Create issue ticket

考えれる1,461県の原因 pet

  • 頸動脈狭窄症

    脂質コアが大きい、線維性被膜の菲薄化、プラークの炎症細胞浸潤、血管新生、プラーク内出血など不安定プラークの評価を超音波、MRI、PETなどで行うことが多い。 脳動脈解離脳動脈解離は若年者における脳卒中の原因として注目されている。日本では脳梗塞全体の1.2%、50歳以下では2.9〜3.8%を占めると報告されている。[ja.wikipedia.org] 動脈硬化の進展には炎症反応が大きく寄与していることに注目し、FDG-PETを用いて炎症細胞の集積を評価しよりactiveなプラークを検出することが可能となった。 SPECT検査はアテローム血栓性脳梗塞における血行力学的脳虚血の重症度を評価することができる。脳梗塞の再発率の高いサブグループを見出すことができる。[ja.wikipedia.org]

  • 肺癌

    PET/CTは化学療法による治療効果を良く反映した。 図 6a 治療前MIP画像 図 6b 治療前PET画像(肺癌と胸膜播種) 図 6c 治療前PET画像(胸膜播種) 図 6d 治療後MIP画像 図 6e 治療後PET画像(肺癌と胸膜播種) 図 6f 治療後PET画像(胸膜播種) 患者背景 60歳代、男性。[nmp.co.jp] 単純X線上で認められた病変が肺癌である可能性が非常に高い場合,PET–CTを行うこともある。この検査はCTによる解剖学的画像検査およびPETによる機能的画像検査を統合したものである。PET画像は炎症と悪性病変との鑑別に有用でありうる。[msdmanuals.com] 造影CTやFDG-PET/CTは日本でもよく行われているが,MRI検査は欧米では結節の良悪性の鑑別診断に有効との報告があるものの日本ではこの目的で行っている施設は限られている。これらの検査で肺癌を疑う所見が認められた場合には,確定診断に進む。[haigan.gr.jp]

  • 側頭葉てんかん

    PETで側頭葉の低代謝を認める。 4. SPECTで側頭葉の低潅流を認める。 C.鑑別診断 以下の疾患を鑑別する。 他のてんかん、心疾患や代謝性疾患などで意識減損を伴う疾患、心因性非てんかん発作。 診断のカテゴリー Aの3と4、かつBの1と2が揃えば診断される。[nanbyou.or.jp] PET検査 PET検査は、脳細胞の「元気さ」を調べる検査です。健康な脳細胞は、せっせと働くために、たくさんの栄養(エネルギー)が必要です。しかし「正しくない電気」が流れている場所では、脳細胞の元気がありません。ですから、健康な場所に比べると、栄養をあまり摂りません。この性質を利用するのがPET検査です。[kumasou.or.jp] 術1ヶ月後に外来で知能検査、記憶力検査を行い、また術1年後には外来でPETおよびMEG、知能検査、記憶力検査を行います。術後2年を経過しても発作が全く認められない場合は徐々に抗てんかん薬を減量していき、服薬が不要になった患者さまも少なくありません。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • サルコイドーシス

    PET-CTの注射15分前にヘパリンというお薬を静脈注射します。このお薬は血液を固まりにくくする薬ですので出血傾向の病気をお持ちの患者さんはお知らせ下さい。 ※検査内容につき、疑問点やご質問がございましたら下記までお問合せ下さい。 三沢市立三沢病院 PET-CT画像診断センター TEL:0176-53-2161 内線1270[hospital.misawa.aomori.jp] PET画像と診断所見 ヘパリン負荷PET/CTを行った。両側肺門部および大動脈壁弓部、腹部大動脈壁にもFDG集積亢進を認めた。 心病変としては左室高位前壁 側壁にかけて有意な集積が認められた (図 2治療前) 。 プレドニンを30mgより開始して、1か月後にはPETで集積亢進はほぼ消失した (図 2治療後30日) 。[nmp.co.jp] 一方、FDGは活動性を有するサルコイドーシスに集積し、病変の分布や病勢を評価するのに有用と考えられ、GaシンチよりFDG-PET/CTは感度が高く臨床的な有用性が高い検査です。FDG-PETによる心サルコイドーシスの診断は2012年から保険適応になり、2014年には新たなガイドラインも公表されました(1)。[hosp.ncgm.go.jp]

  • リンパ腫

    図 1a PET画像(化学療法前) 図 1b PET/CT画像 (化学療法前) 図 1c PET画像(化学療法後) 参考となる所見・考察 典型的なDLBCLのPET画像である。[nmp.co.jp] 悪性リンパ腫の診断について 血液検査や画像検査(レントゲン, CT, MRI, PET)を行い、悪性リンパ腫の可能性が高いと判断される場合には、 “かたまり” のどこか1ヶ所を手術で取ってきて調べて診断をつけます。この手術でとってきて調べる検査のことを生検といいます。[osaka-med.jrc.or.jp] 治療 リンパ腫の広がりの程度を、CTやPET検査などにより判断して治療を行います。現在の治療の主力は、化学療法と放射線療法で、的確な治療を受けた方の約80%が10年以上生存されています。[kuma-h.or.jp]

