)遺伝子、Zhangら(2011)が SLCO2A1 (プロスタグランジン輸送蛋白)遺伝子の遺伝子異常を見出し、PGE2過剰症であることが明らかになった。[nanbyou.or.jp] HPGD遺伝子が作り出す蛋白は、プロスタグランジン分解酵素ですから、この働きが悪くなるとPGE2が分解されなくなり、患者さんの身体の血液中、尿中の濃度が高くなります。一方、SLCO2A1遺伝子が作り出す蛋白はPGE2の輸送蛋白であり、細胞外にあるPGE2を細胞内に取り込みます。[ncchd.go.jp]

  • 産褥期

    30 90ml/hrで分娩第2期にいたることが多い。120ml/hrにて有効陣痛にいたらないときは一度分娩誘発を中止する。 PGE2 プロスタグランジンE2など 厳密に言うと陣痛誘発剤であり、陣痛促進剤ではない。1時間ごとに1錠ずつ内服をする。最大6回まで内服可能であり、2 3分毎の陣痛が出現すれば投与を中止する。頸管熟化作用ももつ。[ja.wikipedia.org]

  • 分娩

    30 90ml/hrで分娩第2期にいたることが多い。120ml/hrにて有効陣痛にいたらないときは一度分娩誘発を中止する。 PGE2 プロスタグランジンE2など 厳密に言うと陣痛誘発剤であり、陣痛促進剤ではない。1時間ごとに1錠ずつ内服をする。最大6回まで内服可能であり、2 3分毎の陣痛が出現すれば投与を中止する。頸管熟化作用ももつ。[ja.wikipedia.org]

  • 出生

    30 90ml/hrで分娩第2期にいたることが多い。120ml/hrにて有効陣痛にいたらないときは一度分娩誘発を中止する。 PGE2 プロスタグランジンE2など 厳密に言うと陣痛誘発剤であり、陣痛促進剤ではない。1時間ごとに1錠ずつ内服をする。最大6回まで内服可能であり、2 3分毎の陣痛が出現すれば投与を中止する。頸管熟化作用ももつ。[ja.wikipedia.org]

  • アスピリン喘息

    COX-2は炎症などで誘導され、血管拡張作用などを有し炎症を促進するPGE2などを合成します。[jspc.gr.jp] プロスタグランジンの中でも、特にプロスタグランジンE2PGE2)は起炎物質・発痛増強物質です。NSAIDsは主にPGE2の合成抑制によって鎮痛・解熱・抗炎症作用を発揮します。アセトアミノフェンは鎮痛・解熱作用を有しており、NSAIDsと同様にCOXを阻害しますが、その作用は弱く抗炎症作用はほとんどありません。[jspc.gr.jp]

  • 骨膜炎

    PGE2が高くなる原因は2つの遺伝子の変化(遺伝子 変異 )が関係していることがわかっています。1つ目の遺伝子は、 SLCO2A1 という遺伝子で、PGE2を細胞内に運ぶ輸送蛋白に関連した遺伝子、もう一つは HPGD 遺伝子で、PGE2を細胞内で分解する物質(水酸化プロスタグランジン脱水素 酵素 )に関連した遺伝子です。[nanbyou.or.jp] この病気の原因はわかっているのですか 患者さんの血液中や尿中にプロスタグランジンE2(PGE2)という物質の濃度が高くなっていることが明らかになっています。PGE2は発熱や骨吸収などに関係した働きがある物質で、健康な状態でも体のなかで働いている物質です。[nanbyou.or.jp] PGE2が過剰に産生されるような状況をなるべく避けることが望ましいと考えられます。現在PGE2が産生するきっかけとなるからだの変化として知られているのは、日光(紫外線)曝露、感冒罹患などです。[nanbyou.or.jp]

