Create issue ticket

考えれる1,480県の原因 pet

結果を表示する: English

  • 頸動脈狭窄症

    脂質コアが大きい、線維性被膜の菲薄化、プラークの炎症細胞浸潤、血管新生、プラーク内出血など不安定プラークの評価を超音波、MRI、PETなどで行うことが多い。 脳動脈解離脳動脈解離は若年者における脳卒中の原因として注目されている。日本では脳梗塞全体の1.2%、50歳以下では2.9〜3.8%を占めると報告されている。[ja.wikipedia.org] 動脈硬化の進展には炎症反応が大きく寄与していることに注目し、FDG-PETを用いて炎症細胞の集積を評価しよりactiveなプラークを検出することが可能となった。 SPECT検査はアテローム血栓性脳梗塞における血行力学的脳虚血の重症度を評価することができる。脳梗塞の再発率の高いサブグループを見出すことができる。[ja.wikipedia.org]

  • 肺癌

    PET/CTは化学療法による治療効果を良く反映した。 図 6a 治療前MIP画像 図 6b 治療前PET画像(肺癌と胸膜播種) 図 6c 治療前PET画像(胸膜播種) 図 6d 治療後MIP画像 図 6e 治療後PET画像(肺癌と胸膜播種) 図 6f 治療後PET画像(胸膜播種) 患者背景 60歳代、男性。[nmp.co.jp] 単純X線上で認められた病変が肺癌である可能性が非常に高い場合,PET–CTを行うこともある。この検査はCTによる解剖学的画像検査およびPETによる機能的画像検査を統合したものである。PET画像は炎症と悪性病変との鑑別に有用でありうる。[msdmanuals.com] 造影CTやFDG-PET/CTは日本でもよく行われているが,MRI検査は欧米では結節の良悪性の鑑別診断に有効との報告があるものの日本ではこの目的で行っている施設は限られている。これらの検査で肺癌を疑う所見が認められた場合には,確定診断に進む。[haigan.gr.jp]

  • リンパ腫

    図 1a PET画像(化学療法前) 図 1b PET/CT画像 (化学療法前) 図 1c PET画像(化学療法後) 参考となる所見・考察 典型的なDLBCLのPET画像である。[nmp.co.jp] 悪性リンパ腫の診断について 血液検査や画像検査(レントゲン, CT, MRI, PET)を行い、悪性リンパ腫の可能性が高いと判断される場合には、 “かたまり” のどこか1ヶ所を手術で取ってきて調べて診断をつけます。この手術でとってきて調べる検査のことを生検といいます。[osaka-med.jrc.or.jp] 6)PET検査、ガリウムシンチグラフィー 放射性ブドウ糖液を注射して、その取り込み分布を撮影することで全身のがん細部を検出するのがPETです。ガリウムシンチグラフィーでも放射性薬剤を注射します。現在ではPETがより有用性が高いため、ガリウムシンチグラフィーに代わって行われています。[ganchiryo.com]

  • サルコイドーシス

    一方、FDGは活動性を有するサルコイドーシスに集積し、病変の分布や病勢を評価するのに有用と考えられ、GaシンチよりFDG-PET/CTは感度が高く臨床的な有用性が高い検査です。FDG-PETによる心サルコイドーシスの診断は2012年から保険適応になり、2014年には新たなガイドラインも公表されました(1)。[hosp.ncgm.go.jp] PET画像と診断所見 ヘパリン負荷PET/CTを行った。両側肺門部および大動脈壁弓部、腹部大動脈壁にもFDG集積亢進を認めた。 心病変としては左室高位前壁 側壁にかけて有意な集積が認められた (図 2治療前) 。 プレドニンを30mgより開始して、1か月後にはPETで集積亢進はほぼ消失した (図 2治療後30日) 。[nmp.co.jp] […] fig. 1 60歳代女性のペースメーカーを挿入されている心サルコイドーシス患者の治療前後のFDG-PET所見。治療前は縦隔、肺門、肺野、左心室主体で右心室にも浸潤する高度集積を認めたが、プレドニンによる薬物治療を開始し、4か月後のPET画像ではほぼ集積像は消失した。[twmu.ac.jp]