  • 黒色表皮腫

    診断し,腹膜癌を発見するに至った症例を経験したため報告する.症例は66歳3経妊3経産,閉経43歳.口腔粘膜粗造および全身の乳頭状増殖病変を主訴に皮膚科を受診し,黒色表皮腫と診断された.皮膚病変出現4か月後から著明な腹水貯留を認め,内科で精査を行うも悪性腫瘍は認められず,婦人科癌精査目的に当科受診となった.骨盤部MRIでは腹膜肥厚像を認め,PET-CT[journal.kyorin.co.jp] 黒色表皮腫と診断された.皮膚病変出現4ヶ月後から腹部膨満感が出現しCT上著明な腹水貯留と腹膜播種病変が疑われ全身精査を行ったが原発不明であったため婦人科癌鑑別目的に当科紹介受診となった.ダグラス窩穿刺による腹水細胞診はAdenocarcinomaであった.血液検査上,CA125:854U/mlと上昇を認めた.MRIでは子宮,卵巣に異常は認めず,PET-CT[jsog-k.jp]

  • 高安動脈炎

    […] l バイオマーカーはPET検査の3日以内に評価しているが、同日ではない l PETの技術的な問題(撮像時間やトレーサーの量などが厳密でない) l 今後、PETとMRIによる血管壁の評価の比較検討も必要 担当:高橋良 ********************************************** ・昭和大学リウマチ膠原病内科では[showa-u-rheum.com] FDG-PET/CT検査の方法 大型血管炎に対するFDG-PET/CT検査は、前処置、FDGを投与してから撮影開始までの時間、検査費用など通常のPET/CT検査と同じです(当科HP「PET/CTとは」の「FDG-PET検査はこうして行われる」 [リンク])。[hosp.ncgm.go.jp] PET-CT FDG(フルオロデオキシグルコース、陽電子放出フッ素で標識されたグルコースの類似体)を用いたPETでは高集積部位として炎症部位を見ることが出来るが、炎症が狭い範囲の動脈壁に限局している場合には動脈硬化性の炎症と鑑別が困難である。[ja.wikipedia.org]

  • 褐色細胞腫

    PET:MIBGで取り込みがなくともPETで陽性となることもある。転移巣の検索に有用。 スクリーニングとしては随時尿中メタネフリン、尿中ノルメタネフリンを測定し、尿中クレアチニンで補正する。正常上限の3倍異常、またはメタネフリンとノルメタネフリンの和が1を超えたら精密検査を行う。 尿中バニリルマンデル酸の濃度高値。[ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    監修 立石 宇貴秀先生 東京医科歯科大学 画像診断・核医学分野 教授 大型血管炎FDG-PET検査の保険適用について *) 2018年4月の診療報酬改定で、大型血管炎(高安動脈炎または巨細胞性動脈炎)に、FDG-PET検査が保険適用されました。保険適用の要件は、以下のとおりです。[nmp.co.jp] FDG-PET/CT検査の方法 大型血管炎に対するFDG-PET/CT検査は、前処置、FDGを投与してから撮影開始までの時間、検査費用など通常のPET/CT検査と同じです(当科HP「PET/CTとは」の「FDG-PET検査はこうして行われる」 [リンク])。[hosp.ncgm.go.jp] FDG-PET検査は、従来「悪性腫瘍の診断におけるグルコース代謝異常の評価、心筋のグルコース代謝評価、てんかん発作焦点のグルコース代謝異常領域の確認」が効能として認められていましたが、平成30年度の診療報酬改訂で上記の大型血管炎の診断への適用が追加になりました。[shi.co.jp]

  • 骨外性粘着型何骨肉腫

    画像検査としては、単純レントゲン写真やCT、MRI、PET-CTなどがありますが、軟部肉腫の大きさや部位を診断するために最も有用なのはMRI検査です。良性か悪性かの判断が困難な場合にはPET-CT検査が行われることもあります。特に術前の手術計画をたてるためにはMRI検査が重要です。[ncc.go.jp] 肉腫の診断のためには血液検査の他に、レントゲン、CT、MRI、骨シンチグラフィー、PETなどの画像検査が必要です。どれも診断の助けにはなるものの、それだけで最終診断に至ることはありません。最終的には生検という検査を行い、腫瘍組織を採取して、細胞を病理医が良性なのか悪性、どんな病気なのかを確認することで診断します。[ncc.go.jp] しかし、腫瘍の再発との鑑別が非常に難しく、確実な鑑別方法はありませんが、メチオニンMet-PETで取り込みが認められると再発と診断できることが多いです。[tokushukai.or.jp]

さらなる症状