  • 消化性潰瘍

    飲酒 喫煙 塩分 熱いもの ストレス コーヒー(カフェイン) NSAIDs(非ステロイド系消炎鎮痛薬、non steroidal anti-inflammatory drugs)NSAIDsは鎮痛薬や抗血小板剤として広く用いられCOX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素を阻害する作用を有し、このうちCOX-1が阻害されることで胃粘膜防御因子のPGE2[ja.wikipedia.org] 4)その他 1.プロスタフランディン製剤:胃粘膜細胞内に存在するプロスタグランディ ンのうち、PGE1、PGE2、PGI2には酸分泌抑制作用および細胞保護 作用があるため、新しい抗潰瘍剤として注目されている。 *アロカ(1P 2.5μg)1回5μg、1日4回食間および就寝時。 一般名オルノプロスチル。[nms.co.jp] 樹木の香に含まれるテルペン系の物質(テプレノン)で、粘液産生増 加の他に粘膜内PGE2の増加作用や粘膜微小循環の改善作用などが知 られている。 3.微小循環改善剤:粘膜血流は防御因子の中で最も重要な因子の1つで、こ れを維持・増加させることにより粘膜再生や粘液の増加をはかる。防御因 子の多くのものはこの作用を有する。[nms.co.jp]

  • 水腎症

    プロスタグランジン(PGE2)の異常: PGE2は生体内において様々な生理作用に携わっている大切な生理活性物質であり、必須脂肪酸を材料にして合成されます。水腎症を起こした腎臓ではPGE2が大量に合成されている事が組織化学的 酵素抗体法(注4) によりわかりました。[nies.go.jp] 尿を調べた結果は、ダイオキシンは腎臓尿細管でナトリウムやカリウムを吸収する部分( 遠位尿細管:図4 )に機能的異常を起こしていることを示し、さらにPGE2が何らかの形でこの過程に関与していると考えられました。[nies.go.jp] PGE2の作用は腎臓尿細管で食塩の再吸収作用を抑制して、多尿や水腎症を起こすことがこれまでの研究で分かっていました。授乳期ダイオキシンに曝露したマウスの水腎症でも同じことが起こっていることが分かりました。現在、われわれは病態に関わる遺伝子について詳細に検討しています。[nies.go.jp]

  • 薬物性胃炎

    また、発熱時には種々のサイトカインの産生が促進され、視床下部にある体温調節中枢におけるPGE 2 の合成を増加させ体温を上昇させるように視床下部に働きかける。NSAIDsは発熱時に産生されるPGE 2 の合成を阻害することで、解熱作用をもたらす。 [作用時間] アスピリンはシクロオキシゲナーゼの活性部位をアセチル化して不可逆的に阻害する。[jspm.ne.jp] NSAIDsによる胃腸障害には、胃粘膜上皮細胞におけるCOX-1阻害によって引き起こされる粘膜細胞保護効果をもつPGI 2PGE 2 などの減少が深く関わっている。選択的COX-2阻害薬は従来のNSAIDsより胃潰瘍発症の頻度が低いとされている。また経口投与時には、NSAIDsが胃粘膜に直接接触することでの局所刺激も関与している。[jspm.ne.jp] 表10 NSAIDsに共通する一般的な副作用 部位等 症 状 考えられる機序の一部 備考 胃 腸 腹痛、嘔気、食欲不振、胃びらん・潰瘍、胃腸管出血、穿孔、下痢 胃粘膜上皮細胞でのCOX-1の阻害によるPGI 2PGE 2 などの減少 腎 臓 水・電解質貯留、高K血症、浮腫、間質性腎炎、ネフローゼ症候群 腎におけるCOXの阻害によるPG減少[jspm.ne.jp]

  • 分娩中の胎児仮死

    30 90ml/hrで分娩第2期にいたることが多い。120ml/hrにて有効陣痛にいたらないときは一度分娩誘発を中止する。 PGE2 プロスタグランジンE2など 厳密に言うと陣痛誘発剤であり、陣痛促進剤ではない。1時間ごとに1錠ずつ内服をする。最大6回まで内服可能であり、2 3分毎の陣痛が出現すれば投与を中止する。頸管熟化作用ももつ。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状