  • 側頭葉てんかん

    3.さらに焦点を確認するため脳磁図(MEG)、SPECT、PETなどの画像検査。 4.念のため術前には優位半球の決定のための和田テスト、記憶テストなどを行うのが望ましい。 上記の内側側頭葉てんかんはその発作症状に特徴があり、従って診断は比較的容易である。成人てんかんに最も多く見られるてんかん群であり、外科手術よって治る場合が多い。[mkclinic.jp] PETで側頭葉の低代謝を認める。 4. SPECTで側頭葉の低潅流を認める。 C.鑑別診断 以下の疾患を鑑別する。 他のてんかん、心疾患や代謝性疾患などで意識減損を伴う疾患、心因性非てんかん発作。 診断のカテゴリー Aの3と4、かつBの1と2が揃えば診断される。[nanbyou.or.jp] PET検査 PET検査は、脳細胞の「元気さ」を調べる検査です。健康な脳細胞は、せっせと働くために、たくさんの栄養(エネルギー)が必要です。しかし「正しくない電気」が流れている場所では、脳細胞の元気がありません。ですから、健康な場所に比べると、栄養をあまり摂りません。この性質を利用するのがPET検査です。[kumasou.or.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    肺扁平上皮癌患者 1.同意取得時において年齢が20歳以上である患者 2.根治的外科的切除術を予定されている患者の場合、術前の高分解能CTにて、単発のスリガラス成分を含まない充実性成分の陰影を持つ患者 3.根治的外科的切除術を予定されている患者の場合、術前の転移検索での頭部MRIあるいは頭部CT検査、胸腹部造影CT検査と骨シンチグラフィーあるいはPET[rctportal.niph.go.jp] しかし、 PET検査 の検出感度は100%ではなく、およそ83-96%と報告されています。つまり、PET検査でがんを見逃すこともないとは言い切れません。 PET検査にはどういった欠点があるかを下にまとめます。[medley.life] また、がんの広がりや別の臓器への転移の有無を調べるために、CT検査、MRI検査、超音波(エコー)検査、PET-CT検査、骨シンチグラフィなどの画像検査を行います。 2.検査の種類 1)胸部X線検査 肺にがんを疑う影があるかを調べます。簡便で広く普及した検査であり、集団検診で用いられています。[ganjoho.jp]

  • 褐色細胞腫

    PET:MIBGで取り込みがなくともPETで陽性となることもある。転移巣の検索に有用。 スクリーニングとしては随時尿中メタネフリン、尿中ノルメタネフリンを測定し、尿中クレアチニンで補正する。正常上限の3倍異常、またはメタネフリンとノルメタネフリンの和が1を超えたら精密検査を行う。 尿中バニリルマンデル酸の濃度高値。[ja.wikipedia.org]

  • 直腸癌

    PET/CT(1回目) PET/CT(2回目) 図 3a MIP画像、PET/CT画像、CT画像 T1強調像 拡張強調像 FS-T2強調像 図3b MRI画像 ADC-map 図 3c MIP画像、PET/CT画像、CT画像[nmp.co.jp] CT,MRI,またはPETによる病期分類が望ましい。 広範囲局所切除は,肛門周囲癌の治療としてしばしば良好な結果をもたらす。多剤併用化学療法および放射線療法は,肛門扁平上皮腫瘍および総排泄腔腫瘍に用いられた場合,高い治癒率をもたらす。[msdmanuals.com] 画像診断(CT、MRI、超音波検査、PETなど) 大腸癌は肝臓や肺などに転移する場合があります.術前にこのような転移を評価する際,また,術後に転移や再発が起きていないかを発見するために,これらの検査を行う必要があります.最近ではCTやMRIで診断できない再発の発見にPET検査が有用な場合があります.[hospital.hakodate.hokkaido.jp]

  • 脳腫瘍

    PET 検査:香川大学医学部附属病院、岡山画像センター PET 検査は、脳腫瘍の悪性度の診断に有用です PET 検査 悪性であるほど、糖代謝、アミノ酸代謝は高い。 脳 ( 神経細胞 ) は、糖代謝が高いので、 FDG の診断的価値は高くない。 メチオニン ( アミノ酸 ) の診断的価値は高い。[neuro.hospital.okayama-u.ac.jp] 広範囲体幹CT、全身PETにおいて、脳以外の臓器にしばしば腫瘍が見られます。血液検査、髄液検査において、原発がんの発生で上昇する腫瘍マーカーが、上昇する傾向にあります。[takatsuki.aijinkai.or.jp] PET(Positron Emission Tomography)(図2) 脳腫瘍では、ブドウ糖の取り込みを検査するFDG-PETが保険適応となっていますが、アミノ酸の取り込みを調べるメチオニンPETも必要に応じて行います。[h.u-tokyo.ac.jp]

  • 転移性肺腫瘍

    検査では腫瘤影,肺野の粒状影および腹部にも異常集積が認められたため,肺癌と肺内転移,癌性腹膜炎と診断した.しかし病理解剖の結果,原発性肺癌と粟粒結核,結核性腹膜炎の合併であった.肺癌に伴うPET陽性の粒状影は肺癌の肺内転移と診断されやすいが,剖検により粟粒結核の合併と確診された症例であり,病理解剖の必要性を再認識させられた.[journal.kyorin.co.jp] を行う CT検査: ・境界明瞭で辺縁平滑なcoin lesionが典型的であるが( 図a ),境界不明瞭・辺縁不整な結節も認められる ・胸膜下の末梢側優位なことが多い ・頭頸部癌,子宮頸癌では空洞( 図b )を有する頻度が高い ・骨肉腫,軟骨肉腫では石灰化( 図c )を認める ・甲状腺癌では両側肺に微小な砂粒状の多発性結節の散布が特徴的 PET[jmedj.co.jp] また、PET(陽電子放出断層撮影)検査も診断の助けになることがあります。 画像所見 転移性肺腫瘍の画像所見は様々で、単発性の“しこり”で発見されるもの、大小さまざまな“しこり”が多発するもの、それが片方の肺のみならず両方の肺に多発するものがあります。[cick.jp]

さらなる症状